GA文庫

見上げるには近すぎる、離れてくれない高瀬さん 2 ★★★★  



【見上げるには近すぎる、離れてくれない高瀬さん 2】 神田暁一郎/たけの このよう。 GA文庫

Amazon Kindle BOOK☆WALKER DMMブックス
「わたしが、一番近くて仲良し?」
エモさ満点の次世代身長差ラブコメ第2弾!


低身長が悩みの下野水希と高身長で人気者の高瀬菜央。身長差20センチの正反対な二人だが、席替えで隣になったり、一緒に登校したりと、確かに距離を縮めていた。
そんな中、初心者ながらサッカー部に加入した水希は、他の部員に追いつくため、一つ年上の先輩女子・魚見とよく一緒に練習するように。
一方、運動音痴な高瀬には球技大会の練習に付き合ってほしいと頼まれる。教室では高瀬、部活では魚見。二人に挟まれる水希だが――
「わたしが、一番近くて仲良し?」
距離を確かめるかのように、高瀬は想いをぶつけてきて!? エモさ満点の次世代身長差ラブコメ第2弾!

続きを読む

新婚貴族、純愛で最強です ★★★☆   



【新婚貴族、純愛で最強です】 あずみ朔也/へいろー GA文庫

Amazon Kindle BOOK☆WALKER DMMブックス
始まったのは、世界最強の新婚生活。

「私と結婚してくださいますか?」
没落貴族の長男アルフォンスは婚約破棄されて失意の中、謎の美少女フレーチカに一目惚れ。婚姻で授かるギフトが最重要の貴族社会で、タブーの身分差結婚を成就させる!
アルフォンスが得たギフトは嫁を愛するほど全能力が向上する『愛の力』。イチャイチャと新婚生活を満喫しながら、人並み外れた力で伝説の魔物や女傑の姉たちを一蹴。
気づけば世界最強の夫になっていた!
しかし花嫁のフレーチカを付け狙う不穏な影が忍び寄る。どうやら彼女には重大な秘密があり――!?
規格外な最強夫婦の純愛ファンタジー、堂々開幕!!

続きを読む

陽キャになった俺の青春至上主義 ★★★★★   



【陽キャになった俺の青春至上主義】 持崎湯葉/にゅむ GA文庫

Amazon Kindle BOOK☆WALKER DMMブックス
【陽キャ】と【陰キャ】。
世界には大きく分けてこの二種類の人間がいる。
限られた青春を謳歌するために、選ぶべき道はたったひとつなのだ。
つまり――モテたければ陽であれ。

元陰キャの俺、上田橋汰は努力と根性で高校デビューし、陽キャに囲まれた学校生活を順調に送っていた。
あとはギャルの彼女でも出来れば完璧――なのに、フラグが立つのは陰キャ女子ばかりだった!?
ギャルになりたくて髪染めてきたって……いや、ピンク髪はむしろ陰だから!

GA文庫大賞《金賞》受賞、陰陽混合ネオ・アオハルコメディ!
新青春の正解が、ここにある。

続きを読む

ヴァンパイアハンターに優しいギャル ★★★★  



【ヴァンパイアハンターに優しいギャル】 倉田和算/林けゐ GA文庫

Amazon Kindle BOOK☆WALKER DMMブックス
光のギャルと闇のヴァンパイアハンターが織り成す、デコボコ学園(非)日常コメディ!
「私は元、ヴァンパイアハンターだ」
「……マジ?」
どこにでもいるギャルの女子高生、琉花のクラスにヤベー奴が現れた。
銀髪銀眼、十字架のアクセサリーに黒の革手袋をした美少女・銀華。
その正体は、悪しき吸血鬼を追う狩人だった。
銀華の隠された秘密を琉花は偶然知ってしまうのだがーー
「まさか、あんた……すっぴん!?」
「そうだが……?」
琉花の関心は銀華の美貌の方で!?
コスメにプリにカラオケに、時に眷属とバトったり。
最強JKには日常も非日常も関係ない。
だってーーあたしらダチだから!

光のギャルと闇の狩人が織り成す、デコボコ学園(非)日常コメディ!

続きを読む

『ずっと友達でいてね』と言っていた女友達が友達じゃなくなるまで 3 ★★★☆   



【『ずっと友達でいてね』と言っていた女友達が友達じゃなくなるまで 3】  岩柄イズカ/maruma(まるま) GA文庫

Amazon Kindle BOOK☆WALKER DMMブックス
「ユーマは、なんで……わたしとキスしそうに、なったの?」
お泊まりでのキス事件からお互いにぎくしゃくした空気が続いていたゆいと優真。お互い自分の気持ちに気づき始めたけれど、最後の一歩を踏み出せずにいるなか、訪れた林間学校で今度こそふたりは思いを伝えることになり……。
「絶対ちゃんと、わたしから気持ち、伝えるから! ……それまで、待っててほしい……」
“ずっと友達同士”でいるはずだったふたりの関係にもついに進展の気配が訪れる――。
内気な白髪美少女と織りなす、甘くてもどかしい青春グラフィティ、完結の第3巻。

続きを読む

冷たい孤高の転校生は放課後、合鍵回して甘デレる。 ★★★☆   



【冷たい孤高の転校生は放課後、合鍵回して甘デレる。】 千羽十訊/ミュシャ GA文庫

Amazon Kindle BOOK☆WALKER DMMブックス
やっと二人きりになれましたね?
一つ屋根の下、人付き合いが苦手な男女の不器用で甘い恋の物語。

交流は不必要、他者には常に不干渉。そんな人間嫌いの香良洲空也の隣の席に転校生がやって来る。
ファティマ・クレイ。容姿端麗だが、終始無言で無愛想。空也もいつも通りの無関心でよかったはず――彼女が"同じ家族"でなければ。
一緒に買い物へ出掛けたり、ごはんを作ったり。実は祖母の養子であった彼女となし崩し的に始まる半同棲生活。
でも、これ以上は踏み込めない。お互いの共通点が『人間嫌い』だと知っているから。けれど、「好きだ」という気持ちはもう抑えきれなくて――。
これは一つ屋根の下で芽生える恋の物語。

続きを読む

見上げるには近すぎる、離れてくれない高瀬さん ★★★★   



【見上げるには近すぎる、離れてくれない高瀬さん】 神田暁一郎/たけの このよう。 GA文庫

Amazon Kindle BOOK☆WALKER DMMブックス
身長差20センチ――だけど距離感0センチ

「自分より身長の低い男子は無理」
低身長を理由に、好きだった女の子からフラれてしまった下野水希。
すっかり自信を失い、性格もひねくれてしまった水希だが、そんな彼になぜかかまってくる女子がいた。
高瀬菜央。誰にでも優しくて、クラスの人気者で――おまけに高身長。傍にいるだけで劣等感を感じる存在。
でも、大人びてる癖にぬいぐるみに名前つけたり、距離感考えずにくっついてきたりと妙にあどけない。
離れてほしいはずなのに。見上げる彼女の素顔はなんだかやけに近く感じて。
正反対な二人が織りなす青春ラブコメディ。身長差20センチ――だけど距離感0センチ。

続きを読む

転生魔王の大誤算 5 ~有能魔王軍の世界征服最短ルート ★★★☆   



【転生魔王の大誤算 5 ~有能魔王軍の世界征服最短ルート】  あわむら赤光/kakao GA文庫

Amazon Kindle BOOK☆WALKER DMMブックス

ある日、気付くと魔王城の暮らしとはほど遠い庶民の生活を送っていたケンゴー。ルシ子やアス美いわく、自分たちは魔将などではなく、幼なじみのご近所さん!?

何者かに常識を書き換えられた幻惑攻撃の一種だと即座に見破ったケンゴーだったが、魔王扱いされない生活って逆にご褒美なんですけど! 庶民生活最高! むしろ一生続いてもいいのにと思いはじめた矢先――あれ?
「お前も幻惑されてないのかよ!?」
なぜかベル乃も元の記憶を残していると判明。その意外な理由が明らかになる時、彼女の内面を知り、ケンゴーは自ら魔王になる決意をする。
守るべき者のため名君であり続ける最強サクセスストーリー第5弾!!

続きを読む

天才王子の赤字国家再生術 12 ~そうだ、売国しよう ★★★★   



【天才王子の赤字国家再生術 12 ~そうだ、売国しよう】  鳥羽 徹/ファルまろ GA文庫

Amazon Kindle BOOK☆WALKER DMMブックス
アースワルド帝国の皇位継承戦も決着し、ようやくナトラ王国にも平穏が訪れたかに見えた。
だが、ナトラ王国と、その王子であるウェインには、さらなる試練が待ち構えていた。
帝国の皇位継承問題をも凌駕する、ナトラを根幹から揺るがす大波乱。
シリーズ第12弾、ここに開幕!

帝国の皇位継承戦が終息し、大陸の情勢は新たな局面を迎えていた。
帝国は安定を取り戻しつつあり、西側からはカルドメリアが来訪するなど、ウェインは依然として東西の間で難しい舵取りを求められていた。
そんな折、ナトラ国内に新たな動きが生じる――フラム人による独立国家。
そして本人も望まぬ形で、その渦中へと巻込まれていくニニム。
内憂外患、かつてない試練に直面するウェインにさらなる衝撃が。

「――お兄様、今いいかしら?」

思い詰めたフラーニャから発せられたひと言が、ナトラを揺るがす。
ニニムの苦悩、フラーニャの決意。疾風怒濤の第12弾!



続きを読む

お隣の天使様にいつの間にか駄目人間にされていた件 4 ★★★☆   



【お隣の天使様にいつの間にか駄目人間にされていた件 4】 佐伯さん/はねこと GA文庫

Amazon Kindle BOOK☆WALKER DMMブックス

『私にとって……彼は一番大切な人ですよ』
真昼が落とした爆弾発言に騒然とする教室で、彼女の想いを計りかねる周は、真昼の隣に立つに相応しい人間になることを決意する。
容姿端麗、頭脳明晰、非の打ち所のない真昼。信頼を寄せてくれる彼女に追いつくべく、身体を鍛え、勉学に励む周。
そんな周の思惑を知ってか知らずか、真昼の方も関係性を変えようと、一歩踏み出すことを考えるようになっていた――
WEBにて絶大な支持を集める、可愛らしい隣人との甘く焦れったい恋の物語、第四弾。

続きを読む

みんなのアイドルが俺にガチ恋するわけがない ★★★   



【みんなのアイドルが俺にガチ恋するわけがない】 羽場楽人/らんぐ GA文庫

Amazon Kindle BOOK☆WALKER DMMブックス
女の子の本音は厄介でかわいい。
自分と向き合う、ちょっと不思議な分裂系(ギャップ)ラブコメ。

「君のように虹を浴びて影が勝手に動くことを、分裂現象と呼ぶ」
夜に虹がかかる不思議な島「夜虹島」では、虹に降られた者は自分の影(レプリカ)が勝手に歩き出す伝承がある。そんな島で俺こと瀬武継陽はある夜、自分の影(レプリカ)を追う元人気アイドル恵麻久良羽に出会った。分裂現象に悩む彼女を助けるために協力を申し出るも、
「男の人と馴れ合うつもりはないから」
と俺の話に耳を傾けない久良羽(オリジナル)。一方で……
「継陽くんだけは、アイドルのクラウが恋愛してもいい唯一の男の子」
俺へ好意を寄せるクラウ(レプリカ)。
まるで正反対な態度を見せる二人の久良羽(クラウ)は、どっちが本物の想いなのか――!?
女の子の本音は厄介でかわいい!?
恋を隠せないギャップラブコメ。


続きを読む

ゴブリンスレイヤー 16 ★★★☆   



【ゴブリンスレイヤー 16】  蝸牛くも/神奈月昇 GA文庫

Amazon Kindle BOOK☆WALKER DMMブックス

蝸牛くも×神奈月昇が贈るダークファンタジー第16弾!

「やっぱり嬉しい? あの子たちが勝ってるの」

馬上槍試合に沸き立つ王都へやってきたゴブリンスレイヤーたち。
試合で活躍する圃人剣士、そして少年魔術師の成長を見守り、束の間の休息を楽しむ彼らだが、再会した王妹が倒れた事で事態は急変する。
王妹は何者かに"呪われて"おり、熱狂渦巻く王都の裏には――邪悪な灰の気配が広がりつつあった。
急遽王妹の代役を引き受けることになった女神官。そして――。

「ゴブリンならば、俺が行こう」

ゴブリンスレイヤーは王命を受け、その根源に立ち向かう!
蝸牛くも×神奈月昇が贈るダークファンタジー第16弾!

続きを読む

やたらと察しのいい俺は、毒舌クーデレ美少女の小さなデレも見逃さずにぐいぐいいく 6 ★★★★   



【やたらと察しのいい俺は、毒舌クーデレ美少女の小さなデレも見逃さずにぐいぐいいく 6】 ふか田さめたろう/ふーみ GA文庫

Amazon Kindle BOOK☆WALKER DMMブックス
これはハッピーエンドが約束された、すれ違いゼロの甘々ラブストーリー

小雪と直哉の出会いから季節は一巡し、三年生の春を迎える。晴れて婚約者となった二人は学校公認の恋人として扱われるようになり、クラスメイトの恋を応援したり新聞部に取材されたりと「猛毒の白雪姫」のあだ名も懐かしく思えるほど、慌ただしくも楽しい毎日を過ごしていた。
ゆっくりと距離を縮めていこうとする二人の生活は続き、どこまでもハッピーエンドが約束された未来へと向かう。
高校卒業、大学進学、そして――。
「好き」同士が織りなす、すれ違いゼロの甘々ラブコメディ、第6弾。



続きを読む

ルーン帝国中興記 2 ~平民の商人が皇帝になり、皇帝は将軍に、将軍は商人に入れ替わりて天下を回す ★★★☆   



【ルーン帝国中興記 2 ~平民の商人が皇帝になり、皇帝は将軍に、将軍は商人に入れ替わりて天下を回す】  あわむら赤光/ Noy GA文庫

Amazon Kindle BOOK☆WALKER DMMブックス
ハ・ルーン皇帝ユーリフェルトは「奇跡の一夜」を経て将軍と入れ替わり、帝室秘伝の幻影魔法を戦場へ持ち込むことで、連勝を重ねていた。
対する敵国トルワブラウは、この事態を重く見て同じく王家秘伝の火炎魔法を以って大反攻を実行する!
さしものユーリフェルトも渋面、
「恐るべきは"薊姫"の火炎魔法か。手妻に等しい余の魔法とは大違いだ」
魔法対魔法! 戦場の勝者となるのはユーリフェルトか、"薊姫"か。
燎原の火に呑まれんとする帝国に、果たして時代の風は吹くか――
皇帝となったセイも暗躍し、商人グレンが活躍す、三英雄共鳴のシャッフル戦記、待望の第2弾!!

続きを読む

処刑少女の生きる道(バージンロード) 7.ロスト ★★★☆  



【処刑少女の生きる道(バージンロード) 7.ロスト】  佐藤真登/ニリツ GA文庫

Amazon Kindle BOOK☆WALKER DMMブックス

「だから、この【時】を懸けて、あの子を取り戻すのよ」

導師『陽炎』との激戦から半年。
第一身分に追われるメノウたちは、北の大地にいた。
マヤの持つ1000年前の記憶によれば、北の空に浮かぶ四大人災・星骸の白濁液内に眠る“情報"がアカリを取り戻すための鍵になるという。
10年に一度の“孵化"のタイミングを狙い、第一身分の追っ手をかわしながら星骸に接近するメノウ一行。
しかしその前に、最強の神官にして【白】の代行者・異端審問官ミシェルが立ちはだかり――。

新章突入! 吹雪のなか、“星落とし"の幕が開く。
彼女が彼女を殺すための物語、廻天の第7巻!!

続きを読む

『ずっと友達でいてね』と言っていた女友達が友達じゃなくなるまで 2 ★★★★   



【『ずっと友達でいてね』と言っていた女友達が友達じゃなくなるまで 2】  岩柄イズカ/maruma(まるま) GA文庫

Amazon Kindle BOOK☆WALKER

生まれつきの白髪がコンプレックスで友達もおらず引きこもりだったゆいを連れ出し、少しずつ心を通わせてきた優真。
春から同じ高校に入学した二人。
ゆいに友達ができるか心配していたが、優真の手助けもあって順調にクラスメイトと仲良くなっていく。
それと同時に、お互い相手を異性としてどんどん意識するように。近づく優真とゆいの距離。
しかし“友達として"の関係との狭間で、二人の想いは揺れ動く……。
内気な白髪美少女と織りなす、甘くてもどかしい青春グラフィティ、第2弾。

続きを読む

天才王子の赤字国家再生術 11 ~そうだ、売国しよう ★★★★   



【天才王子の赤字国家再生術 11 ~そうだ、売国しよう】  鳥羽 徹/ファルまろ GA文庫

Amazon Kindle BOOK☆WALKER
「この帝位争奪戦を終わらせます」

兄皇子達の失点を好機と捉え、一気に勝負を仕掛ける帝国皇女ロウェルミナ。
しかし兄皇子の陣営には帝国士官学校時代の友人、グレンとストラングの姿があり、
彼らもまた起死回生に打って出ようと試みる。

かくして政略と戦略が入り乱れ、各陣営が削り合う中、それに呼応してレベティア教と
東レベティア教も動き出し、更にはウェインも舞台に介入すべく帝国へと踏み入ることで、
いよいよ大陸東部の混迷は頂点を迎える。

ただ一つの至高の座に就くのは、果たして誰になるのか。吹き荒れる戦乱の嵐。
大陸の歴史を左右する転換点となる第十一弾!


続きを読む

ブービージョッキー!! ★★★★   



【ブービージョッキー!!】 有丈ほえる/Nardack GA文庫

Amazon Kindle BOOK☆WALKER
「わたしの馬に乗ってくれますか?」
若き騎手の前に現れたのは――超絶美女の馬主だった!?
萌えて燃える、熱狂必至の競馬青春コメディ!

19歳の若さで日本最高峰の重賞競走・日本ダービーを制した風早颯太。
しかしそんな栄光も今は昔。勝てなくなり、ブービージョッキーと揶揄される颯太の前に現れたのは――
「この子に乗ってくれませんか?」
可憐なサラブレッドを連れた、超セレブなお姉さんだった!?
「わたしが下半身を管理します! 」
「トレーニングの話ですよね!?」
美女馬主・美作聖来&外見はお姫様なのに中身は怪獣の超優良血馬・セイライッシキ。
ふたりのセイラに翻弄されながらも、若き騎手は見失っていた情熱を取り戻していく。
「あなたのために勝ってみせます」
萌えて燃える、熱狂必至の競馬青春コメディ。各馬一斉にスタート!

続きを読む

奇世界トラバース ~救助屋ユーリの迷界手帳 ★★★☆   



【奇世界トラバース ~救助屋ユーリの迷界手帳】 紺野千昭/大熊まい GA文庫

Amazon Kindle BOOK☆WALKER
秘の巨竜が棲む“迷界”から少女を救い出せ!

知略と勇気で未知の世界を切り開く、異界探索アドベンチャー!

門の向こうは未知の世界─迷界(セフィロト)─
ある界相は燃え盛る火の山。ある界相は生い茂る密林。
神秘の巨竜が支配するそこに数多の冒険者たちが挑むが、生きて帰れるかは運次第──
そんな迷界で生存困難になった者を救うスペシャリストがいた。彼の名は「救助屋」のユーリ。

「金はもってんのかって聞いてんの。救助ってのは命がけだぜ?」

一癖も二癖もある彼の下にやってきた少女・アウラは、迷界に向かった親友を救ってほしいと依頼する。

「私も連れて行ってください!」

目指すは迷界の深部『ロゴスニア』。
危険に満ちた旅路で二人が目にするものとは!? 心躍る冒険譚が開幕!
続きを読む

やたらと察しのいい俺は、毒舌クーデレ美少女の小さなデレも見逃さずにぐいぐいいく 5 ★★★★   



【やたらと察しのいい俺は、毒舌クーデレ美少女の小さなデレも見逃さずにぐいぐいいく 5】 ふか田さめたろう/ふーみ GA文庫

Amazon Kindle BOOK☆WALKER
照れ隠しに毒舌が飛び出してしまうクール(?)美少女との
すれ違いゼロの甘々ラブコメディ、第5弾!

許嫁騒動を乗り越えた小雪と直哉は、徐々に二人の将来について深く考えるようになり始めていた。
余命のあるうちに孫娘の晴れ姿を見たいと騒ぐ小雪の祖父もやってきたことで、ますます具体的な未来について意識してしまうようになる。
お互いにもやもやしながら行くことになった修学旅行の京都で、交友関係の広がった小雪の姿を微笑ましく眺める直哉。訪れた縁結びの神社で二人の目の前に現れたのは、“やたらと察しのいい"“銀色の髪"の女の子だった――。
天邪鬼な美少女と、人の心が読める少年の、すれ違いゼロの甘々ラブコメディ、第5弾。
お祖父さん、プロローグのそれも冒頭で既に直哉に陥落させられちゃってるw 小雪パパのハワード氏も速攻!って感じで好感度MAXにさせられてたけれど、直哉って白金家特攻入りすぎじゃなかろうか。具体的にはノーランド家の方か。
というわけでアーサーの件は祖父の先走りということで正座反省させられて、改めて今お付き合いしている直哉と小雪の間での許嫁問題が持ち上がるのでありました。その前に、二人きりでお泊りさせられつつ直哉は小雪に手を出してはいけません、というお預け禁欲お泊り会という色々な意味でお試しされるイベントが開催されることに。
いやもう予想以上というか想像以上にガチの新婚夫婦なんですけど、この二人の雰囲気。恋人に成り立ての初々しさというかお互い距離感を探り合うという過程がもうとっくの昔に通り過ぎちゃってるので、二人きりで家で過ごしている時間がもう家庭的な雰囲気で満たされてるんですよね。イチャイチャしてるし甘酸っぱいんだけれど、それがしつこくなくベタベタしすぎずさらりとして自然で馴染んじゃってるんだなあ、これ。
むしろ、いつもなら余裕綽々の直哉の方が、やたら無防備な小雪の脇の甘さに、つんつんしながら甘えてくるという高級テクニックを天然でやらかしてくる彼女に、もうこれ誘ってるよね、と言わんばかりに鼻先で人参ぶら下げられて、おうおう、と耐えている様子が何とも微笑ましく。いやもうこれ、襲ってもいいんじゃないかね?
何にしろ、もうこの様子を見せられると明日から結婚しても何の支障もないんじゃね? というくらい違和感のない二人なのでありました。この体験が直哉の歯止めをふっとばしたんだろうなあ。
彼の読心能力と言って過言ではない、読心どころか未来予知と言っていいくらいの察しの良さ。というかこれ、読心に未来予知に鑑定スキルをあわせたようなもうアカシックレコードリーディングじゃないの? と言わんばかりの超常の能力(これより父親の方が現状能力が高いという恐怖)を有した直哉は、まあ今更なんだけれど何でもかんでも心の内から相手の見ていない所での行動など全部お見通しのバレバレという、非常に付き合いづらい相手なんですよね。もうプライベートなんて皆無になってしまう。そんな相手に未だに無駄な抵抗としりながらツンツン憎まれ口を叩き、でも本心をさらけ出すことを厭わず、何もかも知られてしまっている事にうきゃーとなりつつでも丸ごと受け入れてて毛ほども嫌がっていなくて、むしろ最近では全部知られてしまっている前提で物事を考えちゃってる小雪のあの適応能力というか鈍感さというか包容力は、直哉にとって唯一無二。これを逃すともう二度と出会えない運命の人なんですよね。直哉に全部知られているのに、というか本人の目の前でサプライズサプライズと連呼しながらサプライズプレゼントを選ぶための相談をし、渡すためのパーティーを強行するこの開き直った大胆さというか大雑把さw(サプライズとはw
二人共お互いに、相手のことが好きで好きでたまらない、というのが伝わってくる、今までで一番ダイレクトに伝わってくる、それを書き殴るための幸福な一冊でありました。もう伝わってくる幸せオーラがたまんないんですよね。こっちまで幸せな気分になってくる多幸感がもうすごい。
ただ気持ちがすれ違わない、イチャイチャしてるだけのラブコメだったら、こんなに幸せには見えないでしょう。尊く感じないでしょう。楽しく愉快に、ちゃんと噛み合って信頼しきってお互いの特異性を受け入れきって、その上で好きな人を幸せにすることに二人で全力だったからこその、多幸感だったように思います。また、二人だけで先走らず、周りを一緒に巻き込んで、周りからも祝福してもらえる、そういう空気だからこそ、というのもありますよね。
これだけ分厚く下地をガンガン積み重ねたからこそ、結婚しよう!となる超高速展開もまったく違和感なく、むしろよし結婚しろ! となるのはこの作品ならではだったんじゃないでしょうか。他の作品のラブコメなら、学生の段階で結婚だなんだ、という話になったら尚早すぎて現実感薄かったり空々しかったり、という風になってしまうのが、本作だとほんともう早く結婚しちゃえよ、でしたもんね。家族友人含めて周りの空気も、容認どころか後押しするものでしたし、直哉と小雪はもう今すぐ家庭を持っても違和感のない貫禄も出来上がっていましたしねえ。
満を持しての大団円でありました。完膚なきまでのハッピーエンド。と、思ったのですが、いやハッピーエンドはハッピーエンドだったのですけれど、甘いものならいくらでも入るよ! とばかりに、延長戦の番外編、短編集とは明言されていないですけれど、ひたすらイチャイチャする話が六巻として続くらしく、いやはやまだまだこの二人を中心としたみんなの面白おかしいラブコメ、ずっと読んでいたい見ていたいと思う希望願望を叶えてくれるご様子で、ありがたやありがたや。


ルーン帝国中興記~平民の商人が皇帝になり、皇帝は将軍に、将軍は商人に入れ替わりて天下を回す ★★★☆   



【ルーン帝国中興記~平民の商人が皇帝になり、皇帝は将軍に、将軍は商人に入れ替わりて天下を回す】  あわむら赤光/ Noy GA文庫

Amazon Kindle BOOK☆WALKER
それは、奇跡の一夜の物語。
商人、皇帝、将軍が一つの酒席で議論を交え、互いの立場を批難し、最後に声を揃えてこう言った。
――だったら、おまえが代わってみろ!
売り言葉に買い言葉で、立場を入れ替える三人。
帝室に伝わる秘伝の魔法を使い、その夢物語を現実のものとしたのだ。
そしてその夜をきっかけに、滅びかけの帝国で終わらない復活劇が始まった!
「じゃあ俺、今日から皇帝やりまーす! 」
商人セイは皇帝となり民が富む善政を敷き。
皇帝ユーリは帝室魔術を戦場に持ち込み。
将軍グレンはその剣で市井の平和を守る。
そう。彼らは今、ここでこそ輝けるのだ!
己の真価を発揮させ、適材適所に響き合う三英雄共鳴のシャッフル戦記、開幕!!
これ、後世から歴史として語られる視点があるからには、三人の入れ替わりって表沙汰になっているんだ。
最初は、セイとユーリ、グレンの三人が顔が一緒のそっくりさんでも何でも無く、見た目完全に別人にも関わらず入れ替わり出来ているし、歴史書にも入れ替わりが記述されている事から最初から周知の上で立場入れ替えたのかな、と思わされたんですよね。
いや、そんなの周辺が認めるのか? どうやって認めさせたんだ? とか思いながら。あくまでセイが皇帝やるのも代理として押し通したのかな、とか考えながら。
そっかー、魔術魔法ありってそういう事だったのかー。
前作が完全に魔法などのファンタジー要素なし(動物使役はあれファンタジーだよね)の戦記物だったのが、今回は魔法有りと宣言していらっしゃったので、てっきり戦場で火の球が飛び交ったり矢避けの風魔法とか、土木の土魔法とか派手な魔法が飛び交うそういう魔法ありの世界観なのかな、と思い込んでいたのですが、魔法ありとは言ってもかなり存在自体が限定的だったんですねえ。それも、わりと特殊な扱われ方で。
……いや、これ皇帝陛下の魔法って滅茶苦茶やばいんじゃないですか? ユーリ陛下はそれを戦場で使うことでデタラメな戦果をあげることに成功するわけですけれど、この魔法の効果ならむしろ政治無双出来るんじゃないだろうか。相手の弱みとか情報全部丸裸ですよ?
そういう政争方面に全く魔法を活かす発想がなかったあたりに、この皇帝陛下の政治センスのなさ、というか寝技下手が伺えます。別に正々堂々ってタイプじゃないんですけどね。戦場でグレンと入れ替わって将軍やる際には卑怯も卑怯、これぞ本来のズルって意味のチートじゃね? というやり方で勝利をもぎ取っているわけですし、それで悪びれるわけでもない。
ただ、面と向かってだと嘘や騙しでひねくり倒すことができず、どうしても正論正論で強引に押し通そうとしてしまう性格が、政治方面に不向きなんだろうなあ。若さ故の荒さであり産まれたときから一番偉かった人間であるが故に相手の立場に立ってみるという経験や想像力を働かす場がなかった故の弊害というべきか。
今はうまくいっているけれど、一番いざというときの経験が少ないのがユーリ陛下なだけにいつまでも順風満帆とはいかなさそうなのが彼な気がするんだよなあ。そもそも、ぐだぐだと机上で理論こねくり回しているばかりの政治の場よりも、変転する現実に直面している最前線の方が正論が押し通し易い、とは言っても程度の問題で、最前線の現場だって交渉力や政治力は必要となってくるし人間関係や感情を拗らせた場合一番酷いことになるのも最前線でもあるんですよね。さてどうなることやら。

一方で一番土壇場に強そうなのが、皇帝の座についたセイなのでしょう。商人が皇帝という専制君主をやる、って相当に危ういんじゃないか。利益追求、金を儲けることが至上である商人が、儲けるという視座を踏み台にしてより高所から遠望して、時に損も背負いながら物事を進めていくのが公共であり、それを仕切る政治家の長になる、というのは適性が微妙にズレている上にそうそううまく行くとは思えない部分もあったのですが……いやこれ、セイって人物的にむしろ商人よりも政治家タイプなんじゃないかしら。
商人特有のガツガツした妄念があんまり見えないタイプなんですよね。初登場時も、友人と遊び歩いていたように享楽的で、儲け話に目がない、という感じでもなかったですし。兄弟蹴落として三代目として継いだ大商会も、それ以上大きくする野望とか市場を独占してやろうとかいう我欲も見えず、放っといたら出来た部下たちが勝手に利益あげてくれる、と放任してしまっているようだし。まあ何もしなくても順当に儲けることの出来る構造を作り上げちゃっている、という事なんだろうけれど。
大まかに見て、セイって働き者じゃなくて怠け者タイプなんですよね。身代潰しそうなボンボンの三代目に見えてしまうような。
こういう自分が自分が、ではなくゆったり構えて自分の利益にあまり頓着することなく、必要なことを成せる、求められるというタイプは国政を指導するのにピッタリな人物に見えるんですよね。
実際、セイは皇帝の座についたあと、バリバリと働きまくって改革を進めていく……という風にはせず、凄まじい寝技で国政にはびこる病巣を一網打尽に一掃する方法に打って出ることになる。実に性格の悪さと享楽的な部分がにじみ出るやり方で。

さて、残るもうひとりの元将軍グレンさんはというと、セイの代わりに大商会の運営を……なんて出来るはずもなく。いや、将軍が簡単に大商人になんてなれないですよね。商売なんてやったことないでしょうし、その手に噛むだろう知将謀将タイプでもなく……ってか将軍としてもこの人って一騎当千タイプで組織まとめるのあんまり出来ないタイプだったでしょうこれ!?
いやでも、人望は厚かったみたいだし部下は鍛え上げられて精鋭として前線の軍勢の中でも練度を保ってたみたいなので統率が出来ないタイプではなかったんだろうけれど。
いずれにしても、グレンだけ商人に入れ替わったのに商人してないんですけど!?
この人の場合は商人になる、というよりも平民となり庶民となり市井の側に立つことが重要だったのかもしれない。
でもやってることはこれ、必殺仕事人ですよね!?
さながら時代劇の主人公である。世直しですか?
いやでも、昼間は商家の若旦那、しかし夜になれば凄腕の暗殺者で権力によって守られている表の秩序では仕留めることの出来ない巨悪を、闇から討ち果たし弱きものを助けて回るダークヒーロー。って感じで、ジャンルがなんか違いませんか!?w
いやでも、一番まっとうに格好良くてまっとうにモテてますなあ、グレンさん。モテるべくしてモテている風情、そりゃ女性陣もあんなふうに助けられたり、普段はぼんやりしている中でいざという時あんなに研ぎ澄まされた強さ頼もしさを見せられたら、惚れますよねえ。
それに比べて、エルフ姉妹のチョロいことチョロいこと。ユーリに仕えているエファも、セイのお目付け役として残された秘書官のミレニアも、懐柔のされ方ほだされ方がチョロいチョロい。エルフって種族的にチョロいのか、と思ってしまうくらいチョロいんですが。種族の特性と思われるとエルフも不本意だよな、これ。この姉妹限定だと思われます。

まだ始まったばかりですが、主にセイを主人公としていきなり宗教勢力との主導権争いという聖域に首突っ込んで、盛大に立ちふさがった壁を爆砕してのける結果となりましたが、果たして順風満帆に行くのはどこまでか。いずれどこかで、本職でない立場を適性とセンスだけでぶん回している弊害が出てくるとは思うのですが。
ともあれまだ始まったばかりで舞台は整いきっておらず、多分役者も舞台にはあがりきっていないはず。物語の本番はここからと心得たい。三者のシャッフル入れ替わりという構想がそもそも面白いだけに、ここからどう転がっていくのか期待しています。


ただ制服を着てるだけ 2 ★★★★   



【ただ制服を着てるだけ 2】  神田暁一郎/40原 GA文庫

Amazon Kindle BOOK☆WALKER

「私、あなたの『彼女』ですよ? ちゃんと『彼氏』らしく、優しくエスコートしてよね?」
同居生活を送る社畜・広巳とニセモノJK明莉。ヒミツの関係は広巳の店の従業員、舞香にバレてしまう。
「……え? マジに付き合ってないんですか? キモ〜い!」
バレても構わない明莉と職場の人間関係的に困る広巳、そんな中、明莉の職場の店長にもバレてしまう。
「あゆみ、直引きしてるだろ?」
店長の疑いを晴らすため二人は恋人関係を演じることに!? そんな日常の中、明莉の過去を知る人物が現れ、トラブルが起きてしまう――。
いびつな二人の心温まる同居ラブストーリー第2弾!

JKビジネスという夜の世界に生きる19歳のニセモノJK。その彼女を通して描かれる、その夜の世界から抜け出せずに藻掻く女性たちの姿を浮き彫りにする異色のライトノベル第二弾。
誰にも頼らずに独りで生きていくという強烈な自立心、誰かに依存して生きることへの拒否感にも似た反発心。そんな矜持を明莉が抱くに至った転落の人生がここでは語られている。
明莉の自分の半生を語ったエッセイの内容は決して軽はずみな事情ではなく、家庭家族の問題や環境によってどうしようもなく追い詰められ、JKビジネスの世界へと足を踏み入れ、そして昼の世界から足を踏み外して二度と這い上がれないまま、ズルズルと底へ底へと落ちていく、その悔しさに塗れた人生が赤裸々に描かれている。
母親が陥った精神的な病と依存症、それが明莉を追い詰めたのですから、彼女が誰かに頼り切りになって生きる依存という関係に忌避感を抱くのも当然だったのでしょう。
搾取されるのは絶対に許さず、だからといって無償の施しは受け入れられない。何も求めず、ただ与えてくれる広巳の存在に、彼によって助けられ今生活できている事実に一時は反発し彼のもとを飛び出した理由もよくわかります。
でも、広巳のそれはただ無償で与えるものではなく、哀れみや施しなんかじゃなかった事は、明莉にも何となく伝わっていたのでしょう。だから、彼女は戸惑いながらも彼にもとに戻ってきたのでした。
だからといって、広巳との関係が安定したわけでも定まったわけでもありません。周りに言い訳するために恋人という関係をでっち上げましたけれど、その関係を本物にしてしまって寄りかかるのは彼女の生き方に反してしまう。でも、本音を言うと彼の傍にいるのはただただ心地よい。
それでも広巳に住む所を提供してもらう以上は求めず、リフレを続けて彼に頼り切りにならずに生きていこうとした彼女ですけれど、広巳への頼り方というのはもう少し違った形もあったとは思うんですよね。でも、頼ること自体、彼女にとっては依存になってしまう忌避感に繋がっていたのでしょうか。
そんな彼女の自縄自縛に切れ目を入れてくれたのは、昔から明莉のことを見てくれていた
NPO法人の代表として夜の街を駆け回っている千秋というおばちゃんでした。なんていうんだろう、こういう人って本当にいるんですよね。上から目線の善意の人じゃなく胡散臭い鼻につく格好つけでもなく、自分は可哀想な人たちを助けてるんだという自負に鼻の穴を膨らませているのでもなく、幸せになるのが義務なんですと押し付けてくるでもなく、本当に同じ目線から寄り添う事を厭わず、想いを共有しようとしてくれる尊敬に値する人たちが。
千秋さんの言っていた、依存することは人が自立するためにむしろ必要な事なんだ、というセリフはちょっとした衝撃でありました。
誰かに頼れ、自分ひとりで背負い込むな。そんなたぐいの言葉は聞き飽きるくらい聞いた事があります。千秋の言葉はそれらと意味としては変わらないのかもしれません。でも、依存していいどころか依存することは必要なことなんだ、とまで強い言葉で言われるとハッとさせられるんですよね。普通なら届かない所まで言葉が届く。
勿論依存体質の人にそんな事を言えば逆効果ですし、千秋さんも正しい依存とは誰か独りに頼り切りになってしまうものではない、と。一つの依存を深めるのではなく、小さな依存を増やすのがいいんだ、とちゃんと言葉を尽くしてくれるのですが、依存という関係に過去の出来事から強烈な忌避感を抱いていた明莉にとって、むしろ依存は必要だという真逆の言葉は素直に受け入れられず納得いかないものだとしても、届きはしてるんですよね。しっかりと、明莉の心に刻まれることになる。
それは確かに、明莉の勇気に繋がったと思うんですよね。
誰かに頼る勇気。広巳という人に頼ってもいいんだ、と思える勇気。そして彼に頼り切りに寄りかかるのではなく、本当の自分を知ってもらうことで本物の自分を受け入れて貰うことで対等になる、そのためにすべてを打ち明ける勇気を。
どんな転落人生だろうと、それは明莉にとって必死に生き抜いてきた人生だった。ニセモノの制服を来て仮初の時間を与える仕事についている自分だけれど、後ろめたい間違いだらけの落ちぶれていくばかりだったこれまでだけれど、それこそが明莉にとっても本物だった。
それを彼は理解しようとしてくれた。彼女の、彼女たちの苦しさを辛い思いにお為ごかしじゃない優しさを投げかけてくれた。
それこそが、明莉に自分のこれまでの人生が「本物」だと、後悔はしても否定しない、それだけの勇気を与えてくれたのでしょう。
広巳との出会いは、そして今この夜の世界にいる自分に良くしてくれた人たちの出会えたことは幸せだった、と思える勇気を。
そうして積み重ねていけた勇気は、彼女に「本物の制服」を着る踏ん切りに繋がっていったのでした。
ああタイトルの【ただ制服を着てるだけ】ってここに繋がっていくのか、とエピローグを見て思わず感じ入ってしまいました。
そうして、広巳と明莉の関係は、こうしてお互いを「支え合う」関係に至ったんじゃないだろうか、と思いつつ、読後の余韻を噛みしめるのでした。


我が驍勇にふるえよ天地 11 ~アレクシス帝国興隆記 ★★★★   



【我が驍勇にふるえよ天地 11 ~アレクシス帝国興隆記】  あわむら赤光/ニリツ GA文庫

Amazon Kindle BOOK☆WALKER

吸血皇子と冷血皇子。
ともにクロードの皇子として生をうけながら、母親の身分の低さゆえに侮られ続けた二人の怪物が激突す。

「――俺の覇業に立ちはだかるのは、レオナートかもしれん」

かつての予測を見事に的中させたキルクスは万全の軍備を整え、一切の容赦も斟酌もなく、途上にある尽くを蹂躙しながら迫り来る!
その進軍を遅らせんと寡兵で挑むアランの命運や如何に? 半分血を分けた兄との決戦に臨むレオナートの命運や如何に?
そして暗闇より放たれた刃にシェーラの命運は――

痛快にして本格なるファンタジー戦記、堂々完結の第11弾!!
これ、一旦シェーラは完全に戦略的に負けちゃってるんですよね。アレクシス軍が敗北を避けられたのは、個々の将帥が献身的にその全身全霊を傾けて各々の戦場で粘ってくれたからであって、一箇所でも敗走していたら全軍が瓦解していたと思うと、ゾッとしないですわ。
恐るべきは、アレクシス軍にはシェーラに匹敵する人類史最高峰の戦略家が在籍していたということで、レイヴァーンが味方にいるってなんかバグってないですかね、戦力比。
重ね重ね、アドモフ帝国になんで勝てたんですかね!? あの国の人材と戦力をそのまま吸収できたことで、実質倍どころか3倍5倍とアレクシス軍って強化されてたんじゃないだろうか。内部分裂してなかったら、どう考えても勝てなかったでしょう、あれ。
そんでもあって、アレクシス軍に吸収された結果、アドモフ帝国の分裂していた政軍がほぼ統一された形で全力発揮できるようになった、というのはもうなんというか敵対国からすると反則としか思えなかったんじゃないだろうか、これ。
にしても、まさかよりにもよってトラーメさんが退場することになるとは思わなかった。キャラクターとして一番しぶとく生き汚い人でありポディション的にも一番死ににくい人であり、戦力的にもアレクシス軍の中で替えの居ない唯一無二の人材であってこの人が居なくなった場合のアレクシス軍が受けるダメージ、機能不全起こしかねないレベルのものだっただけによりにも寄ってこの人が死戦に身を投じることになるとは本当に想像していなかったです。
こんなトラーメさんですら、自らを省みずに自分の死と引き換えにしてでも、と思わせてしまうほどの魔性が、レオナートのカリスマだったのやもしれません。
これ、結果的に見ると無茶振りされまくり限界ギリギリのきつい仕事ばかり押し付けられた挙げ句に、使い潰されてしまったとも言えなくもないんですよね、トラーメさん。本人としては命の賭けどころを見つけてしまって、それで良かったのかも知れませんが。
この人はもっといいとこ取りの美味しい思いをして戦後を暮らして欲しいとも思ったんだよなあ。
実際、トラーメさんを喪ったことで以後のアレクシス軍は相当不具合が出てしまったらしいことは、巻末の評伝でも触れられていて、頷くばかりでありました。

しかし、これで完結巻と謳いながらも、今回の包囲網こそ食い破りながらも戦争自体は全然終わりそうにないのに、これどうやって完結まで持っていくんだろう。打ち切り!?それとも、もしかしてシェーラまで逝ってしまうことで描くべきものがなくなってしまうの!? とか、混乱していたのですが……天下統一までの道のりで一番山場というか危地というか、戦力的にも敵と釣り合いが取れていたのがここまでで、以降は圧倒的にアレクシス軍が優位になって、ほぼほぼ消化試合になっていたんですね。
なので、戦記としては以降は思い切ってバッサリと切って落とす形で終わらすことにしたんですなあ。
これは戦記物としては納得ではあるんですけれど、素直になれないジュカと余裕なアランとの恋模様とか、個々のキャラクターそれぞれにスポットを当てた物語を見ていたかった身としては、そのあたりもバッサリと片付けられてしまったのはちょっと肩透かしではあったんですよね。
巻末の列伝でそれぞれ個人の後日談についてちゃんと書いてくれていたのはありがたい限りなのですけれど、やっぱりその辺のラブコメ的な展開については直接話として見たかったなあ。特にジュカ関連は。
しかし、シェーラはなんで表舞台から消えなくちゃいけなかったんだろう。ジュカが大いに活躍して列伝残しているように、他にも侍女出身者でも名臣伝に名を残し重臣として遇された人は何人もいるのに。
まあ戦略結婚的に、絶対に子供が出来ないレオナートとメリジェーヌを差し置いて他の側室が子供作ったら、クロードとアドモフの国家統一事業に罅が生じるから、というのもあるだろうし、実質シェーラが表舞台に立つなら宰相以外の何物でもなく、シェーラひとりに権力が集中しすぎる、しかもレオナートがシェーラの言う事全部受け入れてたら傀儡に見えてしまう、と確かにまあ逆にシェーラの立場が危うくなってしまいかねないのも確かな話。
その上でシェーラ個人の幸せのため、そんでもって彼女の叡智をレオナートが全面的に受け入れて活かすためには、表舞台から消えて裏の女主人にして影の王妃になるのが最適だったんだろうなあ。
でも、確かにシェーラの件のみならず、他の人の列伝にしても真実から程遠い記述や情報隠蔽がこれほど沢山あると、ウイリアム・レイバッヘが歴史家としてはド三流と言われるのも仕方ないよなあ。記述者の恣意が入りすぎだよw
でも、ウィラン帝、表舞台から完全に去って隠遁生活送り続けるのかと思ったら、史書官でありながら安楽椅子探偵さながらに、助言を求めて訪ねてくる人にアドバイスを与え続けてズバズバとあらゆる問題解決に活躍しまくっていた、ってめちゃくちゃ表舞台で活躍してるじゃないですか、この隠遁者w
なんでこの人が皇帝やってる国に勝てたんだろう。振り返ってもちょっと信じられないんだが。

にしても、こうして見ると本作って信長の野望とか三國志といったコーエーの歴史シミュレーションゲーム的な側面がありますよねえ。内政とか戦争パートじゃなくて、人材方面で。
本来の史実だと、敵対した相手の家の武将どころか大名とかをまるごと吸収、登用するとか出来るもんじゃないのですけれど、信長の野望とかだと武田信玄とか上杉謙信とか大英雄たる戦国大名も自分の勢力の武将として登用できるじゃないですか。
そんな感じで、本作ではアドモフ帝国のレイヴァーンはじめとした諸将どころか皇帝陛下もこっそり登用していたわけですけれど……まさか、後日、この巻で決戦していたキルクス王子や、ガビロンの四兄弟まで降伏させたあとに首切らないで全員臣下にして、以降の大陸統一事業に投じていた、ってちょっと反則もいいところじゃないですか、これ!?
どんだけ世界最強の軍にしたかったんだよ、というくらいの人材の確保っぷりである。
これ、最後まで残ったヂェン帝国が一番割り食ってるんですよね。レオニート率いるアレクシス軍に、キルクス、ガビロン四兄弟、レイヴァーンにアレン。これに各国の名将勇将知将が揃って襲いかかってくるんですから、どんなフルボッコだよ、と。
さながら、織田信長に率いられた武田信玄、上杉謙信、北条氏康、毛利元就、島津四兄弟、徳川家康、三好長慶、今川義元、大友宗麟、などなどといったオールスターキャストに攻められる伊達政宗といった様相である。
もうやめてあげて、と言いたくなる人材力差なんだよなあ。
まあノブヤボなんかも、勢力がある一定のラインを超えるとあとはもう消化試合になるわけで、だらだらと続けずにすっぱりと物語を〆たのはやはり最善だったのかもしれません。
でもまあ、やっぱりもうちょっと後日談的な形での短編集みたいなものは欲しいですよねえ。特にジュカに関しては!

なにはともあれ、11巻にも及ぶ痛快なる英雄戦記、完結お疲れさまでした。


転生魔王の大誤算 4 ~有能魔王軍の世界征服最短ルート ★★★★   



【転生魔王の大誤算 4 ~有能魔王軍の世界征服最短ルート】  あわむら赤光/kakao GA文庫

Amazon Kindle BOOK☆WALKER

憤怒の魔将が挑む、絶対に怒ってはいけない侵略作戦!?

魔将たちの心を見事にまとめ上げ、魔王としての器にさらに磨きがかかるケンゴー。
次なる作戦にサ藤、マモ代、ベル原を指名、三カ国を同時に無血攻略させるゲームを立案する。
マモ代やベル原が自信ありげなのとは対照的に、難題に苦悩するサ藤。
「バカな……殺すだけで減点だと!?」
憤怒の魔将だけどキレるの禁止!
存在意義を真っ向否定されるルールに、七転八倒するサ藤を見かねて、ケンゴーが差し伸べたとある救済策とは――サ藤のことを見てるだけ!?
「はい、ありがたき幸せです!!」
わずかなきっかけで劇的な急成長をさせる嬉しい誤算が止まらない!
愛する部下を熱く育てる最強名君の爽快サクセスストーリー第4弾!!
こういう勘違いで主人公が過剰に持ち上げられるように見える作品って、その勘違いや誤解ってなかなか解消されないんですよね。場合によってはすれ違ったまま最後まで行ってしまう。
相互理解が致命的に破綻したまま、主人公の本当の気持ちや価値観、素の顔なんて知らないまま、見向きもしないまま、理想を押し付けることで主人公は他人からの理想を演じるハメになる。
或いは、主人公が成長してそうした一方的な理想に追いついていく、という展開もあるのだけれど、本質的にそういった立場に立たされている主人公って孤独なんですよね。
その点、本作においては幼馴染のルシ子がケンゴーの最大の理解者で、彼が本当はヘタレチキンだと知った上で支えてくれている、ヘタレチキンだけれど彼の一番芯の部分にある強さや勇気や、履き違えていない優しさの持ち主だというのをちゃんとわかってくれている人が側にいるだけで、最初から随分と違ってはいたんですよ。
最初から、ケンゴーは孤独ではなかったわけだ。
それどころか、前巻では嫉妬の魔将レヴィ山くんが、ケンゴーのヘタレチキンのことはよくわかっていないものの、ケンゴー自身がよくわかっていないケンゴーの良いところ、長所、優れた所、残虐な魔王らしくないけれど魔王という支配者にして統治者として相応しい要素、ある意味ケンゴーの本質的なところを、もしかしたらルシ子よりもわかってるんじゃないか、という理解者だったというのが明らかになった話でもあったんですよね。
ルシ子にしてもレヴィ山にしても、ケンゴーのこと大好きなの、上辺とか見た目とか勘違いじゃなくて、ケンゴーの本質を理解した上で大好きでいてくれるし、ケンゴーの方も七大魔将たちのこと強大な魔族としてビビってるし反逆されないかいつも恐れてるし、過剰な評価や期待を押し付けてくるのに疲れているんだけれど、それ以上にケンゴーの方も彼らのこと何だかんだと大好きなんですよね。
マモ代をはじめとした他の魔将の面々も何となくケンゴーの素の方との距離感縮まってきた感もありましたし。
すれ違ってお互いのこと見えてなくて砂上の楼閣みたいないつ崩れてもおかしくないいびつな関係に見えていた魔王ケンゴーと七大魔将たちの関係、どんどん気心の知れた身内みたいな、主君と部下というよりも遊び仲間みたいな、すごくよい関係になってきていたんですね。

ただ、そんな七大魔将の中で、サ藤君は特にケンゴーとすれ違い食い違っている人物のように見えていました。冷酷にして残虐、怒りに任せての殺戮を厭わないキレ易い若者代表、憤怒の魔将サ藤くん。その在り方や思想は誰もが思い描く悪魔そのもので、穏健路線で人間とも出来れば戦争したくないし血を見るようなことは避けてほしい、という方針のケンゴーとは全く真逆なのである。
ところが、サ藤はケンゴーの事を崇拝と言っていいほど敬愛して、ケンゴーこそは魔族の中の魔族、冷酷非情なる魔王に相応しい人と思い込んで、自分の理想を当てはめているのである。
ある意味、魔将の中で一番ケンゴーの事を慕いながら、ケンゴーを理解していない人物でもあったわけだ。理解しようとすらせず、理解する気もなく、一方的な崇拝を押し付けていたのである。
ケンゴーの方も、彼の前では従順で大人しくて健気な少年という顔しか見せないサ藤の事を可愛い弟分として甘い顔ばかり見せている一方で、サ藤の残虐で恐ろしい性格の方はなるべく見ないようにしていた節があるんですよね。
そうした二人の乖離は途方もなく広がっていて、これいつか破綻して破滅的なことになるんじゃないか、と思ってしまうほどに、相互理解が壊れていたのでした。
こういう思い込みの激しく頑なで、ある意味純粋ですらある子って、ほとんど変わることがないから、もう彼に関してはずっと勘違いさせたまま、誤解させたままで行くのだろうか、とも考えていたのですが。

そうかー、この物語はケンゴーの方だけじゃなく、部下たちの方も成長させてくれる物語なのか。幼い固定観念を打ち壊して、すくすくと健やかに伸ばす機会が訪れる物語でもあったのか。
お互いに、成長していける話だったんですねえ。

契機は、サ藤が人を殺したりとかあんまり酷いことをしないで国を征服せよ、という課題のために離島しようとした魔王軍への降伏派に属していた幼き才媛リモーネ王女との出会いだったのです。
言われてみると、サ藤もまだ魔族としては若者どころか、少年と言ってもいい歳頃だったんですねえ。
聡明なる知性と勇気と天真爛漫さを兼ね備えた小さな姫は、頑迷な古くからの魔族の固定観念に縛られていた幼き魔族の、まさに蒙を啓いていくのである。そうして、サ藤の思い込みを解きほぐし、彼とケンゴーの間にあった錯誤をすり合わせていってくれるのである。
それも、サ藤の信じるケンゴー陛下の素晴らしい魔王としての姿を全肯定したまま、ケンゴーの魔王としての事績、その統治思想や考え方を説いていくわけである。
同時に、サ藤がゴミクズとしか思っていなかった人間という存在を、リモーネ自身がひっくり返しながら。
最初はお互いになんだこいつは!? と面食らいドン引きしながら、でも衝突を繰り返していくうちにお互いの存在に惹かれ合っていく幼い少年少女の育まれていく関係がまたいいんですよ。
いけ好かない小僧だったサ藤が、リモーネに言い負かされ諭され、いつしか我慢を覚えて、ときに自分の中の固定観念を壊されて幼い年相応の顔を見せ、そんなみるみると成長していくサ藤を、リモーネが憧憬とも慈しみともつかない表情で見守るという、このボーイ・ミーツ・ガールはこれがまた微笑ましくてねえ。
ついには、自分がボロボロになりながらも、足手まといのリモーネを決して見捨てず身を挺してかばい続ける、まるで騎士のように耐え続けるサ藤の、今までの彼からするとありえない姿を見せられた時は、なんかもう感動を通り越してしまいそうでしたよ。
この弟分の成長を、ケンゴー陛下が喜ばないはずがなく、そしてその弟分がゴミクズのように痛めつけられる事を許せるはずがなく。
ヘタレチキンが怒るとほんと怖いんやでえ。
かわいいかわいい身内が痛めつけられた際の、魔王陛下の憤怒は留まる所を知らぬのである。こういう時、もう誰も文句が言えないくらいカッコいい姿見せてくれるんだから、七大魔将たちの敬愛も尊敬も、何も勘違いでも過剰評価でもないんですよね。最近は、その辺がっちり噛み合ってきてすらいるし。
ってか、ケンゴーってば最後おっさん仲人みたいになってるじゃないですか。いやもう、手をつないでギュッと握り合うサ藤とリモーネの小さなカップルが尊すぎて気持ちはわかる!





ゴブリンスレイヤー 15 ★★★☆  



【ゴブリンスレイヤー 15】  蝸牛くも/神奈月昇 GA文庫

Amazon Kindle BOOK☆WALKER

「姫様をどこにやった! 」
辺境の街へきた馬人(ケンタウルス)の少女は重戦士を詰問した。犯人とされた重戦士はゴブリンスレイヤーに調査を依頼。
「都市の冒険(シティアドベンチャー)は苦手なんだよ。あと腕っこきの斥候は他にいないからな」
「…………俺は、戦士のつもりでいるのだが」
馬人の姫君の行方を追い、一党は水の街を訪れる。彼らを迎えた剣の乙女はゴブリンスレイヤーに囁く。
「――銀星号をご存じ」?
馬人競走が盛り上がる水の街で、消えた銀星号を探せ――。
欲望と陰謀が入り交じる中、行き着く先は賽の目次第。鬼と出るか、蛇と出るか。

蝸牛くも×神奈月昇が贈るダークファンタジー第15弾!
ある意味正道なるウマ娘ことケンタウルス女子。いやウマ娘はないだろう、と思ったら銀星号のデザインが思いの外ルドルフ寄せだった。あの流星は特徴的だからなあ。
というわけで、重戦士から依頼を振られたことで人探しの旅に出ることになったゴブスレさんとその一行。
クエストである。
つまりは冒険者のお仕事、だ。最近自分は小鬼殺しに邁進していなくて、普通の冒険ばかりしているがいいのだろうか、これでいいのだろうか、と小さく悩んでいるゴブスレさんであるが。
いいんだよ!
良いのである。これに関しては衆口一致。知人友人みんな同意見だろう。そしてパーティーメンバーみんなして、そんな普通のクエストでもリーダーはゴブスレさん、なんですよね。最初の頃は妖精弓手が、今度こそゴブリン殺しじゃなくて普通の冒険に連れ出してやる、引っ張り出してやる、なんて奮起していて、当時はそんな冒険者らしい冒険なんて自分には関係ない、と振り向きもしなかったゴブスレさんを無理やり引っ張り回そうとする側だったんですよね。引っ張っていけた試しもなかなかなかったのですが。そう、ゴブスレさんは引っ張られて連れられる側だったのに。
もう普通の冒険でも、リーダーとして率いる側なんですよね。まあ、メンバーはもうみんなベテラン揃いで今更ゴブスレさんがあれしろこれしろ、なんて指示する必要もないのですが。女神官だって、手慣れたもの。
でも、ゴブスレさんが出す指針と大まかなれども方向性、そして選択を迫られた時の判断は、そんなベテランたちをしてスムーズに行動判断を行う助けとなり導きとなるものだからこそ、全部ゴブスレさんに預けるわけだ。
信頼である。
今回は旅慣れない上にツンツンしてなかなか打ち解けようとしない馬玲姫が旅の同行者だったから、余計に旅慣れた面々の様子がよく見られた気がします。特に女神官のお嬢ちゃん。フォローされる側だった彼女も、今やフォローする側。彼女のさりげない気遣いと親切は警戒と不信で全身を鎧った馬人の少女をして、思わず差し伸べられた手を取ってしまうもの。掛けられた優しい言葉に、反発がわかずに素直にうなずいてしまうもの。
こうした頑なな人だろうとなんだろうと打ち解ける、というわけじゃないけれど、心開いて貰える。そう相手に話を聞いてもらえる、そして相手の話を親身になって聞く、という神官にとって大切なスキルをこの子は体得しつつあるんだなあ、となんだか微笑ましくなってしまいました。
なんだかんだとゴブスレさんのパーティーは、寡黙なゴブスレさん以外みんな人当たりは良いものの癖のある人物ばかりだから、女神官が相手だと安心できるんでしょうね。
それでいて、今や女神官はゴブスレさんの一番弟子的なポディション。今回、ゴブスレさんがシティアドベンチャーするにあたって、裏の筋に挨拶と情報収集に出向いた場所にも彼女を連れて行った、というのは彼女に裏のツテを与える、関わらせるわけじゃないけれど、こういう世界があるのだという知見を与えるためなのですから、立派な「教え」なんですよね、これ。
彼女がこういう裏の社会を利用することはないだろうけれど、こういう裏のすじものと組んだり利用し利用され、という仕事のやり方があって、それも冒険者の仕事のウチというのを受け入れる、というのは大きいんだと思いますよ。聖職者だけれど、冒険者。穢れのないものばかりを見てそれ以外を拒絶していたら、冒険者なんてやってられない。
そういう意味では、彼女はすんなりそういう裏で仕事をしてる人達もいるんだなあ。そして自分たちと助け合うこともあるのだろう、と清濁併せ呑むことを受け入れられているので、器大きいんですよね。
ただでさえ、考え方とか思考パターンとかゴブスレ流儀に染まりつつあるのに。
以前からも、女神官はもう立派な冒険者として成長したけど、その成長の方向性がゴブスレに似すぎてて大丈夫かしら、なんて言われることも侭ありましたけれど、今回は特にそこらへん顕著にゴブスレさんの影響が垣間見えた言動が散見された回でもありました。
ゴブスレさん並に、あの身も蓋もないGMが想定していなさそうな、え!?なにそれ!? とか言われそうな作戦を、ゴブスレさんに先んじて、やりませんか!?と提案しちゃってるあたり、毒されているというか朱に染まっているというか。みなさん、苦笑いですよ。
これだけ色んな意味でタフになってしまうと、女神官も将来は彼女がリーダーになってパーティーを率いる、みたいな事もあるのかもしれませんねえ。少なくとも、もうそれができてもなんら不思議ではない頼もしさを感じさせてくれる、今回の冒険でありました。
「冒険者(アドヴェンチャラー)に任せてください!」
「冒険者に任せとけ」はこのゴブリンスレイヤーという作品世界の決め台詞的なものですけれど、ついに彼女がそれを叫ぶようになったのか、と思うとなんだか感慨深いです。

そして、冒険が終われば冒険者はみな、宿や住処に戻っていく。
そんな中で、ゴブリンスレイヤーには帰る家がある。その家には、いってらっしゃいと送り出してくれる人がいて、その人は帰ってきた彼を「おかえりなさい」と言って迎えてくれるのだ。
冒険の中で手に入れたお土産を受け取って喜び、彼の語る拙い冒険の話をニコニコと笑って聞いてくれながら、温かい夕食を用意して一緒に食べてくれる。
今回は特に、本当に当たり前の冒険者がするようなクエストだっただけに。それを、牛飼娘にちゃんと今回は冒険に行ってくると伝えて「行ってきます」と言って旅立っただけに。ゴブスレさんが、家に帰るまでが冒険です、的な感じでちゃんと家に帰ってきたシーンは、なんだかジーンとなるものがありました。
ああ、今。ゴブリンスレイヤーはただただ当たり前の幸せの中にいるんだな。
それがなんとも、温かく染み入るのでした。



 

2月8日

西尾 維新
(講談社ノベルス)
Amazon Kindle B☆W


村岡ユウ
(少年チャンピオン・コミックス)
Amazon Kindle B☆W


巽未頼/田村ゆうき
(少年チャンピオン・コミックス)
Amazon Kindle B☆W


天那光汰/いつき楼
(モーニング KC)
Amazon Kindle B☆W


こだまはつみ
(モーニング KC)
Amazon Kindle B☆W


中島 三千恒
(モーニング KC)
Amazon Kindle B☆W

2月7日

宮前葵
(SQEXノベル)
Amazon Kindle B☆W


空松蓮司
(SQEXノベル)
Amazon Kindle B☆W


LEN[Aー7]
(アフタヌーンKC)
Amazon Kindle B☆W


TNSK
(アフタヌーンKC)
Amazon Kindle B☆W


伊口紺/保志レンジ
(アフタヌーンKC)
Amazon Kindle B☆W


光城ノマメ/しまな央
(アフタヌーンKC)
Amazon Kindle B☆W


水薙竜
(アフタヌーンKC)
Amazon Kindle B☆W


枢呂紅/優月祥
(ガンガンコミックスUP!)
Amazon Kindle B☆W


秋澤えで/桐野壱
(ガンガンコミックスUP!)
Amazon Kindle B☆W


奏舞音/鬨乃美弦
(ガンガンコミックスUP!)
Amazon Kindle B☆W


雨壱絵穹
(ガンガンコミックスUP!)
Amazon Kindle B☆W


大森藤ノ/汐村友
(ガンガンコミックスUP!)
Amazon Kindle B☆W


星崎崑/AOIKO
(ガンガンコミックスUP!)
Amazon Kindle B☆W


Bayron City Express/いたち
(ガンガンコミックスUP!)
Amazon Kindle B☆W


山本風碧/七野なずな
(ガンガンコミックスUP!)
Amazon Kindle B☆W


三河ごーすと/平岡平
(ガンガンコミックスUP!)
Amazon Kindle B☆W


海原望/伊東フミ
(ガンガンコミックスUP!)
Amazon Kindle B☆W


ヨコオタロウ/空路恵
(ガンガンコミックスUP!)
Amazon Kindle B☆W


うにちり
(ガンガンコミックスUP!)
Amazon Kindle B☆W


西山暁之亮/縞
(ガンガンコミックスUP!)
Amazon Kindle B☆W


神田暁一郎/宮野金太郎
(ガンガンコミックスUP!)
Amazon Kindle B☆W


小林キナ
(ガンガンコミックスUP!)
Amazon Kindle B☆W


空松蓮司/伊藤宗一
(ガンガンコミックスUP)
Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W

2月6日

桜場コハル
(ヤンマガKCスペシャル)
Amazon Kindle B☆W


パミラ
(ヤンマガKCスペシャル)
Amazon Kindle B☆W


植野メグル
(ヤンマガKCスペシャル)
Amazon Kindle B☆W


新井春巻
(ヤンマガKCスペシャル)
Amazon Kindle B☆W


猫子/武六甲理衣
(ヤンマガKCスペシャル)
Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W

2月5日

Kindle B☆W

2月4日

アサウラ/小野繙/櫛木理宇/坂崎かおる/斜線堂有紀/南木義隆/深緑野分/宮木あや子
(河出文庫)
Amazon

2月3日

Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


藤浪 保
(ドラゴンノベルス)
Amazon Kindle B☆W


中文字
(ドラゴンノベルス)
Amazon Kindle B☆W


朝月 アサ
(ドラゴンノベルス)
Amazon Kindle B☆W


十一屋翠
(ドラゴンノベルス)
Amazon Kindle B☆W


ラチム
(ドラゴンノベルス)
Amazon Kindle B☆W


緋色の雨
(PASH!ブックス)
Amazon Kindle B☆W


林檎
(PASH!ブックス)
Amazon Kindle B☆W


森月真冬
(PASH!ブックス)
Amazon Kindle B☆W


SUOL/Gwon Gyeoeul
(フロース コミック)
Amazon Kindle B☆W


吉村旋/柚原テイル
(フロース コミック)
Amazon Kindle B☆W


かなたろう/尾道理子
(フロース コミック)
Amazon Kindle B☆W


藤島じゅん
(フロース コミック)
Amazon Kindle B☆W


平野稜二/経験値/TYPE−MOON
(角川コミックス・エース)
Amazon Kindle B☆W


神江ちず
(角川コミックス・エース)
Amazon Kindle B☆W


柳明弌
(角川コミックス・エース)
Amazon Kindle B☆W


有馬あるま/フカヤマますく
(ジャンプコミックス)
Amazon Kindle B☆W


浅倉秋成/小畑健
(ジャンプコミックス)
Amazon Kindle B☆W


アミュー
(ジャンプコミックス)
Amazon Kindle B☆W


鏡貴也/山本ヤマト
(ジャンプコミックス)
Amazon Kindle B☆W


猗笠怜司
(ジャンプコミックス)
Amazon Kindle B☆W


馬渕朝子/安藤コウヘイ
(ジャンプコミックス)
Amazon Kindle B☆W


堀越耕平
(ジャンプコミックス)
Amazon Kindle B☆W


鈴木祐斗
(ジャンプコミックス)
Amazon Kindle B☆W


仲間只一
(ジャンプコミックス)
Amazon Kindle B☆W


三浦糀
(ジャンプコミックス)
Amazon Kindle B☆W


ミトガワワタル
(ジャンプコミックス)
Amazon Kindle B☆W


岩田雪花/青木裕
(ジャンプコミックス)
Amazon Kindle B☆W


藍本松
(ジャンプコミックス)
Amazon Kindle B☆W


静脈/依田瑞稀
(ジャンプコミックス)
Amazon Kindle B☆W


亜希乃千紗/古寺谷雉
(PASH! コミックス)
Amazon Kindle B☆W


さーもにずむ
(PASH! コミックス)
Amazon Kindle B☆W


清水栄一/下口智裕
(ヒーローズコミックス)
Amazon Kindle B☆W


ジジ&ピンチ/えーでるわいす
(ヒーローズコミックス)
Amazon Kindle B☆W

2月2日

永峰自ゆウ
(講談社ラノベ文庫)
Amazon Kindle B☆W


可換 環
(Kラノベブックス)
Amazon Kindle B☆W


春の日びより
(Kラノベブックス)
Amazon Kindle B☆W


延野 正行
(Kラノベブックス)
Amazon Kindle B☆W


鬱沢 色素
(Kラノベブックス)
Amazon Kindle B☆W


都神 樹
(Kラノベブックス)
Amazon Kindle B☆W


子日 あきすず
(Kラノベブックス)
Amazon Kindle B☆W


はにゅう
(一迅社ノベルス)
Amazon Kindle B☆W


琴子
(一迅社ノベルス)
Amazon Kindle B☆W

2月1日

榎本快晴
(角川スニーカー文庫)
Amazon Kindle B☆W


五月 蒼
(角川スニーカー文庫)
Amazon Kindle B☆W


みょん
(角川スニーカー文庫)
Amazon Kindle B☆W


石田 灯葉
(角川スニーカー文庫)
Amazon Kindle B☆W


マナシロカナタ
(角川スニーカー文庫)
Amazon Kindle B☆W


心音 ゆるり
(角川スニーカー文庫)
Amazon Kindle B☆W


三上 こた
(角川スニーカー文庫)
Amazon Kindle B☆W


水鏡月 聖
(角川スニーカー文庫)
Amazon Kindle B☆W


shiryu
(角川スニーカー文庫)
Amazon Kindle B☆W


上村夏樹
(HJ文庫)
Amazon Kindle B☆W


シノノメ公爵
(HJ文庫)
Amazon Kindle B☆W


坂石遊作
(HJ文庫)
Amazon Kindle B☆W


北山結莉
(HJ文庫)
Amazon Kindle B☆W


陽炎氷柱
(角川ビーンズ文庫)
Amazon Kindle B☆W


青川 志帆
(角川ビーンズ文庫)
Amazon Kindle B☆W


新山 サホ
(角川ビーンズ文庫)
Amazon Kindle B☆W


ゆいレギナ
(アース・スタールナ)
Amazon Kindle B☆W


逆木ルミヲ/恵ノ島すず
(B's-LOG COMICS)
Amazon Kindle B☆W


あさここの/ぷにちゃん
(B's-LOG COMICS)
Amazon Kindle B☆W


のこみ/七夕さとり
(B's-LOG COMICS)
Amazon Kindle B☆W


コイシ/緑黄色野菜
(コロナ・コミックス)
Amazon Kindle B☆W


咲野日暮/ロウ
(コロナ・コミックス)
Amazon Kindle B☆W


環望
(コロナ・コミックス)
Amazon Kindle B☆W


ナキエイドー
(FUZコミックス)
Amazon Kindle B☆W


おおのいも/はぐれメタボ
(HJコミックス)
Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W

1月31日

秋山瑞人/☆よしみる
(電撃文庫)
Amazon Kindle B☆W


秋山瑞人/☆よしみる
(電撃文庫)
Amazon Kindle B☆W


秋山瑞人/☆よしみる
(電撃文庫)
Amazon Kindle B☆W


シギサワカヤ
(楽園コミックス)
Amazon Kindle B☆W


火事屋/蛙田アメコ
(ライドコミックス)
Amazon Kindle B☆W


七桃りお/白石新
(ライドコミックス)
Amazon Kindle B☆W


関津主将/竹内すくね
(ライドコミックス)
Amazon Kindle B☆W


麻倉 英理也
(ヒーロー文庫)
Amazon Kindle B☆W

1月30日

Kindle B☆W


日之影 ソラ
(エンターブレイン)
Amazon Kindle B☆W


kawa.kei
(エンターブレイン)
Amazon Kindle B☆W


光乃 えみり
(エンターブレイン)
Amazon Kindle B☆W


光乃 えみり
(エンターブレイン)
Amazon Kindle B☆W


yui/サウスのサウス
(エンターブレイン)
Amazon Kindle B☆W


りゅうせんひろつぐ
(GCノベルズ)
Amazon Kindle B☆W


棚架ユウ
(GCノベルズ)
Amazon Kindle B☆W


一路傍
(GCノベルズ)
Amazon Kindle B☆W


KAME
(GCノベルズ)
Amazon Kindle B☆W


こばみそ/岸若まみず
(モンスターコミックス)
Amazon Kindle B☆W


オカザキトシノリ/小鈴危一
(モンスターコミックス)
Amazon Kindle B☆W

1月28日

Amazon Kindle B☆W


征夷冬将軍ヤマシタ
(Mノベルス)
Amazon Kindle B☆W


よねちょ
(Mノベルス)
Amazon Kindle B☆W


てぃる
(Mノベルス)
Amazon Kindle B☆W

1月27日

丘野塔也/浅見百合子
(電撃コミックスNEXT)
Amazon Kindle B☆W


奏ヨシキ/徳川レモン
(電撃コミックスNEXT)
Amazon Kindle B☆W


浦上ユウ
(電撃コミックスNEXT)
Amazon Kindle B☆W


猫夜叉/亀小屋サト
(電撃コミックスNEXT)
Amazon Kindle B☆W


坂木持丸/三千社 ヒロ
(電撃コミックスNEXT)
Amazon Kindle B☆W


笹塔五郎/湊 良弘
(電撃コミックスNEXT)
Amazon Kindle B☆W


あらた伊里/三月みどり
(電撃コミックスNEXT)
Amazon Kindle B☆W


〇線(まるせん)
(電撃コミックスNEXT)
Amazon Kindle B☆W


野間与太郎/四葉夕ト
(電撃コミックスNEXT)
Amazon Kindle B☆W


金子こがね/としぞう
(電撃コミックスNEXT)
Amazon Kindle B☆W


ひそな/三木なずな
(電撃コミックスNEXT)
Amazon Kindle B☆W


たくま朋正/伊藤暖彦
(電撃コミックスNEXT)
Amazon Kindle B☆W


雪車町地蔵
(宝島社)
Amazon Kindle B☆W


1月26日

kanco/坂石遊作
(角川コミックス・エース)
Amazon Kindle B☆W


近藤和久
(角川コミックス・エース)
Amazon Kindle B☆W


川喜田ミツオ/木の芽
(角川コミックス・エース)
Amazon Kindle B☆W


内田健/鈴羅木かりん
(角川コミックス・エース)
Amazon Kindle B☆W


鈴見敦/八又ナガト
(角川コミックス・エース)
Amazon Kindle B☆W


池上竜矢/ナンキダイ
(角川コミックス・エース)
Amazon Kindle B☆W


鎌池和馬/乃木康仁
(角川コミックス・エース)
Amazon Kindle B☆W


竹宮ゆゆこ/絶叫
(電撃コミックス)
Amazon Kindle B☆W


Quro
(まんがタイムKRコミックス)
Amazon Kindle B☆W


こかむも
(まんがタイムKRコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(まんがタイムKRコミックス)
Amazon


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W

1月25日

十利ハレ
(オーバーラップ文庫)
Amazon Kindle B☆W


北条新九郎
(オーバーラップ文庫)
Amazon Kindle B☆W


鴨山兄助
(オーバーラップ文庫)
Amazon Kindle B☆W


甘木智彬
(オーバーラップ文庫)
Amazon Kindle B☆W


遠藤 遼
(オーバーラップ文庫)
Amazon Kindle B☆W


ネコクロ
(オーバーラップ文庫)
Amazon Kindle B☆W


藤木わしろ
(MF文庫J)
Amazon Kindle B☆W


林 星悟
(MF文庫J)
Amazon Kindle B☆W


岩波 零
(MF文庫J)
Amazon Kindle B☆W


総夜ムカイ/みきとP
(MF文庫J)
Amazon Kindle B☆W


鵜飼有志
(MF文庫J)
Amazon Kindle B☆W


細音 啓
(MF文庫J)
Amazon Kindle B☆W


二語十
(MF文庫J)
Amazon Kindle B☆W


冬月光輝
(ダッシュエックス文庫)
Amazon Kindle B☆W


嵐山 紙切
(MFブックス)
Amazon Kindle B☆W


出井 啓
(MFブックス)
Amazon Kindle B☆W


モノクロ ウサギ
(MFブックス)
Amazon Kindle B☆W


氷純
(MFブックス)
Amazon Kindle B☆W


櫻井 みこと
(MFブックス)
Amazon Kindle B☆W


岡田 遥
(メディアワークス文庫)
Amazon Kindle B☆W



こがらし 輪音
(メディアワークス文庫)
Amazon Kindle B☆W


綾束 乙
(メディアワークス文庫)
Amazon Kindle B☆W


蒼和伸/篠崎冬馬
(ガルドコミックス)
Amazon Kindle B☆W


錆狗村昌/不手折家
(ガルドコミックス)
Amazon Kindle B☆W


黒杞よるの/雨川水海
(ガルドコミックス)
Amazon Kindle B☆W


森みさき/白米良
(ガルドコミックス)
Amazon Kindle B☆W


RoGa/白米良
(ガルドコミックス)
Amazon Kindle B☆W


ぱらボら/馬路まんじ
(ガルドコミックス)
Amazon Kindle B☆W


七六/鬼影スパナ
(ガルドコミックス)
Amazon Kindle B☆W


糸町秋音/鬼ノ城ミヤ
(ガルドコミックス)
Amazon Kindle B☆W


天羽銀/迷井豆腐
(ガルドコミックス)
Amazon Kindle B☆W


大森藤ノ/矢樹貴
(ガンガンコミックスJOKER)
Amazon Kindle B☆W


大森藤ノ/矢樹貴
(ガンガンコミックスJOKER)
Amazon Kindle B☆W


大森藤ノ/桃山ひなせ
(ガンガンコミックスUP!)
Amazon Kindle B☆W


めいびい
(ビッグガンガンコミックス)
Amazon Kindle B☆W


タナカトモ/諸星サロ
(ビッグガンガンコミックス)
Amazon Kindle B☆W


咲竹ちひろ
(ビッグガンガンコミックス)
Amazon Kindle B☆W


地主
(ビッグガンガンコミックス)
Amazon Kindle B☆W


地主
(ビッグガンガンコミックス)
Amazon Kindle B☆W


小林湖底/りいちゅ
(ビッグガンガンコミックス)
Amazon Kindle B☆W


ルーカスフィルム/大沢祐輔
(ビッグガンガンコミックス)
Amazon Kindle B☆W


ルーカスフィルム/白浜鴎/春壱/大沢祐輔/左藤圭右
(ビッグガンガンコミックス)
Amazon Kindle B☆W


大森藤ノ/矢町大成
(ヤングガンガンコミックス)
Amazon Kindle B☆W


萱島雄太
(ヤングガンガンコミックス)
Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W

1月24日

林 譲治
(ハヤカワ文庫JA)
Amazon Kindle B☆W


宮澤 伊織
(ハヤカワ文庫JA)
Amazon Kindle B☆W


竹村優希
(角川文庫)
Amazon Kindle B☆W


谷尾 銀
(角川文庫)
Amazon Kindle B☆W


小野 不由美
(角川文庫)
Amazon


小田 菜摘
(角川文庫)
Amazon Kindle B☆W
1月23日

丹念に発酵
(MFC)
Amazon Kindle B☆W


ムナカタ
(MFC)
Amazon Kindle B☆W


石見翔子/理不尽な孫の手
(MFC)
Amazon Kindle B☆W


牧瀬初雲
(MFC)
Amazon Kindle B☆W


川上真樹/富士伸太
(MFC)
Amazon Kindle B☆W


柚ノ木ヒヨト/やまだのぼる
(MFC)
Amazon Kindle B☆W


楠本弘樹/Y.A
(MFC)
Amazon Kindle B☆W


村市/千月さかき
(MFC)
Amazon Kindle B☆W


高野聖/高山理図
(MFC)
Amazon Kindle B☆W


fujy/合田拍子
(MFコミックス アライブシリーズ)
Amazon Kindle B☆W


fujy/合田拍子
(MFコミックス アライブシリーズ)
Amazon Kindle B☆W


La−na/佐島勤
(MFコミックス アライブシリーズ)
Amazon Kindle B☆W


神楽武志/両角潤香
(MFコミックス アライブシリーズ)
Amazon Kindle B☆W


花鶏ハルノ/相川有
(MFコミックス アライブシリーズ)
Amazon Kindle B☆W


久真やすひさ
(MFコミックス アライブシリーズ)
Amazon Kindle B☆W


吉岡公威
(アフタヌーンKC)
Amazon Kindle B☆W


椎名うみ
(アフタヌーンKC)
Amazon Kindle B☆W


華鳥ジロー
(イブニングKC)
Amazon Kindle B☆W


天樹征丸/さとうふみや
(イブニングKC)
Amazon Kindle B☆W


瀧下信英/津田彷徨
(モーニング KC)
Amazon Kindle B☆W


山田芳裕
(モーニング KC)
Amazon Kindle B☆W


須賀達郎
(モーニング KC)
Amazon Kindle B☆W


小林靖子/ののやまさき
(モーニング KC)
Amazon Kindle B☆W

1月21日

大森藤ノ
(GA文庫)
Amazon Kindle B☆W


大森藤ノ
(GA文庫)
Amazon Kindle B☆W

1月20日

竹町
(富士見ファンタジア文庫)
Amazon Kindle B☆W


鴉 ぴえろ
(富士見ファンタジア文庫)
Amazon Kindle B☆W


藍藤 唯
(富士見ファンタジア文庫)
Amazon Kindle B☆W


鈴木 竜一
(富士見ファンタジア文庫)
Amazon Kindle B☆W


朝依 しると
(富士見ファンタジア文庫)
Amazon Kindle B☆W


陸 そうと
(富士見ファンタジア文庫)
Amazon Kindle B☆W


ラマンおいどん
(富士見ファンタジア文庫)
Amazon Kindle B☆W


七斗 七
(富士見ファンタジア文庫)Amazon Kindle B☆W


じゃがバター
(TOブックス)
Amazon Kindle B☆W


結城忍
(TOブックス)
Amazon Kindle B☆W


ミコタにう
(TOブックス)
Amazon Kindle B☆W


華宮ルキ
(TOブックス)
Amazon Kindle B☆W


阿井りいあ
(TOブックス)
Amazon Kindle B☆W


アマラ
(宝島社)
Amazon Kindle B☆W


藤近小梅
(ガンガンコミックスJOKER)
Amazon Kindle B☆W

1月19日

赤坂アカ/横槍メンゴ
(ヤングジャンプコミックス)
Amazon Kindle B☆W


小瀬木麻美/宮田ダム
(ヤングジャンプコミックス)
Amazon Kindle B☆W


森高夕次/末広光
(ヤングジャンプコミックス)
Amazon Kindle B☆W


原泰久
(ヤングジャンプコミックス)
Amazon Kindle B☆W


松原利光
(ヤングジャンプコミックス)
Amazon Kindle B☆W


叶田キズ/西島黎
(ヤングジャンプコミックス)
Amazon Kindle B☆W


あずまたま
(ヤングジャンプコミックス)
Amazon Kindle B☆W


オニグンソウ
(ヤングジャンプコミックス)
Amazon Kindle B☆W


胡原おみ
(ヤングジャンプコミックス)
Amazon Kindle B☆W


田中芳樹/藤崎竜
(ヤングジャンプコミックス)
Amazon Kindle B☆W


すかいふぁーむ/高幡隆盛
(ヤングジャンプコミックス)
Amazon Kindle B☆W


うの花みゆき
(ヤンマガKCスペシャル)
Amazon Kindle B☆W


鳴見なる
(ヤンマガKCスペシャル)
Amazon Kindle B☆W


武田すん
(ヤンマガKCスペシャル)
Amazon Kindle B☆W


御池慧/桂あいり
(ヤンマガKCスペシャル)
Amazon Kindle B☆W


細川忠孝/山村竜也
(ヤンマガKCスペシャル)
Amazon Kindle B☆W


甜米らくれ
(ヤンマガKCスペシャル)
Amazon Kindle B☆W


戸崎映
(ヤンマガKCスペシャル)
Amazon Kindle B☆W


屋久ユウキ/吉田ばな
(サンデーGXコミックス)
Amazon Kindle B☆W


ヨゲンメ
(サンデーGXコミックス)
Amazon Kindle B☆W


マチバリ/南々瀬
(裏少年サンデーコミックス)
Amazon Kindle B☆W


マチバリ/幸路
(裏少年サンデーコミックス)
Amazon Kindle B☆W


彩戸ゆめ
(HJノベルス)
Amazon Kindle B☆W


鳴沢明人
(HJノベルス)
Amazon Kindle B☆W


はぐれメタボ
(HJノベルス)
Amazon Kindle B☆W


明鏡シスイ
(HJノベルス)
Amazon Kindle B☆W


健康
(HJノベルス)
Amazon Kindle B☆W


EDA
(HJノベルス)
Amazon Kindle B☆W


湯水 快
(HJノベルス)
Amazon Kindle B☆W

1月18日

吉野 憂
(ガガガ文庫)
Amazon Kindle B☆W


浅井ラボ
(ガガガ文庫)
Amazon Kindle B☆W


澱介エイド
(ガガガ文庫)
Amazon Kindle B☆W


赤城大空
(ガガガ文庫)
Amazon Kindle B☆W


ハマカズシ
(ガガガ文庫)
Amazon Kindle B☆W

【透明だった最後の日々へ】 岩倉 文也(星海社 e-FICTIONS) Amazon Kindle B☆W


松江名俊
(少年サンデーコミックス)
Amazon Kindle B☆W


壱原ちぐさ
(少年サンデーコミックス)
Amazon Kindle B☆W


勝郎
(少年サンデーコミックス)
Amazon Kindle B☆W


舟本絵理歌
(少年サンデーコミックス)
Amazon Kindle B☆W


藤田三司
(少年サンデーコミックス)
Amazon Kindle B☆W


由田果
(少年サンデーコミックス)
Amazon Kindle B☆W


満田拓也
(少年サンデーコミックス)
Amazon Kindle B☆W


高橋留美子
(少年サンデーコミックス)
Amazon Kindle B☆W


久家健史郎/埴輪星人
(FWコミックス)
Amazon Kindle B☆W

1月17日

野 まど
(講談社タイガ)
Amazon Kindle B☆W


西尾維新/大暮維人
(KCデラックス)
Amazon Kindle B☆W


西尾維新/大暮維人
(講談社キャラクターズA)
Amazon Kindle B☆W


nonco
(KCデラックス)
Amazon Kindle B☆W


平本アキラ
(KCデラックス)
Amazon Kindle B☆W


井上智徳
(KCデラックス)
Amazon Kindle B☆W


九駄礁太
(シリウスKC)
Amazon Kindle B☆W


熊谷純/綾杉つばき
(シリウスKC)
Amazon Kindle B☆W


丹月正光
(講談社コミックス)
Amazon Kindle B☆W


柏木香乃
(講談社コミックス)
Amazon Kindle B☆W


久世蘭
(講談社コミックス)
Amazon Kindle B☆W


ひととせひるね
(月刊少年マガジンコミックス)
Amazon Kindle B☆W

1月16日

ナフセ
(電撃の新文芸)
Amazon Kindle B☆W


おとら
(電撃の新文芸)
Amazon Kindle B☆W


狭山ひびき
(電撃の新文芸)
Amazon Kindle B☆W


土日月
(電撃の新文芸)
Amazon Kindle B☆W


三上康明
(アース・スターノベル)
Amazon Kindle B☆W


三田 白兎
(アース・スターノベル)
Amazon Kindle B☆W


らる鳥
(アース・スターノベル)
Amazon Kindle B☆W


九頭七尾
(アース・スターノベル)
Amazon Kindle B☆W


深山靖宙/小早川真寛
(フロース コミック)
Amazon Kindle B☆W


ゆづきち/三沢ケイ
(フロース コミック)
Amazon Kindle B☆W


言寺あまね/増田みりん
(フロース コミック)
Amazon Kindle B☆W


冬芽沙也/桜井ゆきな
(フロース コミック)
Amazon Kindle B☆W


芦垣丁
(YKコミックス)
Amazon Kindle B☆W


高津マコト
(YKコミックス)
Amazon Kindle B☆W

1月14日

持崎湯葉
(GA文庫)
Amazon Kindle B☆W


倉田和算
(GA文庫)
Amazon Kindle B☆W


あずみ朔也
(GA文庫)
Amazon Kindle B☆W


神田暁一郎
(GA文庫)
Amazon Kindle B☆W


佐伯さん
(GA文庫)
Amazon Kindle B☆W


佐伯さん
(GA文庫)
Amazon B☆W


小林湖底
(GA文庫)
Amazon Kindle B☆W


虎戸リア
(GAノベル)
Amazon Kindle B☆W


森田季節
(GAノベル)
Amazon Kindle B☆W


道草家守
(富士見L文庫)
Amazon Kindle B☆W


唐澤 和希
(富士見L文庫)
Amazon Kindle B☆W


崎浦 和希
(富士見L文庫)
Amazon Kindle B☆W


藤宮 彩貴
(富士見L文庫)
Amazon Kindle B☆W


布袋三郎
(サーガフォレスト)
Amazon Kindle B☆W


カヤ
(サーガフォレスト)
Amazon Kindle B☆W


音速炒飯
(サーガフォレスト)
Amazon Kindle B☆W


池中織奈
(サーガフォレスト)
Amazon Kindle B☆W


飯田せりこ/古流望
(コロナ・コミックス)
Amazon Kindle B☆W


ちわ小太郎/わんた
(コロナ・コミックス)
Amazon Kindle B☆W


もとむらえり/イスラーフィール
(コロナ・コミックス)
Amazon Kindle B☆W


椋本夏夜/北川ニキタ
(コロナ・コミックス)
Amazon Kindle B☆W

1月13日

内々けやき/佐伯庸介
(リュウコミックス)
Amazon Kindle B☆W


身ノ丈あまる/神埼黒音
(モンスターコミックス)
Amazon Kindle B☆W

Categories
最新コメント

Archives
記事検索
タグ絞り込み検索