【豚のレバーは加熱しろ】 逆井 卓馬/遠坂あさぎ 電撃文庫

Amazon Kindle BOOK☆WALKER

豚のレバーを生で食べて意識を失った、冴えないオタクの俺。異世界に転生したと思ったら、ただの豚になっていた!豚小屋で転がる俺を助けてくれたのは、人の心を読み取れるという少女ジェス。ブヒッ!かわいい!豚の目線なら、スカートの裾からチラリと純白の…。「あの、心の声が聞こえていますが…」まずい!欲望がだだ漏れだ!「もしお望みでしたら、ちょっとだけなら」え、ちょっ…!?まるで獣のような俺の欲望も(ちょっぴり引き気味ながら)受け入れてくれる、純真な少女にお世話される生活。う~ん、豚でいるのも悪くないな?これはそんな俺たちのブヒブヒな大冒険…のはずだったんだが、なあジェス、なんでお前、命を狙われているんだ?第26回電撃小説大賞“金賞”受賞作!

豚になってもちゃんと人間の女の子で興奮できる、というのはそれはそれでレベル高いヘンタイなんじゃないだろうか。まあ豚を熱遠さずに食べるような阿呆である。生まれ変わって畜生になるのも因果応報なのだろう。或いは、一人の女の子を救う事こそが彼に課せられた浄罪であったのかもしれない。自覚的に生の豚食うというのは、けっこう罪深いもんだなあ。
しかして豚が豚になって目を覚ました世界で最初に出会ったのが、いや豚になってすぐに死にかけていたのを助けてくれたのが、人の心を読めるというイェルマという種族の女の子ジェス。
心を読めるからこそ、豚の中身が人間だという事に気づいて助けてくれるわけですが、中身が人間で思春期の男の子でオタクなヘンタイであるという事を理解しながら、パンツ見ても裸見せてよ、などと下衆な妄想を展開しても許してくれる純真無垢なる娘さんなのだ。もはや、豚が眼前にいるだけで犯罪である。現在進行系で罪状が増えていく。
心を読むサトリのごとき能力を持つ人達は、尋常ならざる人間不信者かもしくはどれだけ人の醜い心を見せつけられても人の善性を疑わない天使様か、その何れかが多いがジェスは後者。
そんな天使さまにわりと平然とエロ妄想をぶつけていく豚は、まさに豚野郎だと思います。
しかし、この物語はそんな豚野郎と天使な彼女の……純愛劇なんですよね。いやマジで。マジのガチでド直球のラブストーリーだ、これ。豚と少女の愛の逃避行なのだ。
そして、かなりわけのわからないタイトルからは想像できないくらい、この作品は残忍で冷酷な世界観を舞台としている。
さながら、惨たらしくグロテスクな描写と展開が繰り広げられる原典童話であるかのように。
生まれながらに小間使という名の奴隷として供給され、成人となった時王都に旅に出てその大半がたどり着けることなく、その道程で人狩りならぬイェルマ狩りと呼ばれる半ば公認のマンハンターたちに追い回され、女性として筆舌し難い残酷な仕打ちを受けた末に無残に殺される、そんな運命を課されたイェルマの少女たち。
何の力も持たぬただの豚にすぎぬ豚は、その中身たる男の知恵を振り絞ることでジェスを守り、マンハントの渦中を潜り抜けて王都へと彼女を送り届ける旅に出る。
これは死出の旅だ。殺されることが前提の旅だ。そんな破滅を前にして、見ず知らずの人のために尽くし、出会ったばかりの豚のために自分の都合など放り投げて豚を助けてくれたジェス。
一人と一匹は、この救いなく残酷でしかない旅を支え合い、助け合い、寄り添いながらおっかなびっくり進んでいく。お互いが慰めで、お互いが特別で、お互いが光だった。ジェスのために、豚のために、相手のためなら自分が傷つくことも痛みを負うことも命を喪う事も何の痛痒もなかった。
そんなふうに、一人と一匹はお互いが唯一無二になっていく。そこに、愛が芽生えるのは必然だっただろう。愛とは自らのすべてを与え捧げ尽くすものならば、二人はもう誰にも割って入ることの出来ないくらい、愛を交わし尽くしていた。そこに人であることと片方が豚であることなど、何の壁にもならなかった。
だから、その別れもまた必然であったのだろう。相手をこそ何よりも大切に思うなら、守ろうと思うなら、二人の道は分かたれるしかなかったのだ。
それが、二人にとっての幸福ではなかったとしても。残酷な結末でしかなかったとしても。救いなどなかったとしても。
愛を貫くがゆえの選択である。ピュアラブストーリーであるからこその結末である。ハッピーエンドは満たされない。

でも、そんな結末を許せるのか? 加熱してない豚は、食う事もできない生ゴミだ。だから心から燃え上がれ、魂から熱せよ。焼けた豚になって今度こそ、あの娘を幸せにするんだよ!