徒然雑記

終日のたりのたりかな  
  オロチのまどろむ庭TOP  読書メーター  月刊書籍発売カレンダー  書籍感想・殿堂作品
  書籍感想・著者索引(表紙絵附) 書籍感想・著者索引(シンプル版)  書籍感想・作品タイトル索引(シンプル版)
  11月前半のライトノベル新刊カレンダー 11月後半のライトノベル新刊カレンダー
  11月前半の漫画新刊カレンダー 11月後半の漫画新刊カレンダー
  12月前半のライトノベル新刊カレンダー 
 

鈴城芹

家族ゲーム 94   

家族ゲーム 9 (電撃コミックス EX 電撃4コマコレクション 96-9)

【家族ゲーム 9】 鈴城芹 電撃コミックスEX

Amazon

ついに真言の受験結果が発表に! そして彼女は西浦に……!? 葵の悟に対する防御力(?)も下がってきていて、遊佐姉妹から目が離せない最新刊!! おなじみの描き下ろしページもあり!
背後のやたら怖い顔したひげメガネ、いったい誰だよと思ったら、パパさんじゃないですか!! あまりにも形相変わってて、本気で最初気づかなかった。よく見たら、ママさんが宥めてるし。
その二人の視線の先には、ついに寄り添い見つめ合う真言と西浦さんの姿が。そして、二人の持つゲーム機にはハートマークが! 長かった。凄まじく長かった。これまでの表紙の二人の様子を見てたらねえ、感慨深いの一言。特に6巻あたりからの西浦さんのヤサグレっぷり、透けてしまいそうな儚さは目を覆わんばかりでしたし。
受験が終わって、ついに想いを解禁して西浦さんに突撃した真言の、アプローチの凄まじいこと凄まじいこと。パパママの二人に習って、高校卒業と同時に一気に畳み掛けてくるのは予想がついてましたけれど、開口一番ご褒美はプロポーズが欲しい! とか、積極的にも程があるぜー。まあ、即効で子作りまで始めたママさんたちに比べれば、まだ大人しい方なんだろうが。ってか、まだ西浦さんが戸惑ってるしなあ。何しろ、これまで散々年単位でお預け食らってたのを思えば、今の状況に適応しきれないというのも理解できる。速攻でママさん食っちゃったパパさんの方が肉食だよ。そのくせ、表紙のあの形相である。真言なんて貰ってくれる人西浦さんくらいしかいないだろうに。あの娘、問題ありすぎだよw
ともあれ、テレビも雑誌も見ない恋愛情報弱者の真言の、あの積極果敢で躊躇のないアプローチはいったい何処から仕入れた知識なんだと問われれば、はいママさんの影響です、二人のイチャイチャっぷりから学びました、ってんだからもはや言葉もありません。パパさん、あんた自業自得だよw

一方で、此方は穏健にゆっくりと時間をかけて愛を育む葵と悟。なのですが、年頃の男女が結婚までなにもしないで過ごすなんて、所詮無理も無理な話でして。葵が大学行くまでキスもなし、とかそれは幾らなんでも無理だわーー。むしろ、今まで我慢してきた悟くんは頑張った。超頑張った。葵も高校生になったんだから、さすがに解禁でしょう。女の子にだって性欲はあるんだよ。
とまあ、そこまでいっちゃってるわけでもなく、ただキスしただけなんですけどね。そこまでが長かった。悟のお母さんじゃないけれど、もっと間違ったっていいじゃない。
だって、葵ってばかなりイメチェンして、本格的に美人になったよ? 髪が少し伸びて、凄く女の子らしくなってきた。いやあ、この漫画も長い付き合いなだけに、葵の成長はホント感慨深い。いきなり何年後、とかブランクがあるわけじゃなくて、本当に徐々に徐々に時間をかけて成長と変化を遂げてきただけに、傍と立ち止まって最初の頃の葵と今の葵の姿や心映えを見比べると、ちょっと感動を覚えるくらい。
やっぱり、自分はサザエさん方式よりも、こうやって徐々にでも作中年月がちゃんと経っていく話のほうが好きだなあ。
他のカップルも伸展があったりなかったり。紫杏と宇藤くんが意外なほど着実に進展してるのはびっくりした。宇藤くんの粘りと、わりとサバサバした紫杏の対応が上手いこと噛みあってる感じで、まだ付き合うには至っていないものの、未完成カップルの中では一番の楽しみ、期待の星かもしれない。紫杏は失恋してからホントに化けた。
一方で、未だに良縁がないのが、由寿である。もう兄貴への想いは思い出に昇華されつつあるというのに、なんで縁ないかなあ、この娘は。ようやく、フラグ立った!? と思ったら、何故か相手の男の子はいきなり別の子の方に走りはじめちゃったし。あれ? マジで由寿とは縁なしですか!?
迷走は続く。

にしても、今回はもう西浦さんと真言の総取りでしょう。念願かなってのイチャイチャっぷりが、もうっ、もうっ。
二人共、恋愛の何たるかを全く知らない初心で無知なカップルだけに、思いが通じてようやく恋してる実感が伴ってきたようで、最初の頃は浮かれてばっかりだったのが、後半に行くにつれて本気でメロメロになっていく様子が見ていて……たまらんね! 特に真言の蕩けっぷりときたら、大変なものである。誰だよこれw

鈴城芹作品感想

くすりのマジョラム 24   

くすりのマジョラム (2) (まんがタイムKRコミックス)

【くすりのマジョラム 2】 鈴城芹 まんがタイムKRコミックス

Amazon

魔女っ娘薬剤師、再び! あいもかわらず色んな騒動が飛び込んでくる馬放調剤薬局ですが、ラムの魔法薬はますます絶好調。だけどたまには、お薬じゃ解決できないコトもあるようで……?鈴城芹の贈るハートフルコメディ、第2巻いよいよ登場っ!
あれ!? これ、ラムさんの恋人候補、浜路先生か小学生の錠くんか、この期に及んでまだ分からないぞ!? ラムさんの心情的にはもう小学生だろうが錠くんの事が気になっちゃっているので、相思相愛みたいにはなっているはずなんだが、なおも浜路先生とのフラグは折れないまま。挙句に、ラムが浜路先生を毛嫌いしてた彼の態度が、ラムさんを舐めたものではなく、万人への別け隔てのないものだったと知って積極的に反発する理由もなくなってしまいましたし。何だかんだとこれまでも、彼の先生としての在り方や大人の男性として認める事は多かったですしねえ。
やっぱり小学生の錠くんと、26歳のラムさんでは年齢差が厳しいところもあるしなあ。でもでも、錠くんとの雰囲気は出会ったばかりの一巻の頃と比べるとすごく甘酸っぱいものになっているのも確かな話なので、果たしてどっちに転んでしまうのか、これは動向が気になる気になる。
浜路先生は、ユキとのお見合いなんかもあって、何気にユキの方ともフラグ立ってるしなあ。てっきりユキにアプローチかけまくってる錠くんのパパさんが傍らに収まるのかと思ってたら、この人なんか憑いてるし(笑
亡き奥さんが認めてくれないと、どうにもこの人はずっと独身で居そうだ。
しかしこれ、まかり間違って錠パパの誠さんがユキとくっついて、錠がラムとくっついた日には、親族関係どうなるんだ? 実妹にして義理の母だったり、姉なのに娘だったり、息子なのに義兄だったりという訳のわからない状態になってしまうのか? それはそれで面白すぎるな。

1巻感想

電撃4コマ コレクション 家族ゲーム 84   

電撃4コマ コレクション 家族ゲーム(8) (電撃コミックスEX)

【電撃4コマ コレクション 家族ゲーム 8】 鈴城芹 電撃コミックスEX

Amazon

ちょっ、表紙の紫杏がエラいことになってるんだが。ヤンデレを通り越してゾンビ化してるぞ!?(笑
本巻の見どころはやはり、憂い顔の西浦さんと恋する乙女全開の真言。そして幸せそうな尚武・日陽子カップルでしょう。特に尚武・日陽子カップルは付き合うまでの猶予期間を解消するように、同棲から半年で結婚というスピード決着。まあ同棲とは言っても二人暮らしではなく温水家に同居という形だったので、ほとんどもう嫁入り状態でしたからねえ。きっちり身を正したというところでしょうか。プロポーズイベントもなく、いきなり日陽子さんの実家に挨拶言ってたしなあ。しかし、まだ社会人になって間もないというのに結婚してしまうとは思ってなかった。結婚一番近いカップルだとは思ってたけれど、同棲始めたの7巻なのに。さすがにちゃんとした式はやらずに婚姻届だけみたいだけれど。
もっと由寿が拗ねるかするかと思ったら、反応が鈍くなってる。これは本当に兄離れしちゃったのかなあ。兄貴にキス解禁されても別に嬉しくもなさそうだったし。これはちょっと寂しいかも。と思ってたら、何か男の趣味がヤバい方向に!? 待て待て待て、年上だけならまだしもオヤジ臭のする中年萌えって、それならまだ実の兄貴に懸想してた方がマシだ!! その方向性はいかん。変な親父に引っかかりそうで、マジで怖い。
一方でついに恋に目覚めた真言と西浦さんとの関係は、遠慮と負い目が重なって完全に捻れて思いすれ違い停滞中。真言、ちゃんと自分が西浦さんを振った形になってしまっている事はわかってたのか。それが負い目になって、西浦さんに素直にアタックできず、切なさと寂しさに打ちのめされる日々。一方の西浦さんは完全に目が絶たれたと思い込んでいるので、変に夢を見ずに身近なお兄さんという関係に徹し、真言ときっちり距離を取った関係を維持しはじめる。真言への未練に心を引き裂かれそうになりながら。
もうふたりとも両思いなのに、こんなに苦しむことになるなんて。こりゃあ、想いが通じたときの反動が怖いくらいだぞ。悟と葵の方ももう何年もお預けを食らっているので、解禁になったときはエラいことになりそうですけどね。現段階ですら、葵も真言も発情期入ってるような有様なのに。それでも、葵の方はまだ禁欲的というか、倫理に厳しいタイプみたいなので、悟も大変だよなあ。ほっぺにキスくらいいいじゃない。
時系列は正月終わって年も明け、真言たち三年生は受験本番。多分、真言と西浦さんの停滞は大学に入ってまで続かないと思うので、次巻あたりが勝負なんだろうなあ。下手すると、母親の二の舞になりかねんのが楽しみすぎるw

鈴城芹作品感想
真言

家族ゲーム 75   

家族ゲーム 7 (電撃コミックス EX 電撃4コマコレクション 96-7)

【家族ゲーム 7】 鈴城芹 電撃コミックス EX 電撃4コマコレクション

Amazon


うわあああ、うわあああ、うわあああ、ついに、ついについにですよ! 五年越しの告白。西浦さんが、ついに真言に告白。長かった、いつかいつかと待ちながら作中時間で五年たち、このままどうにもならないままなのかとすら思った矢先に、真言が後輩から告白されたのを西浦さんに相談した際、勢いでついに!
そうなんだよなあ。二人って出会ったの真言が中一の時だったんだよなあ。そして今、高校二年生ですよ。もう三年になるんですよ。五年って目茶苦茶長いですよ、どんだけ長いこと引きずってたんだよ、西浦さん。
それでも、これまで確かにちょびっとずつ距離は接近してる風な感じはありましたけど、真言があんなんだけに手応えは全然なかったんですよね。彼氏彼女のフリまでしながら、真言にはそういう素振りも気配もなかったからなあ。
そう、無かったと思ってたんですよ。そうか、全然皆無ではなかったのかっ! 西浦さんも気づいていないくらいだから、そりゃわからんわ。あれとかあれとか、真言なりにヤキモチ焼いてたんだ!
それこそ無数のカップルが誕生しているこの作品ですけれど、真言はその中でも頭ひとつ抜けて恋愛音痴で鈍感でニブチンだと皆から認識され、実際そのとおりだったんですけど……もしかしてこれ、大外一気でまくり差しか!? 真言も既に高校卒業まで間がない事を考えると、遊佐家の両親みたく大逆転でこの二人が一番はやくおめでたいことになりかねない。
まあ、西浦さん、表紙見てもわかるように顔が死んでますけど(笑
これは真言が悪いわー。いやもうこの娘はこういう子だから仕方ないんですけど、西浦さんがフラレたと勘違いしてしまったのは仕方ないわ。バカだなあ。誰がとは言わないけど、バカだなあ。
いやでも誤解が変な方向に行くというわけじゃなくて、この調子だと西浦さん、うれしいサプライズになりそうじゃないか。あれだけ待たされたんだから、拗れずにハッピーになってほしいよ。

とりあえず一番順調そうなのが葵と悟か。葵が成長するにつれて意外とお固い考え方の持ち主だというのが分かってきたのが面白い。だらしない悟さんは嫌だなあ、とかどんだけ潔癖なんだよ。君、高校生の悟くんがどれだけ我慢してると思っているのかね。いやもう、チューくらいはしてもいいでしょうに。プレイが焦らしすぎる。
それでも、悟くん、この歳で大学卒業したら即座に葵を娶る気でいる気概はホレるわあ。気概というほどでもなく、すでに既定路線、当たり前の将来像みたいになってるのが凄いが。あっ、五年後には結婚します、とか平気でのたまったもんなあ。葵が高校卒業したら即座にかよっ。

そして、一番「結婚」という言葉が近そうなのが、尚武兄ちゃんと今川さんか。ついに尚武の実家で同棲だもんなあ。朝帰りまでしちゃったし。既に恋人を通り越して家族同然ですから、もう。温水家にも馴染んじゃいましたし、もう嫁だよなあ、これ。そんな状態でもまだ粘る由寿の根性が素晴らしい。何気に関係が離れるどころかむしろ接近してるもんなあ。

他にもカップルが出来たり出来なかったり。小竹と里奈は完全にくっつく流れだったのに、あそこからあんな事になるとはさすがに予想だにしなかったぜ。目が丸くなりましたがな。こりゃ、里奈っち男運ないわー。運がないというか、タイミングが悪い?

とにかく、ラストのコマで真言が素晴らしい恋する少女の笑顔を見せてくれたので、大満足。ではないよっ、そこで切るのかよ、西浦さんとの関係どう着地させるんだよっ、と物凄い気になるところで終わってるので、辛抱タマランですよこれ。まだ半年以上、場合によっては一年以上待たされることになるんだから、たまらんたまらん。
いつまでも待ってます、待ってます、でもなるべく早めにお願いしますぅ。

鈴城芹作品感想

くすりのマジョラム 14   

くすりのマジョラム (1) (まんがタイムKRコミックス)

【くすりのマジョラム 1】 鈴城芹 まんがタイムKRコミックス

Amazon
 bk1


「あの薬局にはね、どんな病気も治す魔法の薬があるの――」なんて言葉を信じて向かってみれば、お店の名前は「馬放保険調剤薬局」……って、え? ダジャレ?いやいや心配御無用です! 26歳の魔女っ娘薬剤師・ラムの手による魔法薬の効能は――本編で確かめてくださいねっ!長身グラマーな双子の妹・ユキ、ラムにラブな小学生の錠くんなどなど、ラムの周りにはちょっと変わった仲間がたくさん!鈴城芹が放つ、マンガ史上初(!?)の薬剤師4コマ、お楽しみください!!
【家族ゲーム】【看板娘はさしおさえ】の鈴城芹の新シリーズはロリ年増の薬剤師漫画!
【看板娘はさしおさえ】の質屋が舞台というのも珍しかったけど、今度は薬局か。ラムさんは留学先で魔女の教えをいただいて、実際に魔法の薬も作れる魔女なのですが、薬剤師の資格もちゃんととっているので普通の薬も扱います。というか、そちらの方が多いのか。別に魔法薬を作るのにタブーとかは無いので、魔法の薬が欲しいという客が訪れたらわりとホイホイ作ってますが。
薬屋さんのシステムやちょっとした健康ネタ、市販薬の豆知識など知らないネタも多いので、知識欲が擽られて面白いなあ。質屋のネタも面白いは面白かったけれど、質屋は利用する機会もなさそうだから役に立つかと言われると雑学の範疇を超えなかったんだけど。まあ、こっちのネタも豆知識といったくらいなんですけどね。
しかし何気にこれ、一連のシリーズの中で一番シモネタが多いんじゃないだろうか(笑 あんまり自重しない人が何人かいる上に、独身の若い人達が多いものだからw 後半に行くほどに登場人物がどんどん増えていく上に、ものすごい入り組んだ人間関係になっているのも毎度のことだけど、ラブコメ度は今後かなり高くなっていきそうだなあ。
ラムさん、仮にも26歳だもんだから浜路先生28歳といい感じになっていくのかなあ、と今のところはラムさんが浜路先生を一方的に天敵扱いしているのを見ながら読み進めていったんだけど……おいおい、なんか小学生の錠くんといい雰囲気になってきてませんか?(笑
さすがに15歳差というのは大きいぞ。霧さんが面白半分なのか変態の本気なのか、妙に煽ってた時点ではラムも相手にしていなかったというか、大人の余裕みたいな感じで錠くんをあしらってたのが、どうしてこうなった?(苦笑
今のところフリーで相手のいない古河潤がどうなるかが気になるなあ。この元気なアーパー中学生、今までのパターンからしてメインキャラクターである以上、相手が出来るはずなんだが。

あと、ユキのTシャツにプリントされてるセリフが毎回凝ってるというか、あんまり良く見えないようにしているくせに、毎度面白いネタを使ってるというか。
「堪忍袋の緒が切れました!」には吹いたww

家族ゲーム 65   

家族ゲーム 6 (電撃コミックス EX 電撃4コマコレクション 96-6)

【家族ゲーム 6】 鈴城芹(電撃コミックス EX 電撃4コマコレクション)

Amazon
 bk1


前回の五巻から約一年半。さすがにそれだけの間が空いてしまうと、メインキャラはともかくとして脇を固める子たちはさすがにこの子誰だったっけ、と思い出すのに苦労してしまった。なにしろ、人数がものすごくたくさん増えてるもんなあ。おまけに人間関係がやたらと複雑に入り組んでいるし。親子に兄弟、友人同士にクラスメイト、同じサークル仲間、部活の仲間と錯綜しまくっている。
ここで役に立ったのが巻頭のキャラ紹介。総勢三十一名にもなる壮観の登場人物紹介表。この規模のは「魔法先生ネギま!」か「境界線上のホライゾン」くらいしかなかなか見たことないですよ。
と、最初の方はこの登場人物紹介を振り返りながら見てたのですけど、さすがにすぐに思い出してきましたね。初っ端からこれだけラブラブ旋風が吹き荒れているとあてられてきますってなもんよ。
この四コマが秀逸なのは、きちんと作中時間が進んでいるところなんですよね。小学生は中学生になり、大学生は社会人になり。みんなの社会的立場が進むと同時に、それぞれの人間関係もしっかりと変化をして言っている。
高校2年生の伊佐坂悟と中学2年の遊佐葵の歳の差カップルは、ますますラブラブ進行中。本のちょっと前まで小学生の子供だったはずの葵は、中学生になってめっきり女っぽくなっちゃって。二年生になってからは、さらにその卦が強くなってきてる。ロリコン疑惑なんかもあって、葵に対してものすごく気を遣って接している悟に対して、むしろ葵の方が積極的なんですよね。登場したときはあんなに男の子っぽく女っ気がなかったお子様だったのに。そろそろ悟くんの理性がヤバいですww でも、本格的に付き合うのは葵が大学生になってから、と言い切っちゃう悟くんはちょっと節制が効きすぎてる気がします(苦笑 
なんにせよ、この二人は見ていて本当に微笑ましいカップル。進展も順調だし、お互いの家族公認だもんねえ。もう至る所でニヤニヤさせられてしまう。あの、髪の毛うれしそうに触ってる葵のカワイイことカワイイこと。このシーンの何が素晴らしいのかは、読めばいやでもわかります。もう、ニヤニヤしすぎてほっぺた痛いよw

そんな二人の間に、結局割って入れなかった紫杏の初恋と失恋。元々二人の仲をもっと後押しするために悟にアピールしていたのが、実は自分の初恋だったと気づくと同時に失恋する紫杏。引っ込み思案で友達が今まで出来なかった内気な少女の、吹っ切るような号泣と、そんな娘の背中をそっと後押しするお母さんの桃子先生の優しさが身に染みる切なくも温かいお話でした。紫杏は、この前後から作中でもクラスメイトが気づいているんですが、キャラがすごく明るくなってるんですよね。あのちょっとおどおどして周りを気にする素振りはすっかりなくなって、イイ友達が出来、いい恋をしたんだな、というのがよく伝わってくる。あの紫杏の変化を気にしてた男の子、フラグ立った?

一方で迷走している恋もあるわけで。……一応これ、進展してるんだよな? というのが真言と西浦さん。そして、尚武と陽良子の恋模様。真言と西浦さんの方は、なんか唐突に真言が西浦さんに彼女になってあげます宣言。なにがどうしてこうなった!? と西浦さんと同じく混乱中。おまけに、真言は西浦の彼女になったものの、西浦さんを彼氏にしたつもりはなく……この子はいったい何を考えてるんだろう。西浦さんの苦悩は続く。一応、これは進展はしてるんだろうけどなあ……とりあえずまだ異性として眼中に入れられてないのは確かだけど、まず立場だけでも近づいたんだし、これからだ、頑張れ西浦さんww
そしてこちらは、やっとこ告白しあってまっとうに恋人関係になったにも関わらず、なぜかそこで行き止まってしまっている尚武と陽良子。君ら、社会人と大学生のカップルなのにまだキスもしてないってww 一方で尚武と妹の由寿のイチャイチャっぷりは留まるところを知らず、なんで恋人よりも妹の方が新婚さんっぽいんだよ(笑
尚武も陽良子も、由寿の積極さを見習わないと。妹さんはまだこれ自重してるんだよなあ。前半のあの勢いを続けられてたら、兄貴はマジで陥落してたかもしらん。現状でも、ついつい甘やかしちゃってるのに。もうここは三人一組でいいんじゃないか、と思えてきた。
他にも、サブキャラたちの恋模様があちらこちらで咲き誇り、芽吹く予感も散りばめられ、どちらを見ても春爛漫。ニヤけるのを休ませてもらえるところがありませんよ、もうっ。

ううっ、これだけ楽しい漫画なのに、刊行の間が平気で一年以上開くのは辛いよなあ。
まあいい、鈴城さんの新シリーズ【くすりのマジョラム (1) (まんがタイムKRコミックス)】が来月には出てくれるので、それで無聊をなぐさめるとしましょう。

2巻 3巻 4巻 5巻感想

看板娘はさしおさえ 45   

看板娘はさしおさえ (4) (まんがタイムKRコミックス)

【看板娘はさしおさえ 4】 鈴城芹 まんがタイムKRコミックス

Amazon


誰か、誰か! このエロお母さんをなんとかしてくれ!
口をひらくとエロネタと下ネタしか出てこないじゃないか、このお母さん(笑


看板娘はさしおさえも、ついにこの巻をもって最終巻。うーん、まんだむ。
改めてシリーズ全部読みなおして一言。
傑作!

同じ鈴城芹著の【家族ゲーム】がタイトルとは裏腹の恋愛群像劇だとすれば、こちらの【看板娘はさしおさえ】こそ、正真正銘のほのぼの家族モノ。
冒頭カラーページでの、幽霊の十世が家族に加わってからの、お父さんお母さんサエちゃんの家族間の関係の変化。それぞれ個人の変化に想いを馳せ、お父さんが思う、うちって十世ちゃんが来てはじめて完成する家族だったんじゃないかな、という感慨に、なんだかジーンと来てしまった。
とかいってるうちに、夜の営みがダイエット代わりだぜ、え? もしかしてうちって激しすぎ? キャ! みたいなことを言い出すお母さんのせいで台無し。だから自重しろ、桜子さん。
だいたい桜子さんが主軸の話の四コマのタイトルに「児ポ法」の単語が乱舞しているのは如何なものなんでしょうか、お母さんww
これで、電機機器メーカーの敏腕営業マンなんだから、人は見かけによらず。なのに、なぜかしょっちゅう自宅の質屋に顔見せてるんですよね。お母さん、いつ仕事行ってるんですか? というツッコミをたびたびされてたら、そのうち神出鬼没が売りになったらしく、登場してきた後輩いわく、どうしてずっと会社にいるのに営業成績いいんでしょうか。って、家にも会社にもずっといるってどういうことだよ(笑
どうやらお母さんは四、五人同時に存在しているか、各所に遍在しているらしい。まあ、夜は欠かさずお父さんの寝床にもぐりこんでいるようだけど。
発言からすると、ほとんど毎日やってるんじゃね、この夫婦w
呑気そうに見えるお父さんだけど、あれで夜になるとケダモノになるんだろうかw

そんなお母さんだけど、ときどき十世ちゃんが見せるお父さんへのラブい態度に対して、小娘みたいなやきもちやくのが、また可愛いんだ。この人、恋愛が遅かったお陰でそっち関係まだまだ現役というか、少女っぽいんですよね。デレデレしないようにお父さんにチクチク釘さしたり、拗ねたりむくれたり。母親らしい変な余裕とかは全然なくって、そのへんが可愛らしいんだよなあ。

そんな順風満帆、これからもずっとこんな賑やかで幸せな日々が続くと思われた早潮家にも、大きな転機が訪れます。
感動感動、涙涙、でもやっぱりおっとりおとぼけのクライマックス。
是非是非、堪能してください。

家族ゲーム 54   

家族ゲーム 5 (5) (電撃コミックス EX 電撃4コマコレクション 96-5)

【家族ゲーム 5】 鈴城芹(電撃コミックス EX 電撃4コマコレクション)(

Amazon


もういい加減、西浦先輩に愛の手を!(笑
真言の受験の家庭教師になって、進展するかに思えた西浦先輩の恋も受験が終わって家庭教師お払い箱になったとたん、まったく進展なしになっちゃってるんですよね。あれから後も度々、出会う機会に恵まれているにも関わらず。真言の方は相変わらず、まったくと言っていいほど西浦先輩を恋愛対象として認識してないし。時々、無意識下で引っかかってるらしき描写は在るんだけど、そっから全然前進しないからなあ。そろそろ本気で可哀想になってきたw
一方で中学生になってますます女の子らしくなってきた葵。最初は真言の方が普通に可愛らしい女の子で、妹の葵の方が元気いっぱいな男の子にしか見えない娘だったのにねえ。いつの間にか完全に逆転しちゃったなあ。今回は、葵達のグループに加わった紫杏が、上手いこと葵と悟の関係に刺激を加えてくれたせいか、葵が嫉妬するわ拗ねるわ甘えるわでえらい事に。登場人物も熟女から大学生、高校生組、中学生と多岐に渡ってきましたけど、ほんとに一番恋する女の子してるのは葵だわ。
高校生組は、真言は相変わらずのゲーム廃人してるし、由寿は殆ど身を引いてピヨちゃん応援モード入ってるし、今のところ恋愛臭は一番薄まっているような感じですよね。そういえば、登場人物の中でもゲームやってなくて一番一般人らしかった永妙寺さんが、いつの間にか一番ヒドいことになってた事に愕然です(笑
そのうち、犯罪者にならないか心配だ。本気で心配だw

大学生組は、ピヨちゃんと温水くん、微妙にすれ違ってはいるものの、ああこれはそのうち上手くいきそうな感じ。お互いの、微妙に恋愛感情にまで至っていなかった、気になる異性という間柄が、由寿の存在やお互い意識し合うものの上手く噛み合わずにすれ違ってる状態が、逆に曖昧だった二人の感情を、段々と決定的な恋愛感情へと駆け昇らせている感じなんですよね。ここらへん、さり気なく上手いなあ。
新登場組では、藤井こずえがお気に入り。なんかもう、一目で気に入ってしまいました。見た目とか見た目とか。由寿が大人しくなってしまったせいで、好きな人にがむしゃらに突っ込んでいくタイプの女性がいなくなってたので、この人の独行妄想っぷりは大好きですw
もう一人は新登場でもないんですけど、水瀬先生。この人も、段々と味出てきた。高校の先生としての顔、紫杏の母親としての顔、単身赴任の夫を待つ妻としての顔、遊佐ママの先輩としての顔。一人のキャラクターで色んなタイプの顔を見せてくれる人なので、読んでても結構印象残るんですよね。

だいぶ登場人物も増えてきて、人間関係もこんがらがってきたけど、それだけに読み応えも厚みを増してきて、読み終えたあとの満足感が半端ない。
あーー、楽しかったぁ!!
4巻から5巻の発売スパンが短かったので、次が出るのはだいぶ先になっちゃうんでしょうかねえ。次、また楽しみに待ってます。

家族ゲーム 45   

家族ゲーム 4 (4) (電撃コミックス EX 電撃4コマコレクション)
家族ゲーム 4 (4) (電撃コミックス EX 電撃4コマコレクション)

【家族ゲーム 4】 鈴城芹 電撃コミックス EX 電撃4コマコレクション


おいおい、どうしてくれるんだいスティーブ。
読んでる間中、ニヤニヤしっぱなしにされたおかげで、頬っぺたの筋肉が痙攣を起こしかけているじゃないか。ていうか、攣りそうだYO。

すなわち、これ
Marvelous!!

作中時間は受験シーズンをゆっくり乗り越え、ついに進学。小学生だった葵たちも、ついに中学生ですよ。制服ですヨ、制服! そして真言たちも、高校生に。そんな忙しい期間の間にも、あっちこっちで恋愛模様が進行中で、本当に最初から最後までページをめくっている間中、頬っぺた緩みっぱなし。
ついに悟くんは、葵に告白。微妙に二人とも冷静にお互いの気持ちを分析してたりするあたり、この二人らしいとは思うんだけど、なんだかんだと結局、恋人みたいな関係に。ぶっちゃけ、上は大学生、二十代後半の社会人まで女性の登場人物がいるくせに、一番色っぽい表情するのが十二歳の葵というのは実際どうなんだろう。悟といるとき、時々ドキっとするくらい色っぽい顔するんですよね。この漫画の画風はどっちかというとあっさり目のデザインのはずなのに、恋してる女の子の表情がびっくりするくらい鮮やかで、見てるこっちまで思わずドキドキしてくるような艶めいた色気があるんですよ。たぶん、それがこの漫画のラブコメとしてのポンテンシャルを爆発的に引き上げてるような気がします。シチュも素晴らしいんですけど。死ぬほど素晴らしいんですけど。
葵と悟の年頃の三歳差って、とてつもない差に思えるんだろうし、悟が自分がロリコンじゃないのかと悩むように、高校生が中学一年と付き合うってのは色々難しいこともあるのかもしれないけど、二人には順調にお付き合い続けて欲しいなあ。まあ、この二人の場合家で格ゲーの対戦やってばっかですけどw でも、お祭りやら風邪ひきのエピソードとか、もうニヤニヤしっぱなしで、ええ。

一方、お姉ちゃんの真言の方もなんか西浦先輩に脈が出てきたような反応が出てきて、これよこれよw 段々外堀が埋まってきたというか、状況が整ってきたような感も前巻まで漂ってたわけですけど、今回は明確に真言本人の反応として出てきたからなあ。本人、完全に自覚ないあたり、放置しておくとそのままフラグ消滅しかねないので、西浦先輩にはそのままアタックを続けてほしいところだけど。真言の受験も終わっちゃって家庭教師という格好の接触フラグが消えちゃったので、この兄ちゃんに果たして上手くアプローチを続けられるのかが非常に不安なところではあるんですけど。
でも、真言ももう高校入っちゃったわけだし。もう手を出しても犯罪じゃ……ないのか?
徹ハイ状態の真言、やたら可愛かったなあ(照

由寿とピヨちゃんは、ついに直接対決へーー(ファイト
愛するお兄ちゃんにアプローチするピヨちゃんへの、由寿の暗黒オーラが怖いの可愛いのw
その壁はあまりに高いぞ、ピヨちゃん! でも、着々と尚武との仲は進展してて、由寿としては辛い所か〜〜。後半ではネトゲーでの仲のイイパーティ相手がお互いだとバレちゃったし。これまで応援していた相手の恋の相手が自分の兄貴だとわかっちゃったら、ピヨちゃんに対してそうそう攻撃的にはなりにくくなるだろうし。なんだかんだと、リアルでも由寿はピヨちゃんのこと好きになってたわけだし。
由寿の実兄への恋心が、この漫画にどっぷりハマったきっかけだったのを思えば、この妹の恋は最後まで応援したかったんだけどなあ(遠い目

進学によって別れていった人たちもいるけれど、新たに登場する人たちもたくさん現れ、舞台はどんどん賑やかに。
刊行ペースが年一単位なのが正直焦らされるんだけど、次が本当に待ち遠しい限り。今度はもっと、真言と西浦さんの仲に進展を〜

看板娘はさしおさえ 1〜35   

看板娘はさしおさえ 1 (1) (まんがタイムKRコミックス) 看板娘はさしおさえ 2 (2) (まんがタイムKRコミックス) 看板娘はさしおさえ 3 (3) (まんがタイムKRコミックス)

【看板娘はさしおさえ】 鈴城芹 まんがタイムKRコミックス


【家族ゲーム】にて、完璧にノックアウトしてくれた鈴城芹氏のもう一つのシリーズ。
いやあ、やっぱりこの人のマンガ、めちゃくちゃ面白いわ!
現在、ラブコメがメインストリームになってる【家族ゲーム】と比べて、此方は質屋を営む早潮家の家族話が主軸となってるんですけど、恋愛要素なくても、この人のマンガ、めちゃくちゃ面白い!
家族ゲームでもそうでしたけど、この人の作品、人と人との繋がりの描き方がとびきり上手いんですよね。技巧的、構成的なものだけじゃなく、情緒的な側面。優しくてあったかくて、ギュッと抱きしめたくなるような愛おしさが込み上げてくるような登場人物たち。それでいて、一癖もふた癖もあって一筋縄ではいかない連中で(笑
お父さんの立場が弱いのは、鈴城作品の共通点なのかしら。
ヒロイン的主人公的立場であろう長女、小学一年生にして家族一のしっかりもの、商いの鬼である小絵や、外見十歳の幽霊少女十世、小絵の友達にしてジュニアアイドルの小学五年の五十鈴らを差し置いて、本作で一番飛ばしているのが、お母さんの桜子さん(30)
この人がまき散らす下ネタのせいで、さり気にこの作品、2〜3割近くはエロネタですよ!(爆笑
お母さん、あんたエロオヤジ過ぎ! まだ十世ちゃんでコスプレ遊びしているだけなら良かったんだけど、一巻中盤を過ぎた頃からだんだん発言が本格的に生々しいエロネタを自重しなくなってきたし! 
けっこう本気でセクハラっぽいんですけど! なんも知らない子供らが相手だから??だけで済んでますけど!
未だ三十歳になったばかりというところで、まだまだ女盛り。夫婦仲もよろしく、夫婦の営みも頻繁に行ってる模様でw
【家族ゲーム】でもけっこう、おお! と思うようなエッチぃ話は振られてましたけど、こっちの桜子の暴走っぷりは洒落になってません(笑
これで、22歳まで男と付き合ったことも手を繋いだことすらなかった、ってのがまたギャップがあって……エロいw
お祖母ちゃんが、爺ちゃんと喧嘩してしばらく家に戻ってきてる間、エッチできずに悶々としてたり、帰ったあと久々にハッスルして翌日腰立たない、みたいな生々しいネタがさらっとネタにされてて、油断できん!
案外、本気で小絵に妹できそうな勢いなんですけどw

本業である質屋の話や、幽霊ながら商売繁盛の守護神となり、早潮家の家族となっていく十世ちゃん(行李に憑いていて、中に服を入れるとその衣装を身につけられるという特性を桜子に利用されて、彼女のコスプレ遊びのおもちゃにされてる。趣味はロボットと戦隊モノ。生前からカラクリが好きだった)。小絵の商売の師匠で、素手でイノシシやクマと戦えるデンジャラスなお祖母ちゃん(ツンデレで娘より初心w
と、濃いキャラも揃ってて、根本的には家族間のまったりとあったかい関係を腹を抱えて笑いながら堪能できる、これは傑作!

ちなみにタイトルの【看板娘はさしおさえ】は、実は捻っているわけでもなく、そのまんまなタイトルだったりします。そのまんまなのが捻ってると言われてばそれまでですがw
早潮小絵→さしおさえ

家族ゲーム 35   

家族ゲーム 3 (3) (電撃コミックス EX 4コマコレクション)

【家族ゲーム 3】 鈴城芹 Dengeki Comics EX―電撃4コマコレクション


というわけで、引き続き三巻を読了。
堪能させていただきました(ゴチ
最大の懸案だった由寿と尚武の実兄妹恋愛模様は、とりあえず一区切り。この辺、由寿の自重はエロゲやラノベに毒されてる自分にとってはちょと残念だったのですが(マテ 彼女の意識をそうした考えに持って行かせる展開が秀逸で、こりゃあ上手いなあ、と。ぴよちゃんが昔好きだった人と尚武のリアルでの関係が、ネットゲーでの由寿とぴよちゃんの互いに正体を知らないままの人間関係に上手く絡み合って、ああした展開になっていったのは瞠目に値すると思います。これは本当に上手かった。
それで、今度はとんとんとぴよちゃんと尚武の関係が発展するのかと思いきや、尚武の無頓着振りとぴよちゃんの自身の気持ちの掌握具合がまだあいまいなところから、しばらく停滞展開の模様。一歩下がったとはいえ、まだまだ由寿もアニキのことを吹っ切れたわけじゃないだろうし、予断を許さない三角関係だな、おい。
一方で順調に進展を続けているのが、葵と悟の格ゲーカップル。
悟母、勘違いもとうとう行きつくところまで行ってしまい……小5の女の子がご懐妊♪とか、妄想もいい加減自重しろ(爆笑
ただ、この勘違いを単なる馬鹿話で終わらせず、二人の意識を推し進めるピースとして活用してくるあたり、やっぱりうまいんですよね。
この漫画家さん、人間関係の構成が抜群にうまいや。かなり登場人物多いんですけど、まったく混乱せず縦横斜めに複雑に絡まり合った人間関係が機能しまくってる。ラブコメとしては最高値。
にしても、この二人は可愛いなあ、可愛いなあ。
葵なんて、最初の頃は女の子らしいところが微塵も感じれれない子供だったのに、今じゃあ悟のことを意識しまくるわ、悟とクラスメイトで何かと行動を共にすることも多く、以前に比べて距離も縮まっている姉の真言と悟の関係に嫉妬したり警戒してみせたり(笑
お姉ちゃんの方は、悟なんて眼中にないし(というか異性に興味なし)、葵が悟のことを好きなの知ってて、平然と妹の彼氏とか明言してるんですけどね。
でも、当の本人たちはといえば、悟は悟で中学生の自分が小5の女の子を好きになるのはどうかと思うし、彼女の方も自分なんか全然男として見てないだろうから、一生懸命変に意識しないように努めているわ、葵はようやく自分が悟のことを好きだと自覚したものの、まだ子供の自分が女の子として見られているはずがないから、気まずくならないようにやっぱり意識してるところを悟られないしたり、とお互いに気持がすれ違いつつ噛み合う状況に。
小指のお話は、もう悶死するかと思いましたよッ。
この漫画、ちゃんと作中で時間が進行してるんですけど、一年前のバレンタインから、ほんといろいろ変ったよなあ。おもにニヤニヤ方面で。

そして、思わぬ方面での進展も。
これまで異性に関心なしの真言に手も足も出なかった西浦くんが……(ニヤニヤ
いやはや、こうなるとはーーっ。図らずも、パパとママの過去と同じ展開をたどることに。もうこれはニヤニヤが止まらん。
まだ真言の方は完膚なきまでに西浦くんのことを異性として見てないんですけど、ママも中学の頃はパパさんのことを財布としてしか見てなかった、と過去にのたまってるので、これからどうなることやら。
現在のパパとママのラブラブっぷり(金銭面除き)を鑑みるに、将来的に真言が西浦くんを意識し出した時にいったいどれほどの破壊力が発生するのか。今からドキドキがとまらん。
そして予想だにせぬ展開その供
まさか窓香が一番乗りかよ!! 腐女子なのに。腐女子なのに(w
でも、ラスト前の靴箱で顔赤らめてるコマは、窓香なのに萌えた。まいった。こいつも所詮は女の子か(ニヤニヤ

これは大全力でお勧めです。買いですよ、買い。素晴らしいラブコメ四コマです。

CERO15対象内ならなんでも言うコトきくよ?


とりあえず、この台詞にティンときたら、速やかに家族ゲーム既刊三巻をコンプリートせよ(笑
私はこれで死にました。おーヴぁー。

家族ゲーム 2  

家族ゲーム (Dengeki Comics EX―電撃4コマコレクション)

【家族ゲーム 2】 鈴城芹 Dengeki Comics EX―電撃4コマコレクション



Marvelous!
Marvelous!
Marvelous!


一巻読み終えたときには、なかなか出来の良い四コマだなー、というぐらいの印象だったのですが、二巻で来た! 二巻の冒頭のバレンタインイベントからカクヘンきたーーーーっ!!
素晴らしい素晴らしい素晴らしい!

久々に絶叫しよう。

Marvelous!

ら♪ ラ♪ ラブコメ天国ひゃっほーーーっ♪

一番衝撃的だった展開は、やはり由寿でしょう。あのキスは兄貴じゃないけど、びっくりしたどころの話じゃなく仰天したわーーっ!
真言の友達でネトゲー派のアネゴ、というわりと目立たない配置にいたはずなのに、凄まじい大化け。いきなり、恋する女の子筆頭に。やべえ、可愛くて仕方ねえ!!
この瞬間から作品全体に火を噴き出すラブコメ旋風。
単純に格ゲー同志だった葵と悟も、バレンタインを境になんとなく雰囲気が変わり始めて……。この辺の関係、お互いの意識の微妙な進捗が急ぎ過ぎず派手すぎずさりげない絶秒さで、とにかく素晴らしい。二巻冒頭と巻末での二人の意識の変化は瞠目に値する。
そして、勘違いが毎度毎度順調に進化を見せている悟母が、すみませんおもしろすぎます。
葵は小学生で、悟は真言のクラスメイトの中学生、というカップルというにはあまりに幼い二人なんだけど、お隣さん同士だし、これぞ幼馴染の恋の芽生えって感じで、すみません、悶えまくってます。
手元には三巻まであるので、一気に読んでしまうつもりだったのですが、二巻を読み終えた時点で狂乱してしまった私。我慢できず、こうして悦楽の絶叫をぶちまけている次第です。
ああもう、最高に素晴らしい。

Marvelous!


さあ、三巻行くぞ!!
 

11月26日

はまじあき
(まんがタイムKRコミックス)
Amazon Kindle B☆W


肉丸
(まんがタイムKRコミックス)
Amazon Kindle B☆W


MOTO
(まんがタイムKRコミックス)
Amazon Kindle B☆W


バニライタチ
(まんがタイムKRコミックス)
Amazon Kindle B☆W


芽々ノ圭/ほえ太郎
(電撃コミックスNEXT)
Amazon Kindle B☆W


綾村切人/ナフセ
(電撃コミックスNEXT)
Amazon Kindle B☆W


友麻碧/夏西七
(Gファンタジーコミックス)
Amazon Kindle B☆W


水口鷹志
(角川コミックス・エース)
Amazon Kindle B☆W


肉丸/ジョーさん。
(角川コミックス・エース)
Amazon Kindle B☆W


さびしうろあき
(角川コミックス・エース)
Amazon Kindle B☆W

11月25日

Schuld
(オーバーラップ文庫)
Amazon Kindle B☆W


熊乃げん骨
(オーバーラップ文庫)
Amazon Kindle B☆W


岸本和葉
(オーバーラップ文庫)
Amazon Kindle B☆W


御堂ユラギ
(オーバーラップ文庫)
Amazon Kindle B☆W


白河勇人
(オーバーラップ文庫)
Amazon Kindle B☆W


不手折家
(オーバーラップノベルス)
Amazon Kindle B☆W


たまごかけキャンディー
(オーバーラップノベルス)
Amazon Kindle B☆W


日之影ソラ
(オーバーラップノベルスf)
Amazon Kindle B☆W


森下りんご
(オーバーラップノベルスf)
Amazon Kindle B☆W


ムラサキアマリ
(MF文庫J)
Amazon Kindle B☆W


鵜飼有志
(MF文庫J)
Amazon Kindle B☆W


黒鍵 繭
(MF文庫J)
Amazon Kindle B☆W


志瑞 祐
(MF文庫J)
Amazon Kindle B☆W


久追遥希
(MF文庫J)
Amazon Kindle B☆W


ぶんころり
(MF文庫J)
Amazon Kindle B☆W


ぶんころり
(KADOKAWA)
Amazon Kindle B☆W


理不尽な孫の手
(MFブックス)
Amazon Kindle B☆W


理不尽な孫の手
(MFブックス)
Amazon Kindle B☆W


七沢 またり
(MFブックス)
Amazon Kindle B☆W


北川 ニキタ
(MFブックス)
Amazon Kindle B☆W


yokuu
(MFブックス)
Amazon Kindle B☆W


巴里の黒猫
(MFブックス)
Amazon Kindle B☆W


埴輪星人
(MFブックス)
Amazon Kindle B☆W


ネコクロ
(ブレイブ文庫)
Amazon Kindle B☆W


レオナールD
(ブレイブ文庫)
Amazon Kindle B☆W


とーわ
(ダッシュエックス文庫)
Amazon Kindle B☆W


すかいふぁーむ
(ダッシュエックス文庫)
Amazon Kindle B☆W


すかいふぁーむ
(ダッシュエックス文庫)
Amazon Kindle B☆W


東條チカ/カルロ・ゼン
(角川コミックス・エース)
Amazon Kindle B☆W


池野雅博/ざっぽん
(角川コミックス・エース)
Amazon Kindle B☆W


坂野杏梨/逢沢大介
(角川コミックス・エース)
Amazon Kindle B☆W


いわさきまさかず/矢立肇
(角川コミックス・エース)
Amazon Kindle B☆W


谷和也/鈴木小波
(角川コミックス・エース)
Amazon Kindle B☆W


騎羽こうじ/瀬尾優梨
(角川コミックス・エース)
Amazon Kindle B☆W


ユリシロ/紙城境介
(角川コミックス・エース)
Amazon Kindle B☆W


犬塚惇平/ヤミザワ
(角川コミックス・エース)
Amazon Kindle B☆W


福井晴敏/大森倖三
(角川コミックス・エース)
Amazon Kindle B☆W


雪仁/かがちさく
(角川コミックス・エース)
Amazon Kindle B☆W


葦尾乱平/涼樹悠樹
(ガルドコミックス)
Amazon Kindle B☆W


舘津テト/白青虎猫
(ガルドコミックス)
Amazon Kindle B☆W


霜月なごみ/瀬戸夏樹
(ガルドコミックス)
Amazon Kindle B☆W


しゅにち/友橋かめつ
(ガルドコミックス)
Amazon Kindle B☆W


しろいはくと/大崎アイル
(ガルドコミックス)
Amazon Kindle B☆W


びび/五示正司
(ガルドコミックス)
Amazon Kindle B☆W


七浦なりな/桜あげは
(ガルドコミックス)
Amazon Kindle B☆W


ちさかあや/大志充
(電撃コミックスNEXT)
Amazon Kindle B☆W


日之影ソラ/みつなり都
(電撃コミックスNEXT)
Amazon Kindle B☆W


紺矢ユキオ
(電撃コミックスNEXT)
Amazon Kindle B☆W


後藤羽矢子/玖珂ツニヤ
(電撃コミックスNEXT)
Amazon Kindle B☆W


竹葉久美子
(電撃コミックスNEXT)
Amazon Kindle B☆W


Byte
(電撃コミックスNEXT)
Amazon Kindle B☆W


仲谷鳰
(電撃コミックスNEXT)
Amazon Kindle B☆W


月見だしお/Ceez
(電撃コミックスNEXT)
Amazon Kindle B☆W


ぷらぱ
(電撃コミックスNEXT)
Amazon Kindle B☆W


緋呂河とも/ながワサビ64
(電撃コミックスNEXT)
Amazon Kindle B☆W


高村資本/OKARI
(電撃コミックスNEXT)
Amazon Kindle B☆W


蛇野らい/槻影
(電撃コミックスNEXT)
Amazon Kindle B☆W


ハンバーガー
(電撃コミックスNEXT)
Amazon Kindle B☆W


朱月十話/ROHGUN
(電撃コミックスNEXT)
Amazon Kindle B☆W


理不尽な孫の手/日崖タケ
(ガンガンコミックスONLINE)
Amazon Kindle B☆W


渡航/佳月玲茅
(ビッグガンガンコミックス)
Amazon Kindle B☆W


松浦/大堀ユタカ
(ビッグガンガンコミックス)
Amazon Kindle B☆W


初鹿野創/椎名くろ
(ビッグガンガンコミックス)
Amazon Kindle B☆W


深見真/真じろう
(ビッグガンガンコミックス)
Amazon Kindle B☆W


平坂読/さきだ咲紀
(ビッグガンガンコミックス)
Amazon Kindle B☆W


はっとりみつる
(ヤングガンガンコミックス)
Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W

11月24日

甲田 学人
(メディアワークス文庫)
Amazon Kindle B☆W


冬馬倫
(メディアワークス文庫)
Amazon Kindle B☆W


紅玉 いづき
(メディアワークス文庫)
Amazon Kindle B☆W


久川 航璃
(メディアワークス文庫)
Amazon Kindle B☆W

11月22日

伊織ハル
(4コマKINGSぱれっとコミックス)
Amazon Kindle B☆W


カワバタヨシヒロ/羊太郎
(MFコミックス アライブシリーズ)
Amazon Kindle B☆W


La-na/南野海風
(MFコミックス アライブシリーズ)
Amazon Kindle B☆W


春野友矢
(MFコミックス アライブシリーズ)
Amazon Kindle B☆W


木城ゆきと
(KCデラックス)
Amazon Kindle B☆W


石黒正数/講談社
(KCデラックス)
Amazon Kindle B☆W


石黒正数
(アフタヌーンKC)
Amazon Kindle B☆W


皆川亮二
(アフタヌーンKC)
Amazon Kindle B☆W


山口つばさ
(アフタヌーンKC)
Amazon Kindle B☆W


藤田和日郎
(モーニング KC)
Amazon Kindle B☆W


榎本あかまる
(モーニング KC)
Amazon Kindle B☆W


田素弘
(モーニング KC)
Amazon Kindle B☆W


三原和人
(モーニング KC)
Amazon Kindle B☆W


栗田 あぐり
(モーニング KC)
Amazon Kindle B☆W


鍵空とみやき
(ガンガンコミックスJOKER)
Amazon Kindle B☆W


田代哲也
(ガンガンコミックスJOKER)
Amazon Kindle B☆W

11月21日

二上圭
(GCN文庫)
Amazon Kindle B☆W

11月19日

Amazon Kindle B☆W


ほのぼのる500
(TOブックス)
Amazon Kindle B☆W


佐々木鏡石
(TOブックス)
Amazon Kindle B☆W


弁当箱
(TOブックス)
Amazon Kindle B☆W


龍流
(TOブックス)
Amazon Kindle B☆W

11月18日

羊太郎
(富士見ファンタジア文庫)
Amazon Kindle B☆W


理不尽な孫の手
(富士見ファンタジア文庫)
Amazon Kindle B☆W


いつきみずほ
(富士見ファンタジア文庫)
Amazon Kindle B☆W


阪田 咲話
(富士見ファンタジア文庫)
Amazon Kindle B☆W


七野 りく
(富士見ファンタジア文庫)
Amazon Kindle B☆W


日の原 裕光
(富士見ファンタジア文庫)
Amazon Kindle B☆W


戸塚 陸
(富士見ファンタジア文庫)
Amazon Kindle B☆W


七野 りく
(富士見ファンタジア文庫)
Amazon Kindle B☆W


水沢 夢
(ガガガ文庫)
Amazon Kindle B☆W


持崎湯葉
(ガガガ文庫)
Amazon Kindle B☆W


昏式龍也
(ガガガ文庫)
Amazon Kindle B☆W


猿渡かざみ
(ガガガ文庫)
Amazon Kindle B☆W


shiryu
(ガガガ文庫)
Amazon Kindle B☆W


Cuvie
(チャンピオンREDコミックス)
Amazon Kindle B☆W


千明太郎
(チャンピオンREDコミックス)
Amazon Kindle B☆W


眞邊明人/藤村緋二
(ヤングチャンピオン・コミックス)
Amazon Kindle B☆W


カルロ・ゼン/フクダイクミ
(ヤングチャンピオン・コミックス)
Amazon Kindle B☆W


福地翼
(少年サンデーコミックス)
Amazon Kindle B☆W


田中モトユキ
(少年サンデーコミックス)
Amazon Kindle B☆W


ねこぐち
(少年サンデーコミックス)
Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W

11月17日

西尾維新/大暮維人
(KCデラックス)
Amazon Kindle B☆W


西尾維新/大暮維人
(講談社コミックス)
Amazon Kindle B☆W


山本崇一朗
(KCデラックス)
Amazon Kindle B☆W


久世蘭
(講談社コミックス)
Amazon Kindle B☆W


ヒロユキ
(講談社コミックス)
Amazon Kindle B☆W


木南ユカ
(講談社コミックス)
Amazon Kindle B☆W


裏那圭/晏童秀吉
(講談社コミックス)
Amazon Kindle B☆W


稲葉みのり
(ヤングジャンプコミックス)
Amazon Kindle B☆W


二宮裕次
(ヤングジャンプコミックス)
Amazon Kindle B☆W


椎橋寛
(ヤングジャンプコミックス)
Amazon Kindle B☆W


すかいふぁーむ/ぺんたごん
(ヤングジャンプコミックス)
Amazon Kindle B☆W


三都慎司
(ヤングジャンプコミックス)
Amazon Kindle B☆W


戸塚たくす/西出ケンゴロー
(ヤングジャンプコミックス)
Amazon Kindle B☆W


日向夏/倉田三ノ路
(サンデーGXコミックス)
Amazon Kindle B☆W


麻生羽呂/高田康太郎
(サンデーGXコミックス)
Amazon Kindle B☆W


池澤真/津留崎優
(裏少年サンデーコミックス)
Amazon Kindle B☆W


田尾典丈
(電撃の新文芸)
Amazon Kindle B☆W


福留しゅん/天城望
(フロース コミック)
Amazon Kindle B☆W


廣本シヲリ/しきみ彰
(フロース コミック)
Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W

11月16日

村枝賢一/石ノ森章太郎
(KCデラックス)
Amazon Kindle B☆W


古川五勢
(KCデラックス)
Amazon Kindle B☆W


小村あゆみ
(マガジンエッジKC)
Amazon Kindle B☆W


伊藤京介
(マガジンエッジKC)
Amazon Kindle B☆W


sigama
(マガジンエッジKC)
Amazon Kindle B☆W


片瀬茶柴/城平京
(講談社コミックス月刊マガジン)
Amazon Kindle B☆W


森下真
(講談社コミックス月刊マガジン)
Amazon Kindle B☆W


ひととせひるね
(講談社コミックス月刊マガジン)
Amazon Kindle B☆W


関口太郎
(講談社コミックス月刊マガジン
Amazon Kindle B☆W


加藤元浩
(講談社コミックス月刊マガジン)
Amazon Kindle B☆W


周藤蓮
(ハヤカワ文庫JA)
Amazon Kindle B☆W


逆井 卓馬
(星海社FICTIONS)
Amazon Kindle B☆W

11月15日

友麻碧
(富士見L文庫)
Amazon Kindle B☆W


しきみ 彰
(富士見L文庫)
Amazon Kindle B☆W


友麻 碧
(講談社タイガ)
Amazon Kindle B☆W


西尾 維新
(講談社文庫)
Amazon Kindle B☆W


夏原 エヰジ
(講談社文庫)
Amazon Kindle B☆W


水辺チカ/友麻碧
(KCx)
Amazon Kindle B☆W


勝木光/香月美夜
(コロナ・コミックス)
Amazon Kindle B☆W


蕗野冬/ほのぼのる500
(コロナ・コミックス)
Amazon Kindle B☆W


香守衿花/もちだもちこ
(コロナ・コミックス)
Amazon Kindle B☆W


東里桐子/ラチム
(コロナ・コミックス)
Amazon Kindle B☆W


墨天業/久宝忠
(コロナ・コミックス)
Amazon Kindle B☆W 


螢子/あてきち
(コロナ・コミックス)
Amazon Kindle B☆W

11月12日

Amazon Kindle B☆W


大森藤ノ
(GA文庫)
Amazon Kindle B☆W


伊尾微
(GA文庫)
Amazon Kindle B☆W


ジャジャ丸
(GA文庫)
Amazon Kindle B☆W

11月11日

漆原玖/門司柿家
(アース・スター コミックス)
Amazon Kindle B☆W


成家慎一郎/ナハァト
(アース・スター コミックス)
Amazon Kindle B☆W


金井千咲貴
(ガンガンコミックス)
Amazon Kindle B☆W


顎木あくみ/高坂りと
(ガンガンコミックスONLINE)
Amazon Kindle B☆W


鉢谷くじら
(ガンガンコミックスONLINE)
Amazon Kindle B☆W


万野みずき/野営地
(ガンガンコミックスONLINE)
Amazon Kindle B☆W


山内泰延
(ガンガンコミックスONLINE)
Amazon Kindle B☆W


長岡マキ子/カルパッチョ野山
(ガンガンコミックスONLINE)
Amazon Kindle B☆W


竜騎士07/夏海ケイ
(ガンガンコミックスONLINE)
Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W

11月10日

天野こずえ
(BLADEコミックス)
Amazon Kindle B☆W


川原 礫
(電撃文庫)
Amazon Kindle B☆W


佐島 勤
(電撃文庫)
Amazon Kindle B☆W


二丸修一
(電撃文庫)
Amazon Kindle B☆W


白金 透
(電撃文庫)
Amazon Kindle B☆W


東崎惟子
(電撃文庫)
Amazon Kindle B☆W


ひたき
(電撃文庫)
Amazon Kindle B☆W


鏡 遊
(電撃文庫)
Amazon Kindle B☆W


赤月ヤモリ
(電撃文庫)
Amazon Kindle B☆W


榊 一郎/木尾寿久(Elephante Ltd.)
(電撃文庫)
Amazon Kindle B☆W


岩田洋季
(電撃文庫)
Amazon Kindle B☆W


午鳥志季
(電撃文庫)
Amazon Kindle B☆W


烏丸 紫明
(カドカワBOOKS)
Amazon Kindle B☆W


巻村 螢
(カドカワBOOKS)
Amazon Kindle B☆W


ジャジャ丸
(カドカワBOOKS)
Amazon Kindle B☆W


壁首領大公
(カドカワBOOKS)
Amazon Kindle B☆W


神無月 紅
(カドカワBOOKS)
Amazon Kindle B☆W


古宮九時
(DREノベルス)
Amazon Kindle B☆W


わんた
(DREノベルス)
Amazon Kindle B☆W


小鳩子鈴
(DREノベルス)
Amazon Kindle B☆W


ニシキギ・カエデ
(TOブックス)
Amazon Kindle B☆W


ほのぼのる500
(TOブックス)
Amazon Kindle B☆W


内河弘児
(TOブックス)
Amazon Kindle B☆W


(TOブックス)
Kindle B☆W


あfろ
(まんがタイムKR フォワードコミックス)
Amazon Kindle B☆W


うちのまいこ
(まんがタイムKR フォワードコミックス)
Amazon Kindle B☆W


まめ猫
(まんがタイムKR フォワードコミックス)
Amazon Kindle B☆W


秋月壱葉/望月麻衣
(アクションコミックス)
Amazon Kindle B☆W


クール教信者
(アクションコミックス)
Amazon Kindle B☆W


碓井ツカサ
(サンデーうぇぶりコミックス)
Amazon Kindle B☆W


しょたん
(サンデーうぇぶりコミックス)
Amazon Kindle B☆W


野田宏/ふくしま正保
(ビッグコミックス)
Amazon Kindle B☆W


野田宏/若松卓宏
(ビッグコミックス)
Amazon Kindle B☆W


千月さかき/姫乃タカ
(角川コミックス・エース)
Amazon Kindle B☆W


斯波浅人/浅名ゆうな
(角川コミックス・エース)
Amazon Kindle B☆W


otakumi/ベキオ
(角川コミックス・エース)
Amazon Kindle B☆W


天海雪乃/タンバ
(角川コミックス・エース)
Amazon Kindle B☆W


岡叶/夏目純白
(角川コミックス・エース)
Amazon Kindle B☆W


由伊大輔/高橋びすい
(角川コミックス・エース)
Amazon Kindle B☆W


吾嬬竜孝/西崎義展
(角川コミックス・エース)
Amazon Kindle B☆W


吾嬬竜孝/西崎義展
(角川コミックス・エース)
Amazon Kindle B☆W


Crosis/松尾葉月
(角川コミックス・エース)
Amazon Kindle B☆W


内河弘児/よしまつめつ
(ヤングチャンピオン・コミックス)
Amazon Kindle B☆W

11月9日

さばねこ/ちゃつふさ
(ドラゴンコミックスエイジ)
Amazon Kindle B☆W


渡真仁/三嶋くろね
(ドラゴンコミックスエイジ)
Amazon Kindle B☆W


カタセミナミ/千月さかき
(ドラゴンコミックスエイジ)
Amazon Kindle B☆W


MIGCHIP
(ドラゴンコミックスエイジ)
Amazon Kindle B☆W


天原/masha
(ドラゴンコミックスエイジ)
Amazon Kindle B☆W


車王
(ドラゴンコミックスエイジ)
Amazon Kindle B☆W


荒木佑輔/メソポ・たみあ
(ドラゴンコミックスエイジ)
Amazon Kindle B☆W


石沢庸介/謙虚なサークル
(KCデラックス)
Amazon Kindle B☆W


横田卓馬
(シリウスKC)
Amazon Kindle B☆W


塀流通留/藤井ふじこ
(シリウスKC)
Amazon Kindle B☆W


内々けやき/あし
(シリウスKC)
Amazon Kindle B☆W


福田直叶/むらさきゆきや
(シリウスKC)
Amazon Kindle B☆W


冬葉つがる
(シリウスKC)
Amazon Kindle B☆W


志瑞祐/青桐良
(シリウスKC)
Amazon Kindle B☆W


松琴エア/はにゅう
(シリウスKC)
Amazon Kindle B☆W


西田拓矢/海空りく
(シリウスKC)
Amazon Kindle B☆W


カジカ航/伏瀬
(シリウスKC)
Amazon Kindle B☆W


真島ヒロ/上田敦夫
(講談社コミックス)
Amazon Kindle B☆W


藤栄道彦
(バンチコミックス)
Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W

11月8日

安部真弘
(少年チャンピオン・コミックス)
Amazon Kindle B☆W


蛙田アメコ/冬野なべ
(少年チャンピオン・コミックス)
Amazon Kindle B☆W

11月7日

雨隠ギド
(アフタヌーンKC)
Amazon Kindle B☆W


妃羅/山田リューセイ
(ガンガンコミックスUP!)
Amazon Kindle B☆W


鳥羽徹/栗元健太郎
(ガンガンコミックスUP!)
Amazon Kindle B☆W


裕夢/ボブキャ
(ガンガンコミックスUP!)
Amazon Kindle B☆W


こゆびた べる
(ガンガンコミックスUP!)
Amazon Kindle B☆W


えぞぎんぎつね/阿倍野ちゃこ
(ガンガンコミックスUP!)
Amazon Kindle B☆W


風来山/沖野真歩
(ガンガンコミックスUP!)
Amazon Kindle B☆W


相崎壁際/四季ムツコ
(ガンガンコミックスUP!)
Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


平成オワリ
(SQEXノベル)
Amazon Kindle B☆W


美袋和仁
(SQEXノベル)
Amazon Kindle B☆W

11月5日

雨堤 俊次
(宝島社文庫)
Amazon Kindle B☆W


山本 巧次
(宝島社文庫)
Amazon Kindle B☆W


ヒロサキ/冬馬倫
(フロース コミック)
Amazon Kindle B☆W


冨月一乃/雨宮れん
(フロース コミック)
Amazon Kindle B☆W


Kindle B☆W
 

Amazon Kindle B☆W


11月4日

尾田栄一郎
(ジャンプコミックス)
Amazon Kindle B☆W


冨樫義博
(ジャンプコミックス)
Amazon Kindle B☆W


矢吹健太朗
(ジャンプコミックス)
Amazon Kindle B☆W


加藤和恵
(ジャンプコミックス)
Amazon Kindle B☆W


権平ひつじ
(ジャンプコミックス)
Amazon Kindle B☆W


松井優征
(ジャンプコミックス)
Amazon Kindle B☆W


鈴木祐斗
(ジャンプコミックス)
Amazon Kindle B☆W


辺天使/津田穂波
(ジャンプコミックス)
Amazon Kindle B☆W


伊藤砂務
(ジャンプコミックス)
Amazon Kindle B☆W


天野明
(ジャンプコミックス)
Amazon Kindle B☆W


ちると
(ジャンプコミックス)
Amazon Kindle B☆W


横山左
(ジャンプコミックス)
Amazon Kindle B☆W


松本直也
(ジャンプコミックス)
Amazon Kindle B☆W


稲岡和佐
(ジャンプコミックス)
Amazon Kindle B☆W


静脈/依田瑞稀
(ジャンプコミックス)
Amazon Kindle B☆W


岩田雪花/青木裕
(ジャンプコミックス)
Amazon Kindle B☆W


伊科田海
(ジャンプコミックス)
Amazon Kindle B☆W


河本ほむら/羽田豊隆
(ジャンプコミックス)
Amazon Kindle B☆W


ONE/村田雄介
(ジャンプコミックス)
Amazon Kindle B☆W


マポロ3号
(ジャンプコミックス)
Amazon Kindle B☆W


篠原健太
(ジャンプコミックス)
Amazon Kindle B☆W


近本大/新川権兵衛
(角川コミックス・エース)
Amazon Kindle B☆W


路生よる/藤堂流風
(角川コミックス・エース)
Amazon Kindle B☆W


三上康明/田中インサイダー
(角川コミックス・エース)
Amazon Kindle B☆W


藤本ケンシ/井出圭亮
(ヤンマガKCスペシャル)
Amazon Kindle B☆W


山田恵庸
(ヤンマガKCスペシャル)
Amazon Kindle B☆W


岡本倫
(ヤンマガKCスペシャル)
Amazon Kindle B☆W


植野メグル
(ヤンマガKCスペシャル)
Amazon Kindle B☆W


新井春巻
(ヤンマガKCスペシャル)
Amazon Kindle B☆W


ARATA/まきしま鈴木
(PASH!コミックス)
Amazon Kindle B☆W


せるげい/くまなの
(PASH!コミックス)
Amazon Kindle B☆W


航島カズト/タンサン
(PASH!コミックス)
Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


渡 琉兎
(ドラゴンノベルス)
Amazon Kindle B☆W


葵すもも
(ドラゴンノベルス)
Amazon Kindle B☆W


綾村 実草
(ドラゴンノベルス)
Amazon Kindle B☆W


並木 陽
(星海社FICTIONS)
Amazon Kindle B☆W

11月2日

ツカサ
(講談社ラノベ文庫)
Amazon Kindle B☆W


猫又ぬこ
(講談社ラノベ文庫)
Amazon Kindle B☆W


山夜みい
(講談社ラノベ文庫)
Amazon Kindle B☆W


resn
(Kラノベブックス)
Amazon Kindle B☆W


モンチ02
(Kラノベブックス)
Amazon Kindle B☆W


六志麻あさ
(Kラノベブックス)
Amazon Kindle B☆W

11月1日

板垣ハコ/手島史詞
(HJコミックス)
Amazon Kindle B☆W


双葉もも/手島史詞
(HJコミックス)
Amazon Kindle B☆W


くろむら基人/ハヤケン
(HJコミックス)
Amazon Kindle B☆W


宮社惣恭/坂石遊作
(HJコミックス)
Amazon Kindle B☆W


ざっぽん
(角川スニーカー文庫)
Amazon Kindle B☆W


カネコ撫子
(角川スニーカー文庫)
Amazon Kindle B☆W


あきらあかつき
(角川スニーカー文庫)
Amazon Kindle B☆W


水戸前カルヤ
(角川スニーカー文庫)
Amazon Kindle B☆W


紫ユウ
(角川スニーカー文庫)
Amazon Kindle B☆W


震電 みひろ
(角川スニーカー文庫)
Amazon Kindle B☆W


手島史詞
(HJ文庫)
Amazon Kindle B☆W


佐原一可
(HJ文庫)
Amazon Kindle B☆W


ときたま
(HJ文庫)
Amazon Kindle B☆W


雨宮和希
(HJ文庫)
Amazon Kindle B☆W


シクラメン
(HJ文庫)
Amazon Kindle B☆W


日之浦 拓
(HJ文庫)
Amazon Kindle B☆W


御子柴奈々
(HJ文庫)
Amazon Kindle B☆W


まきぶろ
(アース・スタールナ)
Amazon Kindle B☆W


花波薫歩
(アース・スタールナ)
Amazon Kindle B☆W


夜塊織夢
(アース・スタールナ)
Amazon Kindle B☆W


瀬尾 優梨
(角川ビーンズ文庫)
Amazon Kindle B☆W


赤村 咲
(角川ビーンズ文庫)
Amazon Kindle B☆W


麻木琴加
(角川ビーンズ文庫)
Amazon Kindle B☆W


松本蜜柑/ひるのあかり
(B's-LOG COMICS)
Amazon Kindle B☆W


條/桜あげは
(B's-LOG COMICS)
Amazon Kindle B☆W


揚茄子央/佐々木鏡石
(コロナ・コミックス)
Amazon Kindle B☆W


miyasumi/あぐにゅん
(コロナ・コミックス)
Amazon Kindle B☆W

10月31日

Kindle B☆W


すえみつぢっか/りゅうせんひろつぐ
(ライドコミックス)
Amazon Kindle B☆W


滝乃大祐/一色一凛
(ライドコミックス)
Amazon Kindle B☆W


南方純/kiki
(ライドコミックス)
Amazon Kindle B☆W


ふしみさいか/樋辻臥命
(ライドコミックス)
Amazon Kindle B☆W


紫藤むらさき/小鳩子鈴
(ライドコミックス)
Amazon Kindle B☆W


オヤジ草/御鷹穂積
(ライドコミックス)
Amazon Kindle B☆W


アズマサワヨシ
(電撃コミックスNEXT)
Amazon Kindle B☆W


蒼樹うめ/中村明日美子ほか
(白泉社)
Amazon Kindle B☆W

10月28日

槻影
(GCノベルズ)
Amazon Kindle B☆W


一色一凛
(GCノベルズ)
Amazon


爪隠し
(ファミ通文庫)
Amazon Kindle B☆W


ながワサビ64
(エンターブレイン)
Amazon Kindle B☆W


雪だるま
(モンスター文庫)
Amazon Kindle B☆W


東雲太郎/銀翼のぞみ
(ヤングアニマルコミックス)
Amazon Kindle B☆W


鶴岡伸寿/銀翼のぞみ
(ヤングアニマルコミックス)
Amazon Kindle B☆W


相田裕
(ヤングアニマルコミックス)
Amazon Kindle B☆W


だたろう
(ヤングアニマルコミックス)
Amazon Kindle B☆W


柳井伸彦/長谷川凸蔵
(ヤングアニマルコミックス)
Amazon Kindle B☆W


大石まさる
(YKコミックス)
Amazon Kindle B☆W


松もくば/鬱沢色素
(KCx)
Amazon Kindle B☆W


水辺チカ/星彼方
(KCx)
Amazon Kindle B☆W


柊一葉/大川なぎ
(KCx)
Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W

10月27日

佐遊樹/飾くゆ
(REXコミックス)
Amazon Kindle B☆W


Yostar/槌居
(REXコミックス)
Amazon Kindle B☆W


槻影/蒼和伸
(REXコミックス)
Amazon Kindle B☆W


矢野トシノリ
(REXコミックス)
Amazon Kindle B☆W


ねこうめ
(4コマKINGSぱれっとコミックス)
Amazon Kindle B☆W


和ヶ原聡司/柊暁生
(電撃コミックス)
Amazon Kindle B☆W


東方Project/宇城はやひろ
(電撃コミックスEX)
Amazon Kindle B☆W


常陸之介寛浩/村橋リョウ
(電撃コミックスNEXT)
Amazon Kindle B☆W


いみぎむる
(電撃コミックスNEXT)
Amazon Kindle B☆W


さだうおじ/和ヶ原聡司
(電撃コミックスNEXT)
Amazon Kindle B☆W


にられば
(電撃コミックスNEXT)
Amazon Kindle B☆W


ぽんとごたんだ
(アクションコミックス)
Amazon Kindle B☆W


大熊らすこ
(まんがタイムKRコミックス)
Amazon Kindle B☆W


荒井チェリー
(まんがタイムKRコミックス)
Amazon Kindle B☆W


あfろ
(まんがタイムKRコミックス)
Amazon Kindle B☆W


つみきつき
(まんがタイムKRコミックス)
Amazon Kindle B☆W


笠間裕之/柴朗
(まんがタイムKRコミックス)
Amazon Kindle B☆W


アンソロジー
(まんがタイムKRコミックス)
Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W

10月26日

Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W

Categories
最新コメント

Archives
記事検索
タグ絞り込み検索