SH@PPLE

SH@PPLE しゃっぷる 94   

SH@PPLE  ―しゃっぷる―(9) (富士見ファンタジア文庫)

【SH@PPLE しゃっぷる 9】 竹岡葉月/よう太 富士見ファンタジア文庫

Amazon
 bk1

双子の入れ替わりラブコメディもこれにて完結。
あー、やっぱりこうなってしまったか。この結末はハッピーエンドなんだろうけれど、個人的にはあの失恋の先の物語を読みたかった、というのは7巻の感想でも書いたところ。苦い痛みの先に育まれていく新しい愛情、というものも読んでみたかったんですけどね。と、みっともなく愚痴ってしまうのは、やはり鳥子さんがあまりに痛々しい有様になっていたからなんでしょう。
結局、雪国は最後まで自分を想い信じてくれた人たちを傷つけ続けてしまったわけだ。それを許してもらえたのは彼の人徳なのだろうけれど、彼が自分のエゴで鳥子にも典子にも蜜にも最後まで真正面からガチンコで勝負する機会を与えなかったのは疑いようも無い事実。たとえ知り合うきっかけが彼ら姉弟のエゴがなければそもそもなかったのだとしても、途中でなんどもちゃんと向き合う機会はあったはずなのに、それをズルズルと引き伸ばし、目を逸らし続けた結果が蜜の将来をも危険に追い込んでしまったのだから、正直言って私はこの雪国くんとカッコイイとは最後まで思えなかったですね。ほんと、ヒドいやつだと思うし、彼のやらかしたことは何から何まで認められない気持ちです。
でも、そのみっともなさは大いに共感と愛おしさを感じるとことでした。嫌いになれない、憎めない、そのしょうもない踏み外しっぷりには、なぜだか親しみすらをも感じてしまう。うん、そこが彼の人徳なんだろうなあ。

一方で、芝目会長の自身の体たらくと失敗へのきっぱりとしたけじめのつけ方には背筋が伸びました。この人は何だかんだと自分のこと、舞姫のこと、事の良し悪しや自分たちの行動の及ぼす影響など、実に正確に認識しているんですよね。だからこそ、自分が超えてはいけない一線を私利私欲のために超えてしまったことが許せなかったんだろうなあ。いっそ、高潔と言って過言ではないほどの振る舞いには、この人もしかして舞姫には勿体無いくらいの人なんじゃ、とすら思ってしまったw
でもまあ、このシリーズが終わって何が一番良かったって、会長と舞姫がなんとかイイ感じになってくれたことだよなあ。雪国たちよりもむしろ、舞姫たちの方が気に掛かっていた身とすれば、この結末こそハッピーエンドと言っていいのかもしれない。
まあ、意外なことに会長がおろおろと狼狽えるのはデフォとして、案外舞姫の方も大変そうなのは、ちょっとざまあみろと思ってしまった。でも、ああいう態度をとれるというのは自分に自信があるからなんだろうねえ。自分以外に靡くわけがない、と思ってそうだよなあ無意識にw

読み返しても、鮮烈な印象として残るのは鳥子のメールの内容だったり、典子の雪国への痛切な一言だったりと、ヤッパリメインヒロインよりも失恋することになった二人の方が存在感にしても魅力にしても大きかったような気がします。鳥子さんは打ち込むものがあるからまだしも、典子さんは色々としがらみが多そうで大変そうなんだが、それでも二人にはこんどこそ、失恋を乗り越えた、痛みの先にある力強い幸せを手に入れて欲しいところです。

そういえば、裏表紙のあらすじ。帯に書かれている部分と帯に隠れた部分、内容が違ってるんですが!? 色々と最後まで仕込んでるなあ。

6巻 7巻感想

SH@PPLE しゃっぷる 74   

SH@PPLE―しゃっぷる―(7) (富士見ファンタジア文庫)

【SH@PPLE-しゃっぷる- 7】 竹岡葉月/よう太 富士見ファンタジア文庫

Amazon
 bk1

ああっ、こうなっちゃったかーーっ。これはもう、タイミングが悪かったとしか言いようが無い。もしくは、運命的とすら言っていいのかも。お互いに好意を抱きあい、それを両者がちゃんと誤解無く知ることが出来た。それは歴とした両想いのはずなのに、それでも恋が成就しない事はあるんだなあ。いまさらのように、この作品がラブコメであると同時に繊細でガラス細工のように脆く美しい思春期の男女の恋情の機微を描いた青春恋愛劇だというのを思い知らされたようである。
然れども、雪国と蜜の恋路が交わらなかったのは、タイミングが合わなかったのであり、舞姫の余計な手出しがあったからこそなんだけれど、そもそも雪国が舞姫に変装して女子高に忍び込むというこすっからい手段を取った事がそもそもの原因なんですよね。結局彼は自分から自分の正体を明かすことなく最後まで来てしまった。自分が何をしてきたかを言わないまま、自分の想いだけを告げてしまった。そこに、この失恋の要因が横たわっている。
でも、哀しい事にその卑劣ともいえる手段を実行に移さなければ、二人の距離はそもそも縮まることすらなかったとも言える。その手段を実行に移したからこそ、失恋まで行けたのだとも言えてしまうのである。なんとも、ココロ苦しい話じゃないか。
となると、彼の一番大きな失敗はやはり、告白の順番を間違えた事なんだろう。蜜を信じて、自分のすべてを曝け出す事が出来なかった事がそもそもの失敗だったのだろう。残念でかわいそうだが、やはり自業自得だったのだ。

意外だったのが、正体が露見した際にそれほど大騒動にならなかったことか。主要人物にしかバレなかったとはいえ、蜜にしても胡蝶の宮にしてもわりとすんなり受け入れていたのは驚きだった。もっと怒ってもいいと思うのに。雪国と舞姫が結果的に何度も入れ替わりを繰り返すことで彼女らの心を弄んだ事は紛れもない事実なのに。
舞姫も今回は酷かったというか、やらかしちゃったよなあ、これは。舞姫のブラコンが原因と言うより、これは舞姫が恋というものを知らないからこそ無思慮に行えてしまえた暴挙というべきなんだろうけど。だからこそ、あそこは会長が止めておかないと。手伝ってどうするんですかー。恋する少女を応援する魔法使いとしては、これまた致命的な失敗を犯してしまったものです。薄々間違いを悟ってはいたみたいだし、普段の彼ならこういうミスはしないと思うんだけど、誰かに恋する女の子ではなく自分が恋する女の子に目が眩んでしまったが故の錯誤ということか。

そして運命的とも言える、ラストの鳥子との遭遇。この展開にはアッと驚かされると同時に、ガツンと頭をぶん殴られたような衝撃に襲われた。ここで、あんな劇的な失恋があった直後に、こういう展開を持ってくるかーー。普通の失恋の後なら、ただの噛ませにしか見えないところだけれど、これは正直どうなるかまったくわかんなくなってきた。
もしかしたらこの作品、こっから素晴らしい失恋の物語になるのかも。素晴らしい失恋の物語って変な言い回しだけど、ただの失意とネガのスパイラルじゃなくて、失恋もまた人を成長させる大切な経験であり、また恋というものが素晴らしいものだと実感させてくれるような、そんな話という意味での、失恋の物語が始まるんじゃないのかなあ、と思ってみたり。

今回、誰しもがあたふたとみっともなくおぼれていた中で、一人胡蝶の宮の凛として優美な立ち振る舞いに、心奪われました。言わば、この人こそが失恋第一号なんだよなあ。雪国への想いにキッパリと決着をつけたこの人の余裕と優しさ、温かみ。一回り人間が大きくなったような柔らかな存在感は、弱りきった周りの人たちを包み込み、行くべき道を見失った子らの背を、毅然と支え、そっと押すその姿。今、間違いなく一番魅力的なのはこの人ですね。


6巻感想

SH@PPLE ―しゃっぷる― 63   

SH@PPLE(6)  ―しゃっぷる― (富士見ファンタジア文庫)

【SH@PPLE ―しゃっぷる― 6】 竹岡葉月/よう太 富士見ファンタジア文庫

Amazon


あはは……待て。ちょっと待ってくれ。本気で訳がわからんくなってきた。
胡蝶の宮に雪国のフリをして恋人役を演じてくれと懇願されてしまった舞姫に変装した雪国。自分が誰だかわからなくなってまいりました、などと暢気に仰られていますけど、読んでるこっちもそろそろ混乱が激しくなってまいりましたよ。
当初は良かったんですよ。雪国は舞姫の格好をして女子高に、舞姫は雪国の変装をして共学校に。しばらくの間は入れ替わったまま固定で話が進んでいたから、混乱せずに済んでいたのですが、途中から一冊の中でも頻繁に雪国と舞姫が入れ替わったり元に戻ったりを繰り返すようになったので、訳が分からなくなってきたんですよね。
蜜にしても、胡蝶の宮にしても、加えて烏子にしても、果たして舞姫に変装した雪国が好きなのか、雪国に変装した舞姫を好きになってしまったのか、はたまた雪国本人が好きなのか、舞姫本人が好きなのか。
その辺の境界が不明瞭になってきてしまって、いったいどうなってるの!? という状態になってきてるんですよね。
これって、彼女たちにしたら、ひどい話だと思うんだけどなあ。前々から思ってたことだけど、雪国はこれ、相当罪作りなことしてると思うんですけどねえ。彼がちゃんと自分の好きな人と向き合おうとしなかったことで、彼女たちは気付いていないにしろ、自分の恋心が誰に向いているかもわからなくなっている上に、その相手と相対すら出来ていないわけですから。

と、雪国の不甲斐なさにやきもきする一方で、舞姫の方はわりと明瞭なんですよね。なんで本人が自分の恋心も自覚していない彼女の方が明快なのかはほんとに不思議なんですが、部長はヘコたれてないで、もっと頑張って押すがよいですよ。絶対脈あるから。

で、肝心のヒロインズの恋模様なんですが……状況だけ鑑みると、メインヒロインの蜜の動きがあまりにも鈍すぎて、ほとんど胡蝶の宮が全部持ってっちゃってる状態なんですよね。これ、本気でヒロイン交代しても仕方無いくらいに。もし雪国が蜜にお熱じゃなかったら、簡単にひっくり返っちゃってますよ。
ただ、蜜の方も地味にですけど、鳥子と交友が生まれる事で面白い事になりそうな気配が。考えてみると蜜って、周りにちゃんとした理解者って殆ど皆無と言っていいほどいなかったんですよね。その貴重な例外が舞姫に化けた雪国だったわけですけど、このおバカは蜜に夢中なくせにその心底にまで踏み込むような勇気ある一歩は踏み出せずにいるせいで、蜜は相変わらず孤立しがちだったわけで。だいたいあの側用人の清野さん、あの人からしてお嬢様のことまるっきり理解してない在り様なんだもんなあ。あの人、悪意こそないけど、ぶっちゃけ酷いです。
そんな中、事故気味に鳥子に本音をぶちまけてしまい、なんだか本音で言い合えるような関係が生まれかけているような気配。まあ、この場合、割りを食うのは鳥子の方なんだろうけど。
 

6月25日

Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W

6月21日

Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


6月20日

Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W

6月19日

Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W 


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W

6月18日

Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W

6月17日

Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon


Amazon Kindle B☆W

6月15日

Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W

6月14日

Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W

6月13日

Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W

6月12日

Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W

6月11日

Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W

6月10日

Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W



Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W

6月7日

Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Kindle B☆W


Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W

6月6日

Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W

6月5日

Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W

6月4日

Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W

6月3日

Amazon Kindle B☆W

6月1日

Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W



Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W

5月31日

Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W




Categories
最新コメント

Archives
記事検索
タグ絞り込み検索