徒然雑記

終日のたりのたりかな  
  オロチのまどろむ庭TOP  読書メーター  月刊書籍発売カレンダー  書籍感想・殿堂作品
  書籍感想・著者索引(表紙絵附) 書籍感想・著者索引(シンプル版)  書籍感想・作品タイトル索引(シンプル版)
  11月の漫画新刊カレンダー  11月のライトノベル新刊カレンダー
  12月の漫画新刊カレンダー  12月のライトノベル新刊カレンダー
 

Unnamed_Memory

2021年4月読了ライトノベル系書籍からのお勧め  

読んだ本の数:19冊 うち漫画:0冊

すみません、トレーナー業に勤しんでたら自然と読む時間ががが。育成って最速でやってもなんだかんだ時間がかかるのですよ。ほぼ一回しかしてないのですが。
それ以外にも、疲れからかかなり生活リズム崩れていて、体調よろしくなかったというのもあるのですが。
さて、4月は名作【Unnamed Memory】の一先ずの完結巻。そして、これは結構予想外だったのですが、【駅徒歩7分1DK。JD、JK付き。】が期待値を遥かに上回る良作でした。作者さん、前作では非常に熱いファンタジーを書いていたのですが、日常モノでこれほどの独特の雰囲気、空気感、流れる時間を自然なタッチで描けるとは思っていなくて、ほんといい意味で予想外でした。正直ツボでしたね。
富士見ファンタジア文庫の目玉新人作品の【魔王2099】は、2巻目になっても安定の高止まり。これはしっかりとしたシリーズになりそうで安心しました。



★★★★★(五ツ星) 0冊



★★★★☆彡(四ツ星Dash) 2冊

Unnamed Memory VI 名も無き物語に終焉を】  古宮 九時/chibi 電撃の新文芸(2021/4/17)
駅徒歩7分1DK。JD、JK付き。1】  書店ゾンビ/ユズハ オーバーラップ文庫(2021/4/25)


【Unnamed Memory VI 名も無き物語に終焉を】  古宮 九時/chibi 電撃の新文芸

Amazon Kindle BOOK☆WALKER
感想はこちら

一人の孤独な魔女と王様の恋物語は終りを迎え、お伽噺の器からこぼれ落ちていく。そこからはじまるのは文字通り、名前の残らない記憶の物語だ。長い長い悠久に等しい二人の流離いがはじまる。


【駅徒歩7分1DK。JD、JK付き。1】  書店ゾンビ/ユズハ オーバーラップ文庫

Amazon Kindle BOOK☆WALKER
感想はこちら

ときに、見知らぬ人同士が家族になるのに時間が必要ないときがある。ふとした偶然から居候するようになったJKと、JDとサラリーマン。そんな世代も性別も違う三人が当たり前の日常を、穏やかで心地よい日々を過ごしていく、そんなごくごく平凡な幸せが詰まった生活感あふれる日常譚だ。
幸せだからこそ壊したくない時間。幸せだからこそ、愛しく恋しく募る想い。相反する矛盾した気持ちが今を軋ませる、そんなラブストーリーのはじまり。



★★★★(四ツ星) 4冊

魔王2099 2.電脳魔導都市・秋葉原】  紫 大悟/クレタ 富士見ファンタジア文庫(2021/4/20 )
時をかけてきた娘、増えました。】  今慈 ムジナ/木なこ ガガガ文庫(2021/4/20)
魔弾の王と聖泉の双紋剣(カルンウェナン) 4】  瀬尾 つかさ/ 八坂 ミナト ダッシュエックス文庫(2020/12/21)
魔弾の王と凍漣の雪姫(ミーチェリア) 7】 川口 士/美弥月 いつか ダッシュエックス文庫(2020/12/21)

【魔王2099 2.電脳魔導都市・秋葉原】  紫 大悟/クレタ 富士見ファンタジア文庫

Amazon Kindle BOOK☆WALKER
感想はこちら



【時をかけてきた娘、増えました。】  今慈 ムジナ/木なこ ガガガ文庫

Amazon Kindle BOOK☆WALKER
感想はこちら



【魔弾の王と聖泉の双紋剣(カルンウェナン) 4】  瀬尾 つかさ/ 八坂 ミナト ダッシュエックス文庫

Amazon Kindle BOOK☆WALKER
感想はこちら



【魔弾の王と凍漣の雪姫(ミーチェリア) 7】 川口 士/美弥月 いつか ダッシュエックス文庫

Amazon Kindle BOOK☆WALKER
感想はこちら




以下に、読書メーター読録と一言感想


続きを読む

Unnamed Memory VI 名も無き物語に終焉を ★★★★☆   



【Unnamed Memory VI 名も無き物語に終焉を】  古宮 九時/chibi 電撃の新文芸

Amazon Kindle BOOK☆WALKER

これは王と魔女の、終わりであり始まりの物語。

「私、貴方のところに辿り着けて幸せです」
ティナーシャの退位と結婚の日が迫るなか、周囲で怪しげな事件が頻発し始める。歴史を改竄する呪具エルテリアを奪取するため、ヴァルトにより巧妙に仕掛けられる罠。無数の歴史の記憶を持つ彼は、ついに自分と世界にまつわる真実を語り出す。
消えては再構築される時間の果てに、オスカーが下す決断とは――。王と魔女の物語の終わりであり始まり。人の尊厳をかけた選択に向き合う完結巻!

ずっとモヤッとしていたものがあったんですよね、この世界のオスカーには。それをヴァルトがズバッと指摘してくれて、ああそうだったのか、と深く深く首肯したのでした。
そうなんですよ、この世界のオスカーはティナーシャと結婚するのにさほどの苦労していないんですよ。なにしろ、むしろティナーシャの方からアプローチ掛けてきたくらいで、グイグイ来られて困惑しながらも彼女の不思議な人となりに惹かれていって、立場の柵がなくなった所でようやく求婚して、それも大した問題なくスッと受け入れられて。
そう、すんなり……本当にすんなり収まる所に収まってしまった。
前のオスカーは、そりゃもう毎日のように口説いてプロポーズして塔まで会いに行って、と大変な情熱を傾け続けたにも関わらず、徹底して拒絶され断られ逃げ回られ、それでも段々と触らせてくれるようになって口では断られながらも距離感をグイグイと潰していって、ついには彼女の生きる意味の消失を全霊をかけて埋めることでようやく一年掛けてティナーシャを口説き落としたわけです。
相手は数百年を生きる最強の魔女。経験も知識も力も違う相手でした、何をしでかすか分からないびっくり箱でした。それでも構わず、相手の巨大な存在感も恐れることなく、情熱をもって一人の女としてティナーシャを口説き落としたわけです。
そして、国を、世界を、自分自身をも失う選択を前にしても、迷わず彼女を救う道を選んでしまうほどに、ティナーシャを愛した。それが、前の世界のオスカーでした。
この世界のオスカーに愛が足りない、とは言いませんよ。でも、暗黒時代の女王の様相に戻ってしまったティナーシャを前に、不安をいだいてしまうオスカーというのはどうにも「シャキッとせいや!」という感想を否めなかったわけです。だってオスカーが不安って、違うだろう、そうじゃないだろう、と思いませんか? ティナーシャとの未来に影を感じてしまうって、そういう所に引っかかってるのはオスカーらしくない、と思いませんか。
そうかー、追っかけが足りなかったのかー。ティナーシャの何もかもを覚悟して受け入れていた前のオスカーと違って、強く求める前に得られてしまったこのオスカーは、愛する人を求める希求心が足りなかったのか。飢餓感が足りなかったのか。ふとした瞬間に彼女が消えてしまうのではないかという危機感が足りなかったのか。ティナーシャという異質を掴み取る覚悟が足りなかったのか。
だからこそ、すべての歴史を見てきたヴァルトが前までの世界のオスカーと比較して、彼を叱咤してケツ叩いてくれた時には、よくぞ言ってくれた! という感覚だったのです。
敵対しているはずなのに、ヴァルトは。
相容れない関係になってしまったはずなのに、言わずには居られなかったんだろうなあ。オスカーとティナーシャのあの尊いまでの関係を覚えていたら、どうしようもなく言わずには居れなかったんだろうなあ。
ティナーシャとオスカーの臣下だった事もある、と数ある歴史の中の一幕のように語っていたヴァルトだけれど、彼にとって彼らの臣下だった時間は実はこの上なく特別な時間だったんじゃないか、と思うんですよね。
あとで、彼らの臣下だった頃の話が挟まれるのだけど、ラザルやアルス、シルヴィアやドアンといった股肱の腹心たちと全く違和感なくメンバーの中に混ざってたんですよね。
そうやって二人のもとで働く時間は、本来の目的を忘れないまでも充実していて、ミラリスと過ごす日々も発見と幸せに満ちていて、ヴァルトにとってこの時間軸がどういうものだったのかが伝わってくるようでした。
道は分たれた。ヴァルトは一切を振り切って愛する人のために成さねばならないことがある。そのためには、ティナーシャとオスカーは敵として相対さねばならない。
それでも、敵対しながらもヴァルトにとって過去形じゃなく二人の臣下であり続けていた。それが、あのオスカーへの叱咤に垣間見えた気がしたんですよね。

そうして、泡沫のようにすべては消えていく。
ヴァルトが改めて「エルテリア」の効果について説明してくれましたけれど、これは本当にえげつない。何がえげつないって使用者当人には記憶残らず、時読の当主に選ばれた人間にだけ記憶が残ってしまうというところか。自分で使うならまだしも、誰かがどこかでエルテリアを使った途端にいきなり世界が巻き戻りって改変点まで戻されちゃうんですからね、記憶が残ったまま。最悪の巻き込まれじゃないですか。
それでも、自分だけの事ならずっといつか改変が通り過ぎていくのを耐え続ければよかったのかもしれない。でも、それが愛する人に引き継がれてしまったとしたら。
本来、ヴァルトは裏で暗躍して世界を動かす、なんてタイプの人間ではないのでしょう。誠実に、当たり前に、表の世界で当たり前のように穏やかに生きていく人間だったのでしょう。そんな彼が人として壊れもせずにやり遂げようとした事は、愛する人を救うためにそれ以外のすべてを裏切ること。
それもまた、名前の残らない記憶であり物語だったのでしょう。
でも、その名無しの記憶は紆余曲折を経て、彼らに引き継がれてしまった。

そこにあった世界が、消えてしまう哀しみを、喪失の痛みを、引き継いでしまった。
歴史が一つまっさらに消えてしまう瞬間は、劇的でもなく本当にただ泡が消えるように唐突に何もかもなくなってしまった。
あそこに生きていた人たちは、長き歴史を紡いでそこに在ったものたちは、全部綺麗サッパリ消えてしまった。ただ、巻き戻しを認識する人の記憶にだけ残って。
レジスとティナーシャが二人でトゥルダールのためにやっていたこと、やろうとしてきたこと。描いてきた未来図が、全部泡のように消えてしまった。想いも、情熱も、親愛も、感傷も、何もかもが記憶の中にしか残っていない。

そして、オスカーが選んだ選択は。ティナーシャが受け入れた決断は、そんな記憶にしか残らない思いすらも消し去るものだったのか。
すべての改竄を初期化して、最初からやり直す。きっと、改竄を経なければ生まれなかった生命もあるだろう、助からずに歴史の闇に埋もれてしまった者もいただろう。オスカーですら、そもそも生きて成人しなかったかもしれない。ティナーシャは魔女にならず、数百年の時を経てオスカーに会う事はなかったかもしれない。
それでも、彼らは行き詰まりつつあった世界をまっさらにやり直すことを選んだ。外部からの干渉を排し、ティナーシャ一人が背負うことになる消えゆく歴史と時間の重さを取り払うために。
運命を信じて。もう一度会えると信じて。そのとき、恋に落ちるのは確定済みだ。それだけは、疑う余地はない。
「歴史が変わっても、全てが元に戻っても。どこにも誰にも記憶が残らず、たとえ私が生まれなくても……愛しています。貴方が私の、最初で最後のただ一人です」


きっとこの瞬間に、数百年を生きた魔女と一人の王様の恋物語は、ただ幸せになって結末を迎えるお伽噺の枠を逸脱してしまったのだ。悠久の時の流れに、二人は溶け落ちていく。
きっと二人はそれでも幸せなのだろう。ただ少しだけ、置き去りにされていく人たちの想いを想像すると胸の奥に寂寞とした風が吹く。
最初にこの作品をウェブ上で読み耽って以来、ずっと忘れられない、心のなかで吹き続ける風だ。
その寂しさを、もう一度じわりと噛みしめる。
これが【Unnamed Memory】が迎える終幕の実感なのだと、思い出しながら。

続編もやるんですよねえ。やるのかー。それならそれで、こっちも覚悟が必要だなあ。



2020年6月読了ライトノベルのおすすめ  

読んだ本の数:30冊 うち漫画:2冊

振り返ってみると、歴史ものが結構多い。日本の戦国時代が2本に大陸の楚漢戦争時代が1本。昔勇者も時代劇風だけど、ファンタジー時代劇ですから歴史の仮想戦記じゃないよ?
とはいえ豊作。【Babel】の復刻に【昔勇者】のシリーズ続行、と歓喜に湧いた刊行もありましたし。
衝撃作だったのが【サンタクロースを殺した。そして、キスをした。】これを若さゆえの危うさと尖りだと見るのは勿体ないだろう。

★★★★★(五ツ星) 0冊



★★★★☆彡(四ツ星Dash) 4冊

昔勇者で今は骨 5.東国月光堕天仙骨無幻抜刀】 佐伯 庸介/ 白狼 電撃文庫(2020/6/10)
Babel I 少女は言葉の旅に出る】 古宮 九時/森沢 晴行 電撃の新文芸(2020/6/17)
サンタクロースを殺した。そして、キスをした。】 犬君 雀/つくぐ ガガガ文庫(2020/6/18)
Unnamed Memory V 祈りへと至る沈黙】 古宮 九時/ chibi 電撃の新文芸(2020/6/17)


【昔勇者で今は骨 5.東国月光堕天仙骨無幻抜刀】 佐伯 庸介/ 白狼 電撃文庫

Amazon Kindle BOOK☆WALKER
感想はこちら


まさかの続編、そしてまたぞろとびっきりのアクションエンタメ大作である。アルは元より、バラけたハルベル、ミクトラがそれぞれに主役張ってくれると物語を動かすエンジンが複数あるみたいなもので、話そのものがパワフルかつ多元的になるんですよね。それが一同結集するとさらに一点集中一気に盛り上がりますし。今回は東国舞台という事で本場の剣術活劇三昧でヤトノやマガツ師匠という剣術バカの大暴れも相まって、相手が神だろうと何だろうとぶった切るという勢いのスケール感はやりたい放題で存分に楽しかった。


【Babel I 少女は言葉の旅に出る】 古宮 九時/森沢 晴行 電撃の新文芸

Amazon Kindle BOOK☆WALKER
感想はこちら

なんか電撃文庫版と量が全然違うんですけどー!? 文庫二冊分と聞いて文庫版2巻まで行くのかなー、と漠然と思ってたら全然読んでも終わらないの。物語の、密度が全然違うー。いやこれ、文庫版本当に相当削ってたんだよなあ、事件の展開にしても心情への切込みにしても、味わい深さが段違いだもの。異世界に突然放り出されて途方にくれながらも決して崩れなかった雫という少女の強さを勇気をより噛み締められる。そして改めて見ても、言葉に関する違和感や齟齬はそこかしこに散りばめられていて、なるほどなあと頷いてしまうのでした。


【サンタクロースを殺した。そして、キスをした。】 犬君 雀/つくぐ ガガガ文庫

Amazon Kindle BOOK☆WALKER
感想はこちら

上手く生きられない人たち。上手く生きられないから生きる事に真剣なのか、本気で必死に真面目に生きているから上手く出来ないのか。何れにしてもただ生きる事に無性に悲しく寂しくなるのは、それだけ真剣だから。適当に生きてたら、別に寂しく感じない、と思う。彼らは人と触れ合い繋がり続けないと生きていけないのだ。なぜ誰かと繋がっていないといけないの? 会えない誰かを探し続けるの?そんな風に彼らに共感は出来ないのだけれど、同じ景色を感じられなくても必死さは胸を打つ、その在り方を見つめられる。小説という形を通して


【Unnamed Memory V 祈りへと至る沈黙】 古宮 九時/ chibi 電撃の新文芸

Amazon Kindle BOOK☆WALKER
感想はこちら

違う国に居るはずなのに、隣家の向かい合った二階の部屋の窓越しに勝手に入ってくる幼馴染並に気軽に入り浸ってるなあ、二人共。自重する必要のなくなったオスカーがやっぱりオスカーしててやっぱり彼はそうでないと。一方でティナーシャの方は完全に恋する乙女。魔女だった頃と違って精神面が年相応な分、スレてなくてホント初々しい少女なんですよね……可愛い! そしてトラヴィスとオーレリアのカップル、彼らだけでもう一組主人公やれるくらいドラマチックな二人なんですよね、もう好き。

★★★★(四ツ星) 8冊

インフィニット・デンドログラム 13.バトル・オブ・ヴォーパルバニー】 海道左近/タイキ HJ文庫(2020/6/1)
終末なにしてますか? 異伝 リーリァ・アスプレイ #02】 枯野 瑛/ue 角川スニーカー文庫(2020/6/1)
信長の庶子 二.信正、初陣】 壬生一郎/土田健太 ヒストリアノベルズ(2019/4/15)
俺の女友達が最高に可愛い。2】 あわむら赤光/mmu GA文庫(2020/6/12)
天才王子の赤字国家再生術 7~そうだ、売国しよう~】 鳥羽 徹/ ファルまろ GA文庫(2020/6/12)
斎藤義龍に生まれ変わったので、織田信長に国譲りして長生きするのを目指します!】 巽 未頼/マキムラ シュンスケ 宝島社(2020/6/16)
異世界迷宮の最深部を目指そう 14】 割内タリサ/ 鵜飼沙樹 オーバーラップ文庫(2020/6/25)
項羽と劉邦、あと田中 3】 古寺谷雉/獅子猿 PASH!ブックス(2020/6/26)

【インフィニット・デンドログラム 13.バトル・オブ・ヴォーパルバニー】 海道左近/タイキ HJ文庫

Amazon Kindle BOOK☆WALKER
感想はこちら

超高速戦闘はやっぱり燃えるなあ。13巻にして遂に主人公がクランを立ち上げるという展開に。随分掛かったというべきか満を持してというべきか。ま今までクランとか必要なかったしね。しかし、クラン名も酷いけどメンバーの来歴見ると割と妥当なんじゃと思ってしまう。見た目も実績も凶状持ちばかりじゃないかw


【終末なにしてますか? 異伝 リーリァ・アスプレイ #02】 枯野 瑛/ue 角川スニーカー文庫

Amazon Kindle BOOK☆WALKER
感想はこちら

特異で特別な存在故の必然たる孤独に敢然と歯向かって追いすがってくる凡人の極みに、天才少女たち内心キュンキュンし過ぎである。その彼の努力の原動力が恋とか愛とかじゃねえのがむしろイイ、という辺りに彼女らの業を感じてしまう。


【信長の庶子 二.信正、初陣】 壬生一郎/土田健太 ヒストリアノベルズ

Amazon Kindle BOOK☆WALKER
感想はこちら

傳兵衛くん、帯刀くんとこの時代ではない呼び合い方で友情を交わした者同士。その志向は異なれど、胸襟を開けて話し尽くし、互いに支え合うのだと約束した者同士。一緒に未来を築いていくと信じていたのに、あっさりと潰えてしまうのもまた戦国の習いか。さり気なく歴史も幾つか変わっているのだけれど、史実ではここから織田家も相次いで身内に屍を積み重ねていくだけに、本願寺との開戦で厳しくなる。一方、正室となる恭との顔合わせがまたどこか文学的でじんわりと来るものがある。女性たちの戦いもまた誇り高く色鮮やかだ。


【俺の女友達が最高に可愛い。2】 あわむら赤光/mmu GA文庫

Amazon Kindle BOOK☆WALKER
感想はこちら

くっそ可愛いなあこの後輩! これ琴吹視点からすると自分のメンタル十全理解した上で慈しんでくれて完璧な対応してくれるカイって最高の異性なんですよね。趣味も合うわけだし、一緒に居てこれだけありのままの自分のまま楽しい人って今後会えるかどうかというレベルだよなあ。この人がいい、という琴吹の必死さはよく分かる。自分にとっては最高でも、カイにとっては違うのがわかるだけに尚更に。恋愛が面倒というのは琴吹も一緒だと思うんだ。ようは面倒が気にならないくらい相手がどうしようもなく好きか、なんですよねこの人種は。


【天才王子の赤字国家再生術 7~そうだ、売国しよう~】 鳥羽 徹/ ファルまろ GA文庫

Amazon Kindle BOOK☆WALKER
感想はこちら

ロワとウェインが仲良すぎてなんだコイツら。お互い仲良くハメて陥れて蹴落とそうとしながら、状況の変化で瞬時に息ピッタリ共闘して、その上でまたぞろ抜け駆けを図る、と。気心がしれてる分、実に楽しそうに謀り合ってまあ。他でも四六時中謀略張り巡らせてるウェインだけど、ロワと遊んでる時が一番楽しそうだ。ロワもこれ、女帝になる目的のためにウェインと争っているというより、ウェインとより遊ぶために女帝になろうとしてるんじゃないか。


【斎藤義龍に生まれ変わったので、織田信長に国譲りして長生きするのを目指します!】 巽 未頼/マキムラ シュンスケ 宝島社

Amazon Kindle BOOK☆WALKER
感想はこちら

主人公が義龍、しかも十代前半から活躍するので舞台は1540年代。他の信長を主軸に動く戦国モノよりも相当に早い。この初動の早さは後々も効いてくる。お陰で美濃の国内情勢から畿内近隣、朝倉六角との駆け引きもかなり新鮮だったりする。その中で暗躍しまくる梟雄長井規秀、後の斎藤道三。流石は蝮と称されるだけある悪党っぷりで、突然幼子ならざる知性を見せ始めた我が子に対しても警戒を怠らないのですけれど、同時に期待も抱いてしまう父としての複雑な愛情を垣間見せて、このややこしい親子関係は一番の見所なのかもしれません。


【異世界迷宮の最深部を目指そう 14】 割内タリサ/ 鵜飼沙樹 オーバーラップ文庫

Amazon Kindle BOOK☆WALKER
感想はこちら

なるほど、言われてみると確かにカナミの言動は変だ。ある一線までは受け入れ柔軟に汲み取る余裕を持っているのに、ラインを超えると頑ななまでに思考を固めてしまう。本作、精神的に不安定な人が多いというかそういう人ばっかりなので気づかなかったけれど、ラスティアラのそれは彼女の趣味嗜好なのに対しこの思考の凝固はカナミの内部から生じたものとは思えない違和感がある。今はラスティアラが対象だけど、置き換えは簡単か。ラスボスの封印を解こうという誘導もされてるんだろうな、これ。比べたらノスフィーは可愛らしい部類なのね


【項羽と劉邦、あと田中 3】 古寺谷雉/獅子猿 PASH!ブックス

Amazon Kindle BOOK☆WALKER
感想はこちら

美女二人の片方誰!?と思ったら張良かよ!本気で女にしか見えんなあ。ついに項羽の登場。若き英傑の魅力と危うさを盛り込んだ実に良いキャラだ。そしてますますお互いの理解度が深まりすぎて、蒙林差し置いて夫婦かというような田中と田横の相棒関係。足りない部分を補い合い、心から信頼し合う二人はまさに兄弟であり相棒であり親友であり。この二人の関係本当に好きです。だからこそ、斉の為田家の為に一時別れる決意をした田中。果たして歴史の流れを変える事は叶うのか。まさに分水嶺の一歩である。



以下に、読書メーター読録と一言感想


続きを読む

Unnamed Memory V 祈りへと至る沈黙 ★★★★☆   



【Unnamed Memory V 祈りへと至る沈黙】 古宮 九時/ chibi 電撃の新文芸

Amazon Kindle BOOK☆WALKER

「お前が欲しい。だから結婚を申しこんでいる」「…は?」
オスカーの呪いを解いたティナーシャは自国に戻り、魔法大国・トゥルダールの女王として即位した。別々の道を歩み始めた二人の決意とは―。そして、呪いの元凶たる『沈黙の魔女』がついに二人の前に現れる。明かされる呪いの真実、過去へ時を巻き戻す魔法球の存在。名もなき物語に無二の思いが刻まれる第五巻。
うははは、いいなあやっぱりイイ。オスカーはやっぱりグイグイと強引なくらいに押してこないとオスカーじゃないよ。そんなオスカーにぐいぐいと攻められて色んな顔を見せてくれティナーシャがいいんだよ。このカップルはやはりこの形が一番しっくり来る。
この歴史上では、お互いに王族として自分の国に対して責任を果たさないといけない立場である以上、決して結ばれない関係であった。からにはオスカーもずっと自重してティナーシャに対して一線を画した接し方をしていたのだけれど……。
そうかー、女王に即位する上でまさかあんな形で自身の王としての立場に決着をつけるとは。ずっと知らされてなかったオスカーからしたら、こいつめー、てなもんだろうけど、そりゃ国の機密なら喋れんわねえ。
ティナーシャとしては後の反応からしても、この件に関してはオスカーと絡めてはなんにも考えてなかったっぽいんですよね。あくまで、女王としてトゥルダールの国の未来のために。
数百年の眠りを経て目覚めた過去の人間である自分が、今更という事もあったのでしょうし。また過去の人間であるからこそやれることもあり、自分の残した国にケリをつけるという意味でもあったのでしょうか。
いずれにしても大胆な行為である。この場合、ティナーシャよりもレジス王子を中心としたトゥルダールの次世代グループこそが大胆不敵、とも言えるのでしょうけれど。現王はティナーシャの魔女殺しの女王としての力を持って、トゥルダールをさらに発展させ強国とさせるつもりで彼女を女王へと祭り上げようとしたのでしょうけれど、レジスはそれを先のない発展だとしてむしろティナーシャの圧倒的な力を借りることでトゥルダールという国の在り方そのものを変革し、未来への足がかりにしようという腹づもりで。よほどティナーシャとよく話し合ったとしてもそれほどまだ月日経っていないのだから、元々レジス王子にもティナーシャが復活する以前から国のあり方について思う所があったのかもしれませんが、それにしてもこの人も有能というか……傑物だよなあ。
そんで、ティナーシャに惹かれているにも関わらず、ティナーシャの思いを邪魔する事なくオスカーと結ばれることを応援してくれてるなんて、出来すぎの人物じゃないですか。
この王子が居たからこそティナーシャもこれだけ大胆な改革に踏み切れたとも言えるので、オスカーにとっても恩人ですよ、恩人。

というわけで、前の歴史では顔を合わせるたびに結婚しようぜ、と挨拶代わりにプロポーズしていたオスカーの、まるで王子様がするような力強い本気の求婚でありました。窓から颯爽と現れて熱烈にプロポーズして去っていくとか、どこの王子様だよ。すでに王様なんだぜ、こいつ。しかもわりとゴリラのくせにw

それよりもティナーシャの反応ですよ。なにこのかわいい生き物。図らずも自分たちのあいだにあった絶対的なハードルが自分の行いで取り除かれ、それまでそっけない態度だった愛しい人が突然態度を翻していきなりどんどん積極的に迫ってきた挙げ句にプロポーズである。
ティナーシャさん、とろっとろなんですけど。思い出し笑いしてくねくねしてるとか、どんだけ嬉しかったんですかー。もう反応がスレてた魔女の頃と違って、ほんとに年相応なんですよね。年相応よりも若いんじゃないだろうか。一応肉体年齢二十歳だというので大人は大人のはずなんですけど、見事に十代半ばの少女のような初々しい姿である。恋する乙女そのものである。好きな王子様に求婚された夢見るお姫様そのものである。
幸せオーラが出過ぎてて、その絶世の美貌が緩みきって可愛い系に変貌してしまってるし。
なんかもう女の子しすぎてて、こういうティナーシャは新鮮だなあ。昔の数百年の眠りにつくまえ、前の歴史のオスカーに守られていた時期の幼いティナーシャに戻ったかのようで、思わずキュンキュンしてしまいます。
しかし魔女であったティナーシャと、ちゃんと同一人物として描かれながらこれだけ在り方を違うように描きわけられるというのも改めて凄いなあ、と。

で、正式に婚約者となったのを免罪符にして、トゥルダールに戻ったはずなのにしょっちゅうひょいひょいとオスカーの元に現れるティナーシャさん。転移が使えるからほんと気軽なのはわかるんだけれど、気軽すぎてこれなんか、隣の家同士の幼馴染が窓越しに勝手に部屋に出入りするかのような我が家感覚である。隣家どころか国隔ててるはずなのにねー。ティナーシャだけでなく、オスカーもわりと簡単にティナーシャの所まで来ちゃう事も珍しくないので、距離の概念あんまり皆無。そして何の抵抗もなく、とりあえず自分の膝の上にティナーシャを座らせるオスカーに、何の気兼ねなく当たり前にオスカーの膝の上に座っちゃう女王さま。距離感!距離感の概念!

とはいえ万事順調に二人が結ばれてハッピーエンド、という流れにはなかなかならないんですよね。
そもそも、今の歴史がとてつもない改竄の上に成り立っている事を忘れてはならない、とばかりに歴史を遡行する魔法球の詳細を知り、それを狙う存在がついに表へと浮上してくる。しかし、まだその目的は不明なんですけどね。
そして、オスカーに沈黙の魔女がかけた呪い。その原因にこの歴史の改竄という問題が大いに関わっていることが明らかになる、先の歴史からなぜオスカーに呪いがかけられたのか、の真実が明らかになるんですね。
また、徐々に垣間見えてくる、この世界の法則から外れた存在。世界外という概念。段々と重要なキーワードが出揃ってきた、という感じ。
それに合わせて、というわけじゃないだろうけれど、ここにきてティナーシャがどんどんパワーアップしてるんですよね。幾つかの事件で規格外の魔力を取り込むことになって、かつての青き月の魔女としての経験値こそないのだろうけれど、魔力だけならもう魔女時代と同レベルになってるんじゃないでしょうか。
でも相変わらず、何かあると血塗れになってるティナーシャ。ほんと血塗れ頻度高すぎませんかね!? ちょっと目を離すと血塗れですよ、傷だらけですよ。オスカーがほっとけ無いとなるのわかりますよ。子供か!というような下手な言い訳で誤魔化そうとしますし、子供か!というような都合の悪いことは叱られるから黙っとこうというあとで余計に叱られる雑な誤魔化し方しますし。
子供か!!

子供と言えば、今回の事件はちょっと結末がキツかったですね。手遅れだった子供たちは仕方ないにしても、最後の二人は手の届く範囲だったわけですし。しかし、過去に戻れるという可能性が目の前にあるなら、こんな簡単に頼ってしまうのか、ティナーシャですら。いや、わりとメンタル強くないと評判の女王様だからなのかもしれませんが。
あと、赤ん坊事件が完全にホラーなんですけど。ちゃんと他に預けて世話させてても、ふと気がつけばポツンとそばに置かれていて、泣いている赤ん坊とか普通に怖いですから。

今回ちょっと残念だったのが、ようやく本格登場となったトラヴィスとオーレリアのカップルの、特にオーレリアのイラストが無かったんですよね。そのぶん、オスカーとティナーシャの二人がたくさん描かれていたのでそれはそれで満足だったのですが、やっぱりオーレリアはどんなデザインなのか見てみたかった。この二人って別枠で主人公担えるほど完成度高いカップルだと思うんですよね。特に女性として人として孤独で弱く脆く、しかしそれ以上に強靭でタフでひたむきで一途なオーレリア。そんな彼女に惹かれ、人として愛するようになるトラヴィスというこのカップル。トラヴィスの方が庇護者で確かに彼の存在を拠り所にしているはずなのに、なんだかんだとオーレリアの方がトラヴィスの事を尻にしいてたり、トラヴィスのご乱行をオーレリアが代わりに謝ってまわったり、とどちらが保護者かわからんようなところもある普段の関係もイイんですし、それ以上にお互いが唯一無二という関係がほんとに好きでねえ。もしかしたらオスカーとティナーシャのカップル並に好きかもしれないカップルがこのオーレリアとトラヴィスの二人なので、またぞろ出番あるといいなあ。挿絵付きで。

さても第二部も半ばをこえて、いよいよ次がクライマックス。はたして今度こそ、或いはもう一度ハッピーエンドを迎えることが叶うのか。襟を正して結末を待て。

シリーズ感想

2020年1月読了ライトノベル系書籍からのお勧め  

読んだ本の数:42冊 うち漫画:4冊

流石に年始を含めて1月は時間の余裕、というか休みの日が多かったのでその分読書もはかどりました。なかなかこのペースは維持できないだろうけど、なるべく一日一冊ペースは崩さないように行きたいなあ。
【エリスの聖杯】、以前から気になってはいたんですよね、なんかこれ絶対面白いだろうというようなオーラを発していたというか。案の定評判も良いので遅れ馳せながら手を出してみれば、期待以上のべらぼうでありました。うん、めっちゃ面白かったんだよ。
【UM】は第二部スタート。新章というにはまっさらすぎて、常時ダメージ喰らいながらそれを恍惚としてしまう始末、我ながら質悪し。
他にも年始めということで良作も揃っていたのですが、新作の中で特に目についたのが【竜と祭礼】と【今はまだ「幼馴染の妹」ですけど。 せんぱい、ひとつお願いがあります】。両方とも味わいの違いはありますが、ともにレバーを抉ってくるような浸透するインパクトある作品でありました。


★★★★★(五ツ星) 0冊



★★★★☆彡(四ツ星Dash) 2冊

エリスの聖杯】 常磐くじら/夕薙 GAノベル(2019/11/14)
Unnamed Memory IV 白紙よりもう一度】 古宮 九時/chibi 電撃の新文芸(2020/1/17)


【エリスの聖杯】 常磐くじら/夕薙 GAノベル

Amazon Kindle BOOK☆WALKER
感想はこちら

感想はこちら
思わず時間も忘れて没入してしまう面白さ。読み終えた瞬間、思わず目が覚めたみたいにハッとしてしまうほどのめり込んでましたからね。地味っ子令嬢と幽霊な悪役令嬢のでこぼこコンビが挑む、十年前の事件。その真相には宮廷にはびこる根深い闇が横たわっていた。予想以上のハードなサスペンスミステリーでした。


【Unnamed Memory IV 白紙よりもう一度】 古宮 九時/chibi 電撃の新文芸

Amazon Kindle BOOK☆WALKER
感想はこちら

沁みる、心に沁みる。粘膜に消毒液垂らしたみたいに沁みる。でも、それが心地よい。
ほんとにまっさらに白紙化されてしまってからの、オスカーとティナーシャの再びのラブストーリー。置かれた立場の違いもさることながら、ティナーシャが文字通り内面まで少女化してしまっているがゆえの危うさ、不安定さがまた色んな意味でたまらない。


★★★★(四ツ星) 10冊

最強出涸らし皇子の暗躍帝位争い 2 無能を演じるSSランク皇子は皇位継承戦を影から支配する】 タンバ/夕薙 角川スニーカー文庫(2020/1/1)
フシノカミ 1〜辺境から始める文明再生記〜】 雨川水海/大熊まい オーバーラップノベルス(2019/11/25)
現実主義勇者の王国再建記 8】 どぜう丸/冬ゆき オーバーラップ文庫(2018/10/24)
今昔百鬼拾遺 河童】 京極 夏彦 角川文庫(2019/5/24)
ストライク・ザ・ブラッド 21.十二眷獣と血の従者たち】 三雲 岳斗/マニャ子 電撃文庫(2020/1/10)
竜と祭礼 ―魔法杖職人の見地から―】 筑紫一明/ Enji GA文庫(2020/1/11)
怪力魔法ウォーリア系転生TSアラサー不老幼女新米侍女】 Leni/ハル犬 アース・スターノベル(2020/1/16)
死神に育てられた少女は漆黒の剣を胸に抱く 4】 彩峰舞人/シエラ オーバーラップ文庫(2020/1/23)
聖剣学院の魔剣使い 3】 志瑞祐/遠坂 あさぎ MF文庫J(2020/1/24)
今はまだ「幼馴染の妹」ですけど。 せんぱい、ひとつお願いがあります】 涼暮 皐/あやみ MF文庫J(2020/1/24)


【最強出涸らし皇子の暗躍帝位争い 2 無能を演じるSSランク皇子は皇位継承戦を影から支配する】 タンバ/夕薙 角川スニーカー文庫

Amazon Kindle BOOK☆WALKER
感想はこちら



【フシノカミ 1〜辺境から始める文明再生記〜】 雨川水海/大熊まい オーバーラップノベルス

Amazon Kindle BOOK☆WALKER
感想はこちら



【現実主義勇者の王国再建記 8】 どぜう丸/冬ゆき オーバーラップ文庫

Amazon Kindle BOOK☆WALKER
感想はこちら



【今昔百鬼拾遺 河童】 京極 夏彦 角川文庫

Amazon Kindle BOOK☆WALKER
感想はこちら



【ストライク・ザ・ブラッド 21.十二眷獣と血の従者たち】 三雲 岳斗/マニャ子 電撃文庫

Amazon Kindle BOOK☆WALKER
感想はこちら



【竜と祭礼 ―魔法杖職人の見地から―】 筑紫一明/ Enji GA文庫

Amazon Kindle BOOK☆WALKER
感想はこちら




【怪力魔法ウォーリア系転生TSアラサー不老幼女新米侍女】 Leni/ハル犬 アース・スターノベル

Amazon Kindle BOOK☆WALKER
感想はこちら



【死神に育てられた少女は漆黒の剣を胸に抱く 4】 彩峰舞人/シエラ オーバーラップ文庫

Amazon Kindle BOOK☆WALKER
感想はこちら



【聖剣学院の魔剣使い 3】 志瑞祐/遠坂 あさぎ MF文庫J

Amazon Kindle BOOK☆WALKER
感想はこちら



【今はまだ「幼馴染の妹」ですけど。 せんぱい、ひとつお願いがあります】 涼暮 皐/あやみ MF文庫J

Amazon Kindle BOOK☆WALKER
感想はこちら




以下に、読書メーター読録と一言感想

続きを読む

Unnamed Memory IV 白紙よりもう一度 ★★★★☆   



【Unnamed Memory IV 白紙よりもう一度】 古宮 九時/chibi 電撃の新文芸

Amazon
Kindle BOOK☆WALKER

世界の謎が明かされはじめる、衝撃の《書き換え》編スタート!

「私と結婚してくれるんですか!」
「しない。どうしてそうなった」
呪いの打破を願って魔法大国トゥルダールを訪れたオスカーは、城で眠っていた一人の女を連れ帰る。解呪を申し出た彼女ティナーシャは、次期女王として圧倒的な力を持ちながら、なぜか初対面のはずの彼に強い好意を抱いているようで……。
新たになった大陸の歴史、名もなき記憶の上に、再び二人が紡ぐ一年間の物語が始まる。


はぁ〜〜……正直に言うとね、めっちゃ寂しい、切ない、胸が苦しい。だって、もうあのオスカーとティナーシャはどこにも居ないんだもの。ふたりとも、歴史の彼方に遠ざかっていってしまった。
ここに居るのは違う二人。別の二人。知らない二人。ここからはじまるオスカーとティナーシャなのである。
特にティナーシャね。全然別人なんですよ。とても、彼女は子供。幼い少女そのままなのだ。
当然だ。青き月の魔女のティナーシャは四百年の刻を余すことなく生き抜いた人だった。対して、このティナーシャは四百年眠り続け、その精神はまだ十代のそれで暗黒時代を女王として潜り抜けたとはいえそれも数年のこと。経験は乏しく歴戦とは程遠い、それ以上にオスカーと別れたあの時から彼女の心は半分止まっていて、ティナーシャの心はとても幼い、幼く脆く覚束ない。
これがあのティナーシャなのかと思わず息を殺して見守ってしまうほどに、四百年の眠りから目覚めた彼女は無邪気で臆病で拙くて、子供だった。
もちろん、聡明で時として酷薄なくらい現実的で歳以上に妖艶なかおを見せることも多く、かつて暗黒時代に名を馳せた魔女殺しの女王の異名に相応しい姿もまた彼女の本身だ。だがそれも、オスカーの前では簡単に消え失せてしまう。前のオスカーが最期まで守り続けた、小さなティナーシャそのままだ。
それでいて、このティナーシャは魔女のティナーシャと同じくらい無鉄砲で自分を大事にしない、価値を見出していない。危なっかしくて仕方ない。魔女の頃とは比べ物にならないくらい劣化した能力で、かつて達人の域にあった双剣の腕もなく近接戦闘まったく出来ない典型的魔術師になってしまっている彼女が、魔女と変わらない勢いで危険の中に飛び込んでいくのだ。
やめてよね、ほんと!
オスカーの胃がキリキリしてしまうのも無理ないよ。そもそも、今のティナーシャをオスカーは色んな意味で信頼していない、信用もしていない、なのに心配せざるを得ない。なのに、目を離すとすぐに死地に頭から滑り込んでいく。個人的感情のみならず政治的な配慮も、今トゥダールの女王候補となっているティナーシャには必要で、そういうのさっぱり考えてくれない、考えてるとは思うんだけど優先順位を明らかに間違えてる彼女は、オスカーにとって頭痛の種だ。
かつての情熱はそこにはない。甘い感情も残っていないという以前に生じていない。二人の間に横たわるのは、凄まじいまでの運命とどうしようもない断絶だ。その縁は輪を描いているのに一方通行で繋がっていない。オスカーは敏感にそのことを感じ取っているから、余計に苛立ってしまっている。
そこに、かつて奔放にして自由な魔女をあるがままに受け入れていた王の姿はない。このオスカーも、あのオスカーではないのだ。大人であり魔性ですらあった青い月の魔女をひたすら夢中に追いかけるのと違い、子供のように無邪気に接してきながらその実自分を見ていないすれ違う幼い少女とでは、オスカーも年相応にならざるを得なかったのかもしれない。かつてのオスカーも、青き月の魔女のすべてを受け止める器となるのに時間と覚悟が必要だったし、それは彼自身が追い求めたものでもあった。
鏡合わせではないけれど、幼い少女に向きあう彼もまた若き青年に過ぎないのだ。こればかりは、どれだけ聡明で賢明で王としての資質に長けていても変わらない。いや、賢い分馬鹿にも成りきれず狂気にも浸れず、より大きな括りでの正解を求めてしまうという意味で、聞き分けの良い大人として振る舞おうとしてしまっているのかもしれない。
思えば、前の二人はもっとおバカである事に積極的で、魔女はずっと狂気と執着を蓄えていた。それを御していたからこそ、大人だったのだろう。今の二人は、賢明であることに振り回されている。

それでも、彼と彼女はオスカーでありティナーシャだ。一方通行であっても縁はあり、現代で繋がってしまえばその縁は双方向だ。
オスカーとティナーシャが惹かれ合うのは、運命というのがバカバカしいほど当たり前で当然で必然のことなのだ。そうだろう? そうでしょう?
でも、今の若い二人はその事実を御しきれていない。それがどうしようもなく、もどかしい。
今の二人、なかなか触れ合わないんですよ。お互いに触らない。あんなに自然に、無自覚に、猫がするりと膝の上に乗ってくるように身を任せていた二人が、心から信頼し合っていた以心伝心だった二人が、ずっと遠い距離にいる。触れられない距離で、見つめ合っている。それが本当に、切ないのだ。
同時に、あのあまりに当然のように触れ合っていた二人が、もう歴史の向こうに消えているという事実を突きつけられるようで、彼女のことを遠巻きにしているファルサスの、オスカーの部下たちの姿がまた寂しさを助長するのである。あんなにティナーシャを慕い、魔女であった彼女を認めて受け入れて、オスカーとの結婚をあんなにも喜んでくれた皆との距離が、仄かに遠いのが辛い。
それを知っているのが、読者である自分たちの側と何も語らないナークしかいないというのが、また胸を締め付ける。
ほんと、ティナーシャに前以上に懐いて構ってくれるシルヴィアが救いだ。

オスカーの時間逆行によって消えてしまった歴史はもう戻らないのだろう。3巻まで紡がれたあの物語は、もう取り戻せないのだ。もし、取り戻せたとしても、今度は今のこの歴史が消えてしまう。四百年前に滅びず、今もなお反映する魔法王国トゥダールで平和に暮らす人々の歴史が消えてしまう。あのレナートも、この歴史では苦難の人生を歩むことなく充実した人生を送った上で今トゥダールの魔法士として活躍しているのだ。トゥダールが続いた事で前の歴史よりも迫害から救われた魔法士はずっと多いのだろう。
前の歴史を取り戻すとき、今度は今続いているこの史実を天秤の上に乗せることになる。
オスカーがすべてを掛けて、ティナーシャを守ったという事実もなくなってしまう。果たして、それがティナーシャの幸せを天秤に乗せた上でのことだったのかはもう判断できないことなのだろうけど。
今の魔女ならざるティナーシャの苦しみは、かつて彼女を救ったオスカーの決断とを天秤に乗せるものではないのだろうけど。それはもう、比べてもどうしようもないものなのだから。
新しいティナーシャとオスカーの物語は、前の歴史と関係なく、今の二人によって紡がれるべきものなのだから。
でも、だからこそその事実がもどかしい。物分りの良い、王であろうとする二人がどうしようもなく、言葉にならないもやっと感があって、ぐにゃああああっ、なんかヤダもう!
前のオスカーは、ほんと凄いやつだったよ。とんでもない奴だったよ。あんなくらいグイグイ行ける男がこの場にいてくれたら、と思ってしまうのは仕方ないことだよね? 
これは未練だ。でも手放せない感情なのだ。


……って、巻末に見過ごせない宣伝が載ってるんですけど!? 
【BABEL】、この【UN】の三百年後の話であるあれ。電撃文庫で2巻で終わってしまったあの作品、電撃の新文芸でもう一度出るの!? もしかして、文庫版では止まってしまったその先まで行けるの!? ふっ、ふわぁひゃぁぁぁ!?


古宮九時作品感想

2019年10月読了ライトノベル系書籍からのお勧め  

読んだ本の数:38冊 うち漫画:10冊

漫画の方が積本増えていっているので、ちょこちょこ消化中。一方でライトノベルの方はもうちょっと崩して置きたかったかなあ。もうそろそろ年末も近くなるので、良作傑作の類は本年度のベストでもチョイスしたいのでなるべく読んでおきたいのだけど。
何気に傑作って読むのにパワーがいるのよねえ。古宮さんのUMも買って直後に読むつもりだったのに、ついついこう万全の時に満を持して読みたいと思ってたら翌月になっちゃいましたし。
というわけで、満を持しての【Unnamed Memory III】がもう万感であります。ウェブ版読んだ時も万感だったけど、改めて読んでも気持ち色褪せず。
【異世界拷問姫】と【天才王子の赤字国家再生術】【七つの魔剣が支配する】はもう万全ですね。クライマックス間近の拷問姫を除いても、後の2作は今後ますます業界のトップランナーとして引っ張っていくことは間違いなさそうですし。



★★★★★(五ツ星) 0冊

Unnamed Memory III 永遠を誓いし果て】 古宮 九時/chibi  電撃の新文芸(2019/9/17)

【Unnamed Memory III 永遠を誓いし果て】 古宮 九時/chibi  電撃の新文芸

Amazon Kindle BOOK☆WALKER
感想はこちら
ついにお披露目、純白のドレスを来たティナーシャ。幸せを自ら遠くへと追いやっていた魔女の、ついにたどり着いた幸せの終着駅。誰しもが望むハッピーエンド、そのはずだったのに。


★★★★☆彡(四ツ星Dash) 3冊

異世界拷問姫 8】 綾里 けいし/鵜飼 沙樹  MF文庫J(2019/9/25)
天才王子の赤字国家再生術 5~そうだ、売国しよう~】 鳥羽 徹/ファルまろ  GA文庫(2019/10/12)
七つの魔剣が支配する IV】 宇野 朴人/ミユキ ルリア  電撃文庫(2019/10/10)

【異世界拷問姫 8】 綾里 けいし/鵜飼 沙樹  MF文庫J

Amazon Kindle BOOK☆WALKER
感想はこちら
愛している、その言葉をこれほど透明に口にする人がどれほどいるだろう。そして、それを口端にのせたのは我らが拷問姫エリザベートなのだ。報われることを望まず、ただ与え捧げる無償の愛。彼ら三人はきっとずっと前からそれを体現していたのだ、と。


【天才王子の赤字国家再生術 5~そうだ、売国しよう~】 鳥羽 徹/ファルまろ  GA文庫

Amazon Kindle BOOK☆WALKER
感想はこちら
各地に跋扈する英傑、妖怪、才女に怪人。その誰もが一廉の人外であり、化け物だ。しかし誰よりも何よりもまずこの主人公こそが最たる怪物なのだと、誰よりもまず一番恐ろしいやつだというのを久々に思い出させてもらった第5巻。


【七つの魔剣が支配する IV】 宇野 朴人/ミユキ ルリア  電撃文庫

Amazon Kindle BOOK☆WALKER
感想はこちら
2年生になり、キンバリーでの生活にも慣れてきた剣花団のメンバー。しかしここに慣れるという事はすなわちまともから遠ざかるということ。そしてまた、彼らの間の人間関係もまた徐々に変化の時を迎えていた。蕾から花開くように咲き始めるヒロインたち。今はまだ、そこに毒は見当たらず、今はまだ。

★★★★(四ツ星) 7冊

白魔法クラスの大忍術師】 藤木 わしろ/紅緒  MF文庫J(2019/8/24)
戦国昼寝姫、いざ参らぬ】 尼野 ゆたか/鈴ノ助  富士見L文庫(2019/7/13)
デート・ア・ライブ 21.十香グッドエンド(上)】 橘公司/つなこ  富士見ファンタジア文庫(2019/10/19)
メイデーア転生物語 1.この世界で一番悪い魔女】 友麻碧/雨壱 絵穹 富士見L文庫(2019/10/15)
デート・ア・ライブ アンコール 9】 橘 公司/ つなこ 富士見ファンタジア文庫(2019/7/20)
ウィッチクラフトアカデミア 〜ティノと箒と魔女たちの学院〜】 逢空万太/bun150 LINE文庫エッジ(2019/8/5)
失格から始める成り上がり魔導師道! ~呪文開発ときどき戦記~ 1】 樋辻臥命/ふしみ彩香 GCノベルズ(2019/8/30)


【白魔法クラスの大忍術師】 藤木 わしろ/紅緒  MF文庫J

Amazon Kindle BOOK☆WALKER
感想はこちら


【戦国昼寝姫、いざ参らぬ】 尼野 ゆたか/鈴ノ助  富士見L文庫

Amazon Kindle BOOK☆WALKER
感想はこちら



【デート・ア・ライブ 21.十香グッドエンド(上)】 橘公司/つなこ  富士見ファンタジア文庫

Amazon Kindle BOOK☆WALKER
感想はこちら


【メイデーア転生物語 1.この世界で一番悪い魔女】 友麻碧/雨壱 絵穹 富士見L文庫

Amazon Kindle BOOK☆WALKER
感想はこちら


【デート・ア・ライブ アンコール 9】 橘 公司/ つなこ 富士見ファンタジア文庫

Amazon Kindle BOOK☆WALKER
感想はこちら


【ウィッチクラフトアカデミア 〜ティノと箒と魔女たちの学院〜】 逢空万太/bun150 LINE文庫エッジ

Amazon Kindle BOOK☆WALKER
感想はこちら


【失格から始める成り上がり魔導師道! ~呪文開発ときどき戦記~ 1】 樋辻臥命/ふしみ彩香 GCノベルズ

Amazon Kindle BOOK☆WALKER
感想はこちら



以下に、読書メーター読録と一言感想続きを読む

Unnamed Memory III 永遠を誓いし果て ★★★★★  



【Unnamed Memory III 永遠を誓いし果て】 古宮 九時/chibi  電撃の新文芸

Amazon
Kindle BOOK☆WALKER

魔女の一人と、ある王族の運命に纏わる長い御伽噺。
オスカーの呪いも解かれ、契約終了まであと三ヶ月。自分の心に迷うティナーシャの前に、新たな魔女の刺客が現れる。「呼ばれぬ魔女」レオノーラの狙いは、契約者であるオスカーの方で——。国を巻き込んでの魔女と魔女の苛烈な衝突、一つの時代が終わる激動の第三巻。

どうして多数決取ろうと思ったし!
いやうん、どうしてそこまで無自覚というか無頓着なのか。みんなすでにティナーシャがオスカーのこと好きだと分かっている中で当のティナーシャだけが全然自覚なかったんですよね。あれだけイチャイチャしながら、スキンシップ取りながらここまでさっぱり自覚なかったとは誰も思わんよなあ。
ハッキリと自覚はなくても、薄っすらともしかして、くらいは考えてると思うよなあ。それが、本気でその認識がなかったものだから、自分がオスカーの事好きと、側近から指摘されてパニクるティナーシャに、そりゃみんな呆れますわ。まるでわかっていない彼女に、一つ一つ実例をあげながら論破して論理的にもティナーシャがオスカーの事を好きである、と指摘してみせたレナートくん、グッドジョブ。
そこで、みんなに「私ってオスカーのこと好きだと思う人ー!」と多数決取り始めるティナーシャさんがホント好きです、だからどうしてそうなるw

でも、そんな自明なことを認められないくらい、400年以上生き続けるに至った妄執は彼女をいびつに固定し続けていたんですよね。だからこそ、その妄執が晴らされ贖罪が果たされたとき彼女の中で「魔女」を構成していたものはほとんどが霧散してしまった。残されたのは剥き出しのティナーシャ、幼いあの頃の小さな王女さま。それは脆く儚く幼く弱く、結構ポンコツで優しく世話好きで、やっぱり執着しがちな一人の少女。
これまで生きてきた目的を失って、どうして自分はまだ生きてるんだろう、なんて想いを抱いてしまうほどの虚ろになった彼女を圧倒的に埋め尽くしていったのは、この一年に満たない間に育まれたオスカーとの関係だったのです。オスカーがピンチになる前、ティナーシャがついにオスカーに落ちそうになったのって、決して気の迷いでも弱っていたときにつけ込む形になったわけでもないと思うんですよね。あれは、あるべき形に収まろうとしただけ。そのあるべき形はもうこの時点では出来上がっていたのでしょう。そして、ティナーシャの根源の一つであろう「執着」に消えない圧倒的な火勢を与えてしまったのが、オスカーが喪われてしまうという絶対的な危機感。自分の命を賭けても、命を引き換えにしても失ってはならないものを、すでに自分は新しく見つけていた。

普通は、そこでちゃんと気づくのに、この魔女さんはなぜか「多数決」とってるんだよなあw
そして、ルクレツィアにまでも何を今更言ってるのか、と呆れられ、どこをどう振り返っても認めざるを得なくなって、ティナーシャさんの一言。
「……もう殺すしかない」
「何でそうなるのよ! 阿呆か、あんたは!」

この魔女、この巻でも冒頭で最終手段です、と自分で戒めてた物騒な手段を事がはじまって挨拶を交わした段階で秒で「もう最終手段を使うしかないですかね」とか言い出すとか、昔の思い出話でも呪歌の話でそうとうやらかしてたことがバレてしまったり、と結構脊髄反射でやらかそうとするんだよなあ。
ほんと、この突拍子もなくなにかあるとすっ飛んでいく猫を、オスカーは良く捕まえたものです。
この魔女に、幸せ一杯の笑顔を浮かべさせるなんて、尊敬に値します。それでもなんだかんだと、自分が魔女であることを気にして、結婚してファルサスの王妃になることは避けようとするティナーシャに、自分の居場所が今どこにあるのかを受け入れさせたのは、オスカーのちからだけではなかったんですよね。彼女が自分の力を引き継いだ子供を生むことを受け入れさせたのは、オスカーの真摯な説得ももちろん要だったのでしょうけれど、それだけではなかったはずなんですよね。
パメラやラザルや、ドアンなど親しい臣下たちのみならず、城に詰める多くの兵士や女官たち。サイエのような市井の子供たち。街を散策するオスカーとティナーシャを見守っていた街の人たち。
彼らが魔女を受け入れ祝福してくれたからこそ、ファルサスという国はティナーシャの新しい故郷となれたのでしょう。でも、彼らがティナーシャを祝福してくれたのは、この一年という時間の間にティナーシャが魔女ではない人としての素顔をずっと見せ続けていたからなんですよね。
ティナーシャに親の形見を取り戻してもらった女官の、心からこぼれ出た一言。「わたし、あの方がお妃さまでいいかなあ」という言葉が多くを象徴しているように思うのです。魔女への嫌悪、畏怖をいつしか薄らがせ、ティナーシャという人をいつしか慈しみ愛おしみ共にあってもらいたい、と皆が想い願うようになったのは、彼女自身が知らず識らずに勝ち取っていた成果なんじゃないでしょうか。
それは、もうひとりの魔女「呼ばれずの魔女」たるレオノーラとは対称的ですらありました。
誰よりも想像し得る魔女らしく、だからこそ現世への執着を喪いつつあったレオノーラ。ある意味もう、ティナーシャには敵し得ない相手となっていたのかもしれません。新たに登場した重要なプレイヤーの一人である上級魔族のトラヴィスもそういう意味ではティナーシャと同じサイドなんですよね。彼もまた、オーレリアという掛け替えのない存在を一人の男として手に入れてしまってたわけで。レオノーラは、とうとう生き続けていく上で自分にとっての美しいものを見つけられなかったのか。きっとそれは、とても近くにあったかもしれないのに。
ティナーシャには、それを指摘してくれる人が周りにたくさん居てくれた。たくさん居てくれる生き方を、この一年間ファルサスでしていたんですよね。

「ほ、本当に気が変わってしまった……」

結婚式を前に、花嫁衣装をまとった自分の姿を鏡の中に見て、愕然とするティナーシャさん。そりゃあ、あれだけ結婚しようぜと求婚されるたびに、しないよ! 結婚しないよ! するか! と返していたのが、果てにこれですもんね。ほんと、どうしてこうなった、である。その一部始終はこの全三巻に余すことなく描かれているのですが。

「ならちょうどいいから結婚するか」
「してるよ!?」
結婚してからも、こんなやり取りしてるお二人さんの幸せそうなことと言ったら……もう胸いっぱいになりそうでした。

そして魔女の時代が終る。そうして、青き月の魔女は王様と結ばれ、みなに祝福され、幸せになりました。めでたしめでたし。

で、終わったのなら、これは【Unnamed Memory】というタイトルにはならなかったんですよねえ。
そう、物語はまだ続くのです。ずっとずっと、続くのです。そのはじまりはきっともっと昔からはじまっていて、それが決定的になってしまうのが、このラストエピソード。
男は根源の部分で、王ではなく国のためではなく民ですらなく、一人の愛しい女を選ぶ。彼女を守ることを選ぶ。
こうして、運命は書き換えられる。
長いとても長いお伽噺の、開幕である。

1巻 2巻感想

2019年5月読了ライトノベル系書籍からのお勧め  

読んだ本の数:38冊 うち漫画:3冊

GWもあったおかげで一日一冊ペース超え。【継母の連れ子が元カノだった】はウェブ版も読んでましたけれど、改めて読み直してもメチャクチャ面白くて、二人の次元の違うイチャイチャに悶絶してしまいます。そう言えば【Unnamed Memory】も種類は違うとは言え、イチャイチャしまくってるなあ、ティナーシャとオスカーw
それに比べて【七つの魔剣が支配する】のひたすらのディープさですよ。しかし、これもまた極まった愛を語る物語なんですよねえ。



★★★★★(五ツ星) 1冊

継母の連れ子が元カノだった 2.たとえ恋人じゃなくたって】 紙城 境介/たかやKi  角川スニーカー文庫(2019/5/1)

【継母の連れ子が元カノだった 2.たとえ恋人じゃなくたって】 紙城 境介/たかやKi  角川スニーカー文庫

Amazon Kindle BOOK☆WALKER
感想はこちら
元恋人同士の微妙極まる兄妹生活第二弾。恋人時代とは決定的に異なる距離感にも関わらず、むしろ枷から解き放たれたようにお互いに遠慮がなくなってるのがまた、もう、ねえ?
そこに現れる新たな文学少女。もうこの人間関係面白すぎる。

★★★★☆彡(四ツ星Dash) 2冊

七つの魔剣が支配する 3】 宇野 朴人/ミユキ ルリア  電撃文庫(2019/5/10)
Unnamed Memory II 玉座に無き女王】 古宮 九時/chibi  電撃の新文芸(2019/5/17)


【七つの魔剣が支配する 3】 宇野 朴人/ミユキ ルリア  電撃文庫

Amazon Kindle BOOK☆WALKER
感想はこちら
魔法使いの業と悲劇を嫌という程痛感させられる非業の第三巻。魔に呑まれ、それでも人としてのたうち回り、求めるものを最期に手にする。それは未来のオリバーたちの写し鏡であるというのか。
圧倒的なダークファンタジーである。


【Unnamed Memory II 玉座に無き女王】 古宮 九時/chibi  電撃の新文芸

Amazon Kindle BOOK☆WALKER
感想はこちら
ティナーシャの抱える壮絶な過去と、女王としての決意を知ることで尚更に彼女を求め選ぶオスカーの男前さに惚れてしまう。それにしても、お互い叱り叱られする案件が減らないの、お互い全然懲りないからなのよね。そういうとこ似た者同士だこれ。


★★★★(四ツ星) 10冊

お迎えに上がりました。 国土交通省国土政策局幽冥推進課 2】 竹林 七草  集英社文庫(2018/3/20)
妖怪解析官・神代宇路子の追跡 人魚は嘘を云うものだ】 峰守 ひろかず/七原しえ メディアワークス文庫(2019/3/23)
転生したらスライムだった件 11】 伏瀬/みっつばー  GCノベルズ(2017/12/8)
聖なる騎士の暗黒道】 坂石遊作/へいろー  HJ文庫(2019/2/28)
ぼんくら陰陽師の鬼嫁 五】 秋田 みやび/しの とうこ 富士見L文庫(2019/5/15)
野生のラスボスが現れた!8】 炎頭(ファイヤーヘッド)/YahaKo  アース・スターノベル(2018/10/16)
転生したらスライムだった件 12】 伏瀬/みっつばー  GCノベルズ(2018/3/9)
我が驍勇にふるえよ天地 9 ~アレクシス帝国興隆記~】 あわむら 赤光/卵の黄身  GA文庫(2019/1/12)
転生したらスライムだった件 13】 伏瀬/みっつばー  GCノベルズ(2018/9/28)
転生したらスライムだった件 14】 伏瀬/みっつばー  GCノベルズ(2019/3/29)


【お迎えに上がりました。 国土交通省国土政策局幽冥推進課 2】 竹林 七草  集英社文庫

Amazon Kindle BOOK☆WALKER
感想はこちら


【妖怪解析官・神代宇路子の追跡 人魚は嘘を云うものだ】 峰守 ひろかず/七原しえ メディアワークス文庫

Amazon Kindle BOOK☆WALKER
感想はこちら


【転生したらスライムだった件 11】 伏瀬/みっつばー  GCノベルズ

Amazon Kindle BOOK☆WALKER
感想はこちら


【聖なる騎士の暗黒道】 坂石遊作/へいろー  HJ文庫

Amazon Kindle BOOK☆WALKER
感想はこちら


【ぼんくら陰陽師の鬼嫁 五】 秋田 みやび/しの とうこ 富士見L文庫

Amazon Kindle BOOK☆WALKER
感想はこちら


【野生のラスボスが現れた!8】 炎頭(ファイヤーヘッド)/YahaKo  アース・スターノベル

Amazon Kindle BOOK☆WALKER
感想はこちら


【転生したらスライムだった件 12】 伏瀬/みっつばー  GCノベルズ

Amazon Kindle BOOK☆WALKER
感想はこちら


【我が驍勇にふるえよ天地 9 ~アレクシス帝国興隆記~】 あわむら 赤光/卵の黄身  GA文庫

Amazon Kindle BOOK☆WALKER
感想はこちら


【転生したらスライムだった件 13】 伏瀬/みっつばー  GCノベルズ

Amazon Kindle BOOK☆WALKER
感想はこちら


【転生したらスライムだった件 14】 伏瀬/みっつばー  GCノベルズ

Amazon Kindle BOOK☆WALKER
感想はこちら



今月のピックアップ・キャラクター

伊里戸水斗 (継母の連れ子が元カノだった)
伊里戸結女 (継母の連れ子が元カノだった)
東頭いさな (継母の連れ子が元カノだった)
ギルセリオン (ファイフステル・サーガ)
四糸乃 (デート・ア・ライブ)
時崎狂三 (デート・ア・ライブ)
高月マコト (信者ゼロの女神サマと始める異世界攻略)
夕霞 (お迎えに上がりました。 国土交通省国土政策局幽冥推進課)
神代宇路子 (妖怪解析官・神代宇路子の追跡)
御堂陸 (妖怪解析官・神代宇路子の追跡)
リディヤ (公女殿下の家庭教師)
セイン (聖なる騎士の暗黒道)
北御門芹 (ぼんくら陰陽師の鬼嫁)
オスカー (Unnamed Memory)
ティナーシャ (Unnamed Memory)
ルファス (野生のラスボスが現れた!)
リティシア (スコップ無双)




以下に、読書メーター読録と一言感想。続きを読む

Unnamed Memory II 玉座に無き女王 ★★★★☆   



【Unnamed Memory II 玉座に無き女王】 古宮 九時/chibi  電撃の新文芸

Amazon
Kindle BOOK☆WALKER

呪われし王と、世界最強の魔女――悲劇と衝撃が渦巻く、急展開の第二巻!

「その時は――魔女〈ティナーシャ〉を殺すさ」
契約のもと、一年という限られた時間を共に過ごすオスカーとティナーシャ。だが突如二人の前に、ティナーシャのかつての婚約者・ラナクが姿を現す。古き魔法大国の血を継ぐ彼は、新たに国を興すと大陸全土への侵攻を企てて……。その時、オスカーとティナーシャの選んだ道とは――大陸の完全支配をもくろむ巨大魔法と王剣の剣士の、熾烈なる戦争の火蓋が切られる。


ついにラナク編。これはティナーシャの素性と彼女がどうして魔女になったのか。そして、ティナーシャがどんな因縁を抱え、情念を懐き、これまで魔女の人生を歩んできたのか。いわばティナーシャという魔女の中身をすべて曝け出すような話であって、このシリーズの最初の山場でもあるんですよね。いっそ、クライマックスと言っていいくらい。
まさか、この巻の中盤までに片がつくとは思わなかった!! いや、構成的にもこれ巻の最後まで引っ張って、ティナーシャを再び迎え入れてハッピーエンド、と思うじゃないですか。違うんですよね。ラナクの物語としては、古代魔法王国の女王の物語としてはこれ以上なく一区切りつくところではあるんですけれど、これをオスカーの方の視点から見ると。
バスターゴリラの本気スイッチ入ってしまう! の巻なんですよね、ここ。それまではオスカー、まだ余裕があった、というよりも一年という猶予の間になんだかんだ押し切る自信あったと思うんですよ。
でも、この一件でティナーシャにまつわる事情と彼女の面倒臭さの根源を知ったことで、マジになっちゃった感じなんですよね。いや、本気は最初から本気でしたでしょうし、この女こそ自分のとっての唯一だ、という想いは一貫して持ってたと思うんですけど、なんだかんだのなし崩し、ノリと勢いでティナーシャに頷かせて結婚に漕ぎ着けばいいか、みたいなところが今まではあった気がするんですよ。
でもこの件を経てオスカー、ティナーシャの事、徹底的にもうぐうの音も出ないほど完璧に落とす、と決め込んだようにも見えるんですよね。この女、もうマジ許さんから!てな感じに。
オスカーってさっぱりとして後腐れないような性格に見えますけど、一巻でもティナーシャと誤解されるような真似したアルスにとても怖い笑顔になってたみたいに、あれでかなり独占欲強いところがある感じなんですよね。ティナーシャに惚れてしまったルスト王子に対してもかなり刺々しい対応とってましたし、ラナクに至っては……。
でもだからといって、ティナーシャにベタベタしていかないのがこの若き王様のアレなところで。
というか、ラナクの件が片付いた時、恐ろしいことにティナーシャに対して全くといっていいほどお押してくような対応見せてないんですよね。普段からあれだけ何かあると結婚しようぜ、と気軽に声かけてたのに。
ティナーシャとしては長年の呪いとも言うべき因縁が終わり、魔女として長く生きてきた最大の目的も果たして、もう自分も役割を終えて死んでしまうのも良いだろう、とまで思ってたわけですよ。多少なりとも虚脱に近いものはあったでしょう。また、自分を信じて助けにきてくれたオスカーたちにも大いに思うところがあり、オスカーの元に「帰ってこれた」という喜びと安心感まで多分に感じて噛み締めているわけですよ。ティナーシャの心、大いに緩んでいる瞬間ですよ、ここ。
でも、そんなこの場面でノリと勢いで求婚して、ああまあいいかな、アリかな、みたいな感じでティナーシャの心を手繰り寄せる、みたいな真似をここではオスカー、一切しないのですよ。
対外的には、自分こいつと結婚するから、と堂々と諸外国に向けてまで宣言してるくせに。
そして、ティナーシャを訪ねてきたルスト王子も、妨害せずに二人での対面を許して放置。敢えて、自分以外の男に求婚させて、色々と意識させて、ティナーシャが断るのを泰然として待つ、姿勢である。アンタちょっと前にアルスと噂になっただけでメッチャ殺気立ってたのに、というか直前でルスト王子には直接食らわしかねない剣呑な態度示してたくせに、ですよ。

もう、こっからのオスカーさんと来たら、じっくりコトコトと煮込むように本腰を入れてティナーシャとの関係を推し進めていくんですよね。いや煮込んでいく、というのが一番相応しいような。敢えて急がず、ティナーシャ自身の意識や感情が変化し染め上がっていくのを、火加減を確かめたり時折かき混ぜるような感じで、完成へと導いていくのであります。後半のティナーシャさん、殆ど自覚なしにオスカーとのスキンシップが加速度的に過剰になっていくんですよ、自覚なく! 無意識に! どんどんそれが当たり前になってく感じで!
とはいえ、あの洞窟の一件ではオスカー、自分から仕掛けたくせに自分でテレてしまって泳ぎに行ってしまうの、カワイイ所なんですけどねえ。珍しく年相応の若さを見せてくれたというか。
そんな機微をまったく察しないポンコツ娘さんが相手なんで、オスカーもこう時にグイグイしなくちゃいけなくなっちゃうんですけどね! もう、ここでティナーシャ受け入れてる時点で、どうもこうもないはずなんだけど、この魔女はホントに!
そもそも傍から見てたら恋人同士にしか見えないイチャつきかたですよ? あんな自分から触って触られて、という距離感が普通ありますか。好きに自分の髪を男に触らせて気にしない女性が居ますかしら。オスカーの従者側からだけではなく、新たに加わったティナーシャ個人に忠誠を誓っているパイラみたいな人から見ても、もう完全に恋人モードなんですけどねえ。本人、ほんとに自覚が……。
自覚ないのに、ラナクにかつて自分がされた事を今度はオスカーにやらせるわけですよ。オスカーに傷をつけてもらう、なんてことをするわけですよ。
でもだからこそ、オスカーが呟く、かつてラナクがティナーシャに向けて誓った言葉が、まるで違う重みで聞こえてくるのです。
しかし、後半のエピソードはもうなんか、周りの状況が二人の仲を推し進めるのにワッショイワッショイ神輿担いで練り歩いてるような話が多くて、大丈夫進展してる、進展してるから。これで進展してないとか嘘だからw
最後の書き下ろしでの、寝ぼけて仕事しているオスカーの膝の上に乗っかって抱きついて寝ちゃおうとしちゃうティナーシャのこの甘ったれ感ときたらもう。これでホントにもう鈍感というか無自覚で無頓着なんですから、オスカーの苦労が偲ばれますなあ……。

1巻感想





2019年1月読了ライトノベル系書籍からのお勧め  

読んだ本の数:35冊 うち漫画:1冊

あれ!? 今月は漫画一冊しか手を付けてなかったのか。雑誌の方はマガジンウォーカーを購読していることもあって、あれこれ読んでいるだけに読んでない感じはなかったんだけど。
年始は毎年けっこう読めるのだけれど、それでも一日一冊以上をクリア出来るとなかなかうれしい。それに本年度は読書メーターでなるべく読んだ本に感想をつける、という目標を立てたのだけれど、これが思いの外続いている。短く端的に書くことをまとめるという練習にもなるかなあ、と思ったんだけれど、あとでちゃんと感想記事を書く時の取っ掛かりにもなるので結構自分でも助かっている。
文字が浮かばない時は全然浮かばないので、すぐにリタイアするかなあと自分でも思っていたんだけれど、どうしてどうして。まあ仕事が忙しくなってへたばるまではなんとか頑張りたいところです。

さて、新年度は注目の新作にウェブ連載時からファンだった作品の書籍化など、内容的にも充実の一ヶ月でありました。特に【UM】こと【Unnamed Memory】は個人ホームページで掲載していた頃からのファンでしたので、ちょっと興奮しっぱなしだったんですよね。
【天才王子の赤字国家再生術】と【七つの魔剣が支配する】の二作は今年が飛躍になりそう。間違いなく傑作となるだろう逸品です。


★★★★★(五ツ星) 0冊



★★★★☆彡(四ツ星Dash) 4冊

嘘つき戦姫、迷宮をゆく 3】 佐藤 真登/霜月 えいと ヒーロー文庫(2018/5/31)
天才王子の赤字国家再生術 3 ~ そうだ、売国しよう ~】  鳥羽 徹/ファルまろ  GA文庫( 2019/1/12)
七つの魔剣が支配する 2】 宇野 朴人/ミユキ ルリア 電撃文庫(2019/1/10)
Unnamed Memory 1.青き月の魔女と呪われし王】 古宮 九時/chibi  電撃の新文芸(2019/1/17)

【嘘つき戦姫、迷宮をゆく 3】 佐藤 真登/霜月 えいと ヒーロー文庫

Amazon Kindle BOOK☆WALKER
感想はこちら
この世で最も格好良いモンスターの一匹であるカニエル推参!! マジでウェブ連載の頃からファンでした。熱く儚く泣かせる敵の中の敵にして騎士の中の騎士たる蟹の勇姿を君は見たか!?


【天才王子の赤字国家再生術 3 ~ そうだ、売国しよう ~】  鳥羽 徹/ファルまろ  GA文庫

Amazon Kindle BOOK☆WALKER
感想はこちら
天才王子は降って湧いたしっちゃかめっちゃかな予想外予定外想定外のみならず、自分で思わずひっくり返したちゃぶ台でも、見事に逆に活用してプラスにしてくるあたりアドリブ力極まってるよなあ。


【七つの魔剣が支配する 2】 宇野 朴人/ミユキ ルリア 電撃文庫

Amazon Kindle BOOK☆WALKER
感想はこちら
魔法学園ものとして若者たちの迸るような青春をひた走りつつ、尋常でない暗黒を撒き散らす、この相反する2つの要素をよくもまあこうも全力全開にぶん回しながらひっくり返らず激走できるものだと唖然とする他ない、ヤバいくらいの面白さである。2巻にして傑作の風格が出てるんですけど!


【Unnamed Memory 1.青き月の魔女と呪われし王】 古宮 九時/chibi  電撃の新文芸

Amazon Kindle BOOK☆WALKER
感想はこちら
伝説のウェブ小説がついに書籍化。もう好き! その一言である意味すべてを語れてしまう、オスカーとティナーシャは我が最愛のカップルの一組なのであります。


★★★★(四ツ星) 7冊

ロープレ世界は無理ゲーでした 領主のドラ息子に転生したら人生詰んでた】 二八乃端月/フルーツパンチ ファミ通文庫(2018/11/30)
嘘つき戦姫、迷宮をゆく 4】 佐藤 真登/霜月 えいと ヒーロー文庫(2018/10/31)
迷宮の王 1.ミノタウロスの咆哮】 支援BIS/目黒 詔子 レジェンドノベルス(2019/1/9)
絶対城先輩の妖怪学講座 十一】 峰守 ひろかず /水口十 メディアワークス文庫(2018/9/22)
お前ら、おひとり様の俺のこと好きすぎだろ。 2】 凪木 エコ/あゆま紗由 富士見ファンタジア文庫 (2018/11/20)
最果ての魔法使い】 岩柄イズカ/咲良 ゆき GA文庫(2018/11/14)
公園で高校生達が遊ぶだけ】  園生 凪/トコビ  講談社ラノベ文庫(2018/8/31)


【ロープレ世界は無理ゲーでした 領主のドラ息子に転生したら人生詰んでた】 二八乃端月/フルーツパンチ ファミ通文庫

Amazon Kindle BOOK☆WALKER
感想はこちら


【嘘つき戦姫、迷宮をゆく 4】 佐藤 真登/霜月 えいと ヒーロー文庫

Amazon Kindle BOOK☆WALKER
感想はこちら


【迷宮の王 1.ミノタウロスの咆哮】 支援BIS/目黒 詔子 レジェンドノベルス

Amazon Kindle BOOK☆WALKER
感想はこちら


【絶対城先輩の妖怪学講座 十一】 峰守 ひろかず /水口十 メディアワークス文庫

Amazon Kindle BOOK☆WALKER
感想はこちら


【お前ら、おひとり様の俺のこと好きすぎだろ。 2】 凪木 エコ/あゆま紗由 富士見ファンタジア文庫

Amazon Kindle BOOK☆WALKER
感想はこちら


【最果ての魔法使い】 岩柄イズカ/咲良 ゆき GA文庫

Amazon Kindle BOOK☆WALKER
感想はこちら


【公園で高校生達が遊ぶだけ】  園生 凪/トコビ  講談社ラノベ文庫

Amazon Kindle BOOK☆WALKER
感想はこちら


今月のピックアップ・キャラクター

カニエル (嘘つき戦姫、迷宮をゆく)
リルドール (嘘つき戦姫、迷宮をゆく)
コロナ (嘘つき戦姫、迷宮をゆく)
ボルマン (ロープレ世界は無理ゲーでした)
ミノタウロス (迷宮の王)
礼音 (絶対城先輩の妖怪学講座)
ウェイン (天才王子の赤字国家再生術 )
オリバー (七つの魔剣が支配する)
姫宮春一 (お前ら、おひとり様の俺のこと好きすぎだろ。)
アズライト (インフィニット・デンドログラム)
オスカー (Unnamed Memory)
ティナーシャ (Unnamed Memory)
七罪 (デート・ア・ライブ)
アーヴェイ (百竜殺しと武器屋の幼女)
アルカ=ニーベルク (最果ての魔法使い)
ナビ (最果ての魔法使い)
妖精弓手 (ゴブリンスレイヤー)
士織 (デート・ア・ライブ)
六喰 (デート・ア・ライブ)
狂三 (デート・ア・ライブ)
小海澤有紗 (オミサワさんは次元がちがう)
瀬川エリカ (公園で高校生達が遊ぶだけ)




以下に、読書メーター読録と一言感想。
続きを読む

Unnamed Memory 1.青き月の魔女と呪われし王 ★★★★☆  



【Unnamed Memory 1.青き月の魔女と呪われし王】 古宮 九時/chibi  電撃の新文芸

Amazon
Kindle BOOK☆WALKER

「俺の望みはお前を妻にして、子を産んでもらうことだ」
「受け付けられません!」
永い時を生き、絶大な力で災厄を呼ぶ異端―魔女。強国ファルサスの王太子・オスカーは、幼い頃に受けた『子孫を残せない呪い』を解呪するため、世界最強と名高い魔女・ティナーシャのもとを訪れる。“魔女の塔”の試練を乗り越えて契約者となったオスカーだが、彼が望んだのはティナーシャを妻として迎えることで…。伝説的webノベル、書籍化!


……もう好き!!

あらすじにある通り、伝説的webノベルなんですよね、これ。今隆盛を誇っている「小説家になろう」が本格稼働するよりも前。ウェブ上で小説を発表するのも、自分でホームページを作ってそこで掲載するのが主流だった時代に現れ、読者の心を鷲掴みにしてシャイニングウィザード決めてしまった名作中の名作なのです。古宮さんが【監獄学校にて門番を】で電撃文庫からデビューした時も、ペンネーム変わってるけど【Unnamed Memory】じゃないかーー! と狂喜しながら飛びかかったものでした。
あの頃から、はよ【Unnamed Memory】書籍化しましょうよ、しないの? しないの!? なんでしないのー!? とジタバタ転げ回っていただけに、本作がついにとなった時には捕れたてのエビのようにピチピチと跳ねたものです。
これねー、ほんとねー、オスカーとティナーシャのカップルが好きなんですよ。めっさ好きーー。大好き。個人的にはこの二人はカップルとして至高の一柱だと思っている。
悠久を生きる魔女としてどこか超越的な存在であり、超然とした在り方で時間の流れをたゆたっているティナーシャなんだけど、オスカー相手だとあのすっとぼけて冗談か本気かわからない物言いに調子を崩され、良いように振り回されて頭抱えて叫ぶはめになる。そんな二人のやり取り、掛け合いがなんだかんだともう傍目には滅茶苦茶仲良い風にしか見えなくて、打ち解けきった間柄にしか見えなくて、「よし結婚しよう」「しないから!」「まあまあそう言わず」「しないよ!」という感じの掛け合いにひたすら至福を感じるのであります。
でもティナーシャ、別に押しに弱いというわけではないんでしょうけれど、こうして一気に読んでいると段々と絆されているというか、距離感なくなってってるんですよね。オスカー、多分ティナーシャの外見年齢変わったときだろうけれど、あそこらへんからガチのマジの本気になってるっぽいのですけど、オスカーがわりと無造作に触れてきたりティナーシャを膝に乗せてご満悦してたりするの、拒絶もせずに自然と受け入れたりしてましたからね。あれ、絶対意識して受け入れたとか内心で許可出したとかじゃなくて、触れられることにまるで忌避感抱かず無意識に当たり前に受け入れちゃってたっぽいもんなあ。いやね、普通女の人が髪梳かれたり、膝の上に座ったりとか受け入れませんから。在りえませんから。
それでいて、本気で結婚とかしないから、別に好きでもなんでもないし、と思い込んでいる風なのがティナーシャのボケボケしている可愛らしいところでありまして。
まあそれはオスカーがそもそも言い方軽すぎて、好意は多分にあるだろうけど呪いがあるから選択肢なくてだろう、と思われても仕方ないところがあったわけですし。
それに、ティナーシャは悠久を生きる魔女。普通の人間とは流れる時間が異なっているが故に、同じ時間で生きることは出来ない、というどうしようもない事実は度々語られ、ティナーシャ自身がそれを明確に自覚し、意図的に距離を置こうとしていること。かつてオスカーの曽祖父の時代に一時期城で暮らしていたことが、なおさらティナーシャと普通の人間の時間の違いを強調する材料となっていて、オスカーの求婚を拒絶する大きな理由となっているのでありました。
まあ、それだけじゃないんですけどね。ティナーシャが独りであることを選び続ける理由は。だいたい魔女があかんのであったら、同じ魔女のルクレツィアをオスカーに紹介して押し付けてやる、とかかなりえげつないこと平気で言ったりしないでしょうし。まあ、ルクレツィアが恋人たくさんいるタイプの人というのもあったのでしょうけど。
結局、オスカーはティナーシャの心を手に入れるために、途方もない幾つもの壁を乗り越え、彼女自身が抱える傷に触れなければならなくなるのですが、この王子の図々しいというか図太いというか、無神経とは程遠い繊細さがあるにも関わらず、手段がこの上なく大雑把でゴーイングマイウェイはところはちょっとした無敵感があって、どんな状況でも痛快に解決してくれるような安心感や頼り甲斐が満載な人なんですよね。
これ、何気にティナーシャにも当てはまる部分があって、行き詰まるとわりと大雑把に力任せに解決しようとするきらいがあるような気がするので、けっこう似たものカップルな気がするのです。もっとも、オスカーの方がなんていうんだろう、厳重な鍵がついた扉をチャチャッと器用に解錠して開けられる状態にしてからわざわざ扉蹴破って中に押し入る、みたいな印象があるので、強かというかしれっとした余裕のある感じなのですが。その差が振り回す方と振り回される方を確定している気がするぞ、うん。
こうして読んでいると、覚えている展開とけっこう違う部分もある気がするので構成変えたり加筆修正もかなりしてるんでしょうね。
しかし、オスカー、イラストだとイケメンすぎる気がするなあ。いや、実際イケメンなんで間違ってはいないはずなんですが、もっとこう……食えなさそうというかすっとぼけてそうな鋼鉄メンタルがにじみ出てそうな顔つきなイメージってそれどんな顔つきだよw
まだまだこの名前のない物語ははじまったばかり。この世界観を、オスカーとティナーシャの世界をもっと深く堪能し耽溺することが出来ることを期待し望むばかりです。いやあ、もうほんとに二人の押し問答というかやり取り見てるだけで多幸感がたまらんですわー。

古宮九字作品感想
 
12月3日

(PASH!ブックス)
Amazon Kindle B☆W


(ドラゴンノベルス)
Amazon Kindle B☆W


(角川コミックス・エース)
Amazon Kindle B☆W


(角川コミックス・エース)
Amazon Kindle B☆W


(角川コミックス・エース)
Amazon Kindle B☆W


(角川コミックス・エース)
Amazon Kindle B☆W


(角川コミックス・エース)
Amazon Kindle B☆W


(角川コミックス・エース)
Amazon Kindle B☆W


(角川コミックス・エース)
Amazon Kindle B☆W


(角川コミックス・エース)
Amazon Kindle B☆W


(ジャンプコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(ジャンプコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(ジャンプコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(ジャンプコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(ジャンプコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(ジャンプコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(ジャンプコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(ジャンプコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(フロース コミック)
Amazon Kindle B☆W


(フロース コミック)
Amazon Kindle B☆W


(フロース コミック)
Amazon Kindle B☆W


(フロース コミック)
Amazon Kindle B☆W


Amazon B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W
12月2日

(一迅社ノベルス)
Amazon Kindle B☆W


(一迅社ノベルス)
Amazon Kindle B☆W


(一迅社ノベルス)
Amazon Kindle B☆W


(講談社ラノベ文庫)
Amazon Kindle B☆W


(講談社ラノベ文庫)
Amazon Kindle B☆W


(Kラノベブックス)
Amazon Kindle B☆W


(早川書房)
Amazon Kindle B☆W

12月1日

(角川スニーカー文庫)
Amazon Kindle B☆W


(角川スニーカー文庫)
Amazon Kindle B☆W


(角川スニーカー文庫)
Amazon Kindle B☆W


(角川スニーカー文庫)
Amazon Kindle B☆W


(角川スニーカー文庫)
Amazon Kindle B☆W


(角川スニーカー文庫)
Amazon Kindle B☆W


(角川スニーカー文庫)
Amazon Kindle B☆W


(角川スニーカー文庫)
Amazon Kindle B☆W


(HJ文庫)
Amazon Kindle B☆W


(HJ文庫)
Amazon Kindle B☆W


(HJ文庫)
Amazon Kindle B☆W


(HJ文庫)
Amazon Kindle B☆W


(HJ文庫)
Amazon Kindle B☆W


(HJ文庫)
Amazon Kindle B☆W


(HJ文庫)
Amazon Kindle B☆W


(HJ文庫)
Amazon Kindle B☆W


(HJコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(HJコミックス)
Amazon Kindle B☆W

11月30日

(GCノベルズ)
Amazon Kindle B☆W


(GCノベルズ)
Amazon Kindle B☆W


Kindle B☆W

11月29日

(ヒーロー文庫)
Amazon Kindle B☆W


(ヒーロー文庫)
Amazon Kindle B☆W


(ファミ通文庫)
Amazon Kindle B☆W


(エンターブレイン)
Amazon Kindle B☆W

11月28日

(Mノベルス)
Amazon Kindle B☆W


(Mノベルス)
Amazon Kindle B☆W


(Mノベルス)
Amazon Kindle B☆W


(Mノベルス)
Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W

11月27日

(電撃コミックスNEXT)
Amazon Kindle B☆W


(電撃コミックスNEXT)
Amazon Kindle B☆W


(電撃コミックスNEXT)
Amazon Kindle B☆W


(電撃コミックスNEXT)
Amazon Kindle B☆W


(電撃コミックスNEXT)
Amazon Kindle B☆W


(電撃コミックスNEXT)
Amazon Kindle B☆W


(電撃コミックスNEXT)
Amazon Kindle B☆W


(アクションコミックス)
Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W

11月26日

(エンターブレイン)
Amazon Kindle B☆W


(角川コミックス・エース)
Amazon Kindle B☆W


(角川コミックス・エース)
Amazon Kindle B☆W


(角川コミックス・エース)
Amazon Kindle B☆W


(角川コミックス・エース)
Amazon Kindle B☆W


(角川コミックス・エース)
Amazon Kindle B☆W


(角川コミックス・エース)
Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W

11月25日

Amazon Kindle B☆W


(ガンガンコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(ビッグガンガンコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(ビッグガンガンコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(ビッグガンガンコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(ビッグガンガンコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(ビッグガンガンコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(ヤングガンガンコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(ヤングガンガンコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(ヤングガンガンコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(ヤングガンガンコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(ヤングガンガンコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(ガルドコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(ガルドコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(ガルドコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(ガルドコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(ガルドコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(ガルドコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(ガルドコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(ガルドコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(ガルドコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(コロナ・コミックス)
Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


(MF文庫J)
Amazon Kindle B☆W


(MF文庫J)
Amazon Kindle B☆W


(MF文庫J)
Amazon Kindle B☆W


(MF文庫J)
Amazon Kindle B☆W


(MF文庫J)
Amazon Kindle B☆W


(MF文庫J)
Amazon Kindle B☆W


(MF文庫J)
Amazon Kindle B☆W


(オーバーラップ文庫)
Amazon Kindle B☆W


(オーバーラップ文庫)
Amazon Kindle B☆W


(オーバーラップ文庫)
Amazon Kindle B☆W


(オーバーラップ文庫)
Amazon Kindle B☆W


(オーバーラップ文庫)
Amazon Kindle B☆W


(オーバーラップ文庫)
Amazon Kindle B☆W


(オーバーラップ文庫)
Amazon Kindle B☆W


(オーバーラップノベルス)
Amazon Kindle B☆W


(オーバーラップノベルスf)
Amazon Kindle B☆W


(ダッシュエックス文庫)
Amazon Kindle B☆W


(ダッシュエックス文庫)
Amazon Kindle B☆W


(ダッシュエックス文庫)
Amazon Kindle B☆W


(ダッシュエックス文庫)
Amazon Kindle B☆W


(ダッシュエックス文庫)
Amazon Kindle B☆W


(ダッシュエックス文庫)
Amazon Kindle B☆W


(MFブックス)
Amazon Kindle B☆W


(MFブックス)
Amazon Kindle B☆W


(MFブックス)
Amazon Kindle B☆W


(MFブックス)
Amazon Kindle B☆W


(KADOKAWA)
Amazon Kindle B☆W

11月22日

(MFC)
Amazon Kindle B☆W


(MFC)
Amazon Kindle B☆W


(MFコミックス アライブシリーズ)
Amazon Kindle B☆W


(MFコミックス アライブシリーズ)
Amazon Kindle B☆W


(MFコミックス フラッパーシリーズ)
Amazon Kindle B☆W


(モーニング KC)
Amazon Kindle B☆W


(モーニング KC)
Amazon Kindle B☆W


(モーニング KC)
Amazon Kindle B☆W


(ガンガンコミックスJOKER)
Amazon Kindle B☆W


(ガンガンコミックスJOKER)
Amazon Kindle B☆W


(ガンガンコミックスpixiv)
Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W

11月20日

Kindle B☆W


(富士見ファンタジア文庫)
Amazon Kindle B☆W


(富士見ファンタジア文庫)
Amazon Kindle B☆W


(富士見ファンタジア文庫)
Amazon Kindle B☆W


(富士見ファンタジア文庫)
Amazon Kindle B☆W


(富士見ファンタジア文庫)
Amazon Kindle B☆W


(富士見ファンタジア文庫)
Amazon Kindle B☆W


(富士見ファンタジア文庫)
Amazon Kindle B☆W


(TOブックス)
Amazon Kindle B☆W


(TOブックス)
Amazon Kindle B☆W


(TOブックス)
Amazon Kindle B☆W


(TOブックス)
Amazon Kindle B☆W


(GCN文庫)
Amazon Kindle B☆W

11月19日

(ヤングジャンプコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(ヤングジャンプコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(ヤングジャンプコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(ヤングジャンプコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(ヤングジャンプコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(サンデーGXコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(サンデーGXコミックス)
Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W

11月18日

(ガガガ文庫)
Amazon Kindle B☆W


(ガガガ文庫)
Amazon Kindle B☆W


(ガガガ文庫)
Amazon Kindle B☆W


(ガガガ文庫)
Amazon Kindle B☆W


(ガガガ文庫)
Amazon Kindle B☆W


(ガガガブックス)
Amazon Kindle B☆W


(少年サンデーコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(少年サンデーコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(少年サンデーコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(少年サンデーコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(少年サンデーコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(ヤンマガKCスペシャル)
Amazon Kindle B☆W


(ヤンマガKCスペシャル)
Amazon Kindle B☆W


(ヤンマガKCスペシャル)
Amazon Kindle B☆W


(ヤンマガKCスペシャル)
Amazon Kindle B☆W


(ヤンマガKCスペシャル)
Amazon Kindle B☆W


(ヤングチャンピオン烈コミックス)
Amazon Kindle B☆W

11月17日

(電撃の新文芸)
Amazon Kindle B☆W


(電撃の新文芸)
Amazon Kindle B☆W


(電撃の新文芸)
Amazon Kindle B☆W


(星海社FICTIONS)
Amazon Kindle B☆W


(星海社FICTIONS)
Amazon Kindle B☆W


(星海社FICTIONS)
Amazon Kindle B☆W


(星海社FICTIONS)
Amazon Kindle B☆W


(KCデラックス)
Amazon Kindle B☆W


(KCデラックス)
Amazon Kindle B☆W


(KCデラックス)
Amazon Kindle B☆W


(KCデラックス)
Amazon Kindle B☆W


(KCデラックス)
Amazon Kindle B☆W


(アフタヌーンKC)
Amazon Kindle B☆W


(マガジンエッジKC)
Amazon Kindle B☆W


(マガジンエッジKC)
Amazon Kindle B☆W


(マガジンエッジKC)
Amazon Kindle B☆W


(講談社コミックス)
Amazon Kindle B☆W


(講談社コミックス)
Amazon Kindle B☆W


(フロース コミック)
Amazon Kindle B☆W

11月16日

(アース・スターノベル)
Amazon Kindle B☆W


(アース・スターノベル)
Amazon Kindle B☆W


(アース・スターノベル)
Amazon Kindle B☆W


(アース・スターノベル)
Amazon Kindle B☆W


(アース・スターノベル)
Amazon Kindle B☆W


(アース・スターノベル)
Amazon Kindle B☆W

11月15日

(富士見L文庫)
Amazon Kindle B☆W


(富士見L文庫)
Amazon Kindle B☆W


(富士見L文庫)
Amazon Kindle B☆W


(富士見L文庫)
Amazon Kindle B☆W


(富士見L文庫)
Amazon Kindle B☆W


(富士見L文庫)
Amazon Kindle B☆W


(Gファンタジーコミックス)
Amazon Kindle B☆W

11月12日

(GA文庫)
Amazon Kindle B☆W


(GA文庫)
Amazon Kindle B☆W


(GA文庫)
Amazon Kindle B☆W


(GA文庫)
Amazon Kindle B☆W


(GA文庫)
Amazon Kindle B☆W


(GA文庫)
Amazon Kindle B☆W


(GA文庫)
Amazon Kindle B☆W


(宝島社)
Amazon Kindle B☆W


(星海社COMICS)
Amazon Kindle B☆W


(ゲッサン少年サンデーコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(ゲッサン少年サンデーコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(サンデーうぇぶりSSC)
Amazon Kindle B☆W


(ビッグコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(アース・スター コミックス)
Amazon Kindle B☆W


(メテオCOMICS)
Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


11月11日

(裏少年サンデーコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(アクションコミックス(月刊アクション))
Amazon Kindle B☆W

11月10日

(BLADEコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(BLADEコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(BLADEコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(MFコミックス アライブシリーズ)
Amazon Kindle B☆W


(電撃文庫)
Amazon Kindle B☆W


(電撃文庫)
Amazon Kindle B☆W


(電撃文庫)
Amazon Kindle B☆W


(電撃文庫)
Amazon Kindle B☆W


(電撃文庫)
Amazon Kindle B☆W


(電撃文庫)
Amazon Kindle B☆W


(電撃文庫)
Amazon Kindle B☆W


(電撃文庫)
Amazon Kindle B☆W


(電撃文庫)
Amazon Kindle B☆W


(電撃文庫)
Amazon Kindle B☆W


(電撃文庫)
Amazon Kindle B☆W


(電撃文庫)
Amazon Kindle B☆W


(カドカワBOOKS)
Amazon Kindle B☆W


(カドカワBOOKS)
Amazon Kindle B☆W


(カドカワBOOKS)
Amazon Kindle B☆W


(カドカワBOOKS)
Amazon Kindle B☆W


(カドカワBOOKS)
Amazon Kindle B☆W


(カドカワBOOKS)
Amazon Kindle B☆W


(カドカワBOOKS)
Amazon Kindle B☆W


(カドカワBOOKS)
Amazon Kindle B☆W


(カドカワBOOKS)
Amazon Kindle B☆W


(TOブックス)
Amazon Kindle B☆W


(TOブックス)
Amazon Kindle B☆W


(TOブックス)
Amazon Kindle B☆W

11月9日

(ドラゴンコミックスエイジ)
Amazon Kindle B☆W


(ドラゴンコミックスエイジ)
Amazon Kindle B☆W


(角川コミックス・エース)
Amazon Kindle B☆W


(角川コミックス・エース)
Amazon Kindle B☆W


(角川コミックス・エース)
Amazon Kindle B☆W


(角川コミックス・エース)
Amazon Kindle B☆W


(角川コミックス・エース)
Amazon Kindle B☆W


(KCデラックス)
Amazon Kindle B☆W


(KCデラックス)
Amazon Kindle B☆W


(KCデラックス)
Amazon Kindle B☆W


(KCデラックス)
Amazon Kindle B☆W


(シリウスKC)
Amazon Kindle B☆W


(シリウスKC)
Amazon Kindle B☆W


(シリウスKC)
Amazon Kindle B☆W


(シリウスKC)
Amazon Kindle B☆W


(シリウスKC)
Amazon Kindle B☆W


(シリウスKC)
Amazon Kindle B☆W


(シリウスKC)
Amazon Kindle B☆W


(シリウスKC)
Amazon Kindle B☆W


(講談社コミックス)
Amazon Kindle B☆W


(講談社コミックス)
Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W

Categories
最新コメント

Archives
記事検索
タグ絞り込み検索