1/2アンデッド

残光の女神と1/2アンデッド4   

残光の女神と1/2アンデッド (ファミ通文庫)

【残光の女神と1/2アンデッド】 佐々原史緒/kyo ファミ通文庫

Amazon

死と生を越え、ふたりはいつしか心を通わせる――。

"半死人"冬哉と、死者を彼岸へ送る"渡し"那由子の奇妙な協力関係は、信頼へと変化しつつあった。だが冬哉の体は日ごとに死者に近づいている。「自分は消滅しても、那由子だけは"人"としてこの世で生きてほしい――」そんなとき、彼此見市を謎の光が襲い人々が昏倒する現象が発生。那由子と共に調査を始めた冬哉は、この街で密かに進行していた驚愕の"儀式"を、そして遂に己の死の真相を知ることに!! 愛憎と慟哭のダーク・ミステリ・ロマンス最終巻!!
愛憎と慟哭のダーク・ミステリ・ロマンスってキャッチフレーズ、最初に見たときはまた大げさな、と思ったものだけれどこうして最後まで読み切ってしまうと、一切誇張のないそのままのフレーズだったんだというのが、嫌というほどわかってしまった。
重たい、もうめちゃめちゃ重たい。重たいんだが、那由子と冬哉の明らかになった関係を思うと、二人が出会った事も、そこに愛情に近い絆が育まれた事も、奇跡のような運命だったんですよね。冬哉が一度死に、那由子が渡しだったからこそ出会ってしまった、それだけでもあり得ない出会いだったのに。
変な話ですよね、不思議な感覚です。幾つもの死が重なって初めて成立する運命の出逢いなんて。
結局、幾許かの人間的な成長と、人らしさを身につけた上での穏やかで賑やかな太平楽なハッピーエンドが待っているものだと勝手に思い込んでいただけに、まさかこんなヘヴィーな展開になだれ込んでいくとは。一巻や二巻における死者と生者を繋ぐような話は、冬哉は生者の立場から物事にあたっているように捉えていたのだけれど、今にして思うと結果として逆だったんだなあ。だからこそ、この巻で冬哉は自分の運命を知ってもあまり取り乱すこともなかったのだろう。むしろその意味では、ちゃんと「生者」の側にいたのは那由子の方だったのだろう。彼女が見せた必死なまでの執着や形振り構わぬやり方は、未練を残した亡者のそれではなく、生きているからこその懇願だったような気がする。
だからこそ、冬哉が送り出してやらなきゃならなかったんだろうなあ。止まってしまった死者が、先に行けるくせにその場に留まろうと足掻く生者にしてあげられるのは、きっと安心して納得させて、送り出してあげる事だけなのだから。今まで、死者を渡すおはなしはみんな生きた人が死んだ人を送り出してあげる話だと捉えていたけれど、そうか、これまでの話もよく見れば逆だったんだなあ。
「生きな」

ラストは、ハッピーエンドというのもどこかおこがましい感動的な結末でした。ちびっと泣いちったよ。クライマックスに入ってからの情感たっぷりの盛り上がりは、ほんと凄かったです。惜しむらくは、もう1つか2つ、那由子と冬哉がお互いに掛け替えのない存在だと感じあうようなイベントがあったらなあ、と言ったところか。2巻の終わりで那由子が冬哉に心開いて懐いたのは伝わってたけど、この最終巻でももう一回は念押しでグッと来るエピソードを前半に用意しておいて欲しかった。そうすれば、終盤の二人の話ももっともっと感動的になったんじゃないかなあ。

次回は、佐々原さんのあの軽快なノリの楽しい話が読みたいなあ。出来れば、女の子が主人公で。

生贄の羊と1/2アンデッド3   

生贄の羊と1/2アンデッド (ファミ通文庫)

【生贄の羊と1/2アンデッド】 佐々原史緒/kyo ファミ通文庫

Amazon

死生の狭間を越えるダーク・ミステリ・ロマンス第2弾!!

一度死んで蘇生した"半死人"冬哉と、死者の霊を彼岸へ送る"渡し"の那由子。ふたりは那由子の大切な「鏡」を取り戻すために奇妙な協力関係を築いていた。夜な夜な霊を"渡す"仕事に勤しんでいたある日、近隣の高校の構内に漢字が描かれ、その文字が苗字に含まれる生徒が怪我をするという事件が相次ぐ。霊の仕業と噂されるこの事件の裏に蠢いていたのは、ある女子生徒の血塗られた愛憎劇だった――。死生の狭間を越えるダーク・ミステリ・ロマンス第2弾!!
前回、冬哉の事を佐々原作品にしては珍しく芯の定まっていない弱キャラ、と書いたのですが、そう言えば前作の【創立!? 三ッ星生徒会】の向坂恵も相当なさけないキャラだったっけか。ただ、彼が粘り強い調整型のリーダーへと成長していったのに対して、こちらの冬哉が歩み始めているのは似て非なるものと言えよう。芯がない、あるいは信念が無い。つまり確固とした思想や自分の在り方というものを持たず周りに迎合することを良しとしがちだった冬哉ですが、こと霊関係に対する那由子のやり方というのはよく言えば合理的、ぶっちゃけると非人間的なところがあって、冬哉としてもそのまま受け入れるには人としての良心が耐え切れないのである。故にか、彼は食べ物で釣りながらも那由子に辛抱強くただ機械的に効率よくこの世に未練あって残っている霊たちを問答無用で成仏させるのは違うんじゃないか、という考えを諭しはじめるのだ。面白いことに彼のやってる事、やろうとしている事もある意味「渡し」と言えるんですよね。生きている人の話を聞き、死んでいる霊の想いを聞き、本来ならばもう通じることのないはずの両者の想いをつないで渡す「橋渡し」。まさに半分生きて、半分死んでいる彼にしか出来ないことだ。尤も、彼は別にそれを信念を持って行っているわけじゃない。目の前で起こる生者と死者の錯誤と誤解、すれ違う事によって大きくなっていく悲劇惨劇を目の当たりにしてしまったが故のことだ。誰だって、目の前で燃え出したボヤを無視なんて出来ないだろう。放っておけば大変なことになってしまうと分かっていて、周りにそれに対処できる人が誰もいないとき、人は何もせずに居られるだろうか。冬哉はただ、当たり前の善良な一般人というだけに過ぎない。だからこそ、思わず自分の出来ることをやってしまっているだけなのだ。でもだからこそ、なし崩しでしか無く確固とした信念の上での行為でないからこそ、彼は他人の心の領域にまで踏み込むような自分の行為に恐れのようなものを感じている。それ以上に、これまでの生き方も、生き返った事も、自分が那由子を引き止めてまでやっていることも、何の意味もない、価値もないことなんじゃないのかと、恐れている。
だからこそ、他でもない那由子が、食い物以外この世の何にも興味も感心も示さなかった彼女が、冬哉を肯定してくれた事は彼に取ってとてつもない衝撃であり、ブレイクスルーになったのだろう。死んだと同時に心の何処かでせき止めていたものが、あふれだして涙になってしまうくらい。
そう考えると、那由子の変化の傾向は微妙だけれど顕著だったのだなあ。あれだけ、那由子が自身の判断を冬哉が認めてくれなかったとき、珍しいくらいにムキになって拗ねまくっていたのは、それだけ冬哉の言や考えに重きを置いていたって事なんですよね。最後の、あなたが言うのならきっと意味があるのでしょう、という言葉を聞いて、ちょっと前の変だった那由子の様子がようやく腑に落ちたのでした。
まあ、餌付けが効いたんだろうな、とは敢えて言うまいw

しかし、また不穏な終わり方だなあ。誰が見てたのかは明言してないけど、多分あの人だろうし。となると、瀬尾っちのややも不安定で危うい雰囲気も余計に不安を煽られる。今回、彼についてはとことんイイヤツだというのをつくづく思い知らされたので、出来れば彼には報われて欲しいんだが。

死神少女と1/2アンデッド 3   

死神少女と1/2アンデッド (ファミ通文庫)

【死神少女と1/2アンデッド】 佐々原史緒/kyo ファミ通文庫

Amazon

死と生の境界を越えて出逢ったふたりのダーク・ミステリ!

海辺で遺体となり発見された冬哉は、恐怖に満ちた夢を見て蘇生した。だが心音もなく姿も鏡に映らず、屋内外に佇む霊が見える……。そんな異常を隠し日常に戻った彼のクラスに突然、あの夢で見た大鎌の少女が現れた! 戦慄し逃げる冬哉に、少女は迫る。「鏡を返せ」と――。それが己の死の真相を忘却した"半死人"冬哉と、迷える魂を彼岸に送る"渡し"那由子の奇妙な関係の始まりだった。死と生の境を越えて出逢ったふたりのダーク・ミステリ・ロマンス!
おおおっ、佐々原史緒さんの久々の新作はガチのホラーなのか。いつもの何だかんだとコミカルなノリは影を潜めて、抑制のきいた文章でジワジワと現世と幽世の狭間で交錯する死者と生者の邂逅を描いている。それでも佐々原さんらしいのが、ヒロインの死神少女の天然マイペースっぷりである。最初出てきた時は、人間の常識も情理も通用せず、理解もしてくれない本当の意味で恐ろしい人外なのかと思ったら……ただの食いしん坊キャラじゃねえか!(笑
明らかに理性よりも本能、厳密には食い気が勝ってるし。人外だから人間の常識が通用しないというよりも、単に常識知らない気にしない関係ない、というだけみたいじゃないですか、これ?(苦笑 那由子、君、自分の無くした鏡に執着し、探して現世に来たの、あとに行くほど忘れてないか? 折角認識を惑わせて転校までしてきたのに、学校にも登校してこず、それで死神として働いているのかと思ったら、単に食い倒れツアーに勤しんでただけだし。ほんとに何しに来た!w
まあこの娘の惚けっぷりで随分と和まされてる。彼女がもし真面目なキャラだったらこの作品、もっと重々しく陰鬱な話になっていただろう。主人公の冬哉が、佐々原作品の主人公としては珍しく芯が定まってない弱キャラというのもあって、快刀乱麻を断つような展開とは行かず、ジクジクと膿むように話が進んでいきますからね。何しろ、あだながチャラ眼鏡、だからなあ。でも、悪いヤツじゃないんですよ。ヘタレで事なかれ主義だけど目の前のことに見て見ぬ振りが出来ないだけで、充分に主人公の資質はあります。泣き言を言いながらも行動できるのなら、後悔しながらでも渦中に飛び込めるのなら、ヘタレだろうが自己薄弱だろうが芯となるものが無かろうが、そんなものは進んだ先で見つけりゃいい話。頑張れる奴は、半分死んでようがこれ以上なく主人公です。そんなこんなでチャラチャラしてて初期の期待値が低い分、これからは株上がりっぱなしですよ……多分。

しかし、今回はあくまで導入編だなあ。何しろ、冬哉を取り巻く状況が未だにまったくはっきりしない。結局、彼は何らかの理由で死んだものの、何故か生き返り、しかもその際、那由子の鏡を取り込んでしまっている上に、亡霊のたぐいを見ることが出来るようになってしまった、という現状がなんとか把握できていた段階で、なぜ今みたいな事になってしまったのか、発端から原因からさっぱりなわけですから。だからこそ、ラストに明らかになった新事実が衝撃的な引きとなっているのですけれど。これは凶悪な引きだよなあ。なんとか戻ってきたはずの日常が、俄然、様相を変えてくる事実な訳ですし。これで長く待たされるとキツいんですが、既に4月末には連続刊行する予定のようなので、ホッと安心。これは畳み掛けないといけませんものねえ。
 
1月26日

(角川コミックス・エース)
Amazon Kindle B☆W


角川コミックス・エース
Amazon Kindle B☆W


(角川コミックス・エース)
Amazon Kindle B☆W


(角川コミックス・エース)
Amazon Kindle B☆W


(角川コミックス・エース)
Amazon Kindle B☆W


(角川コミックス・エース)
Amazon Kindle B☆W


(角川コミックス・エース)
Amazon Kindle B☆W


(角川コミックス・エース)
Amazon Kindle B☆W

1月25日

(オーバーラップ文庫)
Amazon Kindle B☆W


(オーバーラップ文庫)
Amazon Kindle B☆W


(オーバーラップ文庫)
Amazon Kindle B☆W


(オーバーラップ文庫)
Amazon Kindle B☆W


(オーバーラップ文庫)
Amazon Kindle B☆W


(オーバーラップ文庫)
Amazon Kindle B☆W


(オーバーラップ文庫)
Amazon Kindle B☆W


(オーバーラップ文庫)
Amazon Kindle B☆W


(オーバーラップ文庫)
Amazon Kindle B☆W


(オーバーラップノベルス
Amazon Kindle B☆W


(オーバーラップノベルス)
Amazon Kindle B☆W


(MF文庫J)
Amazon Kindle B☆W


(MF文庫J)
Amazon Kindle B☆W


(MF文庫J)
Amazon Kindle B☆W


(MF文庫J)
Amazon Kindle B☆W


(MFブックス)
Amazon Kindle B☆W


(MFブックス)
Amazon Kindle B☆W


(MFブックス)
Amazon Kindle B☆W


(MFブックス)
Kindle B☆W


(ダッシュエックス文庫)
Amazon Kindle B☆W


(ダッシュエックス文庫)
Amazon Kindle B☆W


(ガルドコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(ガルドコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(ガルドコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(ガルドコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(ガルドコミックス)
Amazon KindleB☆W


(ガルドコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(ガルドコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(ガルドコミックス)
Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W

1月21日

(ガンガンコミックスJOKER)
Amazon Kindle B☆W


(ガンガンコミックスJOKER)
Amazon Kindle B☆W


(ガンガンコミックスJOKER)
Amazon Kindle B☆W


(ガンガンコミックスJOKER)
Amazon Kindle B☆W


(ガンガンコミックスJOKER)
Amazon Kindle B☆W


(MFC)
Amazon Kindle B☆W


(MFC)
Amazon Kindle B☆W


(MFC)
Amazon Kindle B☆W


(MFコミックス アライブシリーズ)
Amazon Kindle B☆W


(KCデラックス)
Amazon Kindle B☆W


(イブニングKC)
Amazon Kindle B☆W


(モーニング KC)
Amazon Kindle B☆W


(モーニング KC)
Amazon Kindle B☆W


(モーニング KC)
Amazon Kindle B☆W


Amazon KindleB☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W

1月20日

(富士見ファンタジア文庫)
Amazon Kindle B☆W


(富士見ファンタジア文庫)
Amazon Kindle B☆W


(富士見ファンタジア文庫)
Amazon Kindle B☆W


(富士見ファンタジア文庫)
Amazon Kindle B☆W


(富士見ファンタジア文庫)
Amazon Kindle B☆W


(富士見ファンタジア文庫)
Amazon Kindle B☆W


(富士見ファンタジア文庫)
Amazon Kindle B☆W


(富士見ファンタジア文庫)
Amazon Kindle B☆W


(富士見ファンタジア文庫)
Amazon Kindle B☆W


(富士見ファンタジア文庫)
Amazon Kindle B☆W


(富士見ファンタジア文庫)
Amazon Kindle B☆W


(富士見ファンタジア文庫)
Amazon Kindle B☆W


(チャンピオンREDコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(ヤングチャンピオン烈コミックス)
Amazon Kindle B☆W


(ヤングチャンピオン烈コミックス)
Amazon Kindle B☆W


(単行本コミックス)
Amazon Kindle B☆W


(ヤンマガKCスペシャル)
Amazon Kindle B☆W


(ヤングマガジン サード)
Amazon Kindle B☆W

1月19日

(ヤングジャンプコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(ヤングジャンプコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(ヤングジャンプコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(ヤングジャンプコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(サンデーGXコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(裏少年サンデーコミックス)
Amazon Kindle B☆W


Kindle B☆W

1月18日

(ガガガ文庫)
Amazon Kindle B☆W


(ガガガ文庫)
Amazon Kindle B☆W


(ガガガ文庫)
Amazon Kindle B☆W


(ガガガブックス)
Amazon Kindle B☆W


(ガガガブックス)
Amazon Kindle B☆W


(少年サンデーコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(少年サンデーコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(少年サンデーコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(少年サンデーコミックス〔スペシャル〕)
Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


1月17日

(電撃の新文芸)
Amazon Kindle B☆W


(電撃の新文芸)
Amazon Kindle B☆W


(電撃の新文芸)
Amazon Kindle B☆W


(電撃の新文芸)
Amazon Kindle B☆W


(KCデラックス)
Amazon Kindle B☆W


(KCデラックス)
Amazon Kindle B☆W


(講談社コミックス)
Amazon Kindle B☆W


(講談社コミックス)
Amazon Kindle B☆W


(講談社コミックス)
Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W

1月15日

(アース・スターノベル)
Amazon Kindle B☆W


(アース・スターノベル)
Amazon Kindle B☆W


(アース・スターノベル)
Amazon Kindle B☆W


(アース・スターノベル)
Amazon Kindle B☆W


(アース・スターノベル)
Amazon Kindle B☆W


(富士見L文庫)
Amazon Kindle B☆W


(富士見L文庫)
Amazon Kindle B☆W


(富士見L文庫)
Amazon Kindle B☆W


(コロナ・コミックス)
Amazon Kindle B☆W


(コロナ・コミックス)
Amazon Kindle B☆W


1月14日

(GA文庫)
Amazon Kindle B☆W


(GA文庫)
Amazon Kindle B☆W


(GA文庫)
Amazon Kindle B☆W


(GA文庫)
Amazon Kindle B☆W


(GA文庫)
Amazon Kindle B☆W


(GA文庫)
Amazon Kindle B☆W


(GA文庫)
Amazon Kindle B☆W


(GA文庫)
Amazon Kindle B☆W


(GA文庫)
Amazon Kindle B☆W


(GA文庫)
Amazon Kindle B☆W


(GA文庫)
Amazon Kindle B☆W


(GAノベル)
Amazon Kindle B☆W


(GAノベル)
Amazon Kindle B☆W


(GAノベル)
Amazon Kindle B☆W

1月12日

(ゲッサン少年サンデーコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(ゲッサン少年サンデーコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(ビッグ コミックス)
Amazon Kindle B☆W


(アース・スター コミックス) Amazon Kindle B☆W


(アクションコミックス(月刊アクション))
Amazon Kindle B☆W


(アクションコミックス(月刊アクション))
Kindle B☆W


(アクションコミックス(月刊アクション))
Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W

1月10日

Amazon Kindle B☆W

1月8日

(BLADEコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(電撃文庫)
Amazon Kindle B☆W


(電撃文庫)
Amazon Kindle B☆W


(電撃文庫)
Amazon Kindle B☆W


(電撃文庫)
Amazon Kindle B☆W


(電撃文庫)
Amazon Kindle B☆W


(電撃文庫)
Amazon Kindle B☆W


(電撃文庫)
Amazon Kindle B☆W


(電撃文庫)
Amazon Kindle B☆W


(電撃文庫)
Amazon Kindle B☆W


(電撃文庫)
Amazon Kindle B☆W


(電撃文庫)
Amazon Kindle B☆W


(カドカワBOOKS
Amazon Kindle B☆W


(カドカワBOOKS)
Amazon Kindle B☆W


(カドカワBOOKS)
Amazon Kindle B☆W


(カドカワBOOKS)
Amazon Kindle B☆W


(カドカワBOOKS)
Amazon Kindle B☆W


(カドカワBOOKS)
Amazon Kindle B☆W


(カドカワBOOKS)
Amazon Kindle B☆W


(TOブックス)
Amazon Kindle B☆W


(TOブックス)
Amazon Kindle B☆W


(TOブックス)
Amazon Kindle B☆W


(TOブックス)
Amazon Kindle B☆W


(ドラゴンコミックスエイジ)
Amazon Kindle B☆W


(ドラゴンコミックスエイジ)
Amazon Kindle B☆W


(角川コミックス・エース)
Amazon Kindle B☆W


(角川コミックス・エース)
Amazon Kindle B☆W


(電撃コミックスNEXT)
Amazon Kindle B☆W


(角川コミックス)
Amazon Kindle B☆W

1月7日

(少年チャンピオン・コミックス)
Amazon Kindle B☆W


(マガジンポケット)
Amazon Kindle B☆W


(マガジンポケット)
Amazon Kindle B☆W


(マガジンポケット)
Amazon Kindle B☆W


(マガジンポケット)
Amazon Kindle B☆W


(good!アフタヌーン)
Amazon Kindle B☆W


(good!アフタヌーン)
Amazon Kindle B☆W


(good!アフタヌーン)
Amazon Kindle B☆W


(good!アフタヌーン)
Amazon Kindle B☆W


(シリウスKC)
Amazon Kindle B☆W


(シリウスKC)
Amazon Kindle B☆W


(シリウスKC)
Amazon Kindle B☆W


(シリウスKC)
Amazon Kindle B☆W


(マガジンポケット)
Amazon Kindle B☆W


(シリウスKC)
Amazon Kindle B☆W


(シリウスKC)
Amazon Kindle B☆W


(シリウスKC)
Amazon Kindle B☆W


(ガンガンコミックスUP!)
Amazon Kindle B☆W


(ガンガンコミックスUP!)
Amazon Kindle B☆W


(ガンガンコミックスUP!)
Amazon Kindle B☆W


(ガンガンコミックスUP!)
Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


(SQEXノベル)
Amazon Kindle B☆W


(SQEXノベル)
Amazon Kindle B☆W


(SQEXノベル)
Amazon Kindle B☆W

1月6日

(KCデラックス)
Amazon


(KCデラックス)
Amazon


(ヤンマガKCスペシャル)
Amazon Kindle B☆W

1月5日

(ヒーローズコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(ヒーローズコミックス)
Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Kindle B☆W

1月4日

(ジャンプコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(ジャンプコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(ジャンプコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(ジャンプコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(ジャンプコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(ジャンプコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(ジャンプコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(ジャンプコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(ジャンプコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(ジャンプコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(ジャンプコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(ジャンプコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(ヤングジャンプコミックス)
Amazon Kindle B☆W

12月28日

(GCノベルズ)
Amazon Kindle B☆W


(GCノベルズ)
Amazon Kindle B☆W


(GCノベルズ)
Amazon Kindle B☆W


(HJ文庫)
Amazon Kindle B☆W


(HJ文庫)
Amazon Kindle B☆W


(HJ文庫)
Amazon Kindle B☆W


(HJ文庫)
Amazon Kindle B☆W


(講談社ラノベ文庫)
Amazon Kindle B☆W


(講談社ラノベ文庫)
Amazon Kindle B☆W


(講談社ラノベ文庫)
Amazon Kindle B☆W


(一迅社ノベルス)
Amazon Kindle B☆W


(一迅社ノベルス)
Amazon Kindle B☆W


(角川コミックス・エース)
Amazon Kindle B☆W


(角川コミックス・エース)
Amazon Kindle B☆W


(ビッグ コミックス)
Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W

12月27日

(ヒーロー文庫)
Amazon Kindle B☆W


(YKコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(YKコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(B's-LOG COMICS)
Amazon Kindle B☆W

Categories
最新コメント

Archives
記事検索
タグ絞り込み検索