ディヴィジョン・マニューバ ―英雄転生― (講談社ラノベ文庫)

【ディヴィジョン・マニューバ ―英雄転生―】 妹尾 尻尾/ Nidy-2D-  講談社ラノベ文庫

Amazon
Kindle B☆W

人を襲う人類の天敵・ジェイヴが現れて十数年。人類の領域は狭くなりながらも、何とか拮抗を保っていた。戦闘兵器ディヴィジョン・マニューバが、ジェイヴへの対抗手段として有効だったからだ。最低レベルの魔力―ディヴィジョン1でありながら、魔装騎士を目指すための学園、上弦魔装学園へと入学した桶川九遠。だが九遠は最低魔力でも起動できる特注の機体を操り、入学早々に行われる模擬戦で9人抜きを成し遂げる。そんな九遠の前に現れたのは、学園最強の戦士にして最高レベル―ディヴィジョン5の少女、鈴鹿花火。接戦を繰り広げる二人の心は通じ合い、花火のチームへと誘われる九遠。だが、九遠と花火には、過去の因縁があり―!第6回講談社ラノベ文庫新人賞“優秀賞”受賞作!
ぐあああ、熱い!! うん、うん。これは書き方の具合だよなあ。ストーリー展開はオーソドックスと言っていいものだと思うのだけれど、それを輝ける王道へと昇華せしめているのは筆者の文章の転がし方、言葉の演出であり表現の妙なんですよね。
それも、ここぞという時だけではなく、何気ないシーンでもピピッと釣りでの竿先を引くような書き方、文章の置き方というんだろうか、そういうのが散りばめてあってギュイギュイと作中へと読んでいるこっちを引き込んでいく。文章のリズム感もさることながら、あんまり見たことのないというか使い方が難しい文の並べ方をしてるんですよね。これは結構特徴的でもあり……そうだなあ、全然違うけれど方向性として似ているのは古典の名作である【楽園の魔女たち】(コバルト文庫)の樹川さとみさんのそれを思い出してしまった。もちろん、作風とかは全然違うのだけれど、文章を追う読者の目を躱すようにフッと死角やワンテンポ置いた後方から、こちらの感覚を時に微細に、時に激烈に揺るがす一言や一列の文章を差し込んでくるこのタイミングは、なんとなく似てるんですよね。
そして、これがまた凶悪なんだ。
それがもっとも炸裂するのが、当然のごとくクライマックス、絶体絶命のピンチのシーンである。この差し込みを絶妙のタイミングで次々に繰り込んでくるものだから、テンションが落ちる余裕を与えられること無く、さながら多段式ロケットのごとく上がる上がる、際限なく上がり続けた上でのクライマックスである。
これもう、盛り上げ方というものをわかり尽くした、筆そのものに、タイピングする指先に火が乗っているかのようなシーン演出なんですよねえ。
素晴らしい!!
ちょっとそこまで一直線に進みすぎて、実は学園生活とかチームのメンバー以外にももっとキャラクターを描いていく範囲を広げたい様子が見受けられつつ、結局書けないまま後ろへと押し流されていったっぽいところが見受けられるけれど、ほぼ富士チームと師匠に絞った、そして先輩と九遠に絞りつくしたキャラクター描写は、よそ見をせずに焦点をアテ尽くしたことでほぼ書き抜けた感があって、これはこれで正解だったんだろうという爽快感がありました。英雄としての在り方、というテーマも先輩との関係の醸成や師匠の二度目の指導を通して、刷新されていく様子もきっちり書けてましたし。
なにより、なんだかんだと見事な「おねしょた」ものになってて、いや主人公が「可愛い」系でヒロインがお姉さんで、それが極まったラブラブだったりなんかすると、もうそれだけで満たされる気分です、はい。