徒然雑記

終日のたりのたりかな  
  オロチのまどろむ庭TOP  読書メーター  月刊書籍発売カレンダー  書籍感想・殿堂作品
  書籍感想・著者索引(表紙絵附) 書籍感想・著者索引(シンプル版)  書籍感想・作品タイトル索引(シンプル版)
  10月の漫画新刊カレンダー  10月のライトノベル新刊カレンダー
  11月の漫画新刊カレンダー  11月のライトノベル新刊カレンダー
 

Gユウスケ

ダンタリアンの書架 83   

ダンタリアンの書架8 (角川スニーカー文庫)

【ダンタリアンの書架 8】 三雲岳斗/Gユウスケ 角川スニーカー文庫

Amazon

ある日、ダリアンとヒューイのもとを訪れたカミラ。持参したのは、クリームをたっぷり挟み込んで人気の、缶入りクッキー“ロゼッティ”。中にはカエルが主人公の小さな絵本が入っていた。その表紙の隅には「7」と数字が……クッキーのおまけ絵本は全部で8種類、開けてみないと何が出るかわからない。そしてダリアンとヒューイは“ロゼッティ”を求めて町を出た!  黒の読姫とその唯一人の鍵守の、幻書をめぐる冒険、第8弾!!
今回なんか読んでて違和感あるなあと思ったら、断章がないんだよなあ。あれがあるとないとでは結構読んだ感触が違ってくるんですねえ。何気にあの掌編、毎回面白いし。


第一話「王の幻書」
アフリカの奥地への探検行というと第一次世界大戦前後が一番時代背景的に映えるんだよなあ。
しかし、こうしてハルとヒューイが同時に出演するとハルが頭悪い分、ヒューイのクレバーさが目立つ。本来なら焚書官であるハルの方がダークヒーローのはずなんだけど、ヒューイに良いように利用されるんだよなあ、こいつ。まあ本を焼くような輩じゃ何されても仕方ないか。阿呆だし。傍目には振り回しているように見えるフランですが、あれでこの頑固なバカの扱いに苦労してるんですねえ。


第二話「最後の書」
冒頭の、何かに執着しまくった女の子の登場からまた人間の業の醜さを描いた怖い話になるのかと思ったら、まあ実際人間の業の醜さを描いた怖い話になったんだけど、思ってたのと全然方向性が違ったよ。怖いっちゃ怖いけど全然怖くないよ! というか、幻書じゃなかったよ!!
ダリアンは現代に来ちゃだめだよね、この子。今の時代だと容易にハマってしまうものが多すぎる。カミラもまた余計な物持ってきて。しかし、この絵本も書架に入れるんだろうかw


第三話「永き黄昏のヴィネット」
と、何だかんだと間抜けな話が二つ続いたところで、最後はやっぱりきっちりとダークで悲哀たっぷりな話に。
此処に来て、以前に登場したキャラクターが話をまたいで収斂しはじめましたね。あの女性記者はわりと不幸キャラな立ち位置なんだろうか。オチも彼女だけえらい目合ってたし。登場したどちらの話でも異空間に閉じ込められるというかなりオオゴトに巻き込まれてますしね。
ただ、ここで彼女にもダリアンの正体がバレるとは思わなかった。仮にもマスコミの人間だし、さすがにダリアンの情報をネタにすることはないだろうけど、幻書の情報を持ってくる役として今後も度々登場しそうだな。まさかの幻書泥棒のあの人も登場しましたし、そのうちオールスターキャストの話もあるんじゃないかと期待しちゃいそうだ。


いつもは4話構成のところが3話でちと薄い。やはりアニメ化にあわせて急いで出したんだろうなあ。

三雲岳斗作品感想

ダンタリアンの書架 73   

ダンタリアンの書架7 (角川スニーカー文庫)

【ダンタリアンの書架 7】 三雲岳斗/Gユウスケ 角川スニーカー文庫

Amazon

“幻書”の封印のため、名門女子寄宿学校(ボーディングスクール)カドフィール校を訪れたダリアンとヒューイ。ヒューイは夕食会に連れ去られ、一人残されたダリアンに、世話役として手配されていたのはジェシカだった。ダリアンは女生徒の集団に発見・蹂躙され、大騒ぎに。なんとか脱出したダリアンだが、“幻書”が一冊失くなっている! まずは容疑者を片っ端から当たることにした二人は馬術部へ――学園中を巻き込んだ、少女たちの長い夜が始まる!!
ダンタリアンの書架もついにアニメ化か。この作品は比較的アニメにしやすいシリーズだと思うので楽しみだけれど、ヒロインが翠星石だ! とか言われないだろうかw

第一話「災厄と誘惑」
……あれ? 本を置いて最初に見た人間に? じゃあカミラの反応ってオカシイような辻褄が合わないような気がするんだけど? あのあっけらかんとしたカミラがまず見せない反応だったのでだいぶそそられたのだけれど、あれが本の効果だけではないとするなら楽しいんだがなあ。
ネタが明らかにされると、手品の基本的な意識の誘導法に沿うような話なんだが、普通本でそういう発想には至らないよなあ、という意表を突かれる話でした。オチがまた酷いのか秀逸なのか(苦笑


第二話「叡智の書 2」
以前の叡智の書の話は、人が辿り着いた叡智の果てがあんなものだったのか、という失望とも絶望ともつかない哀れな結末だったのだけれど、こちらの叡智の書の使用者が辿り着いた真理はまったく様相を異にしていて、結局人の叡智なんてものは、唯一の真理などではなく人それぞれに様々な形で持ち得るものに過ぎないんだなあ。


第三話「少女たちの長い夜」
ジェシカ再び! この娘は絶対にもう一度登場する、というよりもカミラ並の準レギュラーになると信じていましたが、信じててよかったなあ。また出てきてくれたよ。カミラとジェシカが違うのは、ジェシカの方はヒューイじゃなくてダリアンの相方となるキャラなところ。基本的にダリアンとジェシカって別に仲がいいわけではなくむしろ天敵同士なのですが、ジェシカの面倒見の良さが災いしてか、ワガママで気まぐれなダリアンを突き放せず、どーしても構ってしまうのです。ダリアンも口うるさいジェシカを邪険にしながらも偏見なく自分に接してくるジェシカを嫌えない。ダリアンにとっては唯一と言ってもいい友人ポディションの娘なのです。その意味ではもっと出番多くてもよさそうなものだけど、彼女学生だからなあ。まあ、彼女の通う学校の偉いさんがヒューイの親族なので、機会自体は幾らでも作れそうですが。


第4話「鍵守」
スニーカー廃刊に伴っての雑誌連載最後のエピソード。このシリーズ自体は続くそうですが、果たして短篇集としてはどうなんだろう。一度、長編も読んでみたくはありますが、この短編形式がなくなってしまうのも勿体ないよなあ。
さすがに途中で気づいたものの、これはかなりのミスリード。というか、いくらなんでも似過ぎてるだろう、あの二人。カミラのあの性格というかスタイルって、もしかして勝手にああなったわけじゃなくて、かなり影響を受けたものだったのかしら。しかし、ダリアンの食い意地の汚さといったら。おまえさん、いくらなんでもそこは我慢のしどころだろう(爆笑

ダンタリアンの書架 63   

ダンタリアンの書架6

【ダンタリアンの書架 6】 三雲岳斗/Gユウスケ 角川スニーカー文庫

Amazon
 bk1

保養地として有名な美しい島に招かれた、ダリアンとヒューイ。かつてヒューイの教官だったマクギガンは、ダリアンに姪のリーシアを紹介する――友だちになってほしいと。悪魔の本と少女の冒険、第6弾!


4巻あたりから、表紙絵のダリアンのポーズも趣向に富んできてたけど、今回のはまた飛びっきりに可愛いなッ! 両手にケーキの皿持ってフォークを咥えてって、どうやってそれ以上食べるつもりなんだか、この食いしん坊め。最近、ちと菓子に釣られすぎな気もする、ダリアン嬢。場合によっては本を求めるよりも、食べ物を要求する頻度の方が高いんじゃないかという疑いもw
そのうち、ダンタリアンの書架じゃなくて、ダンタリアンの食料庫にならないかと心配になるぞ(笑
それにしても、彼女のドレス、かなり面白い作りをしてるんだな。今回の表紙絵で後ろ姿がはっきりと描写されていたのでようやくその特殊さに気づいた次第。作りはドレスのはずなんだが、着物みたいに帯で結ぶようになってるんだろうか。ダリアン自体、その正体からすると東洋系のはずなので、このハイブリッドな作りの衣裳も納得といえば納得なんだが。本作も近々アニメ化されるそうだけど、この衣裳でダリアンが動きまわる姿を見れるのはなかなか楽しみである。


第一話【雛形の書】
……こいつ、アホだろう。今度の幻書の所有者は奸智に長けていたのかもしれないけど、幾ら何でも迂闊すぎる。仮にも自分の命がかかっているものなんだから、ちゃんとチェックくらいはしておかないと。校正は大事ですね、という話なのかもしかしてw
さりげに、カミラの兄貴というまたぞろ準レギュラーとなりそうなキャラが登場。あのカミラの兄貴だけあって、またぞろ豪快にして隙のない食わせものだな、おい。あの一族はみんなあんななのか、と思ってしまうところだけど、さすがに一族みんな天然の曲者というわけじゃないらしい。それは良かった、と言いたいところだが、当の食わせものであるカミラとその兄レオンが揃ってヒューイとダリアンをお気に入りにしてしまっているのだから、一緒か。
ところで、作者は今回ゲストキャラにオッサンが多いとのたまっていらっしゃるが、もしかしてレオンもオッサンに含まれるのか? のか?


第二話【柩の書】
そういえば、この作品って地名についてははっきりと表記しないんですね。舞台となる地域の情報はわりと詳しく載せてくれるので、だいたいどこの国の話なのかは分かるのですが。
今回は王国の北西にある火山活動の活発な島国。第一次世界大戦後すぐに独立したばかり、という話から、間違いなくアイスランドのはず。
ちょうど今年、アイスランドで氷河内の火山が噴火を起こして、ヨーロッパ各地に被害をもたらしてるそうですしね。それが元ネタなんでしょう。
まさか、氷原で「館モノ」のネタをやるとは思わなかったけど。幻書が人の妄執によって災厄を招いている話で、こうもホッと温もりを感じるようなハッピーエンドに終わる話はなかなか珍しい。結構このシリーズ、悲劇モノが多いものね。
マグナソン教授は、なかなかキャラが濃い上にウィットに富んだ面白い人なので、また登場してほしいところだけど、地殻学者なんて出番ないよなあ、きっと。
あのシェリーという写真記者は、なんだか怪しいな。姦しいだけの新米にも見えるんだけど、なんでダンタリアンの書架の噂をあんなに的確に知ってたんだろう。それとも、こんな新米記者にも知れ渡るくらい、ヒューイとダリアンの行動は噂になってるんだろうか。結構、欧州各地で派手な事してるといえばしてるから、完全に否定は出来ないが……でも、詳しすぎる気がするんだよなあ。


第三話【人化の書】
第一次世界大戦の悪魔の兵器の遺産がもたらした悲劇と報いの物語、か。たとえ、きっかけが贖罪だとしても、それだけで結びついて居られるほど人間というのは頑強ではない。一緒の時間を過ごす事によって情が生まれ、それは容易に慈愛や親愛へと変わっていく。たとえ、本当の血のつながりがなくても、種族すら違っていても、彼らは間違いなく親子だったのだろう。
そういえば、ダリアンとこんなに波長の合う娘は初めてだったんじゃないだろうか。友達と呼べるような女の子は何人か出来ていたけど、リーシアみたいに最初に顔を合わせた時以外はダリアンが悪態もつかずに一緒に居た相手はいなかったように思う。
さりげに、ダリアンがいつもの衣裳から、普通のワンピースという格好をしたのも初めてだったような。ちゃんと挿絵で描いてくれてるのが嬉しいじゃないですか。


第4話【楽園】
いつも厳しい顔してピリピリと研ぎ澄まされた雰囲気を漂わせているくせに、この焚書官という男は、ちょっと間が抜けてるんじゃないだろうか(苦笑
どうもこう、考えが浅いような、観察眼が乏しいような、迂闊な所が見受けられる。それでも構わず強引に突破してしまうのだけれど、やっぱり力任せだよなあw
過去の幻影に出てきた読姫の名前はフランチェスカ。しかし、今の壊れた読姫の名前はフランベルジュ。炎の名前を関する読姫か。いったい、何が彼女の身に起こり、この男を焚書官などという復讐者にしてしまったのか。
フランの焚書官を見つめる視線が、妙に印象的だった。同士や仲間などでは断じて無く、しかし突き放しているようにも見えず、どちらかというと見届け人という風に、傍でただこの男の行く末を何も言わず見守っているような雰囲気がある。壊れているくせに、狂気よりもどこか達観したような悟ったような印象が、この話で芽生えてきたようだ。


1巻 2巻 3巻 4巻 5巻感想

ダンタリアンの書架 53   

ダンタリアンの書架5 (角川スニーカー文庫)

【ダンタリアンの書架 5】 三雲岳斗/Gユウスケ 角川スニーカー文庫

Amazon
 bk1

幽霊列車の記事を新聞で見つけたダリアンとヒューイ。貨物専用のはずの路線にあらわれた特別急行。飛び乗ったダリアンたちは、車内で幼い少女と出会う! 謎の鍵を握るのは一冊の時刻表? 人気シリーズ第5巻!


今回は準レギュラークラスの登場人物たちが活躍するお話を集めてみました、というテーマらしく、天下無敵の幼馴染カミラに、ポニテ娘の女学生ジェシカ。そして、本編初登場の赤の読姫と教授のコンビというところで、そろそろメンツも出揃ったってところでしょうか。
ちなみに、猫のヒースも追い出されてない所を見ると、ヒューイの屋敷に居着いてある意味準レギュラー化するのでしょうか。

と言うことで、今回も短編四話、掌編三話という構成。ただ、初めて短編全四話ともヒューイとダリアンの話になってますね。


第一話【時刻表】

幼馴染のカミラが如何にしてあのような自由闊達天衣無縫すぎる性格へと至ったのか、が明らかになる過去との邂逅編。
結論、あの性格は生まれつきですw
幼い頃に鉄道事故に巻き込まれ、そこで母親をなくしていると言う壮絶な過去を持っている彼女だけど、別にその事故が彼女の人格形成に影響を及ぼしていたとかそんなことはなかったぜ。
この物語の結果からして、母親があの事故で死んでいようと生きていようとカミラの性格が変わっていない所を見ると、母親の存在はあんまり彼女の人生に影響を及ぼしていないっぽいなあ(苦笑 
ちなみに、ここで出てくる幻書<オールド・ブラッドショウの時刻表>は、世界で最初の時刻表といわれている、かのホームズ氏もご愛用の<ブラッドショーの鉄道時刻表>のことと思われ。


第二話【猫と読姫】

第一話が過去へと紛れ込む話だとしたら、コチラは未来とすれ違うお話と言えよう。
特別な力を秘めた幻書と呼ばれる魔書は、安易に仕えば使用者のみならず周りの人間をも巻き込み破滅をもたらす危険な代物であり、なるべくなら封印されて然るべきものではあるけれども、場合によっては何の力も持たない幻書ではない普通の書物もまた、世界を破滅させる要因に成り得るというお話。
これは確かに、大元の知識を立たないことには絶対に防ぎ用のない問題だわなあ。あからさまに危険な知識と違って、これは予見のしようがないだけに。

ちなみにこの話で興味深いのが、夢のなかのダリアンなんですよね。彼女の正体は壺中の天と呼ばれる宝貝の一種、とされているのですが、もちろんその事実は揺るがないのでしょうけれど、どうもダリアンにはさらに秘密が隠されていそうな気がしてきた。
公主(プリンセス)と呼ばれていたこと。そして、夢の中では彼女の話し方がいつもと違っていたこと。
はてさて。


第三話【航海日誌】
一話に鉄道を持ってきて、今度は船と来たか。これで、旅客機のお話があれば地海空ときて完璧だったのだけれど。
たぶん、また出てくるだろうなあと思っていた女学生のジェシカの再登場回。ヒューイを慕っている事からヒロイン的にカミラの対抗馬になり得る存在かと見込んでいたんだが、どうもこの娘、思っていた以上に小娘だなあ(苦笑
折角のヒューイとのクルージングというシチュエーションにも関わらず、うまいことヒューイに粉をかけるのも失敗して、殆どダリアンと仲良く口喧嘩してるばっかりで。あー、二人とも仲がいいねえ。同レベル(笑 でも実際、ダリアンの口の悪さとジェシカのすぐにムキになって言い返す性格は、今までの登場人物の中でも一番波長が合ってるっぽいんですよね。ダリアンも普段に比べても、ジェシカと言い合ってる様子は楽しそうですし。


第四話【つながりの書】

各所で暗躍を繰り広げていた赤の読姫と教授の二人組と、ダリアンとヒューイが初めて邂逅するお話なわけだが……なんか、揚げパンに全部持ってかれた気分だよ!(笑
一応ダリアン、聖書の一節っぽく「人は揚げパンのみに生きるにあらず―」とか口に出しては言っているにも関わらず、洗脳感染した信者たちがみんな「揚げパン食べたいですぅ」とトリップしているのはどういうわけなんだ?(ww
信者の脳を連結してネットワーク化することで、超高速の演算機として利用すると言うのは最近よく見かけるようになったなあ。とあるシリーズのあれが元ネタなんだろうけど、これのさらに原点ってなんなんだろう。

このシリーズの、というかヒューイとダリアンの面白いところは、彼らが状況に応じて自分たちが持つ必要な幻書を使用することを躊躇わない、ってところなんですよね。第三話でもそうだったけど、普通なら主人公側が使うものとは思えない効果を発揮する幻書を、うまいこと使って難局を乗り切っているのです。この応用能力は瞠目スべきところだし、危険な力を秘めた幻書をただ危険物扱いせず、さりとて必要以上にのめり込まず、あくまで単なる道具として使いこなしているのは、ヒューイという主人公の特殊性でもあるんですよね。

赤の読姫を擁し、幻書を巡る暗躍を繰り広げる教授と邂逅したことで、さて本編が動き出すのかはまだ分からないけど、そろそろ舞台に登場人物は出揃ったという雰囲気ではあるんですよね。
進展を期待したいところでもあるし、でもネタが続くならしばらくまだこの短編形式を続けてほしくもあるし。まあ、その辺はフラットに待つ姿勢でいます、はい。

1巻 2巻 3巻 4巻感想

ダンタリアンの書架 44   

ダンタリアンの書架4 (角川スニーカー文庫)

【ダンタリアンの書架 4】 三雲岳斗/Gユウスケ 角川スニーカー文庫

Amazon
bk1


上流階級の令嬢が集まる寄宿学校に招かれたダリアンとヒューイ。目的は、連続殺人犯ディフリングが持ち込んだ幻書を見つけ出すこと――神出鬼没のディフリングに対し、ダリアンの仕掛けた罠とは――!?


「全寮制の女子校の中にいるのは落ち着かないね」などと嘯きながら、中庭のベンチで優雅に昼寝を決め込んでいるヒューイは、やっぱり大物だと思うんだ。

今回も構成は、ダリアンとヒューイが主体の短編が四本に、焚書官がメインの話が一本。そして掌篇が二本というものに。
これ、スニーカーに連載されていた時とは順番が異なっているんですね。かなり話の内容を吟味して選んで、並べ方にも気を使っているみたい。思えば、前巻も同じテーマの話を持ってきていましたしね。今回も、ダリアンたちの使う幻書の使い方や、一途な愛の行き着く果てなど面白い対比があって、確かにこれはよく構成が練られている。
三話では、またあのヒューイの後輩のアルマン君が登場。こいつ、前回でひどい目にあったくせに、全然懲りてないじゃないか(笑 もうこういう役回りのキャラクターということね。うざいなあ、こいつw しかし、あれだけ邪に幻書に関わりながら、ヒューイたちに助けて貰っているとはいえ切り抜けて生き残っているあたり、しぶといというかタフというか。

と、気を抜いて楽しめるばかりじゃないのが、この【ダンタリアンの書架】。悲劇的な結末が多いのは仕方ないとはいえ、これまではまだ、身の程を知らずに幻書に取り憑かれ、その魔力に魅入られて自滅、もしくは自業自得的に破滅していく人が目立っていたのだけれど、今回の特徴は幻書に認められた適格者であり、その魔性に魅入られる事もなく、ちゃんと幻書を使いこなしていたにも関わらず、悲劇的な結末を迎えざるを得なかったと言うことでしょうか。たとえ、本人がどれほど適正に幻書を使いこなしていても、それによって振るわれる力は超常のものであり、周囲の人間の運命を狂わせていき、引いては幻書の使用者の運命をも狂わせてしまう。
特に四話の「調香師」のマイスターは、ヒロイン格でレギュラー化してもおかしくないくらいキャラも立った人格的にも善い娘だっただけに、けっこうキツい。
焚書官が、幻書を内容のいかんに問わず災厄を招くモノだと断罪しているのも、こうなってくると理解できないでもない。でも、焚書官が問答無用で本を焼くのは、本好きとしてはやっぱり嫌なんだよなあ。こいつ、攻撃するたんびに本を爆破するもんだから、その度に反射的に「うわっ」「うわっ」と思ってしまう(苦笑

毎度の事ながら、短編の完成度には目を見張る。このサイズにきっちりと起承転結のメリハリをつけ、ちゃんと毎回のゲストキャラクターにもキャラが立つのを当然としている。短編って、ほんと難しいんですよね。小説家としての技量が、短編には露骨に出るわけで、やっぱり作者は上手いんだなあ、と納得。
ただ、三雲さんって性分として長編向きだよなあ、と思わされるのが、世界観やキャラクターのバックグラウンドを短編連作の作品としてはありえないぐらい細かく煮詰めてる所なんですよね。順調にレギュラーキャラクターも増えてるし。あの叔母さんとか、新ヒロインとして準レギュラー化しそうなジェシカとか、短編連作の作品としてはまず登場しない類の立ち位置ですし。
ぶっちゃけ、次の巻から長編シリーズが始まっても何の問題もないくらいには、既に整備が行き届いているんですよね。
実際、ダリアンの過去を含めて、作品各所にものすごい勢いで散りばめられつつある様々な謎は、それこそ長編に移行しないと収集がつかないというか、物語としてきっちり終わらせるためには、長い話を持ってこないと難しいような気もするんですけどね。
いや、単に長いのも読みたいなあ、と思ってるだけなんですけど。

それはそうと、今回もカミラ姉さん、出番なかったじゃないかー! 掌篇には出てますけど。いや、あの短いシーンだけでカミラが普段どういう生活しているのかが丸分かりになる、というのは凄いと思うけど。姉さん、ホントに天衣無縫だなあ。

ダンタリアンの書架 34   

ダンタリアンの書架3 (角川スニーカー文庫)

【ダンタリアンの書架 3】 三雲岳斗/Gユウスケ

Amazon


第4話「魔術師の夜」の凄まじすぎるオチに七転八倒w
いやあ、幻書という異端の力を秘めた書物によって引き出される人の欲望の醜さを散々見せつけられる話が多い中で、この話に出てくる人々の誇り高く雄々しい魂の輝き、愛に準じる紳士の中の紳士とも呼べる姿。同じ女性を愛した者同士、本来なら敵にも関わらず協力し合い、愛を奪い去ろうとするに難き大敵に、力及ばずとも立ち向かおうというその姿に、柄にもなくやべえ、こいつらかっこいいぜ、と目尻に浮かぶ涙なんぞチッシュで拭いながら読んでた、その結末たるや……なんてこったいww

同じ愛にまつわる物語にも関わらず、第1話「換魂の書」とのあまりにもあんまりな様相が違うんだよなあ。1話の結末のやるせなさ。異常にして執拗な愛の形と、お互いを慈しみ、お互いを守ろうとして叶わず、ひとつに混じり合い消えていったその形の切なさに対して、あれはなあ(苦笑
まあ、愛情にも色々と形があるということなんでしょう。まったく、身も蓋もないけれど。

面白いのは、今回それぞれ元ネタがあるってところですよね。第1話はミザリー。第4話は竹取物語ですか。
なんかアレな話ですけど、第4話って今後の展開的にもけっこう重要な回のような気もします。幻書という魔法の本があるんだから、ああいう存在もいておかしくない、というのは想像して然るべきだったのかもしれませんけど、この話で出てくるのはなんだかなあ(苦笑
まあ、当人の品や格が落ちるようなものではなかったのでいいのですけど。でも、あれを作った当人ということで、思うところは出て来てしまうのですがw 所詮アレを作ったヤツだしなあ、というようなw
きっちり因縁も出来てしまったわけですし、またぞろ重要な転換点で顔をのぞかせてきそう。

意外と早々に、というべきなのか3巻にしてようやくというべきなのか。焚書官とダリアン&ヒューイが顔を合わせることに。
でも、ちょっと予想外だったかも。いや、ヒューイという男を見縊っていたというべきか。もっとこう、緊迫感ある対決になるかと思ってたんだけど、ハルの方はその気満々にも関わらず、ヒューイの方が全然相手にしていないのは意外だった。なんか、ハルの方も思いこみ激しいわ、短気で考えが浅いわ、単純で頭悪いわ、と……だめだこいつw
ほんと意外なんだけど、ヒューイの方がこれ、役者が数段上だわ。可哀想だけど、ハルくんぐらいじゃまともに相手してもらえないよ。良いように手玉にとられるのがオチだわ。ヒューイがこれほど喰わせ者だとは思わなかったなあ。いや、考えてみれば数々の幻書の持ち主の異常な行状に対して、いつも冷静さを失わず、なんだかんだと飄々と対処し片付けてきた実績を思い返すなら、この男の底知れなさというのはもっと早くに認めておくべきだったかもしれない。ダリアンの我儘に付き合わされてる姿をいつも見せられていたので、なかなか正当な評価というのを見つけられなかったのかもしれないけど。

うーん、そう考えるとこの3巻では出てこなかったあの幼馴染は、やっぱり大した大物なのかも。このヒューイを散々いいように振り回すんだから。それこそ、ある意味ダリアンよりも自由闊達に。
ということで、次回は出してくださいよカミラ姉さん。と希望しておこう。

ダンタリアンの書架 24   

ダンタリアンの書架2 (角川スニーカー文庫)

【ダンタリアンの書架 2】 三雲岳斗/Gユウスケ スニーカー文庫

Amazon


少女の胸に封印されるは、悪魔の叡智の図書館
屋敷に招かれたヒューイとダリアン。亡き父の残した蔵書の鑑定を求めたのは、エステラという名の美女。隠蔽された血塗られた事件……全ては一冊の本のせい、それとも――。悪魔の本をめぐるダリアンの冒険、第2弾!


ラノベ界の翠星石、ダリアンが往く!
とまあ、戯けた繰り事は置いておいて。前回に引き続き、幻書と呼ばれる悪魔の本にまつわるいくつかの話を綴った短編集の形式で。基本的にはダリアンとヒューイが幻書の回収に赴き、事件に巻き込まれるという形になるんですが、何編かは別の登場人物が主人公を務める形に。
やはり、というべきなんでしょうか。ヒューイとダリアン、前巻の最終話に登場した焚書官のコンビの他に、もう一組存在していたんですな。これは予想して然るべきだったんでしょうけど、自分でも意外なほど頭に浮かばなかった。たぶん、ヒューイたちの裏返しみたいな焚書官のコンビが登場したことで、もう一組いる可能性を無意識に排除してしまっていたようです。前巻ではヒューイたち、幻書の回収だけでなく貸し出すこともやってたから、有り得なくもないと考えたんでしょうなあ。何気にヒューイって心底が知れない不気味なところもあったし。
ただ、この巻ではそんなヒューイの過去らしきものも最後の話で明らかになったことで、この一見人畜無害に見える優男も、相当の葛藤と修羅場を潜ってきた輩だったというのがわかって、なんとなくこれまでの違和感にも納得いった感じ。戦争帰りとは聞いていたけど、色々と経験した結果でああした飄々とした性格になったというのなら、ねえ。
他にも、短編の中の折々でその話の本筋とは関係ない部分で、さらっと雑談や独白でこの【ダンタリアンの書架】という物語の根幹にかかわる話がこぼれてたりするので、けっこう気が抜けなかったりもする。
書架の中のもう一人のダリアン。そして、鍵守についてなどなど。

短編の中で一番のお気に入りは、多分これは世間様でも一番人気なんだろうけど【等価の書】の話。まんま、わらしべ長者ベースの話なんだけど、当然のように命を奪われる危険を伴うヤバい幻書を、ヒューイの幼馴染のカミラが手に入れて、<なにか>を手に入れるためにそれを使い始めしまうのを、ヒューイとダリアンが慌てて追いかけるはめに。
このカミラは、前も一回しか出てきてないヒロインなんだけど……いいなあ、この娘は。この娘のあっけらかんとした明るく押しつけがましさのかけらもない善性は、万人分け隔てなく好きになってしまうんじゃないだろうか。それこそ、この物語の登場人物然り。読者然り。
出番の少なさがもったいないくらいに。
まあ、その分、ダリアンが孤軍奮闘。ワンマンアーミー的な勢いで、ツンツンと尖がった可愛らしさを弾幕よろしくばら撒いているので、キャラ萌え分は十分足りているのですが。
でも、このヒューイとダリアンのコンビにカミラが加わったら、さらに効果倍増になると思うんだけどなあ(笑

そろそろ、物語の下ごしらえも整ってきた感もあるので、次ぐらいからダリアンたちが主体となって動く話が出てくるかも。期待。

ダンタリアンの書架 14   

ダンタリアンの書架1 (角川スニーカー文庫 123-21)

【ダンタリアンの書架 1】 三雲岳斗/Gユウスケ スニーカー文庫

Amazon


【幻書】と呼ばれる魔本を納める<ダンタリアンの書架>の管理者ダリアンと、書架を祖父から引き継いだ青年ヒューイを主人公に、<幻書>に魅入られた人間たちの末路をたどる短編連作集。
最近だと【付喪堂骨董店“不思議”取り扱います】シリーズみたいなタイプの話でしょうか。
ただ、付喪堂骨董店シリーズは<アンティーク>と呼ばれる不思議な道具に翻弄される人を、主人公たちは比較的積極的に助けようとしてますけど、此方のダリアンとヒューイは少しスタンスが違う風なんですよね。
【幻書】と呼ばれる魔本を管理、回収しているこの二人、実のところ幻書に魅入られ、持ち主が人としての境界を越えてしまうことを防ごうという意思がどうにも見受けられない。そもそも、幻書が危険な代物と知りながら、それが人の手に渡ることを阻止しようとしてすらいない。どころか、貸し出しすらしてるんですよね。その結果、相手がどうなるかはあんまり考慮しているように見えない。
かと言って、別にヒューイとダリアンが悪人かと言うとそういうわけでもなさそう。第二話『血統書』でダリアンがシェズに訴えかけた言葉を読むと、人としての当たり前の良心と優しさをこの子は持ってるように見えるのです。でも、そうした優しい心を差し向ける相手というのは、それに値すると見た相手にだけなんでしょうね。幻書に魅入られ境界を越えてしまうような人間は、所詮自業自得。悪いのは書ではなく、それを扱う人間の心の弱さ、と突き放している、というべきか。
ヒューイも、とりあえず資格を持たない人間が幻書を持ってたらえらいことになるから、回収はやっときましょうよ、というスタンスは取ってるけど、けっこう冷めてるように見えるんですよね。幻書そのものに対しても、危険物という認識はあるものの、邪悪なモノ、災厄を振りまく厄介なもの、という認識はなさそう。
わりと飄々とした優男で毒にも薬にもならないような人間に見えるけど、こいつも案外一癖二癖ありそうだなあ。

ダリアン、流し読みしてるとついつい、<ダンタリアンの書架>の名前の由来になった悪魔そのもののように考えてしまうところだったのですが、ヒューイとダリアンの馴れ初めの話である第四話を読んでると、どうやら違うみたいなんですよね。むしろ彼女、殷雷とか、というよりも四海獄と同じ系統の代物みたい。容姿風貌についても、ちゃんと東洋系という描写がなされてるし。
まあ、この性格が典型的な【翠星石】で(笑
言葉使いも、そうなんじゃないかな。彼女のこまっしゃくれたキャラが好きな人は、まずハマるでしょう。

時代背景は、おそらく第一次大戦直後の大英帝国。第五話で戦略爆撃機なんて単語が出てきてたので、一瞬混乱したものの、あの話も多分、ヒューイとダリアンが出てくる他の話と時系列的には同じ時代と思われます。
複葉機の双発爆撃機なんて、第二次大戦じゃほとんど使用されてないはずですし。王都爆撃云々という話が出てるので、多分ロンドン空襲のことなのではないかと。
この五話だけ、出てくる登場人物が違うんですけど、こちらサイドの登場人物から見ると、ヒューイたちって完全悪役なんですよね。
確かに、彼女にちゃんと書の危険性について注意もせず貸し与えた結果、あの惨劇が起こっていたのなら、どうしようもなくダリアンたちが悪いと言えてしまうわけで。
二編の断章も、それだけではよく意味が分からず、まだまだこの物語、浦に何が隠れているのか、その基本構造も見えてきていないんですよね。その意味ではこの一巻、まさしくプロローグでしかないのかも。

個人的には、ちょびっとしか出番のなかったカミラに、今後もっと絡んできて欲しいかなあ。ダリアンとヒューイのコンビはよく完成されてると思いますけど、それだけに引っかき回してくれる人がいると、二人の別の面白いところが見えてきそうなだけに。
 
11月26日

(エンターブレイン)
Amazon Kindle B☆W


(角川コミックス・エース)
Amazon Kindle B☆W


(角川コミックス・エース)
Amazon Kindle B☆W


(角川コミックス・エース)
Amazon Kindle B☆W


(角川コミックス・エース)
Amazon Kindle B☆W


(角川コミックス・エース)
Amazon Kindle B☆W


(角川コミックス・エース)
Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W

11月25日

Amazon Kindle B☆W


(ガンガンコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(ビッグガンガンコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(ビッグガンガンコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(ビッグガンガンコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(ビッグガンガンコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(ビッグガンガンコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(ヤングガンガンコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(ヤングガンガンコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(ヤングガンガンコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(ヤングガンガンコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(ヤングガンガンコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(ガルドコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(ガルドコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(ガルドコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(ガルドコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(ガルドコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(ガルドコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(ガルドコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(ガルドコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(ガルドコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(コロナ・コミックス)
Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


(MF文庫J)
Amazon Kindle B☆W


(MF文庫J)
Amazon Kindle B☆W


(MF文庫J)
Amazon Kindle B☆W


(MF文庫J)
Amazon Kindle B☆W


(MF文庫J)
Amazon Kindle B☆W


(MF文庫J)
Amazon Kindle B☆W


(MF文庫J)
Amazon Kindle B☆W


(オーバーラップ文庫)
Amazon Kindle B☆W


(オーバーラップ文庫)
Amazon Kindle B☆W


(オーバーラップ文庫)
Amazon Kindle B☆W


(オーバーラップ文庫)
Amazon Kindle B☆W


(オーバーラップ文庫)
Amazon Kindle B☆W


(オーバーラップ文庫)
Amazon Kindle B☆W


(オーバーラップ文庫)
Amazon Kindle B☆W


(オーバーラップノベルス)
Amazon Kindle B☆W


(オーバーラップノベルスf)
Amazon Kindle B☆W


(ダッシュエックス文庫)
Amazon Kindle B☆W


(ダッシュエックス文庫)
Amazon Kindle B☆W


(ダッシュエックス文庫)
Amazon Kindle B☆W


(ダッシュエックス文庫)
Amazon Kindle B☆W


(ダッシュエックス文庫)
Amazon Kindle B☆W


(ダッシュエックス文庫)
Amazon Kindle B☆W


(MFブックス)
Amazon Kindle B☆W


(MFブックス)
Amazon Kindle B☆W


(MFブックス)
Amazon Kindle B☆W


(MFブックス)
Amazon Kindle B☆W


(KADOKAWA)
Amazon Kindle B☆W

11月22日

(MFC)
Amazon Kindle B☆W


(MFC)
Amazon Kindle B☆W


(MFコミックス アライブシリーズ)
Amazon Kindle B☆W


(MFコミックス アライブシリーズ)
Amazon Kindle B☆W


(MFコミックス フラッパーシリーズ)
Amazon Kindle B☆W


(モーニング KC)
Amazon Kindle B☆W


(モーニング KC)
Amazon Kindle B☆W


(モーニング KC)
Amazon Kindle B☆W


(ガンガンコミックスJOKER)
Amazon Kindle B☆W


(ガンガンコミックスJOKER)
Amazon Kindle B☆W


(ガンガンコミックスpixiv)
Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W

11月20日

Kindle B☆W


(富士見ファンタジア文庫)
Amazon Kindle B☆W


(富士見ファンタジア文庫)
Amazon Kindle B☆W


(富士見ファンタジア文庫)
Amazon Kindle B☆W


(富士見ファンタジア文庫)
Amazon Kindle B☆W


(富士見ファンタジア文庫)
Amazon Kindle B☆W


(富士見ファンタジア文庫)
Amazon Kindle B☆W


(富士見ファンタジア文庫)
Amazon Kindle B☆W


(TOブックス)
Amazon Kindle B☆W


(TOブックス)
Amazon Kindle B☆W


(TOブックス)
Amazon Kindle B☆W


(TOブックス)
Amazon Kindle B☆W


(GCN文庫)
Amazon Kindle B☆W

11月19日

(ヤングジャンプコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(ヤングジャンプコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(ヤングジャンプコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(ヤングジャンプコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(ヤングジャンプコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(サンデーGXコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(サンデーGXコミックス)
Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W

11月18日

(ガガガ文庫)
Amazon Kindle B☆W


(ガガガ文庫)
Amazon Kindle B☆W


(ガガガ文庫)
Amazon Kindle B☆W


(ガガガ文庫)
Amazon Kindle B☆W


(ガガガ文庫)
Amazon Kindle B☆W


(ガガガブックス)
Amazon Kindle B☆W


(少年サンデーコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(少年サンデーコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(少年サンデーコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(少年サンデーコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(少年サンデーコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(ヤンマガKCスペシャル)
Amazon Kindle B☆W


(ヤンマガKCスペシャル)
Amazon Kindle B☆W


(ヤンマガKCスペシャル)
Amazon Kindle B☆W


(ヤンマガKCスペシャル)
Amazon Kindle B☆W


(ヤンマガKCスペシャル)
Amazon Kindle B☆W


(ヤングチャンピオン烈コミックス)
Amazon Kindle B☆W

11月17日

(電撃の新文芸)
Amazon Kindle B☆W


(電撃の新文芸)
Amazon Kindle B☆W


(電撃の新文芸)
Amazon Kindle B☆W


(星海社FICTIONS)
Amazon Kindle B☆W


(星海社FICTIONS)
Amazon Kindle B☆W


(星海社FICTIONS)
Amazon Kindle B☆W


(星海社FICTIONS)
Amazon Kindle B☆W


(KCデラックス)
Amazon Kindle B☆W


(KCデラックス)
Amazon Kindle B☆W


(KCデラックス)
Amazon Kindle B☆W


(KCデラックス)
Amazon Kindle B☆W


(KCデラックス)
Amazon Kindle B☆W


(アフタヌーンKC)
Amazon Kindle B☆W


(マガジンエッジKC)
Amazon Kindle B☆W


(マガジンエッジKC)
Amazon Kindle B☆W


(マガジンエッジKC)
Amazon Kindle B☆W


(講談社コミックス)
Amazon Kindle B☆W


(講談社コミックス)
Amazon Kindle B☆W


(フロース コミック)
Amazon Kindle B☆W

11月16日

(アース・スターノベル)
Amazon Kindle B☆W


(アース・スターノベル)
Amazon Kindle B☆W


(アース・スターノベル)
Amazon Kindle B☆W


(アース・スターノベル)
Amazon Kindle B☆W


(アース・スターノベル)
Amazon Kindle B☆W


(アース・スターノベル)
Amazon Kindle B☆W

11月15日

(富士見L文庫)
Amazon Kindle B☆W


(富士見L文庫)
Amazon Kindle B☆W


(富士見L文庫)
Amazon Kindle B☆W


(富士見L文庫)
Amazon Kindle B☆W


(富士見L文庫)
Amazon Kindle B☆W


(富士見L文庫)
Amazon Kindle B☆W


(Gファンタジーコミックス)
Amazon Kindle B☆W

11月12日

(GA文庫)
Amazon Kindle B☆W


(GA文庫)
Amazon Kindle B☆W


(GA文庫)
Amazon Kindle B☆W


(GA文庫)
Amazon Kindle B☆W


(GA文庫)
Amazon Kindle B☆W


(GA文庫)
Amazon Kindle B☆W


(GA文庫)
Amazon Kindle B☆W


(宝島社)
Amazon Kindle B☆W


(星海社COMICS)
Amazon Kindle B☆W


(ゲッサン少年サンデーコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(ゲッサン少年サンデーコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(サンデーうぇぶりSSC)
Amazon Kindle B☆W


(ビッグコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(アース・スター コミックス)
Amazon Kindle B☆W


(メテオCOMICS)
Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


11月11日

(裏少年サンデーコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(アクションコミックス(月刊アクション))
Amazon Kindle B☆W

11月10日

(BLADEコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(BLADEコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(BLADEコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(MFコミックス アライブシリーズ)
Amazon Kindle B☆W


(電撃文庫)
Amazon Kindle B☆W


(電撃文庫)
Amazon Kindle B☆W


(電撃文庫)
Amazon Kindle B☆W


(電撃文庫)
Amazon Kindle B☆W


(電撃文庫)
Amazon Kindle B☆W


(電撃文庫)
Amazon Kindle B☆W


(電撃文庫)
Amazon Kindle B☆W


(電撃文庫)
Amazon Kindle B☆W


(電撃文庫)
Amazon Kindle B☆W


(電撃文庫)
Amazon Kindle B☆W


(電撃文庫)
Amazon Kindle B☆W


(電撃文庫)
Amazon Kindle B☆W


(カドカワBOOKS)
Amazon Kindle B☆W


(カドカワBOOKS)
Amazon Kindle B☆W


(カドカワBOOKS)
Amazon Kindle B☆W


(カドカワBOOKS)
Amazon Kindle B☆W


(カドカワBOOKS)
Amazon Kindle B☆W


(カドカワBOOKS)
Amazon Kindle B☆W


(カドカワBOOKS)
Amazon Kindle B☆W


(カドカワBOOKS)
Amazon Kindle B☆W


(カドカワBOOKS)
Amazon Kindle B☆W


(TOブックス)
Amazon Kindle B☆W


(TOブックス)
Amazon Kindle B☆W


(TOブックス)
Amazon Kindle B☆W

11月9日

(ドラゴンコミックスエイジ)
Amazon Kindle B☆W


(ドラゴンコミックスエイジ)
Amazon Kindle B☆W


(角川コミックス・エース)
Amazon Kindle B☆W


(角川コミックス・エース)
Amazon Kindle B☆W


(角川コミックス・エース)
Amazon Kindle B☆W


(角川コミックス・エース)
Amazon Kindle B☆W


(角川コミックス・エース)
Amazon Kindle B☆W


(KCデラックス)
Amazon Kindle B☆W


(KCデラックス)
Amazon Kindle B☆W


(KCデラックス)
Amazon Kindle B☆W


(KCデラックス)
Amazon Kindle B☆W


(シリウスKC)
Amazon Kindle B☆W


(シリウスKC)
Amazon Kindle B☆W


(シリウスKC)
Amazon Kindle B☆W


(シリウスKC)
Amazon Kindle B☆W


(シリウスKC)
Amazon Kindle B☆W


(シリウスKC)
Amazon Kindle B☆W


(シリウスKC)
Amazon Kindle B☆W


(シリウスKC)
Amazon Kindle B☆W


(講談社コミックス)
Amazon Kindle B☆W


(講談社コミックス)
Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W
11月6日

(角川書店単行本)
Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


(SQEXノベル)
Amazon Kindle B☆W


(SQEXノベル)
Amazon Kindle B☆W

11月5日

エンターブレイン
Amazon Kindle B☆W


(エンターブレイン)
Amazon Kindle B☆W


(ドラゴンノベルス)
Amazon Kindle B☆W


(ドラゴンノベルス)
Amazon Kindle B☆W


(ドラゴンノベルス)
Amazon Kindle B☆W


(PASH!コミックス)
Amazon Kindle B☆W


(PASH!コミックス)
Amazon Kindle B☆W


(フロース コミック)
Amazon Kindle B☆W


(フロース コミック)
Amazon Kindle B☆W


(KCデラックス)
Amazon


(KCデラックス)
Amazon


(アフタヌーンKC)
Amazon Kindle B☆W


(ヤンマガKCスペシャル)
Amazon Kindle B☆W


(ヤンマガKCスペシャル)
Amazon Kindle B☆W


(ヤンマガKCスペシャル)
Amazon Kindle B☆W


(ヤンマガKCスペシャル)
Amazon Kindle B☆W


(ヤンマガKCスペシャル)
Amazon Kindle B☆W


(ヤンマガKCスペシャル)
Amazon Kindle B☆W


Kindle B☆W

11月4日

(ジャンプコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(JUMP j books)
Amazon Kindle B☆W


(ジャンプコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(ジャンプコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(ジャンプコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(ジャンプコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(ジャンプコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(ジャンプコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(ジャンプコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(ジャンプコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(ジャンプコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(ジャンプコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(ジャンプコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(ジャンプコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(ジャンプコミックス)
Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W

Categories
最新コメント

Archives
記事検索
タグ絞り込み検索