踊る星降るレネシクル

踊る星降るレネシクル 6 ★★★☆  

踊る星降るレネシクル 6 (GA文庫)

【踊る星降るレネシクル 6】 裕時悠示/たかやKi GA文庫

Amazon
Kindle B☆W

瑞貴は星霊「陰月の咲夜」を倒して消滅した。
なななは石になった人々を救うため、剣へと姿を変えた。
すまるはベツノカの結界のために生け贄となった。

三人の少女がいなくなって半年、ミカホシは大きく様変わりした。
結界の効果で人々は闘争心を失い、ランカーバトルも廃止されてしまう。

ひとりぼっちになったレンヤは、三人を甦らせるため「祭り」の準備を始める。
かつての個性を失ったランカー達に彼の声は届くのか?

「こんな自分を好きになってくれた連中を助けるためなら、俺は悪星になる」
新章開幕、ハイテンション学園ストーリー第6弾!
すまる、生け贄になって封印されたのに精神だけレンヤにくっついてきて、しゃべるしゃべる。絡む絡む、まとわりつくまとわりつく! おい、生身の時よりウザいんじゃないのか!?
瑞貴となななを見習ってちっとは大人しくしてなさいよ、この娘はもう本当に。それにしても、レンヤもレンヤだよ。なななを芸人呼ばわりしすぎだ。違うから、芸人違うから。そりゃもう切れ味タップリすぎるコントの達人だけれど、あれは素だから。芸じゃないから。そしてなにより、彼女のツンデレは至宝なのだ。古今東西、あれほど見事なツンデレの執行を未だに私は知らない。
そんな彼女も今は剣となり沈黙を続けている。瑞貴に至っては安否不明のままだ。いや、安否不明というのはお為ごかしだろう。事実上、彼女は死んでいる。死んで、欠片も残らなかった。
その身を犠牲にして皆を助けたななな、その身を焼きつくして、その想いを燃やしつくして勝利し、消えていった瑞貴。それに比べてすまるさん、一人だけでしゃばりだよぅ。もうここはもうふさんにメインヒロインは譲りなさいよ。もう親公認の中なんですし、大人しく譲りなさいよー。
とか言ってるうちに、一人さっさと復活してしまったのですが。ちっ、そのまま封印されていればよかったのに、とか思っちゃダメですか?

平和平和、誰もが闘う意思をなくし、個性を潰して平穏の中に沈み、穏やかで何の波もない日常がんがれるようになったミカホシ。でもそれは記憶を操作され、精神をいじくりまわされ、洗脳によって訪れた平和だ。そんな平和が尊いのか。個人個人の心を弄くって、都合のいいように改変して作り上げた平和は尊ばれるべきなのか。
納得のいかないレンヤは、市外に出ていた僅かな仲間、市内で同じく精神操作から逃れた僅かな友人たちとともにこの平和に対抗するための方法を探しだし、その為に今は個性を喪われて日常の中に埋没しているミカホシランカーたちを一人ひとり訪ね歩いていく。まるで反転して異様な有様になってしまっているモノも居れば、まともな社会性、常識を手に入れ真っ当な人間として過ごしている人もいる。それぞれに、彼らも今を生きている。そんな彼らをだが否定すること無く、しかし訴えかけていくレンヤの行程に主人公らしい派手派手しさはない。地味で不毛にも思える黙々とした行脚であった。
だが、だからだろうか。その切々とした行脚だったからこそなのか。彼に懇願されたミカホシランカーたちはその場へと集まってくる。
新たな祭りの地へ。再び開かれる闘争のステージに。闘え、闘え、心のままにおのが魂を解放しろ、という無業の叫びに導かれるように、誘われるように。
そう彼らこそ異形異端のミカホシランカーたち。頭のオカシイ、存在自体が狂っている闘争本能の塊達。これぞお祭り、これぞ祭典。熱い熱いランカーバトルの開幕にして、ミカホシの集約たる決戦のはじまりなのだ。

と、まさにクライマックスの火をつけたところで……またぞろ8ヶ月くらい開いてまだ次巻出てないんですよねえ。別に次が出るまで読むの待ってよう、と積んでいたわけじゃないのですけれど、なかなか焦らされてますなあ。
とりあえず、自分は圧倒的に瑞貴派です、それだけは揺るがないっ。

シリーズ感想

踊る星降るレネシクル 5 4   

踊る星降るレネシクル 5 (GA文庫)

【踊る星降るレネシクル 5】 裕時悠示/たかやKi GA文庫

Amazon

ばーか
別にあんたのためじゃないんだからね?


「俺の大っ好きなミカホシを守れえッ! バカ弟子ぃぃぃっっっ!!」

絶叫を残してレンヤは石となった。ミカホシ市、そして日本をも巻き込む戦争の行方は、
今やレンヤの愛弟子・すまるの手に託された。
覚醒する最強の力、しかし支払った代償はあまりに大きすぎて――。

一方、レンヤの幼馴染み・瑞貴はこの覚醒の裏にある陰謀を感じ取り、学園を離れることに。

そしてレンヤのケンカ友達・なななは、何故か留置所の中にいた……。
「もんちっち♪って踊ってる場合!?」

レンヤと絆を結んだ三人の少女が今こそ彼のために動き出す!!
少女を最強へと導く“王道"ノベル再始動!


七曜なななは死んだ!! なぜ死んだ!!

……ツンデレだからさ。

うおおおっ、うおおおおっ(号泣

これほど、これほどまでに切なく、哀しく、尊く、神々しいツンデレがかつてあっただろうか。
彼女にとって、ツンデレとは自覚なき性質であり、指摘され理解し自覚してなお消し去れない呪いであった。愛する人に素直に想いを伝えられないことの、何と辛くもどかしく遣る瀬無いことか。惨めで虚しく、道化じみたありようか。七曜なななは泣いた、苦しんだ、苦悶し、溺れ、悩み、藻掻いた。
そのツンデレという自分を縛るサガを、七曜なななにまとわりつくキャラクター性という呪詛を、振り払わんとして足掻いて、抗って、闘った、戦ったのだ。さながら、自分の中に灯った恋する想いを必死に掲げるかのように。消えてしまわないように、無くしてしまわないように。
彼女はただ、幸せになりたかったのだ。好きになった男の子と、恋をしたかったのだ。
しかし、その恋した相手は、今や石の像と化し、ミカホシの街は混沌とした戦火へと埋もれていく。
愛する彼を救い、自らの正義を貫いて、このミカホシを守るには、自分のすべてを捨て去らなければならなかった。生贄のように、供物のように、自らを投げ打ち、捧げれば、自分以外の全てを助けられる。
その事実を知った時、彼女は当然のように悩んだ。なぜ自分が犠牲にならなければならない。大好きなあの人を助けられたとしても、自分はその時彼の思い出にすぎなくなる。彼は自分の上を通り過ぎて行き、永遠に過去になってしまう。彼を救えば、彼女の恋は実らない。彼女は絶対に幸せになれない。
それでも、彼女は選んだのだ。七曜なななは征く。彼女は恋のために戦った。大好きなあの人の為に戦った。それは言うほどきれいな話じゃない。美談なんてものじゃない。自分を犠牲にして、なんて殊勝な想いというほどでもない。ただ、一生懸命だっただけだ。考える前に突っ走る。考えてしまっても、それを置き去りにして突っ走る。思うままに、あるがままに。それが彼女の愛だった。それが彼女の正義だった。それが彼女の幸せだった。ただそれだけの話。
そして、その時、彼女に科せられたツンデレという呪いは、ツンデレという生き様へと昇華したのだ。
普通に、好きな人に愛して欲しかっただけなのだ。自分の気持を素直に伝えて、自分の想いを知って欲しかっただけなのだ。レンヤという少年に、七曜なななの恋を魂に刻んで欲しかっただけなのだ。
しかし、嗚呼見るがいい。彼女の女としての挟持を。刮目して見よ、七曜なななという少女の、優しくも誇り高き選択を!
ツンデレなりし、死に様を!!




止まらず、止まらず、走って走って、燃え落ちるほどに走り抜けて、流星のように消えていく。
一人の男の子に恋をして、一途に抱いた想いを糧に、エネルギーにして走り抜けた少女たちは、そうして輝き、星となって通りすぎていったのでした。
すまる、ななな、瑞貴。さらば、愛しきメインヒロインたちよ。そして思い出の中で、永遠に……眠れ。



……あとは、もうふちゃんにもう全部任せろ!!
いやもうほんとに任せろ!

時代は、新にして真・メインヒロイン 更科もうふのものなのだ。ヒャッハーー!!


三年ぶりの新刊は、冒頭からクライマックス。最後までクライマックス。三人のヒロインたちが、それぞれの想いを胸に、恋のため、愛のために、叫び、振り払い、我武者羅に闘って戦って、自分の中の魂の一欠片まで削り尽くして、確かな何かを打ちたて、貫いてみせた、凄まじく熱い決戦でした。
そして、衝撃のラスト。まさかの、メインヒロイン全滅。そして驚愕の、新ヒロイン誕生。
これでほんとに、もうふちゃんエンドになったら、レジェンドとして語り継いでもいいんですが、それはさすがにちょっと無理かなあ。
しかし、すまる、瑞貴、なななの死闘は、本当に魂の震えるものでした。個人的にはやっぱり、すまるはちょっとアレなんですけれど、特になななについては、もはや伝説的と言って過言ではないツンデレキャラとしての金字塔を打ち立ててくれた気がします。
もはや、七曜なななを知らずして、ツンデレを語る事なかれ。

踊る星降るレネシクル4   

踊る星降るレネシクル (GA文庫)

【踊る星降るレネシクル】 裕時悠示/たかやKi GA文庫

Amazon
 bk1

横も後ろも顧みず、急き立てられるように突っ走っていくヤツを追いかけるのは大変だ。ふと気を抜くと、徹底的に置いていかれてしまう。その突っ走る理由が明確な理由のない生来の強迫観念にまつわるものだったとしたら、なおさらだ。彼らは、理由もなく自分が存在する事を証明するかのように突っ走っていく。
それでも追いかけ、一緒に突っ走ろうとするのなら、そいつは追いかける対象以上に必死にならなきゃいけない。一心不乱に、そいつの事を見つめていなければならない。

だけれど、この物語の主人公レンヤは躓いてしまった。追いかけ、一緒に走るつもりで、肝心の彼女の脚を引っ張ってしまった。彼女の生きざまの邪魔をしてしまった。その後悔が、追いかける脚を止めてしまうことになる。
たとえ振り返らずとも、何も言わずとも、絶対に自分を追いかけてきてくれる、自分と同じ道を邁進してくれると疑いもせずに信じ抜いていた彼女を裏切る形で。
横も後ろも顧みず、ただひたすらに自分の望むものを追い続けた少女は、顧みないがゆえにレンヤのしでかしてしまったことなど、気にもしていなかったというのに。
ただ一緒に走ってくれていたことだけが、孤高を行く自分の生きざまに寄り添ってくれていただけで嬉しかったというのに。

常に上を向き、何一つ一顧だにせず、他の誰にもワカラナイ理由に突き動かされて、闘争に闘争を重ねて神へと至ろうとする少女沙良瑞貴。
これは自分自身から逃げ続けた逃亡者であるレンヤと、周囲の期待に敗北し続けた少女すまるが、仮初の師と弟子となり、お互いを導き高め合い、自分の中に凝った澱と向き合い、絶対勝者である瑞貴と胸を張って正対するまでの物語である。
ゆえに、この物語の主人公はレンヤであり、すまるである。もう一人のヒロインである瑞貴は、行ってしまえば向き合うべきトラウマであり理不尽なほどの壁であり、捉えるべき背中であった。それは目標であり到達点であり、ラスボスであったわけだが、むしろ私は彼女の方にこそ心惹かれてしまった。
同志であり半身であった男の挫折と裏切り。それが彼女に与えた絶望は、元々孤高だった彼女にどれほど孤独を与えてしまったのだろう。一層に闘いにのめり込みながら、隣に誰もいない独りだけの世界は、どれほど彼女に寂しさを浴びせていたのだろう。
すべてをかなぐり捨て、神への道へと邁進する彼女が、ただ一つ、レンヤが作ってくれたぬいぐるみだけを肌身離さず持ち歩き、大切に傍に置いていたのはなぜなのだろうと考えると、それは身代わりだったのだとしか思えなくなる。自分を裏切り、立ち止まってしまった一番大切だった男の身代わりだと。それは、動けなくなった彼に手をさしのべることもせず、一緒に立ち止まって待つことも出来ずにひたすらに前に進むしか生きられない自分への嘲弄であり、もう一度戻ってきてくれると信じる心を押し隠した淡い縁、捨てられなかった想い、というやつだ。
そう思うと、無骨で不器用で理不尽でしか無い彼女のことが、無性にカワイイとしか思えなくなってくる。
世は、すまるをヒロインとして扱うのだろうけれど、たとえ周りはどうあれ私は瑞貴を崇め応援したいと思う。
そんな私は幼馴染スト♪
 

12月6日


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W

12月5日

Amazon Kindle B☆W


12月4日

Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W



Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W



12月1日


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


11月30日

Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W

11月29日

Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W

11月28日


Amazon Kindle B☆W

11月27日

Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W

11月25日

Amazon Kindle B☆W

Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


11月24日

Amazon Kindle B☆W


11月22日

Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


11月21日

Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W

11月20日

Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W

11月19日

Amazon Kindle B☆W


11月17日

Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W

11月16日

Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


11月15日

Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W

11月14日

Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W

11月13日

Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W

11月10日

Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W



Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


11月9日

Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon


Amazon


Amazon Kindle B☆W


Categories
最新コメント

Archives
記事検索
タグ絞り込み検索