徒然雑記

終日のたりのたりかな  
  オロチのまどろむ庭TOP  読書メーター  月刊書籍発売カレンダー  書籍感想・殿堂作品
  書籍感想・著者索引(表紙絵附) 書籍感想・著者索引(シンプル版)  書籍感想・作品タイトル索引(シンプル版)
  10月の漫画新刊カレンダー  10月のライトノベル新刊カレンダー
  11月の漫画新刊カレンダー  11月のライトノベル新刊カレンダー
 

赫竜王の盟約騎士

赫竜王の盟約騎士 4 3   

赫竜王の盟約騎士4 (一迅社文庫)

【赫竜王の盟約騎士 4】 手島史詞/八坂ミナト 一迅社文庫

Amazon

5年前に起こった2柱の竜王、イグニスとアルゲントゥムとの争い。その真実を知ったジルはアルキミア王城へと攻め入ろうとするが、いまの弱くなったジルでは勝てないと立ちふさがった教官ベルクマンに返り討ちにされてしまう。かつての己の力が復讐心から生まれ、その昏い情熱が薄れたいま戦いへの執着が薄れていたことに気づいたジルは、失意の淵に沈んでしまう。一方ティナは、アルキミア王の手によるアルゲントゥムの復活を阻止すべく、動き出すのだが…。
前回は咲夜とフルフルがイチャイチャしてたんだけれど、今回は咲夜さん、ティナを弄り倒して法悦に浸りまくってるんですけど、この人。ある意味、ティナとイチャイチャしっぱなし。いじり倒して涙目になったティナに対して、うっとりと「かわいい……」とご満悦なあたり、もうなんというか。一方で、ジルに対しても余計な情念が排されたことで同志や運命共同体、共犯者という枠組から抜けだして、純粋に一人の女性として寄り添えることになったことで、こちらともイチャコラ……。ついには行くところまで行き着いてしまったわけで……あれ? これって咲夜の一人勝ちじゃね?
いや、名目上はジルが咲夜と良い仲になりつつ、ティナやフルフルとも良い雰囲気で……という体裁なんだけれど、よく見ると咲夜の方がじっとりねっとりキャピキャピと全方位にイチャコラしちゃってて、なにこの咲夜ハーレム(笑
物語の方は、若干巻いて巻いて、と早送りになってたけれど、概ね書きたいところは注ぎ込めたんじゃないかなあ、という内容で。ジルという人間の性質が過去や死人に対する復讐や怨念よりも、今生きている大切な人たちを守り助けることの方にこそより力を搾り出せる人間であった、というところや、復讐のために命を使い果たして未来など望まない竜狩りたちに、それでも未来を掴ませること、恩讐を超えて竜と対話し共存すること。それぞれきっちりと結論までは描けた、とは思うんだけれど、やはりそこに至る過程をドラマとして実感を与えつつ描くことには、質量ともにちと足りなかったかなあ、と思う。アルキミア王が、白竜王アルゲントゥムに対して挑んだ賭けとか、イグニスが密かに仕掛けていた人間たちに対するトリガー含めて、多分ジルとティナとの対比にもなってたはずなんだけれど、王様との対決含めて溜めなしで駆け抜けちゃったのももったいなかったかなあ。
ともあれ、ティナのあの弄られ属性は実に素晴らしいもので、手島作品における至宝に値するキャラ付けだと思うので、メインサブ問わず、今度もこういうキャラは登場させてほしいものです。
ただ、あれほどメインヒロインとして圧勝ムードを漂わせていたにも関わらず、あっさり咲夜に先越されて撃沈していたのはさすが過ぎます。まああくまで先を越されただけで、あとでちゃんと拾って貰えそうな雰囲気でしたけれど。拾って貰えそう、というのも凄いなあ。
なんか、イラストの八坂さん、本作前作含めたイラストの画集出すみたいだけれど、なるほどこのシリーズでもなかなか色っぽいイラスト満載で、堪能させていただきました。イラスト買いさせる力のある絵師さんですなあ。

シリーズ感想

赫竜王(イグニス)の盟約騎士 3   

赫竜王の盟約騎士〈3〉 (一迅社文庫)

【赫竜王(イグニス)の盟約騎士 3】 手島史詞/八坂ミナト 一迅社文庫

Amazon

王家の秘密を探っていた剣聖の一番弟子は王国で秘密裏に進められていた新世代の竜狩りの育成計画の存在を知るが、気配に気づいた完成形の新世代竜狩りたちとの戦いで行方不明となってしまう。ジルたちは王国が作った新たな竜狩り部隊の脅威から学院を守りきることができるのか、そしてジルに強い復讐心を抱く新世代の竜狩りのリーダーの正体とは。竜を狩って強くなれ!手島史詞の竜狩りファンタジー第三弾登場!
こうなってくると、フィーネの退場がちょっと早かったんじゃないかと思えてくる。彼女の死がこれほど重く多くの人に影響を与える事になるにしては、彼女、ジルたちと知り合ってから退場するまであんまり間がなかったんですよね。交流していた期間が短かったんで、どうしても通り過ぎていったような感覚しか残っていなかったので、あそこまで彼女の死がジルに後悔とともに焼き付いているとは。
そもそも、そこまでジルが責任を感じるところじゃないもんなあ。もっと、本格的にフィーネを利用して殺す形になっていたら、罪悪感の抱きようもあるってなもんだけれど、あれはちょっとした錯誤のようなもので、別に彼女を死なすつもりなんて毛頭なかったわけですし。
その意味ではジークリットのそれは完全に八つ当たりも良いところで、あそこまでショックを受けてしまうジルはどれだけ人が良いというべきか、復讐という行為に神聖さを抱いているというべきか。ジルや咲夜が抱いている復讐と対照とするには、ジークリットのそれはちょっと理不尽すぎてパワーが弱かった気がします。
それならそれで、もっとビシッと復讐を否定する調停者たるティナが切って捨ててくれればよかったのですが、丁度ジルの変節を感じ取った咲夜が不安定になっているところで、彼女の迷走と暴走が重なってしまったせいでその辺のテーマの回収も、ちとあやふやになってしまった感がある。
今回、咲夜が一人ティナの影響を受けて破滅の道から外れつつあるジルに置いてけぼりにされて、彼女自身破滅型の生き方を貫くか、それともジルと同じく違う道を行くか。甘い破滅に身を任せるか、それとも厳しくも眩しい希望の道へと踏みしめるかの岐路に立つ、という彼女の主役ともなる話だったわけで、コチラも蔑ろにするわけにはいかなかったのだろうけれど。
結局咲夜って、最初からもう復讐者としてよりも女としてジルに寄り添っていた節があるので、自覚して認めるか否かの話ではあったんですよね。依存からの脱却、とも言えるのだけれど。でなきゃ、あれほどフルフルにほだされないですよ。もうちょっと咲夜にはフルフルとイチャイチャしてほしくもありましたが。

まあこれ、まんまとティナの圧勝ムードなんですよね、これ。ジルも、ティナを敵とか言いはるのもそろそろ無理が出てきてますよ。

シリーズ感想

赫竜王(イグニス)の盟約騎士 2 3   

赫竜王の盟約騎士2 (一迅社文庫)

【赫竜王(イグニス)の盟約騎士 2】 手島史詞/八坂ミナト 一迅社文庫

Amazon

学園の新たな理事長に就任したベルクマンは、アルキミア王家の裏の顔を知り、王国の庇護を離れることを決意する。王国との同盟を破棄したいま、新たな勢力、種族との同盟なくしては、今後の竜たちとの戦い、王国からの圧力に抗せない。そう判断したベルクマンにより、ジルたちは竜の骸を鍛え、盾や剣に加工できる水棲種族と接触をはかるべく隣国へと派遣されることに。長老竜の手がかりが見つかるかもしれないと考えたジルは、ティナと咲夜、フルフルらを伴いその種族が住む巨大湖へと向かったのだが、そこには特殊な竜が待ち構えていて―。本格竜殺しファンタジー、第二巻登場!
前作でヒロインの一角にも関わらず、その際立った弄られ属性から、完全にみんなのオモチャとして定着してしまったシルヴィの、あの弄られヒロインの魂をティナが引き継いでくれました! 今度はメインヒロインが弄られっ娘ですよっ!
真のMとは、Sっ気がない人でもついついイジメてしまいたくなる光線を無差別に出してるものなんですよ。そんな気がなくても、思わずイジっちゃって、あとでハッと正気に返るものの一度味わってしまった甘美にして恍惚となる感覚を忘れられず、ついつい繰り返してイジってしまうこの中毒性。それこそが真の弄られっ娘! 
あのティナのプルプルカタカタと涙目になりながら挫ける姿は、もうなんかたまらんですよっ、タマランデスヨッ!
この娘、あとがきでも作者が語っているように、ヒロインというよりももう一人の主人公なんですよね。絶望的な現実と人間の沸騰するまでに煮詰められた情念に対して、負けず理想を掲げ続け不屈の精神で戦い続ける少女なのである。平和を説きながら、その為に力が必要なコトも理解している理想家のリアリストというべきか。彼女が倒さなければならない敵は、竜のみならず、竜を憎み呪う竜狩りたちすべてであり、この状況を現出させて社会を成り立たせているすべてのシステムであり、思想であり、意思であり、すなわち世界のすべて、と言ってもいいほどのスケールを相手にしているのである。畢竟、それに立ち向かうティナには揺るぎない信念があり、ブレない意思の強さがある……にも関わらず、些細な身の回りのことについては茹でる前の素麺の芯ほどの脆さでポキリと折られるこの柔らかさw
ちょっと押すと、ポキっと折れるんですよね、この娘。泣いて謝ってくる姿がもう可愛くて可愛くて。最初は飽きずに毎度抵抗の素振りを見せるのが、またついつい啄いてしまいたくなる要素でもあったり。
折れてもすぐ復活するメゲなさも魅力だわなあ。

竜と人の相容れず殺しあい続けるという不毛な世界情勢。竜に家族を殺され、故郷を滅ぼされた人間たちの怨念がベッタリと張り付いた世界観は、作品そのものに仄暗い雰囲気を与えていて、主人公のジルたちからして竜だけが相手じゃなく、国そのものにも復讐心を滾らせているという負の方向に定まってしまったキャラクターだったので、何だかんだと息が詰まるような苦しい感覚のする物語だったのですが、この2巻に入ってこのティナが凄い頑張ってくれたんですよね。いや、イジられることで空気を和ませてる、というのも大いにあるんですけど、あるんですけれど!
恨み、憎しみ、呪い、怒り、そういった負の感情に染まりきり、先の展望、未来への望みといったものを何も持っていないジルやすべての竜狩りたち、この世界の行く末そのものに、ティナだけが反逆し、未来を語り、それに影響されるように、ジルたちが本来持っていただろう柔らかい人間性が引っ張りだされてきて、何だかんだと前向きな雰囲気に、優しい気持ちを大事にする空気になってきたんですよね。これは、大いにティナの功績だと思う。理想を語り、しかし理想を実現するために必要な力を否定せず、その上で皆の意識を変え、未来を示し、竜との対話を叶えようとするティナの姿は、力強い光そのもので、これはヒロインというよりもまさに主人公なんですよね。当の主人公のジルからして、感化されはじめていることを強く実感していたようですし。
さらに、この竜と人間とが殺しあう状況が何故始まったのか、竜たちの真意と事情、そして世界を覆う悪意の姿が見えてきたことで、物語そのものの方向もグッと面白くなってきました。
メインパーティー以外の周りのキャラクターも充実してきて、枠組みの拡大と強化も順調ですし、この2巻でだいぶ加速しだしたんじゃないでしょうか。さあ、舞台が整いだした。

赫竜王(イグニス)の盟約騎士 3   

赫竜王の盟約騎士 (一迅社文庫)

【赫竜王(イグニス)の盟約騎士】 手島史詞/八坂ミナト 一迅社文庫

Amazon

どこからともなく現れた竜の群れに襲われたアルキミア王国は、竜を斬るほど強くなる竜剣を創り、竜剣の使い手を養成する学園を開き対抗した。それから数年、竜との戦争が続くアルキミアに、竜と王家に対する復讐を願う少年ジルと咲夜が現れ、指揮統率の才覚を持つ竜剣使いのティナと出会う。ティナの理想とジルの現実、二人の想いがぶつかりあうとき、新たな歴史が始まる!
竜を倒し、その核を剣に取り込むと剣が強化されて強くなっていく、というシステムは非常にゲーム的だなあ、と思うんですが、折角死ぬ思いをして、実際結構人死を出しながらも竜を倒して、これで剣を強化できるのがたった一人だけ、というのはかなり揉めそうな気がする。
作中では、今のところ何となくその戦闘におけるMVPが雰囲気で選び出されて、特に揉める事なく収まっているけれど、それは主人公サイドのジルにしても咲夜にしてもティナにしても、それぞれに竜剣以外に拠り所となる力があり、単に強くなって生き残り竜を狩るという目的以外の思惑を持って動いているからで、他のチームはかなりもめてそうな気がするなあ。竜との戦いはかなり死亡率も高いし、竜剣を強くすることがダイレクトに生存率に関わってきそうなものだし。
とまあ、世界観のシステムは非常にゲーム的なのだけれど、その枠組から半分足を踏み外し、また向いている方向も違っているのが、この主人公たちである。人間を襲う竜たちを倒して、世界を救え、という定められたエンドマークを端から無視しているわけですからね。むしろ、そのシナリオを構築した側の人間たちに復讐を誓い、或いは抗おうとしているのが主人公たちなわけですから。
しかし、その為にはやはり力が必要、竜を倒し、剣聖と呼ばれる竜狩りの極みに立つような力が必要であり、また人間を滅びに向かわせている竜たちに対する憎悪もまた他の人間たちと変わらず、という意味でシナリオを逸脱することを最終目的としながら、現状ではシナリオに沿って動いてはいるんですよね。
まあ、ラストで速攻で竜ではなく、人間がラスボスになっているのですけれど。
肝心の敵である竜にしても、相対した老竜の理性的な物言いといい、王家の怪しい動きと言い、この竜の襲来による世界の危機そのものについても、何らかの陰謀が張り巡らされている気配があるのですが、王家への復讐にひた走るにつれて、その真相にたどり着いていく、という流れになるのかな。

とりあえず、主人公のジルが内心かなり冷徹で他人に対して突き放したようなことを考えながら、実際の行動ではついつい甘い対応を繰り返して、あれこれ助けて回ってしまっているあたりは、復讐の徒になりきれていないのがありありと見えて、存外可愛らしさすら感じてしまうところです。自分では徹しているつもりでいるあたり、無理しているというわけじゃないんだけれど、本来の柄じゃないんだろうなあ、今のスタイル。実際、その点ツッコまれてたりもしますし。
一方でメインヒロインのティナにしても、ポンコツと出来る子の両サイドに足を引っ掛けて股裂き状態になっているような子で、なんちゅうか面白い。むしろ主人公的なのはジルよりも彼女の方なのかもしれない。その立場にしても、性格にしても、能力にしても、思想にしても。
事実上、彼女こそがみんなを牽引していく立ち位置になるので、下手をすると前作と同様、主人公のハーレムじゃなくて、ヒロインである彼女が中心のハレム形式になるんじゃないかという期待で、ちょいとワクワク♪
とりあえず、スタートということで情報の展開に比重がとられていた感もありますが、どんどん動き出して行く次回以降が楽しみなシリーズ開幕編でした、と。

手島史詞作品感想
 
11月26日

(エンターブレイン)
Amazon Kindle B☆W


(角川コミックス・エース)
Amazon Kindle B☆W


(角川コミックス・エース)
Amazon Kindle B☆W


(角川コミックス・エース)
Amazon Kindle B☆W


(角川コミックス・エース)
Amazon Kindle B☆W


(角川コミックス・エース)
Amazon Kindle B☆W


(角川コミックス・エース)
Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W

11月25日

Amazon Kindle B☆W


(ガンガンコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(ビッグガンガンコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(ビッグガンガンコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(ビッグガンガンコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(ビッグガンガンコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(ビッグガンガンコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(ヤングガンガンコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(ヤングガンガンコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(ヤングガンガンコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(ヤングガンガンコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(ヤングガンガンコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(ガルドコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(ガルドコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(ガルドコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(ガルドコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(ガルドコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(ガルドコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(ガルドコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(ガルドコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(ガルドコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(コロナ・コミックス)
Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


(MF文庫J)
Amazon Kindle B☆W


(MF文庫J)
Amazon Kindle B☆W


(MF文庫J)
Amazon Kindle B☆W


(MF文庫J)
Amazon Kindle B☆W


(MF文庫J)
Amazon Kindle B☆W


(MF文庫J)
Amazon Kindle B☆W


(MF文庫J)
Amazon Kindle B☆W


(オーバーラップ文庫)
Amazon Kindle B☆W


(オーバーラップ文庫)
Amazon Kindle B☆W


(オーバーラップ文庫)
Amazon Kindle B☆W


(オーバーラップ文庫)
Amazon Kindle B☆W


(オーバーラップ文庫)
Amazon Kindle B☆W


(オーバーラップ文庫)
Amazon Kindle B☆W


(オーバーラップ文庫)
Amazon Kindle B☆W


(オーバーラップノベルス)
Amazon Kindle B☆W


(オーバーラップノベルスf)
Amazon Kindle B☆W


(ダッシュエックス文庫)
Amazon Kindle B☆W


(ダッシュエックス文庫)
Amazon Kindle B☆W


(ダッシュエックス文庫)
Amazon Kindle B☆W


(ダッシュエックス文庫)
Amazon Kindle B☆W


(ダッシュエックス文庫)
Amazon Kindle B☆W


(ダッシュエックス文庫)
Amazon Kindle B☆W


(MFブックス)
Amazon Kindle B☆W


(MFブックス)
Amazon Kindle B☆W


(MFブックス)
Amazon Kindle B☆W


(MFブックス)
Amazon Kindle B☆W


(KADOKAWA)
Amazon Kindle B☆W

11月22日

(MFC)
Amazon Kindle B☆W


(MFC)
Amazon Kindle B☆W


(MFコミックス アライブシリーズ)
Amazon Kindle B☆W


(MFコミックス アライブシリーズ)
Amazon Kindle B☆W


(MFコミックス フラッパーシリーズ)
Amazon Kindle B☆W


(モーニング KC)
Amazon Kindle B☆W


(モーニング KC)
Amazon Kindle B☆W


(モーニング KC)
Amazon Kindle B☆W


(ガンガンコミックスJOKER)
Amazon Kindle B☆W


(ガンガンコミックスJOKER)
Amazon Kindle B☆W


(ガンガンコミックスpixiv)
Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W

11月20日

Kindle B☆W


(富士見ファンタジア文庫)
Amazon Kindle B☆W


(富士見ファンタジア文庫)
Amazon Kindle B☆W


(富士見ファンタジア文庫)
Amazon Kindle B☆W


(富士見ファンタジア文庫)
Amazon Kindle B☆W


(富士見ファンタジア文庫)
Amazon Kindle B☆W


(富士見ファンタジア文庫)
Amazon Kindle B☆W


(富士見ファンタジア文庫)
Amazon Kindle B☆W


(TOブックス)
Amazon Kindle B☆W


(TOブックス)
Amazon Kindle B☆W


(TOブックス)
Amazon Kindle B☆W


(TOブックス)
Amazon Kindle B☆W


(GCN文庫)
Amazon Kindle B☆W

11月19日

(ヤングジャンプコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(ヤングジャンプコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(ヤングジャンプコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(ヤングジャンプコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(ヤングジャンプコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(サンデーGXコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(サンデーGXコミックス)
Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W

11月18日

(ガガガ文庫)
Amazon Kindle B☆W


(ガガガ文庫)
Amazon Kindle B☆W


(ガガガ文庫)
Amazon Kindle B☆W


(ガガガ文庫)
Amazon Kindle B☆W


(ガガガ文庫)
Amazon Kindle B☆W


(ガガガブックス)
Amazon Kindle B☆W


(少年サンデーコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(少年サンデーコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(少年サンデーコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(少年サンデーコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(少年サンデーコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(ヤンマガKCスペシャル)
Amazon Kindle B☆W


(ヤンマガKCスペシャル)
Amazon Kindle B☆W


(ヤンマガKCスペシャル)
Amazon Kindle B☆W


(ヤンマガKCスペシャル)
Amazon Kindle B☆W


(ヤンマガKCスペシャル)
Amazon Kindle B☆W


(ヤングチャンピオン烈コミックス)
Amazon Kindle B☆W

11月17日

(電撃の新文芸)
Amazon Kindle B☆W


(電撃の新文芸)
Amazon Kindle B☆W


(電撃の新文芸)
Amazon Kindle B☆W


(星海社FICTIONS)
Amazon Kindle B☆W


(星海社FICTIONS)
Amazon Kindle B☆W


(星海社FICTIONS)
Amazon Kindle B☆W


(星海社FICTIONS)
Amazon Kindle B☆W


(KCデラックス)
Amazon Kindle B☆W


(KCデラックス)
Amazon Kindle B☆W


(KCデラックス)
Amazon Kindle B☆W


(KCデラックス)
Amazon Kindle B☆W


(KCデラックス)
Amazon Kindle B☆W


(アフタヌーンKC)
Amazon Kindle B☆W


(マガジンエッジKC)
Amazon Kindle B☆W


(マガジンエッジKC)
Amazon Kindle B☆W


(マガジンエッジKC)
Amazon Kindle B☆W


(講談社コミックス)
Amazon Kindle B☆W


(講談社コミックス)
Amazon Kindle B☆W


(フロース コミック)
Amazon Kindle B☆W

11月16日

(アース・スターノベル)
Amazon Kindle B☆W


(アース・スターノベル)
Amazon Kindle B☆W


(アース・スターノベル)
Amazon Kindle B☆W


(アース・スターノベル)
Amazon Kindle B☆W


(アース・スターノベル)
Amazon Kindle B☆W


(アース・スターノベル)
Amazon Kindle B☆W

11月15日

(富士見L文庫)
Amazon Kindle B☆W


(富士見L文庫)
Amazon Kindle B☆W


(富士見L文庫)
Amazon Kindle B☆W


(富士見L文庫)
Amazon Kindle B☆W


(富士見L文庫)
Amazon Kindle B☆W


(富士見L文庫)
Amazon Kindle B☆W


(Gファンタジーコミックス)
Amazon Kindle B☆W

11月12日

(GA文庫)
Amazon Kindle B☆W


(GA文庫)
Amazon Kindle B☆W


(GA文庫)
Amazon Kindle B☆W


(GA文庫)
Amazon Kindle B☆W


(GA文庫)
Amazon Kindle B☆W


(GA文庫)
Amazon Kindle B☆W


(GA文庫)
Amazon Kindle B☆W


(宝島社)
Amazon Kindle B☆W


(星海社COMICS)
Amazon Kindle B☆W


(ゲッサン少年サンデーコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(ゲッサン少年サンデーコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(サンデーうぇぶりSSC)
Amazon Kindle B☆W


(ビッグコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(アース・スター コミックス)
Amazon Kindle B☆W


(メテオCOMICS)
Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


11月11日

(裏少年サンデーコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(アクションコミックス(月刊アクション))
Amazon Kindle B☆W

11月10日

(BLADEコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(BLADEコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(BLADEコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(MFコミックス アライブシリーズ)
Amazon Kindle B☆W


(電撃文庫)
Amazon Kindle B☆W


(電撃文庫)
Amazon Kindle B☆W


(電撃文庫)
Amazon Kindle B☆W


(電撃文庫)
Amazon Kindle B☆W


(電撃文庫)
Amazon Kindle B☆W


(電撃文庫)
Amazon Kindle B☆W


(電撃文庫)
Amazon Kindle B☆W


(電撃文庫)
Amazon Kindle B☆W


(電撃文庫)
Amazon Kindle B☆W


(電撃文庫)
Amazon Kindle B☆W


(電撃文庫)
Amazon Kindle B☆W


(電撃文庫)
Amazon Kindle B☆W


(カドカワBOOKS)
Amazon Kindle B☆W


(カドカワBOOKS)
Amazon Kindle B☆W


(カドカワBOOKS)
Amazon Kindle B☆W


(カドカワBOOKS)
Amazon Kindle B☆W


(カドカワBOOKS)
Amazon Kindle B☆W


(カドカワBOOKS)
Amazon Kindle B☆W


(カドカワBOOKS)
Amazon Kindle B☆W


(カドカワBOOKS)
Amazon Kindle B☆W


(カドカワBOOKS)
Amazon Kindle B☆W


(TOブックス)
Amazon Kindle B☆W


(TOブックス)
Amazon Kindle B☆W


(TOブックス)
Amazon Kindle B☆W

11月9日

(ドラゴンコミックスエイジ)
Amazon Kindle B☆W


(ドラゴンコミックスエイジ)
Amazon Kindle B☆W


(角川コミックス・エース)
Amazon Kindle B☆W


(角川コミックス・エース)
Amazon Kindle B☆W


(角川コミックス・エース)
Amazon Kindle B☆W


(角川コミックス・エース)
Amazon Kindle B☆W


(角川コミックス・エース)
Amazon Kindle B☆W


(KCデラックス)
Amazon Kindle B☆W


(KCデラックス)
Amazon Kindle B☆W


(KCデラックス)
Amazon Kindle B☆W


(KCデラックス)
Amazon Kindle B☆W


(シリウスKC)
Amazon Kindle B☆W


(シリウスKC)
Amazon Kindle B☆W


(シリウスKC)
Amazon Kindle B☆W


(シリウスKC)
Amazon Kindle B☆W


(シリウスKC)
Amazon Kindle B☆W


(シリウスKC)
Amazon Kindle B☆W


(シリウスKC)
Amazon Kindle B☆W


(シリウスKC)
Amazon Kindle B☆W


(講談社コミックス)
Amazon Kindle B☆W


(講談社コミックス)
Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W
11月6日

(角川書店単行本)
Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


(SQEXノベル)
Amazon Kindle B☆W


(SQEXノベル)
Amazon Kindle B☆W

11月5日

エンターブレイン
Amazon Kindle B☆W


(エンターブレイン)
Amazon Kindle B☆W


(ドラゴンノベルス)
Amazon Kindle B☆W


(ドラゴンノベルス)
Amazon Kindle B☆W


(ドラゴンノベルス)
Amazon Kindle B☆W


(PASH!コミックス)
Amazon Kindle B☆W


(PASH!コミックス)
Amazon Kindle B☆W


(フロース コミック)
Amazon Kindle B☆W


(フロース コミック)
Amazon Kindle B☆W


(KCデラックス)
Amazon


(KCデラックス)
Amazon


(アフタヌーンKC)
Amazon Kindle B☆W


(ヤンマガKCスペシャル)
Amazon Kindle B☆W


(ヤンマガKCスペシャル)
Amazon Kindle B☆W


(ヤンマガKCスペシャル)
Amazon Kindle B☆W


(ヤンマガKCスペシャル)
Amazon Kindle B☆W


(ヤンマガKCスペシャル)
Amazon Kindle B☆W


(ヤンマガKCスペシャル)
Amazon Kindle B☆W


Kindle B☆W

11月4日

(ジャンプコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(JUMP j books)
Amazon Kindle B☆W


(ジャンプコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(ジャンプコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(ジャンプコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(ジャンプコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(ジャンプコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(ジャンプコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(ジャンプコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(ジャンプコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(ジャンプコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(ジャンプコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(ジャンプコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(ジャンプコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(ジャンプコミックス)
Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W

Categories
最新コメント

Archives
記事検索
タグ絞り込み検索