魔王のしもべがあらわれた!

魔王のしもべがあらわれた! 4 3   

魔王のしもべがあらわれた! (4) (電撃文庫)

【魔王のしもべがあらわれた! 4】 上野遊/一真 電撃文庫

Amazon

南の島から戻った後、様子のおかしいシュバルツリヒトを元気づけるため、僕こと椎名明は彼女を誘って町へと繰り出した。しかしそこでは思わぬ出来事が!「パパ、会いたかった!」突然現れたこの真っ白な女の子は誰!?ってか、パパって僕のこと!?(み、身に覚えないぞ!)ヒカリと名乗る少女は僕から離れてくれず、ひとまず僕とシュバルツはヒカリを椎名家に連れ帰ることに。でもいくら「パパ」と間違えてるとはいえ、一緒にお風呂に入ったり、一緒に寝たりはまずいでしょ!?椎名家に波乱を呼ぶヒカリの正体とは!?そしてついに魔王復活!?シリーズついにクライマックス。
あー、最後ちょっとバタバタして終わってしまった感があって残念だったなあ。本作の真骨頂というのは、やっぱりアットホームな家族ものとしての雰囲気だっただけに、今回最終回にも関わらず冒頭から要と小虎が早々に離脱して別行動になってしまったのはかなり大きな影響があったんじゃないでしょうか。結局、この二人については最後まで明たちと絡むことなく終わっちゃいましたし。折角、前回で軋轢が溶けてシュバルツと明、桜と要と小虎という家族のサークルが完成していただけに、それを崩したまま終わってしまったのはやっぱり勿体無かったですよ。自分にできることを必死に頑張る子どもたちに、自分たちの手が届かないところで頑張る子どもたちを何とかサポートしようとする頼りになる大人たち、というこの作品特有の見応えのある構図もなかったですしね。ともかく、お話をたたむことに終始してたようで、上記した理由もあって全体的にバタバタしてる感が否めなかった気がします。もうちょっとじっくり、シュバルツと明の関係を熟成させてくれても良かったんですけれど、それも「アカリ」が加わってそれどころじゃない状態のまま、核心へと至ってしまったからなあ。
魔王の正体については、明にそれらしい予兆が全くなかった為に一体どういう真実が待っているのかと首を傾げていたのですが、なるほどそっちからのアプローチでしたか。この間のシュバルツの変な反応の意味を捉えそこねていたのですが、シュバルツ自身の正体がそこまでイビツなものと思っていなかったので、思い至らなかったなあ。決して珍しい展開ではなかったと思うのですけれど。
しかし、こういう存在は正体が不明であるからこそ畏怖が生まれるもので、いざ本当に姿を表してしまうとそれがどれだけ強力な存在だとしても結局、物質的な脅威に過ぎないんですよね。あんまり、過去の戦争再び、という感じでもなかったですし。あれはやはり、種同士の存亡を賭けた戦争だったからこそのおぞましさがあったので、魔族の正体が明らかになってしまったり、最終的に「種全体」ではなく「個」との戦いになってしまった事はスケールダウンの印象を強めてしまったような気がします。
今回一番わり食ったのは、やっぱり要だよなあ。何気にお姉さんがひっそりとあんな事になってしまったのは、この作品のシビアな部分を表しているようで、何度も首肯するところではあったのですけれど、要個人としてはダメージ半端なかったでしょうし。
個人的にかなり好きなシリーズだっただけに、完結まできちんとこぎつけたのは良かったですけれど、もうちょっとイイ所で着地して欲しかったなあ、というのが正直なところでした。
桜ちゃん、お仕事お疲れしたー。

1巻 2巻 3巻感想

魔王のしもべがあらわれた! 3 3   

魔王のしもべがあらわれた! III (電撃文庫)

【魔王のしもべがあらわれた! 3】 上野遊/一真 電撃文庫

Amazon

自称魔族のシュバルツリヒトに腹黒お嬢様・要、ロリっ娘エージェント・桜に虎耳娘の小虎…不幸体質な高校生・椎名明こと僕の家の居候は、ついに4人に増殖!しかも猫が苦手なシュバルツは、獣化能力を持った小虎を毛嫌いしているし、頭が痛い毎日を送っている。そんなある日、僕たち5人は要の提案で南の島へバカンスに行くことになる。海で遊んで温泉に入って…と一足早い夏を楽しむ僕らだけど、島に異変が起き始める。一人、また一人とメンバーが消え始めたのだ。その魔の手はついに僕にも襲いかかってきて!?魔王のしもべと贈る居候ラブコメ第3弾。
シュバルツはぺったんこー、なんだけれど決して幼児体型ではないんですね。この水着姿はスレンダーとして非常に良い色気を醸し出しているように思います。
そんなこんなで水着回。オチも含めて完全に幕間の回でありました。健気に懐いてくる小虎となかなか打ち解けないシュバルツをなんとか和解させたり、要がどうやら本気で明に好意を抱き出していたり、と改めてファミリーとなった五人の絆を深める方向に持って行きたかったんだろうし、その目論見は一定以上に達成はさせられているんだろうけれど、個人的にこの作品はもっと大きな戦争の後に訪れた平和の影に潜む社会的な歪みや悪意に、健全な善意や優しさで向き合いながら、一度引いた波が再び押し寄せてくるようにひたひたと近づく破滅、或いは再びの戦争の予感に備える、そんなそれなりの緊迫感や生真面目さが根底で佇み続けている事が特徴として生きているシリーズだと認識しているので、ここまで完全に弛緩しきってしまうと、他のゆるいラブコメとの差別化、或いは上野遊作品という色が薄れてしまいかねない、と危惧してしまう。
お遊び回として自体の質は標準以上に高く、普通におもしろいんですけどね。自分としてはこのシリーズには普通に面白い、以上のものを求めているだけに、少々物足りなくはありました。
とは言え、事故を通じて影響者としての能力を暴走させてしまい、今なお破綻し続けている要の妹や、自称魔族を名乗りながらその正体については結局不明なままだったシュバルツリヒトが初めて見せてしまった不穏な動き。など、先々の大きな展開に繋がる伏線となりそうなネタは随所に仕込まれているのです。特に、シュバルツの彼女自身無自覚な怪しい行動は、彼女の言動が実はかなり嘘偽りのない真実に近しいものだったのではないかと予感させてくれる。それに繋がり、幼い頃から明が常に不慮の事故に見舞われ続けてきた、という不幸体質にも人為の影がかいま見えてきた。
鍵は、椎名明の死、か。
次はデストロイの季節、と明言されてしまった以上、モラトリアムはここまでか。次に起こるだろう破綻の開始に期待したい。

しかし、桜ちゃんは見た目がロリっ子だというだけで、言動や普段の所作から内面描写は完全に大人の女性そのものなので、しかもロリバアアとか人外ロリと違って、普通に頼りになる社会人の女性なんで、あんまりちびっ子というイメージ湧かないんですよね。これが映像化されたらまた話は違うんでしょうけれど。
あと、小虎の健気さは完全に兵器レベルw ヤンチャそうに見えて、大人しい子猫みたな子だなあ。これで懐いているのが主人公だけならまだしも、要や桜、そしてシュバルツにもすごく懐いているので、愛玩レベルがたまらん領域に。これ、小虎に冷たいシュバルツが好感度ガタ落ちしてしまいますがなw

1巻 2巻感想

魔王のしもべがあらわれた! 24   

魔王のしもべがあらわれた! II (電撃文庫)

【魔王のしもべがあらわれた! 2】 上野遊/一真 電撃文庫

Amazon

自称魔族が学校侵略!?
獣耳少女も参戦の居候ラブコメ第2弾!

 僕を「魔王」と呼ぶ自称魔族のシュバルツリヒトと、大財閥の腹黒お嬢様・要がセーラー服で教室に現れた! まさかの学校侵略!?とおののく僕だけど、どうやら見た目小学生な政府のエージェント・桜の仕業らしい。当然のことながら、美少女二人の登場で学校は大騒ぎになる。
 へとへとになって帰路につく僕に、さらなる災難が。正体不明の獣耳少女が襲いかかってきたのだ!
「おのれ毛玉の眷属め!」「にゃ!」
 問題児3人娘との同居生活も続行中。魔王のしもべと贈る、居候ラブコメ、大波乱の第2弾!
あれ? なんだろう、すっごく面白かったよ!? 前回は人の言うことを聞かない大迷惑少女で少なからずストレスの対象だったシュバルツリヒトが多少なりとも環境に適応してきたからでしょうか。もうすっごい可愛いんですよ、シュバルツちゃん。それも、女の子として可愛いというよりも、ワンコっぽい可愛らしさ。そしてワンコはワンコでも、忠犬気取りのヤンチャで気忙しい子犬、という感じで、一々仕草やら反応が可愛いんですよね。学校に転校してきてどうなるかと思いましたけれど、少なくとも周囲を顧みない言動で授業やら日常やらをぶち壊しにする事もなく、危なっかしいながらもなんとかやってけてましたしねえ。幼馴染のデカ女ちゃんに猫可愛がりされて、怯えて尻尾を丸めて魔王さまの背中に隠れるシュバルツちゃん、でら可愛いっす。しかしいいのか自称四天王(笑
この子をワンコと捉えると、後から登場した小虎にやたら突っかかっていったのも、いきなりテリトリーに入ってきて、ご主人様に構われだした子猫に嫉妬して憤る子犬だと思えば実にしっくりするのです。

こうして見ると、意外なほど二巻になってこの主人公の椎名明にシュバルツリヒト、鹿島要に大門桜、という椎名家の家族サークルが機能しだしているんですよね。要お嬢様が愉快犯的な行動原理とは言え、かなり身内としての立場で明を助けたり、シュバルツリヒトのフォローに回りだしたのも何気に大きいんですよね。いつの間にか凄く親身になってくれてて、この擬似家族がうまく回る橋渡しやフォロー役として立ちまわってくれてるんですよね。まさしく名前通りの要として機能してくれているのです。そして、桜さん。この人も見た目小学生の大人、という立ち位置からして狂言回しかと思ったら、ちゃんと保護者としても社会人としても明たちの頼もしい後ろ盾となってくれてるんですよ。元々、明からしてその境遇から歳の割に非常にしっかりとしたメンタルなのも相俟って、ワイワイと賑やかに過ごしている割にこの家族、びっくりするくらい安定感があるんですよね。シュバルツリヒトが無茶苦茶しなくなった事もあってか、要と桜が遊び心たっぷりありすぎるので結構ノリノリで話が進む割に安心感が揺るがないので、なんだか落ち着いてこの愉快なノリを楽しめました。
そこに現れた行き倒れの異国の少女。この子がまた儚げで健気で幸薄そうで、おとなしく遠慮がちなくせに懐っこい子猫そのもので、またえらく絆されるんですよ。
彼女の境遇が、またこの世界の社会問題と直結した世知辛いを通り越した、戦後の被害者そのものなんですけれど、無常感のみじゃなく、ちゃんと少年少女たちの真っ直ぐな正義感を、大人たちの真っ当な善意が後ろで支えてくれている展開は凄く好きです。この大人たちこそが、自分たちの無力さ、非情で酷薄な現実を何度も目の当たりにして打ちのめされてきたからこそ、悲劇に対して必死になって手を差し伸べようとしてるんですよね。でも、その尽力は大人ゆえの立場や視点からどうしても行き届かない部分がある、力を尽くし切れない部分がある。悔しいでしょう、忸怩たるものがあるでしょう、それでもなお諦めず、柵に囚われた自分たちに変わって直接悲劇に切り込んでいく少年少女たちに、彼らは祈りを託し、同時に子供たちがどうしようもできない分野で両手を広げて受け止めてくれる、そんな大人たちの姿勢がすこぶる心を打つんですよね。
人が残した悪意に対して、子供も大人も等しく憤り、人として見過ごせないとして、人として恥ずかしくないように、出来る事をやりつくそうとする。できないことは出来る人に託して、自分の出来る事に全力をつくす。
いい作品ですよ、いい話ですよ、これは。腐臭すらする社会問題を背景に忍ばせながら、戦争の傷が色濃く残る戦後という枠組みを映し出しながら、そこにしっかりと人の情を描き、心あたたまる交流を描き、胸のすくような結末を用意する。
繰り返しますが、いい作品ですよ、これは。一巻の時からは思わぬほどいい作品になりつつある。このまま埋もれるには、実に惜しい作品になっていってると思います。
なんとか、軌道に乗って欲しいんだけどなあ……。

1巻

魔王のしもべがあらわれた!3   

魔王のしもべがあらわれた! (電撃文庫)

【魔王のしもべがあらわれた!】 上野遊/一真 電撃文庫

Amazon

(自称)魔軍四天王 “千刃のシュバルツリヒト”(勝手に)出陣!!

 17歳の誕生日、一人暮らしの僕のもとに、死神みたいに真っ黒な少女がやってきた。彼女は自分を滅んだはずの魔王軍の四天王“千刃のシュバルツリヒト”だと名乗り、 なぜか僕を『陛下』と呼んだ。それって僕が魔王ってことか!? 
 最初は取り合わなかった僕だけど、自分の影から武器を生成する力を持ったシュバルツリヒトを追って、大財閥の腹黒お嬢様・要と、見た目小学生な政府のエージェント・桜が現れ、僕の私生活は混迷を極めていく──って、何がどうなったらこの3人の問題児が僕の家に居候することになるんだよ!? 魔王のしもべと贈る居候ラブコメ開幕!
ああ、最近はやりの魔王さまとその部下の話だなあ、と思って読んでたら、謳歌する日常生活の裏側に戦争の爪痕があったり、力ある者と一般人との間に徐々に軋轢が生まれつつあったり、と社会問題がきな臭く燻っているあたりが、上野遊さんらしいなあ、と思わず納得してしまった。
というのも、この人、デビュー作の【彼女は帰星子女】から、物語のバックグラウンドが社会派寄りに重きを為していて、そこから波及してくる社会問題が主人公たちの人間関係や行動選択に大きな影響を与えてくる、というなかなか歯ごたえのあるパターンを得物としていたんですね。
てっきり、その辺りはこの新シリーズでは取っ払って、お気楽に魔王さまコメディを展開するつもりなのかと思ってたら、案の定この世界では三十年前に異世界からの魔族の侵攻があって、多大な被害を出しながらこれを撃退した、という社会背景があり、しかもその戦争の際に人間側に目覚め、増えだしている「影響者」と呼ばれる異能力者と一般人との間に徐々に不穏な空気が全世界規模で広がりつつある、という舞台設定が出てきたわけです。
この、戦争があった時期が三十年前、というのがまた味噌なんだよなあ。戦後すぐ、という過敏な時期ではなく、しかし歴史としてしまうにはまだ近すぎる過去。戦争被害からの復興がようやく一段落つき、次の時代を見据えながらも過去の傷跡が執拗に絡みついてきて新たな問題が生まれていく、というまさに過渡期の時期なんですよね。そうした時代をわざわざ選ぶ渋さが、またこの作者らしさと言えるわけで、私としては非常に好みなんですけれど、なかなか売れに繋がらない理由の一端でもあるんだろうなあ……。
とまあ、そんな時代背景が物語に敷き詰められているわけで、お話の表向きのノリそのものは明るい巻き込まれ型ドタバタコメディなんですが、人類の敵である魔族を名乗って、主人公を魔王さま呼ばわりして大騒ぎするシュバルツリヒトの行動は何気に相当の綱渡りだったりするのです。これ、戦中とか戦後すぐ、少なくとも戦後十年十五年あたりまでの話なら、下手したら相当に血なまぐさい、バイオレンスな話になってたんじゃないだろうか(苦笑
少なくとも、シュバルツリヒトの主張を痛い子の妄想、として処理されるには、時代が過敏に反応してしまっていただろうし。
実のところ、彼女の主張が真実で、主人公が魔王であり、シュバルツリヒトが魔族である、という事実が明らかになる、という展開にならず、不明のまま濁されてしまったのも、仕方ないっちゃしかたないんですよね。だって、はっきりしちゃったら、その時点で日常崩壊ですもの。痛い子の笑い話、として置いておかないと、主人公とシュバルツリヒトは本気で人類の敵として追われるハメになってしまうわけですから。魔族という存在に対して冷静に対処するには、三十年という月日はまだ短すぎる。まだ、正体を濁したままにしておかないと、話が初っ端からゆるいラブコメから明後日の方向へとすっ飛んでいきかねない。
……でも、すっ飛んでいった方が個人的には面白そうなんですけどね。「影響者」と一般人との軋轢が世界規模の低烈度紛争へと発展していきかねない危うい社会情勢の渦中において、人類に敵対的でない魔族の出現というのは劇薬であると同時に、未だ戦後を引きずる世界にパラダイムシフトを強いる大きな要因とも成り得ると考えられるわけで。鹿島のお嬢様が影響者を集めて何を目論んでいるか、にもよるんだけれど、場合によってはこの話、「戦後」を終わらせる物語、という社会派なお話へと進路を切ることも可能性としてはあり得ると思えるんですよ。まあ、誰がそれを望むか、という問題点もあるんですけれど、作者の【エアリアル】を見てるとねえ……私としちゃあこっちでもやらかしてほしいなあ、と思っちゃうんですよね。
とは言え、普通のゆるいラブコメとしても普通に面白いですし、私は上野さんの文章好きなので、そっちの路線でも買い続けますけどね。ただ、ラブコメで行くにはお話がもったいぶりすぎてて、今回完全に序章仕立て、話がぜんぜん進んでない状態なので、早急にラブコメの骨子を固めてゆるゆるなりのパターンを築かなきゃいけないんでしょうけど。

でも私は、ラブコメしながらもハード路線、が好みなんだけどなあ(チラッ

上野遊作品感想
 
1月27日

(電撃コミックスNEXT)
Amazon Kindle B☆W


(電撃コミックスNEXT)
Amazon Kindle B☆W


電撃コミックスNEXT
Amazon Kindle B☆W


(電撃コミックスNEXT)
Amazon Kindle B☆W


(電撃コミックスNEXT)
Amazon Kindle B☆W


(電撃コミックスNEXT)
Amazon Kindle B☆W


(電撃コミックスNEXT)
Amazon Kindle B☆W


(電撃コミックスNEXT)
Amazon Kindle B☆W

1月26日

(角川コミックス・エース)
Amazon Kindle B☆W


角川コミックス・エース
Amazon Kindle B☆W


(角川コミックス・エース)
Amazon Kindle B☆W


(角川コミックス・エース)
Amazon Kindle B☆W


(角川コミックス・エース)
Amazon Kindle B☆W


(角川コミックス・エース)
Amazon Kindle B☆W


(角川コミックス・エース)
Amazon Kindle B☆W


(角川コミックス・エース)
Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W
1月25日

(オーバーラップ文庫)
Amazon Kindle B☆W


(オーバーラップ文庫)
Amazon Kindle B☆W


(オーバーラップ文庫)
Amazon Kindle B☆W


(オーバーラップ文庫)
Amazon Kindle B☆W


(オーバーラップ文庫)
Amazon Kindle B☆W


(オーバーラップ文庫)
Amazon Kindle B☆W


(オーバーラップ文庫)
Amazon Kindle B☆W


(オーバーラップ文庫)
Amazon Kindle B☆W


(オーバーラップ文庫)
Amazon Kindle B☆W


(オーバーラップノベルス
Amazon Kindle B☆W


(オーバーラップノベルス)
Amazon Kindle B☆W


(MF文庫J)
Amazon Kindle B☆W


(MF文庫J)
Amazon Kindle B☆W


(MF文庫J)
Amazon Kindle B☆W


(MF文庫J)
Amazon Kindle B☆W


(MFブックス)
Amazon Kindle B☆W


(MFブックス)
Amazon Kindle B☆W


(MFブックス)
Amazon Kindle B☆W


(MFブックス)
Kindle B☆W


(ダッシュエックス文庫)
Amazon Kindle B☆W


(ダッシュエックス文庫)
Amazon Kindle B☆W


(ガルドコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(ガルドコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(ガルドコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(ガルドコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(ガルドコミックス)
Amazon KindleB☆W


(ガルドコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(ガルドコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(ガルドコミックス)
Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W

1月21日

(ガンガンコミックスJOKER)
Amazon Kindle B☆W


(ガンガンコミックスJOKER)
Amazon Kindle B☆W


(ガンガンコミックスJOKER)
Amazon Kindle B☆W


(ガンガンコミックスJOKER)
Amazon Kindle B☆W


(ガンガンコミックスJOKER)
Amazon Kindle B☆W


(MFC)
Amazon Kindle B☆W


(MFC)
Amazon Kindle B☆W


(MFC)
Amazon Kindle B☆W


(MFコミックス アライブシリーズ)
Amazon Kindle B☆W


(KCデラックス)
Amazon Kindle B☆W


(イブニングKC)
Amazon Kindle B☆W


(モーニング KC)
Amazon Kindle B☆W


(モーニング KC)
Amazon Kindle B☆W


(モーニング KC)
Amazon Kindle B☆W


Amazon KindleB☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W

1月20日

(富士見ファンタジア文庫)
Amazon Kindle B☆W


(富士見ファンタジア文庫)
Amazon Kindle B☆W


(富士見ファンタジア文庫)
Amazon Kindle B☆W


(富士見ファンタジア文庫)
Amazon Kindle B☆W


(富士見ファンタジア文庫)
Amazon Kindle B☆W


(富士見ファンタジア文庫)
Amazon Kindle B☆W


(富士見ファンタジア文庫)
Amazon Kindle B☆W


(富士見ファンタジア文庫)
Amazon Kindle B☆W


(富士見ファンタジア文庫)
Amazon Kindle B☆W


(富士見ファンタジア文庫)
Amazon Kindle B☆W


(富士見ファンタジア文庫)
Amazon Kindle B☆W


(富士見ファンタジア文庫)
Amazon Kindle B☆W


(チャンピオンREDコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(ヤングチャンピオン烈コミックス)
Amazon Kindle B☆W


(ヤングチャンピオン烈コミックス)
Amazon Kindle B☆W


(単行本コミックス)
Amazon Kindle B☆W


(ヤンマガKCスペシャル)
Amazon Kindle B☆W


(ヤングマガジン サード)
Amazon Kindle B☆W

1月19日

(ヤングジャンプコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(ヤングジャンプコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(ヤングジャンプコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(ヤングジャンプコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(サンデーGXコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(裏少年サンデーコミックス)
Amazon Kindle B☆W


Kindle B☆W

1月18日

(ガガガ文庫)
Amazon Kindle B☆W


(ガガガ文庫)
Amazon Kindle B☆W


(ガガガ文庫)
Amazon Kindle B☆W


(ガガガブックス)
Amazon Kindle B☆W


(ガガガブックス)
Amazon Kindle B☆W


(少年サンデーコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(少年サンデーコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(少年サンデーコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(少年サンデーコミックス〔スペシャル〕)
Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


1月17日

(電撃の新文芸)
Amazon Kindle B☆W


(電撃の新文芸)
Amazon Kindle B☆W


(電撃の新文芸)
Amazon Kindle B☆W


(電撃の新文芸)
Amazon Kindle B☆W


(KCデラックス)
Amazon Kindle B☆W


(KCデラックス)
Amazon Kindle B☆W


(講談社コミックス)
Amazon Kindle B☆W


(講談社コミックス)
Amazon Kindle B☆W


(講談社コミックス)
Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W

1月15日

(アース・スターノベル)
Amazon Kindle B☆W


(アース・スターノベル)
Amazon Kindle B☆W


(アース・スターノベル)
Amazon Kindle B☆W


(アース・スターノベル)
Amazon Kindle B☆W


(アース・スターノベル)
Amazon Kindle B☆W


(富士見L文庫)
Amazon Kindle B☆W


(富士見L文庫)
Amazon Kindle B☆W


(富士見L文庫)
Amazon Kindle B☆W


(コロナ・コミックス)
Amazon Kindle B☆W


(コロナ・コミックス)
Amazon Kindle B☆W


1月14日

(GA文庫)
Amazon Kindle B☆W


(GA文庫)
Amazon Kindle B☆W


(GA文庫)
Amazon Kindle B☆W


(GA文庫)
Amazon Kindle B☆W


(GA文庫)
Amazon Kindle B☆W


(GA文庫)
Amazon Kindle B☆W


(GA文庫)
Amazon Kindle B☆W


(GA文庫)
Amazon Kindle B☆W


(GA文庫)
Amazon Kindle B☆W


(GA文庫)
Amazon Kindle B☆W


(GA文庫)
Amazon Kindle B☆W


(GAノベル)
Amazon Kindle B☆W


(GAノベル)
Amazon Kindle B☆W


(GAノベル)
Amazon Kindle B☆W

1月12日

(ゲッサン少年サンデーコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(ゲッサン少年サンデーコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(ビッグ コミックス)
Amazon Kindle B☆W


(アース・スター コミックス) Amazon Kindle B☆W


(アクションコミックス(月刊アクション))
Amazon Kindle B☆W


(アクションコミックス(月刊アクション))
Kindle B☆W


(アクションコミックス(月刊アクション))
Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W

1月10日

Amazon Kindle B☆W

1月8日

(BLADEコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(電撃文庫)
Amazon Kindle B☆W


(電撃文庫)
Amazon Kindle B☆W


(電撃文庫)
Amazon Kindle B☆W


(電撃文庫)
Amazon Kindle B☆W


(電撃文庫)
Amazon Kindle B☆W


(電撃文庫)
Amazon Kindle B☆W


(電撃文庫)
Amazon Kindle B☆W


(電撃文庫)
Amazon Kindle B☆W


(電撃文庫)
Amazon Kindle B☆W


(電撃文庫)
Amazon Kindle B☆W


(電撃文庫)
Amazon Kindle B☆W


(カドカワBOOKS
Amazon Kindle B☆W


(カドカワBOOKS)
Amazon Kindle B☆W


(カドカワBOOKS)
Amazon Kindle B☆W


(カドカワBOOKS)
Amazon Kindle B☆W


(カドカワBOOKS)
Amazon Kindle B☆W


(カドカワBOOKS)
Amazon Kindle B☆W


(カドカワBOOKS)
Amazon Kindle B☆W


(TOブックス)
Amazon Kindle B☆W


(TOブックス)
Amazon Kindle B☆W


(TOブックス)
Amazon Kindle B☆W


(TOブックス)
Amazon Kindle B☆W


(ドラゴンコミックスエイジ)
Amazon Kindle B☆W


(ドラゴンコミックスエイジ)
Amazon Kindle B☆W


(角川コミックス・エース)
Amazon Kindle B☆W


(角川コミックス・エース)
Amazon Kindle B☆W


(電撃コミックスNEXT)
Amazon Kindle B☆W


(角川コミックス)
Amazon Kindle B☆W

1月7日

(少年チャンピオン・コミックス)
Amazon Kindle B☆W


(マガジンポケット)
Amazon Kindle B☆W


(マガジンポケット)
Amazon Kindle B☆W


(マガジンポケット)
Amazon Kindle B☆W


(マガジンポケット)
Amazon Kindle B☆W


(good!アフタヌーン)
Amazon Kindle B☆W


(good!アフタヌーン)
Amazon Kindle B☆W


(good!アフタヌーン)
Amazon Kindle B☆W


(good!アフタヌーン)
Amazon Kindle B☆W


(シリウスKC)
Amazon Kindle B☆W


(シリウスKC)
Amazon Kindle B☆W


(シリウスKC)
Amazon Kindle B☆W


(シリウスKC)
Amazon Kindle B☆W


(マガジンポケット)
Amazon Kindle B☆W


(シリウスKC)
Amazon Kindle B☆W


(シリウスKC)
Amazon Kindle B☆W


(シリウスKC)
Amazon Kindle B☆W


(ガンガンコミックスUP!)
Amazon Kindle B☆W


(ガンガンコミックスUP!)
Amazon Kindle B☆W


(ガンガンコミックスUP!)
Amazon Kindle B☆W


(ガンガンコミックスUP!)
Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


(SQEXノベル)
Amazon Kindle B☆W


(SQEXノベル)
Amazon Kindle B☆W


(SQEXノベル)
Amazon Kindle B☆W

1月6日

(KCデラックス)
Amazon


(KCデラックス)
Amazon


(ヤンマガKCスペシャル)
Amazon Kindle B☆W

1月5日

(ヒーローズコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(ヒーローズコミックス)
Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Kindle B☆W

1月4日

(ジャンプコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(ジャンプコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(ジャンプコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(ジャンプコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(ジャンプコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(ジャンプコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(ジャンプコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(ジャンプコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(ジャンプコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(ジャンプコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(ジャンプコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(ジャンプコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(ヤングジャンプコミックス)
Amazon Kindle B☆W

12月28日

(GCノベルズ)
Amazon Kindle B☆W


(GCノベルズ)
Amazon Kindle B☆W


(GCノベルズ)
Amazon Kindle B☆W


(HJ文庫)
Amazon Kindle B☆W


(HJ文庫)
Amazon Kindle B☆W


(HJ文庫)
Amazon Kindle B☆W


(HJ文庫)
Amazon Kindle B☆W


(講談社ラノベ文庫)
Amazon Kindle B☆W


(講談社ラノベ文庫)
Amazon Kindle B☆W


(講談社ラノベ文庫)
Amazon Kindle B☆W


(一迅社ノベルス)
Amazon Kindle B☆W


(一迅社ノベルス)
Amazon Kindle B☆W


(角川コミックス・エース)
Amazon Kindle B☆W


(角川コミックス・エース)
Amazon Kindle B☆W


(ビッグ コミックス)
Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W

12月27日

(ヒーロー文庫)
Amazon Kindle B☆W


(YKコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(YKコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(B's-LOG COMICS)
Amazon Kindle B☆W

Categories
最新コメント

Archives
記事検索
タグ絞り込み検索