【隣の席の元アイドルは、俺のプロデュースがないと生きていけない】  飴月/美和野 らぐ 富士見ファンタジア文庫

Amazon Kindle BOOK☆WALKER DMMブックス
彼女はもう、恋愛禁止じゃない。そしてまだ、何も知らない。

転入してきた元アイドル・香澄ミルは普通じゃない。
「初めまして。あなたの瞳を独占中! みるふぃーですっ」
「いつもありがとう! サインは制服でいいかな?」
抜群のスタイルに、宝石みたいな瞳。何より日常生活とかけ離れたこの圧倒的なアザトさが異様だ。――と思ってたら。
「あれ、いまのファンサで真っ赤にならない人、初めてかも」
「ねえ君、私を"普通"の女の子にしてくれないかな」
そして始まるプロデュース。週末の娯楽探しや、文化祭。香澄に普通の高校生活を教えるにつれ「そこそこ」だった俺の日常も変わっていき……これは俺と彼女の、青春と再出発の物語。

続きを読む