BLACKBLOODBROTHERS

BLACK BLOOD BROTHERS 11.賢者転生5   

BLACK BLOOD BROTHERS11  ―ブラック・ブラッド・ブラザーズ 賢者転生― (富士見ファンタジア文庫)

【BLACK BLOOD BROTHERS 11.賢者転生】 あざの耕平/草河遊也 富士見ファンタジア文庫

Amazon


終わった。終わってしまった。
その事実を前にして、湧き上がり押し寄せてくる様々な感情の波に、ただただ翻弄される。
しかし、意外なほど喪失感はない。寂しさもない。もうこれ以上この物語の世界に住まう眩しいばかりの魂の持主たちの姿を読めない、というのにだ。
あざの先生のエンターテイナーとしての手管は、その意味では物語を完結させるやり方においてさえ、読者に対して行き届いていると言っていいのかもしれない。たとえ物語が、ページ上に文字列として描かれる形においては終わりを迎えたとしても、この赤と黒の血が交わる世界が泡沫のように消えゆくのではなく、何一つ終わることなく、先へ、未来へ、次の世代へと引き継がれ、様々な物語が紡がれていくのだろうというヴィジョンを、刻みつけていってくれたのだから。
だから寂しさなど何処にもなく、想いを馳せることただそれだけで、再び彼ら彼女らが駆け抜けていった世界の姿を脳裏に垣間見ることができる。刻々と変わっていくであろう世界を想像できる。
それがただ、嬉しい。
終わってなお、物語が続いていくだろうことが嬉しい。

出会いあれば別れあり。
しかれども、別れた先で想った人が元気であり続けてくれるのなら、たとえ二度と逢うことがないのだとしても、別れは決して辛くはない。
つまりは、そういうことなのだろう。



赤い血、人間の。黒い血、吸血鬼の。
この物語では、様々な形の意志の継承。世代を経て受け継がれていく想いというものが描かれてきた。
賢者の血統、ジローに課せられた血の宿命、サユカに受け継がれたゼルマンの意志のような、血によって引き継がれていく、吸血鬼独特の在り方。
また、陣内の遺志をミミコが引き継ぎ、より大きく翼を広げていったような、人間の世代の引き継ぎ方。
どちらが是で、どちらが否というわけではない。そのそれぞれの在り様を、まるまる飲み込み、すべてを肯定するようにして結実していく未来の形。
それはさながら、新しい世界での人間と吸血鬼との新たな関係の誕生を祝福するかのようだった。
カーサや九龍の家族たちが、ワインに託した思いが。ジローとミミコの間にうまれたものが、まさにその象徴、この大きな戦いと世界の変革がもたらすであろう世界の未来の、希望の光の象徴だったのではないだろうか。
まったくすごい。ここまで見事な形で、常にこの物語の根底に流れていたテーマに解答を叩きつけてくれるとは。もう、痺れるような快感に震えるしかないではないか。
おめでとう。ありがとう。ここまで書きたかったであろうことのあまねく全てを余すことなく書き切ってやったぜ、ってなものを見せられては、読者冥利に尽きるというものである。ほんとに。まったく本当に。


しかし、ある種の痛快感、カタルシスにいささか欠けた点があったのは否めないなあ。もちろん、理由は明快にして明確である。
倒されるべき敵。憎むべき仇敵。世界に仇なす大敵であるところの九龍の血統。
あの連中が、あまりにも愉快で、優しくて、温かで、眩しいぐらいの絆と愛情によって結ばれた、とてもとても素敵な家族(ファミリー)であったからだ。
敵として扱うには。倒される相手として見るには、あまりにも最高なヤツラだったからだ。
決して強大な敵などではなく、むしろ抗いがたい世界のうねりに勇ましくも誇り高く、持てる力と知恵を振り絞って戦いを挑んできた弱者たちだったからだ。
その彼らが、一人一人、倒れていく姿に、どうカルタシスを感じることができるだろう。どんな痛快感が生まれるというのだろう。
だからと言って、九龍側にだけ一方的に感情移入していたわけでは無論無い。ミミコの、ジローの、ケインの、サユカの。カンパニーを含めた吸血鬼・人類連合サイドの感情移入度も、最高潮に達していたのだ。
勘弁してほしい。敵味方、どちらもこんなに好きなのに。全身全霊を賭して戦い、抗い、生きようとして、世界を作ろうとしている姿にこれほど心打たれているというのに、その双方が争い、戦う事が運命づけられているんだから。どちらかが倒れなければならないことが決まっているわけだから、辛かったなあ。苦しかったなあ。
かといって鬱になるわけじゃないんだ。恩讐を超えた先、というべきか。互いに憎み恨み負の感情を募らせて傷つけ合った時期は確かにあったと思うけど、この最終決戦には不思議とネガティブなところは感じられなかった。誰もかれもが、眩しかった。光り輝いていた。
相容れぬはずだった二つの陣営。だけれども、戦いは避けられなかったにしろ、互いには認め合い、通じ合う何かが生まれていたように見えて仕方ないのだ。カーサを前にしたケインのあのセリフ。ミミコとカーサの約束。そして、ジローとカーサの最後の戦い。
だから、カルタシスなど感じなかったのは確かだけど、それとはまったく別の、とても深い感慨と、どこか不可思議な爽快感を、この最終決戦から受け取った気がする。

だからこそか。少しばかり、いや大いにか、この九龍の血統を生みだした世界の脈動が憎らしい。
はぐれ者たちの寄る辺となったこの血統だけど、乱を好む性質、血を吸って血族を増やすという特性から、世界と相容れぬ性を持たせ、新たな世界を生み出すための生贄のようにして、従来の世界を壊させ、罪を犯させ、用が済んだら使い捨てるように排除させた、世界が恨めしい。
やつらは、本当に素敵な連中ばかりだったのに。囚われたコタロウが思いのほか九龍の家族たちに馴染んでいたように、
もしワインがミミコを噛んでいたとき、カーサの企みが成ってミミコが九龍の血に感染していたら、と思う事がある。きっと、笑っちゃうほど馴染んでいたんだろうなあ、なんて光景が思い浮かんでしまうのだ。カーサにからかわれながらも肝心な時にはお尻を叩いて喝を入れ、ザザなんかも頭があがらず、ダールからは可愛がられ、弟たちからは小うるさいちいお姉ちゃんとして、うるさがられ、慕われて、ちょっぴり恐れられ。みんなを引っ張り回し、引っかき回し、逆に引っかき回され、頭を抱えて怒鳴り散らす。
そんな光景が容易に思い浮かんで仕方がない。

元は孤児で家族を知らないミミコは、思いのほか九龍の家族たちと相性が良かったのかもしれない。
ミミコがもし、あちら側にいれば。結局、ダールやザザでは抑えられなかったカーサの激情を、カーサという個性を殺すことなく見事に制御できたんじゃないだろうか。
アリスにもジローにもケインにも結局埋めきれなかったカーサの心の虚。それはリズと出会い、九龍の血統という家族を得て、蓋がされたのだろう。彼女は十分、満足していった。
でも、本当に彼女の虚を埋められたのは、もしかしたらミミコだったように思えてならない。この作品の登場人物の中で、もっともミミコという人が必要だったのは、カーサだったような気がしてならない。
カーサとミミコが敵ではなく、家族だったら。そんな「if」に想いを馳せるのが、少し楽しい。

それからすると、ミミコがワインとした約束は、実のところかなり惹かれるものがあるんですよね。
ミミコが本気になってワインを立てるようなことになったら。どこか、心躍るものがないだろうか。胸沸き立つものがないだろうか。
きっと、今回の一件が比肩にならないほどの大混乱が世界を満たすことになるに違いない。一つのテロリズムに過ぎなかった九龍の抵抗は、まったく形を変えた世界を変革する激動になるのがまぶたの裏に浮かんでくる。
そして、その中核にいる新たな家族たちは、きっとかつてのそれに勝るとも劣らない、素敵で愉快な面々であるに違いないのだ。


あとがきで作者が囁いていた、この世界のその後の物語にも相当心躍ったものだけど、ほんとに、終わったにもかかわらずこの作品には想像がつきることない可能性が詰め込まれていて、少し想いを馳せるだけで一気にそれらがあふれだしてくる。
まったく、楽しくて仕方無い。もう終わってしまったと言うのに、楽しくて仕方がないよ。


あと、少しだけ個人にも触れる。

カーサは、結局もう一人の主人公として、見事に走り切ったなあ。
この人は、結局最初から最後まで、どんな立場に立っていても、みんなのお姉ちゃんだったな。アリスたちと一緒にいたときも、九龍の血統になったあとも。みんなの頼りになるお姉ちゃんにして、みんなが守り支え助けてあげないと、と思ってしまうお姉ちゃん。
結局、彼女をよく知る人たちは、みんなカーサが大好きだったんだよね。罪作りな人だよ、カーサは。自分がこんなにも愛されているということを、彼女は頭では知っていたとしても胸の部分で分かっていなかったところがあったんだろうなあ。
もしかしたら、それを思い知ったのが、ケインが目の前に現れたあの時だったんじゃないだろうか。あの激しすぎる動揺は、ケインの想いに打たれたものは当然としても、それ以上に自分がどれほど想われ、大切にされ、愛されていたかを、本当の意味で思い知ったからなんじゃないだろうか、なんてことを思ったり。頭ではわかっていた、みんなが自分を愛していてくれた、という事実に、あの瞬間、実が籠り、色が生まれ、匂いや質感が生じ、本当に確かなモノとして感じとることが出来たんじゃないだろうか。
ただの、想像だけどね。
でも、だから。カーサはさいごまで幸せだったんじゃないだろうか。
そう、思うことにする。


通してカッコ良かったのは、間違いなくサユカさんだよなあ。この人はもう、あらゆる意味で化けた。もう惚れた。彼女に関して書いてたら、それこそ尽きることがないので、もうやめとく。やめとこう。
いやもう、最高にかっこよかったよ。

他にも書きたい人はいくらでも。それこそ、いくら書いても足りないくらいに。
だから、このへんにしておこう。



史上に残る大作にして、傑作でした。
終わることを惜しみつつ、また新たな先生の作品が読めることを喜んで。

BLACK BLOOD BROTHERS 10.銀刀出陣5   

BLACK BLOOD BROTHERS10  ―ブラック・ブラッド・ブラザーズ 銀刀出陣― (富士見ファンタジア文庫)

【BLACK BLOOD BROTHERS 10.銀刀出陣】 あざの耕平/草河遊也 富士見ファンタジア文庫

Amazon



カーサがワインに語る香港聖戦前夜。どうしてアンヌがカーサを誇り高き子と讃えて死んでいったのか、九龍の血統がどうして生まれたのか。どうして、カーサが裏切ったのか。その真相が語られる過去語り。
うん、なんでアンヌがカーサにあんなことを言って死んでいったのか、今ならその哀しみも誇らしげに思う気持ちもよくわかる。
もし、彼女がこの世にただ一人の孤独な混血児のままだったら、逆にカーサは九龍の血統にならなかったのだろうと思う。そうなると九龍の血統自体が生まれることがなかったのかな。
彼女が自分のような混血児の扱いを象徴とする世の歪み、世の矛盾と戦う事を選んだのは、自分を守るためじゃなく、自分じゃない誰かを守るためだったわけだ。
人間たちの世界が激動の変化を迎える近世。皮肉にも、ジローがアリスと契りを結び、カーサやケヴィンたちとともに歩んだこの百年こそがもっとも世界が激しく動いた百年であり、その激変に対して夜の世界はついていけず停滞し、淀み凝り煮詰まりつつあったと、ウォーカーマンは語った。
昼と夜は乖離を続け、おそらく両者の関係の破綻は時間の問題だったのかもしれない。
世界は変革を求めていた。そして、吸血鬼の始祖とは、世界が求めるからこそ生まれる存在なのだという。
今ある世界と戦う意思。自分を苦しめたものを自分ひとりに留めるために、初めて得てしまった家族を守るために、世界に抗う意思を得たカーサと運命が邂逅した瞬間、九龍の血統は生まれてしまったわけだ。

その結果、香港聖戦が起こり、世に吸血鬼の存在が知れ渡り、そして十年を経て特区インパクトが起こることになる。

確かに世界は変わりつつある。停滞は消し飛び、人間と吸血鬼の関係は劇的ともいうべき変化を迎えつつある。
九龍の血統は、世が求めた役割を見事に果たしたのだろう。
でも、変わりつつあるその世界の中に、はたして九龍の血統の居場所はあるのだろうか。
自分の存在の拠り所なく、寄る辺なく、孤独に飢え、常に家族を求めていたものたち。自らを家族と称し、自らの居場所を探し続けるものたち。
混血の名のもとに、すべてを飲み込み、孤独を隔てる壁を取り払おうとするものたち。
皮肉なことに、彼らが求めたゆえに訪れつつある変化した世界は、彼らを敵対者として、存在を許されぬ害悪とて、根絶すべき病根として滅ぼし消し去ろうとしている。
用済みだから消されるのか? 九龍の血統はただ触媒として用意されただけの使い捨ての駒に過ぎなかったのか?
彼らは乱を求め、戦うことで腐った不平等の平和を打破し、自らの居場所を勝ち取ろうとしている。でも、その果てに彼らの求める安息の地はあるのだろうか。
黒蛇が与えた禁断の果実によって、楽園を追われたアダムとイヴ。
求める未来に楽園は在るのか。それとも、今家族で集うこの現在こそが楽園なのか。それとも、おのおのが決別し捨て去った過去こそが楽園だったのか。
黒蛇カーサ。彼女が求める真の楽園はどこにあるのだろう。

彼女がひたすら見つめ続けた視線の先にいた男。望月ジロー。
彼女が決別の前にジローと語らった一夜の出来事。そこでどんな会話がかわされ、どんな想いが交錯したのかは夜の闇に沈んだまま、各々の心の奥に大切に仕舞われたまま、明らかにされることはないのだろうけれど。
ただ、彼女の秘められた想いは、思っていたような偏執的な歪んだものとはかけ離れた、とても尊く誠実で、他人が口出ししていいようなものではない、神聖なものなのだと、今は思う。とても、哀しいことだけど。


世界が動いている。
特区を占拠する九龍の血統をせん滅するため、昼の世界と夜の世界が手を結び、圧倒的なまでに燃え広がる炎のように、戦いの機運は盛り上がっていく。

でも、ずっと違和感があったのだ。
世界各地から、鳴りを潜めていた多くの血統から絶大な力を秘めた吸血鬼たちが集い、人間たちの組織力がそれをバックアップする。
戦いは、間違いなくミミコたちの勝利に終わるだろう。
でも、この流れに、ずっと違和感があったのだ。

まるで、弱者と自らを謳う九龍の血統を、生贄のように圧倒的なうねりの中に押し流そうというこの流れが。

特区インパクトからミミコがメイデンと呼ばれ、息をのむような怒涛の流れで生まれ変わっていく世界の姿に打ち震え、感動に胸を高鳴らせていた身でこういうことを言うのは矛盾かもしれないけれど。

お前たちは、違うだろう、と。思ったのだ。

この戦いの決着をつけるのは、こんな世界の流れなんかであるべきじゃない。戦いの帰趨を、よそから送り込まれてきた血統の派遣軍なんかにゆだねていいわけがない。
因縁も、愛憎も、そこにはなにもないじゃないか。
そう、よそ者だ。所詮は部外者なのだ。彼奴らは、九龍の血統の連中のことなんか何も知らない。彼らとミミコたちが、どういう想いを交錯させ、戦ってきたかを、知る由もない。
もちろん、尾根崎たちの尽力や、各血統たちの変革への決意を否定するわけじゃない。実際に特区の中で戦うレジスタンスたちの現状を無視するわけじゃない。
彼らはとても正しい。やるべきことを、限界を超えた力をもってやり遂げようとしているその姿は、眩しく誇らしく、素晴らしいものだ。

でも、違うと思ったのだ。こんな形で、この動乱を治めることは違うのだと。

まったく、ぐうの音も出ない。
びっくりするくらいにあざのさんは、この違和感を明確に読んでるこっちに突きつけ、そして打ち破ってくれやがった。

そう、この戦いの決着は、世界の流れなんかじゃなく、彼らの手にゆだねられるべきなのだ。

最終巻は、続けて来月に送り込まれてくる。
願わくば、一人のダンピールの少女に明るい未来を与えんことを。
それこそが、きっとすべての人の救いへとつながるはずだから。

万感の思いを胸に、五月を待つ。

BLACK BLOOD BROTHERS 9.黒蛇接近5   

BLACK BLOOD BROTHERS9  ―ブラック・ブラッド・ブラザーズ 黒蛇接近― (富士見ファンタジア文庫 96-15)

【BLACK BLOOD BROTHERS 9.黒蛇接近】 あざの耕平/草河遊也 富士見ファンタジア文庫


ミミコの発した願いは、波紋となって世界に広がり、そして今、津波となって帰ってくる。
読む前から最高傑作と分かり切っていて、それでも読んだらやっぱり最高傑作で、これはもう悦楽に死すってな感じでありンス。
そう、これぞ歴史の転換点。夜の世界をも揺り動かした激動の二十世紀を経て、今まさに新たな世界が訪れる。
今回はルイのおっちゃんの晴れ舞台ってな感じで、一本通して大活躍でした。いや、特に体を動かしたわけじゃなくって会議でふんぞり返ってるだけだったんですけど、その存在感、聡明さ、稚気に老獪さ、すべてが古老に相応しい大きさで、同時にどこかしら以前よりも若々しい覇気があって、なんだか眩しかったなあ。ライバルともいえるドイツの古血を失った後の短編での彼は、なんだか意気消沈、溌剌としたものを失ってしまったような感じだったので、今回の覇気と威厳あふれる姿にはなんだか嬉しく思ってしまう。別に、特に好きなキャラってわけじゃなかったんだけど、ミミコへの惚れこみっぷりといい、昔、オルレアンの聖女のもとにはせ参じたことがあったという過去といい、けっこうやんちゃな人だったんですわねww
特区では、サユカさんが色々な意味で成長(苦笑
いやいや、もうね、そっち関係思いっきり初心でド素人のくせに、変に真似するからそんなことになるんですよ。中身がまったく伴っていないだけに、完全に自業自得。ハッキリ言って打開策はありません。この、土壇場で暴走するのって、サユカもミミコと似た者同士なところあるよなあ(笑
と、キャラ立ての方はともかくとして、戦闘能力の方はゼルマンの血の導きと、謎の(笑)ぬいぐるみの的確な指導で、転化したてとは思えない、まさに闘将アスラの血族に相応しい実力を急速に蓄えていくサユカ。こりゃ、ミミコ側でもケインと並ぶ実力者として立つことになるんじゃなかろうか。もともと人間で、ミミコとは短い付き合いながらも親友とも呼べる深い付き合いを交わした間柄。頼もしいったらありゃしない。

ミミコはミミコで、立ち場と状況からかつての彼女とは別人のように振る舞い、周囲の人々と同じようにその殉教者のような姿勢には不安にさせられたものの、やっぱり根本的なところではまったく変わってないミミコそのものの姿が、後々観れることになって、なんかもうめちゃくちゃ安心した。でも、こんな時に傍にいないジローさんは万死に値すると思います。そうだ、自分のふがいなさに泣け、泣いて自戒しろ。ジローさんは、結局情けないくらいで丁度いいのですww
でも、その彼も最後にはやらかしてくれるんですけどね。もう、最高でした。これはまさに、あの場では彼にしかできない<調停>。古き血族たちの凝り固まった心を、一瞬にして打ち抜き吹き払った想いの力。
欧州だけでない、まさに世界中の吸血鬼たちを突き動かし、月下と真昼の世界を繋げることになる大会議の模様。
もう、大興奮。大高揚。素晴らしかった。最高でした。
そして、ミミコが見る、受け取る、吸血鬼たちの答え。

泣きそう。

カーサと、モーガンの魔女の血統の三姉妹の因縁。図らずも直接の対決となった彼女らの因縁は、想像以上に複雑で、当人たちにとっても消化し難いものだったんだなあ。
アンヌは、果たして本当はカーサのことをどう思っていたんだろう。決して、カーサが思い込んでいたようなものではなかったんだろうけど、でも決してうまい接し方ではなかったのも確か。カーサが長らくどれだけ苦しみ、心を傷つけてきたかはわからないはずないだろうに。お互いに、理解が足らないことを承知しながら、歩み寄れなかったのは悲劇だ。
ただ、カーサが裏切り、九龍の血統が香港聖戦を引き起こしたのは、なんらかの理由があったらしいことが、二人の断片的な会話、そしてワインへのラストのアダムの告白からも明らかに。
ワインの件には虚を突かれたけど、そうだよなあ。良く考えたらおかしいと思える要因は山ほどあったといえる。
真相を悟ったアンヌが、カーサを哀しく、誇り高い子と讃えたからには、本当に何かどうしようもない理由があったということか。

九龍の血統がどうなるかは、わからないんだけど、彼らも決して悪というわけじゃないんですよね。九兄弟はみんな個々を見るならむしろイイ連中ばかりで、だからこそただ滅ぼされるだけでは済まないなにかを秘めている。
ミミコが抱く理想に、九龍の血統という存在はどんな居場所を得るのか。
残り僅かとなった赤き血と黒き血の物語。ただただひたすらに楽しみでしかない。心がときめき、高なり、弾けそうである。

ああ、尾根崎社長の格好よさはストップ高。大丈夫だ、あんた、陣内の代わりに十分ミミコの保護者役を果たしてるよ!

BLACK BLOOD BROTHERS S 5―ブラック・ブラッド・ブラザーズ短編集 (5)  

BLACK BLOOD BROTHERS S 5―ブラック・ブラッド・ブラザーズ短編集 (5) (富士見ファンタジア文庫 96-14)

【BLACK BLOOD BROTHERS S 5―ブラック・ブラッド・ブラザーズ短編集 (5)】 あざの耕平/草河遊也 富士見ファンタジア文庫


うははは、調停屋っつーか、もはやなんでも屋になってるじゃないですか、ミミコさん(笑
このままいくと、街の顔役になりそうな流れなんですが。
特区の中でも特に居場所のない吸血鬼や人間が流れ着いて街をなしている第二地区。短編集がどれだけ続くか分からないですけど、この雑然とした街を舞台とした話はいろいろとやってほしいなあ。吸血鬼と人間が共存しているという特殊な場所である特区ですけど、表向き吸血鬼はその存在を隠しているわけで、ここに暮らしている人間の多くは吸血鬼がすぐ近くに住んでいることなんて知りもしない。ところが、この第二地区では吸血鬼も人間もお互いその正体を承知しながら、お互い生きることに忙しくていちいち種族の違いなんか気にしていない、というある意味特区の中でも特別な共存の形態を示してしまっている地域なわけです。
これまでのミミコの属するカンパニーが行う調停っていったら、吸血鬼の血族間のトラブルの仲裁や、吸血鬼の存在を人間から隠蔽することがメインだったわけですけど、この第二地区だと今までになかったトラブルが降って湧いてきそうじゃないですか。それこそ、これまでみたいに人間の目から隠れてじゃなく、おおっぴらに街の真ん中を、街の人間や吸血鬼に声かけられながら、ミミコやジロー、コタローたちが駆け回るような馬鹿騒ぎが。
カンパニーを離れ、一介の調停屋としての道を歩みだしたミミコたちが活躍する舞台としては、理想の街であり、将来ミミコが目指すであろう吸血鬼と人間の共存の在り方の原型として、ミミコの忘れられない故郷となりそうな街だと思うんですよね。
短編が続くなら、もっとこの街を土台にした話を広げてほしいなあ、と期待するところ。

一番素晴らしかったのは、やはり最後に掲載された中編【月と太陽のモンタージュ】でしょうか。
第二次大戦後から香港聖戦へと至る半世紀。その五十年余にわたる時代の流れを、さまざまな吸血鬼のその時の姿を通して送るこの中編。
ストーリーらしきものはないんですけど、とにかく時代のうねりや胎動といったものをひしひしと感じる話でした。
悠久の流れに身を任す吸血鬼にとっても、この半世紀がどれほど劇的で大きな変化を伴うものだったのか。それまで雄大に流れていたものが、激流と化し、時間という枠の外から時代を睥睨しているようだった吸血鬼という存在ですら容赦なく飲み込み、やがてくる吸血鬼と人間の関係を一変させる転換点、香港聖戦という一点へと押し流していくような巨大な奔流。
そして、その先、葛城ミミコという存在が生み出すであろう吸血鬼と人間の新たなる世界、大いなる海へと繋がるであろう時代の流れを垣間見るような、なんかスペクタクルな話でしたねー。
なんかこう、歴史を感じさせる話って好きなんですわ。しかも、それが今現在の歴史の転換点へと流れ込んでいくようなうねりを感じさせる話ならなおさら。

しかし、かの革命家をゼルマンと共演させたのは、やっぱり作者の趣味ですかねえ(笑
いや、彼の理想と足跡を顧みれば、それはどこかこの物語の進むべき道と交わる部分もあるわけで、これはオマケじゃなくある種の明確なメッセージなのかもしれませんねえ。
そして、彼女の出演。この手の邂逅は、胸を突くような哀惜を伴うものだったはずなのですけど、あざのさんはすごく優しく労わるようなエピソードに整えてくれたなあ。

って、あとがき見たら、短編集は次がラストって書いてあるじゃん。
おーい(苦笑

BLACK BLOOD BROTHERS 8 宣戦恋歌  

BLACK BLOOD BROTHERS 8 (8) (富士見ファンタジア文庫 96-13)

【BLACK BLOOD BROTHERS 8.宣戦恋歌】 あざの耕平/草河遊也 富士見ファンタジア文庫


表紙の背景は、やっぱりシンガポールのどっかなんだろうか。あとがき読むとあざのさんは現地まで取材旅行行ったみたいだけど。
シンガポールというと、どうしても港湾都市、マーライオン、高層ビル群、というイメージなので、こうした明るい壁色の低層建造物が並んだアベニュー、という感じの街並みはちょっと意外だったり。
ちょい昔の香港みたいな近代都市と雑然を通り越した混沌とした街並みが並存している街、というイメージだった特区とは、どちらにしてもかけ離れてるので、ミミコ外国の街を往く、みたいな雰囲気はとっても出てて、物語は特区を離れたんだなあ、という感慨は湧いてきたんですが。
ミミコの表情もいいですよね。なんか、初めての街を歩いてる、という雰囲気出てる。

さて、本編ですけど。
なにはともあれ、尾根崎会長の親バカっぷりにまず目が行く私は異端でしょうか(笑
なんですか、あの初めて娘ができたパパ、みたいなミミコへの溺愛ップリは。しかも、扱い方がよくわかってなくて、過保護にしすぎて逆にダメージ与えてるあたり、もう典型的というか自重しましょう、というか(苦笑
あんなにも気を遣って、ミミコに対して守ってやらなければという姿勢を見せているのは、彼女に事態を打開するための切り札や、新生カンパニーの象徴、有能な部下という姿以上に、亡き陣内の忘れ形見という思いを抱いてるんでしょうかね、尾根崎会長は。
ミミコの事実上の父親代わりだった男。尾根崎にとっては敵意ならずとも複雑な感情を抱かざるを得なかったあまりにも大きくて、劣等感を抱かせる、だが悔しくも尊敬を抱かざるを得なかった部下。
その死に、尾根崎が責任を感じるいわれはないはずだけど、それでも彼はあくまで部下であり、他の人はそうは思わないはずだが尾根崎にとっては自分などより生き残るべきだったと考えてしまうような、負い目もあったのかもしれない。
その男が手塩にかけて育てた娘。心ならずも生き残り、絶望的な状況から復仇を果たさなければならない自分に残してくれた最高の人材。
いや、逆に自分こそが彼女のために生き残ったのかもしれない、と考えることもあったかもしれない。
陣内の代わりに、という気負いが漲ってても、それは当然かもしれないけど。
漲り過ぎて、上司というより保護者みたいになってます、会長(w
陣内があくまで、厳しい上司という姿勢を崩さなかったのに比べて、尾根崎さんってば、全力で守ってやんぜ! という気合いが見えまくってるのがなんともはや(笑
まあ、そこらへんが突然娘ができてどうしたらいいのかわからないものの、とにかく張り切ってしまってやっぱり扱いに失敗してしまってるお父さんみたい、という風に見えて仕方がないんですよねえ(笑

ただでさえ、親しい人を喪い、別れ、特区を追い出されて大変な時に、突然今までの自分からすれば信じられないくらいの立場、責任という重荷を背負わせれ、いっぱいいっぱいだったミミコ。
サマンサ教授がいなけりゃ、完全に潰されてましたね。そのへんの、身の安全ばかりに気が行って、年頃の女の子の内面の浮沈にうまく気が回らなかったのは、神父や会長も忙しかったから、というより男親の気の回らなさなんじゃないだろうか、やっぱりw
そういえば、サマンサみたいな年上の女性って、ミミコの周りにはいなかったですよね。孤児だったミミコにとって、親代わりと呼べるのは陣内だけだったし、母親代わりになってくれるような人はいなかったはず。
その意味では、この出会いはミミコにとって、望月兄弟との出会いにも匹敵する大きな出会いだったんじゃないだろうか。

サマンサ教授の語る、血によって繋がる吸血鬼と、繋がれない人間の違い。
これは素晴らしかった。今まで霧が立ち込めていたものが、パァーーっと一気に視界が開けたような感覚。
アリスとジローの関係に、どうやっても割って入れるような要素が雫の一抹も見当たらなかったミミコ。内心、諦めつつも鬱々とした気分を抱えてたんだろうけど、サマンサの励ましは彼女の中の陰りを一気に吹き飛ばしてくれたような気がする。
そりゃ、三人が再会したときやたらとテンション高いのもわかるわー。

と、同時に吸血鬼の血族となることがどういう意味なのか、これまで漠然とだった理解がすっきり心身になじんだような気がする。
 ゼルマンの死に直面したサヤカが、今後どういった道を辿るのか正直心配だったのだけど、サマンサの話と特区をさまよっていた彼女が戦いの中で得た実感、それが彼女の今後を明るく照らしてくれた気がします。
そして、彼女と行動を共にすることになったバウワウ大公。ほんと、何してるんですか、貴方は(笑

奪われた特区を取り返すための戦い。それは、きっと世界中を物理的にも概念的にも巻き込む、人々の価値観を揺るがそうという戦いになるのでしょう。

「Are you known?」

世界に発信される、ミミコの言葉、ミミコの想い。
ここから連なる一連のシーンに、実感しました。きっと、この物語は単純に特区を占領する九龍の血族を倒して排除して終わり、という形にはならないでしょう。それでは今までと何も変わらない。
香港聖戦の結末と何も変わらない。
聖戦を戦い抜いた陣内たちは、特区という人間と吸血鬼が共存する街を世界に生み出しました。ならば、次の戦いをくぐり抜けた先には、いったい何が待ち受けているのでしょう。

今から、その先に描かれているだろう世界の情景が待ち遠しくてなりません。

BLACK BLOOD BROTHERS S 4  

BLACK BLOOD BROTHERS S 4―ブラック・ブラッド・ブラザーズ短編集 (4) (富士見ファンタジア文庫 96-12)
【BLACK BLOOD BROTHERS S 4】 あざの耕平/草河遊也 富士見ファンタジア文庫


今回はもう徹頭徹尾……

みみこーーーーっ orz

これが噂のクイーンM編か。まさかこういう話だったとは。
カンパニーを見事にクビになり、無職となってしまったミミコさん。もうこの時点で充分人生崖っぷちなのですけど、この娘の凄いところは

その崖っぷちからあっさり足を踏み外してさらに下に下へと転げ落ちていく、その転落人生の底なしっぷり!!

なのに同情できないのが、それが不運だけではなくかなり自業自得な側面があるせいでしょうか。ヴァイタリティが売るほどあるくせに、なかなか発動しなかったり、発動したらしたでその発揮の方向性がマイナスだったり、悪逆道へまっしぐらだったり、人間としてあまりにせこかったり、と。まるで人間のクズじゃないか(笑
迷惑な娘だなあw
この人間としての最底辺の時代こそが、後のミミコを形作る貴重な経験となったのだろうけど……反面教師にしましょうね、いやマジで。

意外であり納得だったのが、この時期にかなりサユカと深い親交結んでたのね。正直、これまでの本編だけの関係じゃ、ミミコとの繋がりがまだいささか弱いんじゃないかなあと思ってたんですけど。
ジローたちとはまた違う意味での相棒にして、対等の親友である彼女。本編でサユカが選んだ道はあまりに酷なものでしたけど、ミミコにとっては得難い味方になってくれそうですね、こりゃ。

過去編は、とうとう本編開始当初への状況へと至る端緒を垣間見たような話で。
しかし、ジローはアリスアリスと彼女一人に傾倒しているように見せて、案外カーサの方にも気持ちのリソースを振り分けてるんですよね。あくまで親愛なのですけど、物理的にはアリスの方がよっぽど危なっかしいわけですけど、カーサの方は精神的に危うい面があるせいか、心配とか気遣いという意味ではアリスよりもカーサの方に心を砕いているようにも思えるわけで。でも、ジローの鈍さはそういう繊細かつ慎重な手管が必要なものを無造作かつ無意識にやってしまうところで。
カーサがジローのことをメチャクチャ可愛がりつつ憎ったらしく思うのも仕方ないですわなあ。

BLACK BLOOD BROTHERS 7.王牙再臨5   

BLACK BLOOD BROTHERS 7 (7)
【BLACK BLOOD BROTHERS 7.王牙再臨】 あざの耕平/草河遊也 富士見ファンタジア文庫
Amazon Bk1


……絶句

これに言葉は必要か?


困った。どうしよう。読み終わったあと、立ち上がってわけもわからないまま部屋の中を歩き回っている自分がいた。
行き場のない衝動。
まごうことなき、活劇小説の最高峰。
もう最初から最後までクライマックス。猛りっぱなし興奮しっぱなし泣きっぱなし。
すげえよ、すごすぎるよ。とんでもなさすぎるよ。ありえないよ。ふざけるなよ。
ついに特区へと攻め寄せてきた九龍の血統との全面闘争。崩壊していく人間と吸血鬼の楽園。
熱い。熱い。敵が熱い。味方が熱い。熱死しろというのか、こんちくしょう!
あざの耕平作品の恐るべき点の一つは、たとえ敵方と味方側を俯瞰する読者視点を完全に入れ替えて、つまり敵方を主人公側として描いても恐らく殆ど遜色なく一つの傑作として成り立つであろうところだと、今回改めて認識した。それぐらいに、カーサをはじめとした九龍の血統の面々のキャラクターの掘り下げは深く、彼らの絆は熱く強靭で複雑だ。
カーサ、ザザ、ラウ、ナブロ、ダール、ワイン。ヤフリー。ハンス。マーヴェリック。彼ら九龍の血統(クーロンチャイルド)九姉弟は強大にして凶悪な吸血鬼の一党だが、決して無敵ではない。彼らの王が眠る墓所、特区には東の龍王という絶対的な敵がおり、特区自体にも龍王セイのはりめぐらした結界が敷いてある。むしろ劣勢は攻める側の九龍の血統の方とも言えるのだ。
だが彼らは悪辣なまでの智謀と姦計を駆使して、特区へと敢然と攻め込んでくる。
視点を変えてみてみれば、彼らの戦い振りはまったく見事としか言いようが無い。勇知を従えたいささかも卑下するところのない、気持ちの良いほど素晴らしい闘争だ。

だがしかし、それは特区からみれば悪夢でしかない。
次々に打ち倒される味方。崩壊していく平和と日常。絶望は津波となって押し寄せる。それを押し返し、逆に追い詰め、だが逆転され、再度盛り返す。
呼吸すらも忘れてしまうほど熱い熱い、戦い。戦うものたちの覚悟と意思。

あまりにも、あまりにも大きな犠牲の数々。信じられない人たちの退場劇。喪われたものの大きさは、あまりにもあまりにも大きすぎて、読んでる此方まで茫然自失となってしまった。
第二部の完結は、特区側の完全な敗北をもって終わる。敗北だ。負けだ。彼らは追い散らされ、背を見せて逃げるしかなかった。楽園を、新たな故郷を、自分達のホームを捨てて、彼らは逃げ出すしかなかった。

だが、刮目せよ。

逆襲がはじまるぞ!

あざの耕平の真骨頂はまさにここから。ここからなのだ。
地獄の底から、絶望の淵から、奈落の下から。かすかな希望をその手に握り、彼らは這い上がってくるのだ。泥だらけになって、血だらけになって、それでも諦めず、歯を食いしばって。
はじめるのだ。
逆襲を。
希望は失われていない。
去っていった人々は、だが後に引き継ぐものを遺して行った。想いを、力を、希望を、世界を。
彼らは、もう一度戦いを挑むのだ。我が家を、取り戻すために。

第三部が、気が狂うほど待ち遠しい。




しかし、今回は本当に放心状態にさせられた。
まったく思い掛けない人物の舞台からの退場。全然想像していなかっただけに、ダメージ大きいよ。この反響は物凄いと思う。
しかし、少なくとも片割れに関してはしっかり引き継ぐ人がいてくれたことに、感慨と感動を抑えられない。
自分としては残念だったのが、新キャラのジャネットのビジュアルがなかったことかなあ。赤い牙の隊長という凛々しい物腰と同時に、ケインに憧れ思慕してる少女らしい側面。そして壊滅的な被害にも屈せず毅然と破滅に立ち向かうカンパニーへ惹かれ傾倒していく姿は読者である自分の感情と完全にシンクロしていて、もうなんか今回が初登場にも関わらず、一気に魅力爆発してた上にただでさえ少ないところに壊滅的な戦力ダウンを見せた特区側の貴重な仲間になってくれそうな人だというのに。
イラストがないんだもんなあ(悶絶
いや、次回以降必ずあるに違いない。間違いない。

今回は本当に喪われたものが大きかったんだけれど、その代わりにこのジャネット嬢を含め、新たな戦力として加わりそうな面々も増えている。
足りないと嘆かれていた手駒は、ひそかに整いつつあるのかもしれない。
次に攻めるのは此方からだ、というわけだ。くわあああああ、燃える。燃え滾る。
焼死しそうだ。マジで。早く、次を出してくれぇ。
次はミミコが首になった後の短編集だろうけど。
 

6月7日

泉光
(アフタヌーンKC)
Amazon Kindle B☆W


川合円
(アフタヌーンKC)
Amazon Kindle B☆W


松本トモキ/LOSA
(ガンガンコミックスUP!)
Amazon Kindle B☆W


星崎崑/AOIKO
(ガンガンコミックスUP!)
Amazon Kindle B☆W


佐賀崎しげる
(SQEXノベル)
Amazon Kindle B☆W


十夜
(SQEXノベル)
Amazon Kindle B☆W


葉月秋水
(SQEXノベル)
Amazon Kindle B☆W


五月ゆき
(SQEXノベル)
Amazon Kindle B☆W

6月6日

智弘カイ/カズタカ
(KCデラックス)
Amazon Kindle B☆W


鹿成トクサク/無敵ソーダ
(ヤンマガKCスペシャル)
Amazon Kindle B☆W


山田恵庸
(ヤンマガKCスペシャル)
Amazon Kindle B☆W


岡本倫
(ヤンマガKCスペシャル)
Amazon Kindle B☆W


藤本ケンシ/井出圭亮
(ヤンマガKCスペシャル)
Amazon Kindle B☆W


永椎晃平
(ヤンマガKCスペシャル)
Amazon Kindle B☆W


渡嘉敷拓馬
(ヤンマガKCスペシャル)
Amazon Kindle B☆W


岡本健太郎/さがら梨々
(ヤンマガKCスペシャル)
Amazon Kindle B☆W

6月5日

八華
(ドラゴンノベルス)
Amazon Kindle B☆W


渡 琉兎
(ドラゴンノベルス)
Amazon Kindle B☆W


サンボン
(ドラゴンノベルス)
Amazon Kindle B☆W


iNA/Yuna
(フロース コミック)
Amazon Kindle B☆W


Whale/Milcha
(フロース コミック)
Amazon Kindle B☆W


上山道郎
(YKコミックス)
Amazon Kindle B☆W


Kindle B☆W

6月2日

末永裕樹/馬上鷹将
(ジャンプコミックス)
Amazon Kindle B☆W


タイザン5
(ジャンプコミックス
Amazon Kindle B☆W


タカヒロ/竹村洋平
(ジャンプコミックス)
Amazon Kindle B☆W


鈴木小波
(ジャンプコミックス)
Amazon Kindle B☆W


有馬あるま/フカヤマますく
(ジャンプコミックス)
Amazon Kindle B☆W


矢吹健太朗
(ジャンプコミックス)
Amazon Kindle B☆W


日丸屋秀和/佐倉ケンイチ
(ジャンプコミックス)
Amazon Kindle B☆W


日丸屋秀和
(ジャンプコミックス)
Amazon Kindle B☆W


日高十三男
(ジャンプコミックス)
Amazon Kindle B☆W


江ノ島だいすけ
(ジャンプコミックス)
Amazon Kindle B☆W


堀越耕平
(ジャンプコミックス)
Amazon Kindle B☆W


鈴木祐斗
(ジャンプコミックス)
Amazon Kindle B☆W


渡辺シンペイ
(ジャンプコミックス)
Amazon Kindle B☆W


仲間只一
(ジャンプコミックス)
Amazon Kindle B☆W


篠原健太
(ジャンプコミックス)
Amazon Kindle B☆W


松井優征
(ジャンプコミックス)
Amazon Kindle B☆W


きただりょうま
(ジャンプコミックス)
Amazon Kindle B☆W


ONE/村田雄介
(ジャンプコミックス)
Amazon Kindle B☆W


ソウイチロウ
(ジャンプコミックス)
Amazon Kindle B☆W


日月ネコ/渡辺恒彦
(角川コミックス・エース)
Amazon Kindle B☆W


結城光流/空倉シキジ
(角川コミックス・エース)
Amazon Kindle B☆W


長岡太一
(角川コミックス・エース)
Amazon Kindle B☆W


鹿島初
(角川コミックス・エース)
Amazon Kindle B☆W


航島カズト/タンサン
(PASH!コミックス)
Amazon Kindle B☆W


滝沢リネン/くまなの
(PASH!コミックス)
Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


冬瀬
(一迅社ノベルス)
Amazon Kindle B☆W


灰島 シゲル
(Kラノベブックス)
Amazon Kindle B☆W


あざね
(Kラノベブックス)
Amazon Kindle B☆W


トルトネン
(Kラノベブックス)
Amazon Kindle B☆W


shiryu
(Kラノベブックスf)
Amazon Kindle B☆W


水仙 あきら
(Kラノベブックスf)
Amazon Kindle B☆W


嶋野 夕陽
(PASH!ブックス)
Amazon Kindle B☆W


タンサン
(PASH!ブックス)
Amazon Kindle B☆W


月夜乃 古狸
(PASH!ブックス)
Amazon Kindle B☆W

6月1日

たかた
(角川スニーカー文庫)
Amazon Kindle B☆W


明治 サブ
(角川スニーカー文庫)
Amazon Kindle B☆W


慶野 由志
(角川スニーカー文庫)
Amazon Kindle B☆W


黒雪 ゆきは
(角川スニーカー文庫)
Amazon Kindle B☆W


望 公太
(角川スニーカー文庫)
Amazon Kindle B☆W


脇岡こなつ
(角川スニーカー文庫)
Amazon Kindle B☆W


心音 ゆるり
(角川スニーカー文庫)
Amazon Kindle B☆W


桜木桜
(角川スニーカー文庫)
Amazon Kindle B☆W


たすろう
(HJ文庫)
Amazon Kindle B☆W


レオナールD
(HJ文庫)
Amazon Kindle B☆W


水口敬文
(HJ文庫)
Amazon Kindle B☆W


羊思尚生
(HJ文庫)
Amazon Kindle B☆W


ときたま
(HJ文庫)
Amazon Kindle B☆W


農民ヤズー
(HJ文庫)
Amazon Kindle B☆W


午前の緑茶
(HJ文庫)
Amazon Kindle B☆W


結石
(HJ文庫)
Amazon Kindle B☆W


真丸イノ/ぷにちゃん
(B's-LOG COMICS)
Amazon Kindle B☆W


hi8mugi/柏てん
(B's-LOG COMICS)
Amazon Kindle B☆W


狩野アユミ/小田ヒロ
(B's-LOG COMICS)
Amazon Kindle B☆W


わかさこばと/春の日びより
(コロナ・コミックス)
Amazon Kindle B☆W


鈴華/香月美夜
(コロナ・コミックス)
Amazon Kindle B☆W


じゃが
(FUZコミックス)
Amazon Kindle B☆W


得能正太郎
(FUZコミックス)
Amazon Kindle B☆W


柳原満月
(FUZコミックス)
Amazon Kindle B☆W


板垣ハコ/手島史詞
(HJコミックス)
Amazon Kindle B☆W


瀬菜モナコ/かたなかじ
(HJコミックス)
Amazon Kindle B☆W

5月31日

川井昂
(ヒーロー文庫)
Amazon Kindle B☆W

5月30日

Kindle B☆W


ジェームズ・リッチマン
(エンターブレイン)
Amazon Kindle B☆W


てん てんこ
(エンターブレイン)
Amazon Kindle B☆W


百黒 雅
(エンターブレイン)
Amazon Kindle B☆W


アトハ
(エンターブレイン)
Amazon Kindle B☆W


吉岡剛
(ファミ通文庫)
Amazon Kindle B☆W


槻影
(GCノベルズ)
Amazon B☆W


樋辻臥命
(GCノベルズ)
Amazon B☆W

5月29日

重野なおき
(バンブーコミックス)
Amazon Kindle B☆W


清水栄一/下口智裕 (ヒーローズコミックス) Amazon Kindle B☆W


朱白あおい/半月板損傷
(ヒーローズコミックス わいるど)
Amazon Kindle B☆W


富士防人/外岡馬骨
(ヒーローズコミックス わいるど)
Amazon Kindle B☆W


重野なおき
(ヤングアニマルコミックス)
Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W

5月28日

Amazon Kindle B☆W

5月26日

尾野凛/たかた
(アライブ+)
Amazon Kindle B☆W


坂野杏梨/逢沢大介
(角川コミックス・エース)
Amazon Kindle B☆W


騎羽こうじ/瀬尾優梨
(角川コミックス・エース)
Amazon Kindle B☆W


伊勢海老ボイル/慶野由志
(角川コミックス・エース)
Amazon Kindle B☆W


ワタナベ タカシ
(角川コミックス・エース)
Amazon Kindle B☆W


絢瀬あとり/九頭七尾
(角川コミックス・エース)
Amazon Kindle B☆W


池野雅博/ざっぽん
(角川コミックス・エース)
Amazon Kindle B☆W


東大路ムツキ/ざっぽん
(角川コミックス・エース)
Amazon Kindle B☆W


和ヶ原聡司/柊暁生
(電撃コミックス)
Amazon Kindle B☆W


鈴木快
(電撃コミックスNEXT)
Amazon Kindle B☆W


いみぎむる/ Spider Lily
(電撃コミックスNEXT)
Amazon Kindle B☆W


石坂ケンタ
(電撃コミックスNEXT)
Amazon Kindle B☆W


加藤陽一/スメラギ
(電撃コミックスNEXT)
Amazon Kindle B☆W


芽々ノ圭/ほえ太郎
(電撃コミックスNEXT)
Amazon Kindle B☆W


七沢またり/堤りん
(電撃コミックスNEXT)
Amazon Kindle B☆W


ななつ藤
(電撃コミックスNEXT)
Amazon Kindle B☆W


多門結之/Sin Guilty
(電撃コミックスNEXT)
Amazon Kindle B☆W


サラマンダ
(電撃コミックスNEXT)
Amazon Kindle B☆W


えのき
(電撃コミックスNEXT)
Amazon Kindle B☆W


Team RWBY Project/スエカネクミコ
(電撃コミックスNEXT)
Amazon Kindle B☆W


ノッツ
(電撃コミックスNEXT)
Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W

5月25日

白梅ナズナ/まきぶろ
(comic LAKE)
Amazon Kindle B☆W


葦尾乱平/涼樹悠樹
(ガルドコミックス)
Amazon Kindle B☆W


奈々鎌土/名無しの権兵衛
(ガルドコミックス)
Amazon Kindle B☆W


アイサコ/馬路まんじ
(ガルドコミックス)
Amazon Kindle B☆W


左藤圭右/割内タリサ
(ガルドコミックス)
Amazon Kindle B☆W


しゅにち/友橋かめつ
(ガルドコミックス)
Amazon Kindle B☆W


しろいはくと/大崎アイル
(ガルドコミックス)
Amazon Kindle B☆W


中曽根ハイジ/丘野優
(ガルドコミックス)
Amazon Kindle B☆W


天羽銀/迷井豆腐
(ガルドコミックス)
Amazon Kindle B☆W


蝸牛くも/青木翔吾
(ガンガンコミックスUP!)
Amazon Kindle B☆W


蝸牛くも/黒瀬浩介
(ビッグガンガンコミックス)
Amazon Kindle B☆W


蝸牛くも/マツセダイチ
(ビッグガンガンコミックス)
Amazon Kindle B☆W


蝸牛くも/関根光太郎
(ビッグガンガンコミックス)
Amazon Kindle B☆W


塩野干支郎次/海法紀光
(ビッグガンガンコミックス)
Amazon Kindle B☆W


塩野干支郎次/海法紀光
(ビッグガンガンコミックス)
Amazon Kindle B☆W


タナカトモ/諸星サロ
(ビッグガンガンコミックス)
Amazon Kindle B☆W


ルーカスフィルム/大沢祐輔
(ビッグガンガンコミックス)
Amazon Kindle B☆W


星河だんぱ
(ヤングガンガンコミックス)
Amazon Kindle B☆W


六本順
(ヤングガンガンコミックス)
Amazon Kindle B☆W


蝸牛くも/栄田健人
(ヤングガンガンコミックス)
Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


涼樹悠樹
(オーバーラップ文庫)
Amazon Kindle B☆W


大崎アイル
(オーバーラップ文庫)
Amazon Kindle B☆W


大崎アイル
(オーバーラップ文庫)
Amazon Kindle B☆W


三嶋与夢
(オーバーラップ文庫)
Amazon Kindle B☆W


馬路まんじ
(オーバーラップ文庫)
Amazon Kindle B☆W


岸本和葉
(オーバーラップ文庫)
Amazon Kindle B☆W


しば犬部隊
(オーバーラップ文庫)
Amazon Kindle B☆W


鴨山兄助
(オーバーラップ文庫)
Amazon Kindle B☆W


KAZU
(オーバーラップ文庫)
Amazon Kindle B☆W


友橋かめつ
(オーバーラップ文庫)
Amazon Kindle B☆W


星野星野
(オーバーラップ文庫)
Amazon Kindle B☆W


御堂ユラギ
(オーバーラップ文庫)
Amazon Kindle B☆W


丘野 優
(オーバーラップノベルス)
Amazon Kindle B☆W


岡沢六十四
(オーバーラップノベルス)
Amazon Kindle B☆W


ラストシンデレラ
(オーバーラップノベルス)
Amazon Kindle B☆W


五月 什一/原作・監修:なきそ
(MF文庫J)
Amazon Kindle B☆W


岩波零
(MF文庫J)
Amazon Kindle B☆W


十文字青/原作・プロデュース:Eve
(MF文庫J)
Amazon Kindle B☆W


鈴木 大輔
(MF文庫J)
Amazon Kindle B☆W


鳳乃一真/原作:Liars Alliance
(MF文庫J)
Amazon Kindle B☆W


十文字 青
(MF文庫J)
Amazon Kindle B☆W


ぶんころり
(KADOKAWA)
Amazon Kindle B☆W


綾束 乙
(MFブックス)
Amazon Kindle B☆W


3人目のどっぺる
(MFブックス)
Amazon Kindle B☆W


七沢 またり
(MFブックス)
Amazon Kindle B☆W


新巻 へもん
(MFブックス)
Amazon Kindle B☆W


夜州
(MFブックス)
Amazon Kindle B☆W


Y.A
(MFブックス)
Amazon Kindle B☆W


百均
(ブレイブ文庫)
Amazon Kindle B☆W


紺染幸
(ブレイブ文庫)
Amazon Kindle B☆W


高岡 未来
(メディアワークス文庫)
Amazon Kindle B☆W


仁科 裕貴
(メディアワークス文庫)
Amazon Kindle B☆W

5月23日

小野はるか
(角川文庫)
Amazon Kindle B☆W


クレハ
(角川文庫)
Amazon Kindle B☆W


円城寺 忍/監修:天狼プロダクション
(ハヤカワ文庫JA)
Amazon Kindle B☆W


冲方 丁
(ハヤカワ文庫JA)
Amazon Kindle B☆W

5月22日

田代哲也
(ガンガンコミックスJOKER)
Amazon Kindle B☆W


嶋水えけ
(ガンガンコミックスJOKER)
Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W

5月20日

やしろ
(TOブックスノベル)
Amazon Kindle B☆W


こまるん
(TOブックスノベル)
Amazon Kindle B☆W


流石ユユシタ
(TOブックスノベル)
Amazon Kindle B☆W


西の果てのぺろ。
(TOブックスノベル)
Amazon Kindle B☆W


永野水貴
(TOブックスノベル)
Amazon Kindle B☆W

5月19日

超法規的かえる
(GCN文庫)
Amazon Kindle B☆W


らいと
(GCN文庫)
Amazon Kindle B☆W


大楽 絢太/原作・監修:タツノコプロ
(KADOKAWA)
Amazon Kindle B☆W


来生 直紀
(富士見ファンタジア文庫
Amazon Kindle B☆W


初美 陽一
(富士見ファンタジア文庫)
Amazon Kindle B☆W


亜逸
(富士見ファンタジア文庫)
Amazon Kindle B☆W


夏乃実
(富士見ファンタジア文庫)
Amazon Kindle B☆W


冬目景
(ヤングジャンプコミックス)
Amazon Kindle B☆W


キナミブンタ
(ヤングジャンプコミックス)
Amazon Kindle B☆W


安田剛助/藤島真ノ介
(ヤングジャンプコミックス)
Amazon Kindle B☆W


黒イ森/島崎 無印
(ヤングジャンプコミックス)
Amazon Kindle B☆W


多田大我
(ヤングジャンプコミックス)
Amazon Kindle B☆W


立華凪/大寺義史
(サンデーGXコミックス)
Amazon Kindle B☆W


高橋慶太郎
(サンデーGXコミックス)
Amazon Kindle B☆W


mogi
(裏少年サンデーコミックス)
Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W

5月18日

カミツキレイニー
(ガガガ文庫)
Amazon Kindle B☆W


中西 鼎
(ガガガ文庫)
Amazon Kindle B☆W


立川浦々
(ガガガ文庫)
Amazon Kindle B☆W


吉野 憂
(ガガガ文庫)
Amazon Kindle B☆W


サイトウケンジ/波多ヒロ
(チャンピオンREDコミックス) Amazon Kindle B☆W


吉野弘幸/佐藤健悦
(チャンピオンREDコミックス)
Amazon Kindle B☆W


松江名俊
(少年サンデーコミックス)
Amazon Kindle B☆W


草場道輝/高谷智裕
(少年サンデーコミックス)
Amazon Kindle B☆W


ねこぐち
(少年サンデーコミックス)
Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W

5月17日

西尾 維新
(講談社BOX)
Amazon Kindle B☆W


蒼月 海里
(星海社FICTIONS)
Amazon Kindle B☆W


左リュウ
(電撃の新文芸)
Amazon Kindle B☆W


茨木野
(電撃の新文芸)
Amazon Kindle B☆W


おとら
(電撃の新文芸)
Amazon Kindle B☆W

5月16日

西尾 維新
(講談社文庫)
Amazon Kindle B☆W

5月15日

友麻碧
(富士見L文庫)
Amazon Kindle B☆W


尼野 ゆたか/原案:佐々木 禎子
(富士見L文庫)
Amazon Kindle B☆W


硯 朱華
(富士見L文庫)
Amazon Kindle B☆W


三上康明
(アース・スターノベル)
Amazon Kindle B☆W


らる鳥
(アース・スターノベル)
Amazon Kindle B☆W


仏ょも
(アース・スターノベル)
Amazon Kindle B☆W


干野ワニ
(サーガフォレスト)
Amazon Kindle B☆W


空地大乃
(サーガフォレスト)
Amazon Kindle B☆W


池中織奈
(サーガフォレスト)
Amazon Kindle B☆W


勝木光/香月美夜
(コロナ・コミックス)
Amazon Kindle B☆W

5月12日

島本和彦
(ゲッサン少年サンデーコミックス)
Amazon Kindle B☆W


ゆきの
(夜サンデーコミックス)
Amazon Kindle B☆W


伏見ダイキ
(サンデーうぇぶり)
Amazon Kindle B☆W


堂本裕貴
(サンデーうぇぶり)
Amazon Kindle B☆W


ヨウハ/SCRAP
(サンデーうぇぶり)
Amazon Kindle B☆W


小山愛子
(少年サンデーコミックス)
Amazon Kindle B☆W


七尾ナナキ
(裏少年サンデーコミックス)
Amazon Kindle B☆W


瑚澄遊智/漂月
(アース・スター コミックス)
Amazon Kindle B☆W


森みさき/森下りんご
(アース・スター コミックス)
Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


持崎湯葉
(GA文庫)
Amazon Kindle B☆W


蝸牛くも
(GA文庫)
Amazon Kindle B☆W


蝸牛くも
(GA文庫)
Amazon Kindle B☆W


あずみ朔也
(GA文庫)
Amazon Kindle B☆W


大森藤ノ
(GA文庫)
Amazon Kindle B☆W


ケンノジ
(GA文庫)
Amazon Kindle B☆W


小林湖底
(GA文庫)
Amazon Kindle B☆W


路紬
(GA文庫)
Amazon Kindle B☆W

5月11日

朝倉亮介
(ガンガンコミックス)
Amazon Kindle B☆W


中吉虎吉
(ガンガンコミックス)
Amazon Kindle B☆W


守野伊音/朱里
(ガンガンコミックスONLINE)
Amazon Kindle B☆W



Categories
最新コメント

Archives
記事検索
タグ絞り込み検索