迷宮街クロニクル

迷宮街クロニクル 3.夜明け前に闇深く4   

迷宮街クロニクル3 夜明け前に闇深く (GA文庫)

【迷宮街クロニクル 3.夜明け前に闇深く】 林亮介/津雪 GA文庫

Amazon
 bk1

あれ? このマドンナ――野田さんという女性は記憶にないな。手元に(すぐに発掘できる所)に同人誌版がないので確認はできないんだが、ウェブ公開版ではこの人いなかったんじゃないのかな。こんな同性の敵みたいな立場だと、一緒に地下に潜ってくれるチームって男性だけで編成された部隊でないと無理なんじゃないのか?
これほど同じ女性に嫌われている人にも関わらず、飄々としているのは面白い人だなあ。しかも彼女の行動を追う限り、屈託なくあっけらかんとした性格で表面的には見えない部分で思慮深く、気遣いも上手いのを考えると、どれだけ男性遍歴に問題があろうと、この迷宮街で生きてるような女性なら、わりと親密に友達付き合いしそうな人が居てもおかしくなさそうだけど。一度街を離れる前、よっぽどな事をやらかしたんだろうか。
彼女の果たす役割は、話を読み進めていけば分かる事だけど、作者はこの街が辿る岐路に、もう少し説得力を持たせたかったのかな。というよりも、上の階層でくすぶっていた人たちに対するフォローなのかもしれない。けっこう、辛辣な視線で描かれてたしね。真壁の日記なんかでも、さらっとキツい事云われてたし。個人的にはそこまで云わんでも、と思ってたので中山義経のくだりを書き下ろしで掘り下げて書いてくれたのは、精神的にもホッとさせられるものだった。
ここでホッとしてしまうということは、自分もまた波乱を遠ざけ冒険心を忌避し、安寧にしがみつく類いの人間だ、ということなんだろう。向上心をなくしてしまった、と言ってもいいかもしれない。やれやれである。

ツライ、というともう一つ、このシリーズを読んでいると思い知らされて辛いものがある。ついつい錯覚しがちなんだが、強い=死なない、じゃないんですよね。ゲーム、小説、漫画、映画、なんでも強いとその人はなかなか死なないのです。死んでしまうのは、より強い相手に当たったか、困難な状況に陥ったか、シナリオの都合によるものか、というのが大半なのです。
最強の一角に数えられるような強者が、詰まらないことで死んでしまうなんてことはまずない。
でも、人間なんてものは本当につまらないことで、簡単に死んでしまうものだというのを、このシリーズは顔をそむけてもそちらに回り込んで目の前に突きつけるみたいにして見せてくる。
死の危険がある場所に踏み込んだなら、たとえその人の強さによって死の確率を減らせるのだとしても、何度も繰り返せば、繰り返し踏み込めば、必ずいつか死ぬのだと告げてくる。
それがたまらなく重たい。その重たさを踏まえてなお、この街に留まる人たち。その異常さが、たまらなく辛い。
葵なんかも、さらっと異様に重い覚悟を自然に備えてるんですよね。自分の大切な人だろうと、必要とあらば見捨てる覚悟。
また、いつか必ず死ぬとわかっている場所に留まる理由。それが、誰の場合も明快に示されていなくて、ものすごく居心地悪いんですよね。
本来、この現代社会では、そんな理不尽な覚悟も、殺される可能性に立ち向かう必要もないにも関わらず、自ら好んでそれらを内包しようと言う人々。それはとても得体の知れない不気味さで、このシリーズは読めば読むほど面白さと同時に精神的な疲労感が圧し掛かってくる気がします。色々な意味で、ヘヴィだ。


彼の死を踏まえて、主要なメンバーが集まって協議するシーンがあるのですが、書き下ろしの短編で三原さんが行った改革を踏まえても、少なくとも探索者たちが行える領分では、死の確率を軽減する対処療法に留まるんですよね。そして、軽減されるだけでは決してこの問題は解決しない。事故なら改善によってゼロに近い部分に減らせるかもしれない。でも、ここで行われているのは殺し合いで、相手は殺意を持って攻撃してくる相手。どれほど対策を立てても、不慮の事態は起こり続けるわけです。それが、現場の対処である限り。というか、地下迷宮が地下の怪物たちの領域である限り、探索者が侵入者である限り。
もし本気で安全をはかるなら、より深い階層への探索を行おうと思うなら、上から順番に侵略し、占領し、支配下におさめなきゃならないんでしょう。それはもちろん、探索者がやれる内容じゃないですし、自衛隊はけっきょく断念したんでしたっけ。継続的な治安維持は、兵士の銃剣よりむしろ土木工事とエーテル研究に掛っていそうなんだけど。

次で最終巻なわけだけど、もう話の進み具合からして殆どあの事件ぐらいしか残っていないんじゃないのかしら。なんか、大幅に書き下ろししてくださりそうな予感。

一巻 二巻感想

迷宮街クロニクル 2.散る花の残すもの5   

迷宮街クロニクル2 散る花の残すもの (GA文庫)

【迷宮街クロニクル 2.散る花の残すもの】 林亮介/津雪 GA文庫

Amazon


この表紙絵の人物、最初に見た時はぼんやりと葵かなー、と思ってたんだけど、よく考えると全然デザイン違うじゃないですか。で、誰かなーと思って本分読んでようやく理解。
なるほど、鈴木秀美かー。そういえば、奥で絵を描いてるのって、今泉くん以外の何者でもないものね。実のところ、秀美ちゃんは快活な少女というイメージこそあったものの、その方向性は短髪で世の中舐めてそうな猫系女子高生というものだったので、ポニテという意識が全然なかったせいか、まったく思い浮かばなかったや。
と、登場当初は友達へのメールに象徴されるように、大人も世界も何もかもを舐めてみていた秀美ちゃん、外面は良かったもののあんまり印象は良くなかったんですよね。才能が際立っているが故の傲慢と、それを上手く隠している如才のなさがなんとも、ね。
まあ、メールで友達に見せていた顔が素顔かというと、そんなこともなかったんだろうけど。本音と本心はまた別ですしね。心で舌を出していても、良い子に見せている外面がまったくの仮面でいられるわけでもなく、付き合いが長くなるにつれて、段々とその外面と内面が混じりいってくるのも人間関係の面白い所であるわけですし。
その意味では、ルームメイトの落合さんや真雪さんに可愛がられ、小林先生と仲良くなり、今泉くんと異性のドキドキを共有するようになっていたクリスマス前の秀美は、この段階でも決して悪くない成長を続けていたんでしょう。
もし、この後の惨劇がなかったとしても、この娘は自戒を覚え、他人を尊び、自分の傲慢に足元をすくわれることのない人生を送れたような気がします。
それでも、残酷に運命は彼女をどん底に叩き落としてしまうわけですけど。

こっからの彼女、実は登場人物の中でも特に好きな一人になるんですよね。痛みを知り、地獄を見せられ、大切な人を失って、それでも目をそらせない尊敬すべき人の生きざまを目の当たりにし、その光景を糧として新たな自分として生まれ変わり立ち上がる。
頑張れ、頑張れ、女の子。


しかし、読んでると思いのほか書き下ろしの部分が多くて、これは嬉しい所だなあ。津差さんのシーンなんか、だいぶ増えてるんじゃないのかい? この人はもっと泰然としたイメージだったので、こんなグルグルと考えてあんまり良くないところに潜ってしまっていたこともある人だということは気がつかなかったな。
みんな、何がしかドロっとした闇とも影ともつかないものを胸の奥で淀ませている中にあって、真壁ってこうしてみるとやっぱり変なヤツだわなあ。何で皆がこの男に一目置いているのか、言葉にするのは非常に難しいんだけど、読んでたら一目瞭然ではあるんですよね。
独り、とらわれていない、といったところか。

さて、今回は翠よりもむしろ葵の方が目立ってたと言うか、人間関係のグルグルの中で活躍していたというか。このあたり、だいぶ書き下ろしの部分あったんじゃないかな。恩田くん関係のところで、真壁と葵のあのシーンはちょっと記憶なかったし。
描き下ろし部分のことごとくが、グッとキャラクターに深度を与えるモノになってて、うん、これは加筆されてて良かったなあ。

と、次が最終巻になるのか。

迷宮街クロニクル 1.生還まで何マイル?5   

迷宮街クロニクル1 生還まで何マイル? (GA文庫)

【迷宮街クロニクル 1.生還まで何マイル?】 林亮介/津雪 GA文庫

Amazon


和風Wizard純情派のタイトルでウェブ上にて連載されていた現代版ウィザードリィ小説の書籍化された作品です。
自分、これ連載時にも読んでて、同人誌としてだったかな。通販で出された時も買ったんですよね。モノは、部屋の魔窟のどこかに埋もれてますけど。記憶している限りではわりと表層の方じゃなかったかな。捜したら多分見つかるだろうけど。

うん、でこうして久々に読み返したわけなんですけど、やっぱり面白いなあ。とびっきりに面白い。界隈でも徐々に評判になってきているようですけど、それに値する読み応えのある作品であることは間違いないです。
さすがに加筆修正箇所まではわかんないなあ。ところどころ、こんなシーンとか会話あったっけ、と感じる所はあったわけですけど。
そもそも一日に三千万近い売上があがる、というのがとんでもないよなあ。探索者が持ち帰った迷宮内の怪物の死体から抽出される化学物質などが非常に高価だったり地上では生成できないまったく未知のものだったりして、それらが商社に買い上げられて利益になってる、というんだけど。単純計算で年間百憶ですよ? 全体的にどうなってるんだ?
と、そんな迷宮街探索事業団や契約を結んでいる商社などの話も入ってくるのですが、個人的にこの商社の新支店長として赴任してくる後藤さんの婚約者の人が好きなんですよね。この一巻ではその性癖というか好みについてはさほど露呈していないんですが、この二人の話、面白いんですよ〜(笑

読んでて特徴的なのが、やはり探索者たちの死生観。生き死にの軽さ重さでいうのなら、戦地なども同じなのだろうけど。やっぱり自分から望んで死亡率14パーセントの場所に飛び込んでくる人達と言うのはどこかしら独特のものがあって、そういう人たちが日本の中で日常の中で生きている人たちとそれほど距離のない場所に混ざるように存在している、という妙な感覚。相互の違和感が、独特なんですよね。
同じ生き死にを生業としている兵士とも、また違うわけです。傭兵ともちと違うんじゃないだろうか。まさしくファンタジーでいうところの冒険者、というべきか。ただ、何でも屋的側面を持って色々な依頼をこなしていく冒険者と違って、この探索者は迷宮に巣食う怪物たちを殺すことに特化しているので、やはり別の存在か。
んで、どこか読んでて冷や水を浴びせられるような感覚を味わう。漫画やライトノベル、実写の映画でもいいや。とにかく戦闘モノに慣れ親しんでいるほど、この作品で描かれるあっけない死は、ぞっとさせられるものなんじゃないだろうか。人って、どれだけ鍛えても強くなっても、死ぬときはこんなにあっけないものなのか。こんなに人は簡単に死んでしまうのか。作中で主人公の真壁が最初の方で言ってることだけど、現実には人間、どれだけレベルがあがったってHPはあがんないわけですよ。転んだって、ウチどころが悪ければそれだけで死ぬ。
そして、この作品の戦いの舞台は、いつどこから敵が襲ってくるかもわからない洞窟迷宮の中。コンディションだって一定じゃないし、人間生きてたらメンタル的な変動だって色々あるでしょう。運不運も見逃せない要素。様々な因子が、どれほど鍛えた人でも容易に死の罠に足を踏み入れさせてしまう。
記憶が確かなら、この作品、ウェブ連載時には、迷宮に潜るたびにあらゆるキャラクターに対して、Javaで生死判定を下していたんですよね。2パーセントだったかな、よく覚えてないんだけど。
もちろん、主人公の真壁やヒロイン格の碧ですら死んでしまう可能性があるわけで。群像劇として卓抜とした人間模様を描くこの作品、長く続けば続くほど魅力的なキャラに出会い、はまるわけですけど、そうした人たちが唐突に帰ってこないかもしれない展開が待っているかもしれない。
あの連載を追っている時のドキドキ感は、ちょっと忘れられないなあ。

なんにせよ、これからさらに人間関係が複雑に絡み合い、迷宮探索という地獄に身を置くが故の因業、心の変転、人情の機微が鮮やかに描かれていき、さらに面白くなっていくので、続きはぜひぜひ出していただきたいところ。これからが本番なんだから。
しかし、真壁くん。鈴美に顔はあんまり、と言われてたけど、イラスト見るとほんとに朴訥とした顔だなあ(苦笑
笠置町姉妹のビジュアルは、素晴らしいの一言です。雪姐も、あの最初の挿絵の手前の人がそうなら、イメージ通りか。
ちょっと違ったのは後藤さんか。私はもっと痩身の剃刀みたいなヤクザの幹部のイメージを持ってたので、ああそっちなのか、と。

一連の戦闘シーンを見ていて深く思ったこと。ヘルメットは必須装備だ。
 

12月6日


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W

12月5日

Amazon Kindle B☆W


12月4日

Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W



Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W



12月1日


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


11月30日

Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W

11月29日

Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W

11月28日


Amazon Kindle B☆W

11月27日

Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W

11月25日

Amazon Kindle B☆W

Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


11月24日

Amazon Kindle B☆W


11月22日

Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


11月21日

Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W

11月20日

Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W

11月19日

Amazon Kindle B☆W


11月17日

Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W

11月16日

Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


11月15日

Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W

11月14日

Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W

11月13日

Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W

11月10日

Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W



Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


11月9日

Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon


Amazon


Amazon Kindle B☆W


Categories
最新コメント

Archives
記事検索
タグ絞り込み検索