魔導書が暴れて困ってます。

魔導書が暴れて困ってます。 3.まあ、どうにかなるでしょう3   

魔導書が暴れて困ってます。3 まあ、どうにかなるでしょう (一迅社文庫)

【魔導書が暴れて困ってます。 3.まあ、どうにかなるでしょう】 瀬尾つかさ/美弥月いつか 一迅社文庫

Amazon

謙児と同じ邪神の力を受け継ぐボルホス・ハドリッドたちが立ち去った六道島。今日も謙児とイリーナは、新たに増えた島の住民ナントの一族の居留地で騒動に巻き込まれたりと平穏な日々を送っていた。そんなある日、謙児と共に戦ったモーリ男爵が、ボルホスに勝ったとの急報が入る。男爵の能力はボルホスに勝てるほどではなかったはずと困惑する謙児たち。そんな彼らに一本の電話が入る。ボルホスが戦ったモーリ男爵は偽者で、本物は自分だと。電話で指定された場所に向かうと、そこにいたのは三つあみの巨乳少女だった…。この少女は一体何者?!魔導書回収ファンタジー、待望の第三弾。
なんかもうクルルハルルたちはアレですよね、【人類は衰退しました】の妖精さんですよね、掛け合いといいその無駄な科学力といい。と言うことは彼女たちこそ新人類なのかw
あらすじやカラー口絵であっさりバラしちゃっているのだけれど、前巻でチラッと顔を見せた邪神の子供の一人であり怪盗を名乗っていた紳士のモーリ男爵は実は女の子でした、というあざとすぎるお話。しかもこの娘、コミュニケイション障害っぷりがイリーナさんと被ってるよ!! アンリエッタと冬菜がキャラ被りしていた事といい、敢えて似ているキャラを投入してくるあたりチャレンジャーだなと思われ。そして、イリーナと同じくコミュ障のくせにやたらとイイ性格をしているのがモーリ男爵ことマリーさん。単なる内気で対人恐怖症なら何も怖くないのだけれど、この娘やたらと行動力があるんですよね。それでいて、アンリエッタを出し抜くほど強かで手癖も悪い、と。
同じボッチでも、イリーナと違ってわりと一人でも大丈夫、みたいなところのある独立独歩の人でもある。じゃあやっぱり一番ダメなのイリーナさんじゃん、と言われ続けて幾星霜。いじられることだけが生き甲斐よ、じゃないけれど、謙児を始めとした周りの人間全員にイジられる事がプロの弄られ屋の存在理由、みたいな雰囲気になりつつあったイリーナさんが、実は本当は意外なことに本当に凄い尋常ならざる魔術師だったんですよ、とみんな忘れていた設定を思い出させようというお話でもありました。でも、そこに至るまでは熱発でダウンしてしまい肝心なときに役に立ってなかったり、と決して期待を裏切らないイリーナさんでありました。いいんです、いいんです、イリーナさんはそんな残念な感じで。多少魔術師として傑出していたとしても、そんなことでポンコツ魔術師としての威厳は失われたりしないから、イリーナさんにはそのまま残念な人で居て欲しい、そう素直に思える今日このごろ。
さて、本筋であるようなないような邪神レースは、ますますその陰惨な姿をあらわにしていっている。とは言え、その酷い部分というのは大概にして邪神の子たちを利用しようという人間の浅ましくもおぞましい欲望によって悲劇にして惨劇へと彩られてしまっているわけです。その渦中に図らずも放り込まれてしまった邪神の子たちは多かれ少なかれ心をズタズタに切り刻まれている。ボルホスのように開き直って野心を全開にしてしまっている輩もいれば、ひたすら復讐心に身を浸して邁進するものもいる。その意味では、幼少の頃にイリーナによって記憶を封じられた謙児は、彼女によってその身も心も守られ続けたと言えるのでしょう。
そして記憶とともに力を手に入れた今の彼は、その力によってイリーナたちを逆に守る側に立っている。そして、今の自分と彼女たちを守るためには、時として非情な決断を下さないといけない立場であることも理解している。とは言え、やたらめったらと一線を超えるのも認めがたい。というわけで、決断を下すか否かの境界線上を見極めることを常に要求され続けているのが、今の謙児くんの現状なのだろう。アンリエッタは甘やかさずに彼に厳しい判断を突きつけ続ける審判者、という役割を敢えて受けているようなものなのか。なかなか彼女としても辛い役どころである。幸いなのは、誰よりも謙児がそれを理解し、彼女にそれを求めて感謝しているところなのだろうけれど。彼女としては十分報われているわけだ。イリーナさんの愛人二号以下で全然OKとしているあたりは健気、と思っていいのか何なのか。実は一番甘え上手で美味しい所を頂いている気もするのだけれど。
まあ、イリーナさんが揺るぎない本妻というのは微塵も揺るがないので、その点は安心して見ていられます。そっちは一線を越えてしまって別に構わないのよ? ラストを見ると、イリーナさんの覚悟完了さえ済めばいつでも進展してしまいそうな雰囲気でしたけれど。さて、ヘタレはどっちだ、というお話。

1巻 2巻感想

魔導書が暴れて困ってます。 2.ま、どうにかしましょ4   

魔導書が暴れて困ってます。2 ま、どうにかしましょ (一迅社文庫)

【魔導書が暴れて困ってます。 2.ま、どうにかしましょ】 瀬尾つかさ/美弥月いつか 一迅社文庫

Amazon

伊佐木イリーナとともに危険な魔導書を封印しながら、六道島での穏やかな日々を送る謙児のもとに新たな美少女魔導師、宇此鳴アンリエッタが現れた。伊佐木家の分家にあたる宇此鳴家のアンリエッタの来訪に、イリーナの妹の冬菜はなぜか動揺する。時を同じくして、謙児同様に邪神の血をひく赤毛の男、ボルホス・ハドリッドが六道島に現れて…。瀬尾つかさの新境地、第2巻。
なんか、イリーナさんのイジられキャラがプロの域に達してきた気がする。プロの弄られ屋? ラストの猿のアルキメデスにかまけたやり取りなんて、コントとしてはほとんど完璧でしたよ?(笑
いやあ、しかし面白い。最近の瀬尾さんの作品は好んで読んでいるつもりなのですけれど、その中でも本作は特に充足が進んでいるように思う。第一巻はまだ手探りな部分が伺えたんですが、この二巻は謙児くんとイリーナさんの関係が定まったというか収まったというか、とにかく揺るがない形で完成されたせいか、作品全体にどっしりとした安定感が出た感があります。前半はアンリエッタの登場と冬菜の動揺、後半はボルホスの襲来からかなり目まぐるしく話が動く展開になるのですが、謙児・イリーナラインという幹がしっかりとあるために、新キャラの登場、既存キャラの掘り下げ、急展開の連続という荒波を見事に捌ききっている。謙児くんという主人公の性格も大きいですね。わりときつい境遇ですし、過去現在未来と彼にかかる負担は大きく、並々ならぬ覚悟を要求される身の上ですし、実際覚悟も完了しているはずなんですが、彼には覚悟を決め受け入れた人間に特有の切羽詰まった余裕の無さが見当たらず、むしろ泰然自若として鷹揚に構え続けている。自分の立場を理解しきった上で、自然体なんですよね。単に受け入れているどころか、積極的に自分のため、イリーナのため、自分を助けてくれる人慕ってくれる人を守るため、利するためにその立場を利用し活用するにも意外と貪欲なあたりは、強かな一面もかいま見える。見ていても非常に頼もしい。
邪神の子としては格上と言ってもいいボルホスとの対面でも、実際の実力差を抜きにして対等以上にやりあっていましたしね。駆け引き上手、というのとはちと違う感じ。むしろここは貫目で釣り合っていた、というべきか。
こうして見ると、結構王様気質、という部分が大きいのかもしれない、謙児くん。ヒロイン陣との関係も、どちらかというと侍らしてる、という感もありますし。アンリエッタなんて、攻略と言うよりも文字通り陥落させた、という感じでしたし。
後半の急展開の連発も、事前に小出しにしていた情報から予測される展開を上手いことひっくり返した上で、さらに真打ちは実は此方でした、という見事に鼻先を摘んで良いように引っ張り回された感があり、小気味よさを感じるくらいでした。なるほど、今回のお話の核心がそこにあるなら、クライマックスがそうなるのはむしろ自然だったか。お行儀の良いやり方で攻めてくると思っていた所を、正面からの強行突撃を食らった気分。真っ向勝負が奇襲となるって、完全に上手いことしてやられた、ってなもんですよ。参った参った。
うん、キャラクターの掛け合いもなんだか思ってた以上にハマってきて楽しくなってきた。これは好きなシリーズになりそうです。

1巻感想

魔導書が暴れて困ってます。まぁ、どうしよう!?3   

魔導書が暴れて困ってます。まぁ、どうしよう!? (一迅社文庫)

【魔導書が暴れて困ってます。まぁ、どうしよう!?】 瀬尾つかさ/美弥月いつか 一迅社文庫

Amazon

真崎謙児が訪れたのは、東京のはるか南方に位置する六道島。そこには全寮制の学園都市「六道学園」と、この世界において滅多に目にすることが無くなった魔法に関する本「魔導書」を収蔵した大図書館があった。転入初日、夜の学園を散策する謙児の目の前に現れたのは黒髪の少女、冬菜。この世界からは消えたはずの魔力を操る謎の敵に追われる冬菜を助けて逃げる謙児。そんな彼の前に現れたのは輝く銀髪をなびかせる美少女、伊佐木イリーナ。冬菜の姉だという彼女の魔法で窮地を脱した謙児だが、しかし魔力の暴走で図書館の封印がとかれ、魔導書たちが島中に逃げ去ってしまった。心配になった謙児はイリーナの魔導書の回収に付き合うことにしたのだが、ひと癖ふた癖ある魔導書たちに悪戦苦闘、次々と予想外のハプニングにドッキドキ?!魔道書回収ラブコメディ。
はーー、しばらく読んでなかったうちに、瀬尾さんもこういうの書くようになったんだ。……そうかー。
この作者の作品は、ごく初期の頃に幾つか読んでなんというか……心折られてしまったんですよ。読んでて、辛くて辛くて泣きそうになってしまったんですよね。というのも、この人の書く物語というのは、遥か遠く遠く、辿りつけないような高みまで、人が昇っていく話であると同時に……その高みへとかけあがって行く人たちを見送る物語でもあったのです。すぐそばで笑っていた人たちが、子供の頃から一緒に居た人が、想いを交わし合った人たちが……そんな想いも絆も置き去りにして脇目もふらず遠くへ飛び立っていくのを、見送る話だったのです。
置き去りにされる人たちは、それを受け入れ、彼らが飛び立っていくのを心から祝福し、応援し、その手助けをしていくのですけれど……それがねー、辛くてねえ。なんだか、見ていられなくて、【クジラのソラ】の途中で心折れてしまったのです。実は結末の4巻まで読んでいないので、もしかしたら話の途中で方向転換がなされていたのかもしれませんけれど、とにかく自分にはこれ以上読むのはつらすぎたんですよ。ちょっとトラウマになるくらい。トラウマというのは大げさか。でも、この作者さんの著作には怖くて手が出せないくらいには。
で、気がつけば五年くらい経ってました。
うん、なんで今さらになって手を出そうと思ったのかは自分でもよくわかりませんけれど、この五年近くずーっと気にしてたのは確かなんですよ。読みたくはないけれど、気になって仕方なくって、チラチラ横目で伺ってたんですよね。それが、まあ場の勢いというやつです。
新刊じゃなくて、三巻くらいまで出てから手を出してみる、というところに我ながら臆病さを感じてしまいますが。

とまあ、懐古はこのくらいにして、本作なのですけれど……いやあ、自分なにをビビってたんだろう、というくらいに突き放されることなく、ヒロインの姉妹と主人公がお互いを受け入れ合うお話でした。
こうなってみると面白いんですけれど、ヒロインの姉妹はふたりとも求道者でありながら、それぞれの理由で求めた高みから転げ落ちて挫折し、その代わりと言ってはなんですけれど、遥か遠く高みにあるものではなく身近で大切なものに全霊を賭すようになっている。同時に、これは姉のイリーナが特に顕著なのですけれど、置き去りにされることをひどく恐れているんですよね。その為か、非常に繋がりや距離感に対して強いこだわり、執着、或いは懇願にも似たものを抱いている。
面白いことに、主人公のあり方、言うなれば真摯な誠実さ、とも言うべき求められた事に応えようとする在り方、これはかつて私が読んだ昔の作品の主人公と、この作品の主人公はさほどその根源が変わっていないにも関わらず、主人公に対して求められているもののベクトルがまるで正反対になっているために、物語そのものの在り様が全然変わってきている、それともこれは反転してきている、と言った方がいいんだろうか。ともかく、全く似ていて非なるものになっている。面白いなあ、これはこの作品特有の傾向なのか、それとも作者の最近の傾向なのか。気になるので、作者の最近の他の著作にも手を出していこうと思ってます。まずは、富士見の【スカイ・ワールド】くらいから。

しかし、この主人公って、自分の性欲に対しても誠実なんだな。ギラギラした欲求は全然見せないくせに、さらっとセクハラしまくるので油断できない。しかも、イリーナさんが色々とチョロすぎるので、セクハラが素通しなんだが……あれ? これって結構エロエロですか?
 

4月25日


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W

4月24日

Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W

4月22日

Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W

4月20日

Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W

4月19日

Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W

4月18日

Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W

Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W

4月17日

Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W

4月15日

Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W

4月14日

Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W

4月12日

Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W

4月10日

Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W

4月9日

Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W

4月8日

Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W

4月7日

Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W

4月6日

Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


4月5日

Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


4月4日

Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W

4月2日

Amazon Kindle B☆W

4月1日

Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W

3月29日

Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W



Categories
最新コメント

Archives
記事検索
タグ絞り込み検索