WIXOSS

selector spread WIXOSS 第12話「この選択は……」  


おー、これも見事なくらいに綺麗に完結したなあ。素晴らしい。
マユが死んでいたというのがわかった時にはどうなるか、と危惧したけれど、ユキタマとルゥ子が最後の宣誓を結ぶシーンには素直に感動してしまった。
エピローグでのちよりとエルドラの再会シーンなんか、泣きそうになったし。そして、元の花代さん、美人じゃあないですか。香月と遊月が結ばれるのはやっぱり難しいでしょうから、花代さんが介在することになるのかな。
通して振り返ってみると、最初はバトルジャンキーで幼く考えの足りない子供に過ぎなかったタマが、徐々に精神的に成長していって、悩み苦しみ、ルゥ子に可愛がられる愛玩的な関係じゃなく、対等に向き合える友達に、一人の女の子に育っていく様子がお見事でした。この過程があったから、タマにもルゥ子にも凄く感情移入できたし。ルリグになった途端、みるみる白くなっていったイオナにも一瞬笑いながらも、なんだか暖かい気分になりましたし。ひとえや遊月との友達としての関係も、一期のギクシャクしたそれからすると、本当に通じ合い想い合える親友同士へと変化していって……うん、感動した。後半の息もつかせぬ怒涛の展開は、グイグイと引き込む魅力と牽引力がありましたし、総じて良作の域を突破していたんじゃないでしょうか。
面白かった。

「selector spread WIXOSS」BOX1 (初回限定版)(ウィクロススターターデッキ付)(イベントチケット優先販売申込券付) [Blu-ray]
B00OH1K9EU

アニメ雑感  


【牙狼<GARO>-炎の刻印- 第9話「師弟-NEW HOPE-」】
前回のギャグ回とは打って変わって、今回はアルフォンソが魔戒騎士を継ぐ為の最終試練、というシリアス回なんだが、これが素晴らしかった。
レオンとアルフォンソが初めて邂逅する事になるのだけれど、これが思いの外波長の合う良いコンビだったんですよね。いや実はもっと反目しあうような関係になるのかと思ったんだけれど、人が良すぎて世間知らずな王子さまのアルフォンソと、親父があれなせいか意外と世話好きなレオン、凄く噛み合うんですよね。なんだかすぐに出会って仲良くなっちゃったし。男同士にも関わらず、二人のやりとりをみているだけでなんだかニヤニヤしてしまった。
巨大なホラーとの戦いも迫力ありましたし、何より病魔におかされ余命幾ばくもないラファエロの最期の激闘と、彼の弟子として魔戒騎士の鎧を継承するシーンは本当にかっこよかった。
これ、地味に名作ですよ。


【俺、ツインテールになります。】
もう論ずるに能わず、だったのがここにきてもう見るに耐えない、にレベルアップしました。ギブアップ。大好きだからこそ、もう見られない。見たくない。


【selector spread WIXOSS 第11話「あの窓は施錠」】
ちょっ、ゲーム中に席を離れられるのか!? ユキが消え始めたために、ゲーム放棄してルー子がユキを抱えて逃亡しはじめた時には、流石に度肝を抜かれた。凄いぞ、これがルールの間隙というやつか。
カズキみたいに、現実世界からマユにダイレクトアタック、とは行かないまでも、ゲームを通してマユと打ち解けて現実の彼女と友達になってハッピーエンド、という流れを予想していたので、マユが正しく怨霊の類だったのにはやられた。セレクターバトルって、マジで呪いのたぐいじゃないか、これ。
ユズキとカズキの姉弟の禁断の恋はどう決着をつけるのか、とこの件についても注目していたんだけれど、これはハナヨさん本体とカズキが結ばれる形で収まりそうな感じだなあ。これはこれで、ユズキも納得しそうだし。


【甘城ブリリアントパーク 第12話 「未来は誰にもわからない!」】
ちょ、あれ!? 甘ブリは最終回かと思ったら、さらにオマケで13話あるの!? これも角川の富士見ファンタジア文庫なのに、いいなあ。他の角川アニメみたいに10話じゃないんだ。羨ましい。
さすがに、原作1巻のあの終わり方ではなく、真っ当な形で目標をクリアする方に改変したのは良かったんじゃないでしょうか。あの原作の形だとスッキリしないし、後味も良いとは言えないもんなあ。
それに、姫様の記憶が失われない、という展開も……実のところ原作で姫様の記憶がリセットされる設定に関しては、物語の中で活かされているとはいえないんですよね。ぶっちゃけ、あの設定は無くても別に困らないよなあ、と思っていたので、盲目設定と合わせてアニメで潰してしまったのは、私としては大いにアリである。
ただ……それで困るのは、いすず嬢だったりするんですよね。原作では、記憶喪失の影響で西也と姫様の距離感は親密になりきれないところで留まっちゃってて、その分いすずがひたすらメインヒロインとしてポイント稼いでるんですよね。あ、そう考えると記憶喪失設定はちゃんと物語の中で反映はされているのか。
アニメでも、西也といすずの関係は、あの別れ際のお互いの何ともいえない空気感でキッチリ描かれているのですが、記憶…すなわち思い出のある姫さまはヒロインとしてはかなり強力なだけに……はてさて。

アニメ雑感  

【異能バトルは日常系のなかで 第10話「迷路<プールズラビリンス>」】
これ見てると、安藤は普通にお買い得物件なんだよなあ。姉ちゃんに仕立てられてるとはいえ、着こなしもちゃんとしているし、女の子と遊んでいてあれだけストレスを感じさせない、ちゃんと楽しませる事の出来る男は希少品ですよ?
しかし、この調子だと千冬ちゃんに関しては、安藤は幼いころの素敵な恋の思い出の相手、になりそうだなあ。個人的には下手くそな灯夜よりも、不器用な彩弓さんを応援したい。
ところで、同じGA文庫の【聖剣使いの禁呪詠唱】をさり気なく宣伝してるんだけれど、宣伝するならアニメ制作もTRIGGERでやってくれればいいのに、と思ってしまう。


【魔弾の王と戦姫 第10話「オルメア会戦」】
ミラが煽る煽る(笑
いやでも、疲れ果てて目の前で寝てしまったティグルに添い寝して一緒になって寝てしまうミラは本当に可愛らしかった。アニメだと、彼女の女の子としての部分がいい意味で引き出されてて、うんこれはファンが増えるだろうなあ。
肝心のオルメア会戦も、相手の赤髭がまた良いキャラしているお陰で、最後まで引き締まった激闘となっていたように思う。出来る範囲での最大限の演出表現を引っ張りだしてるんじゃないだろうか。
原作だとしばらくミラの出番が遠ざかっているので、アニメでミラ分を補充できて至福であるw


【「Fate/stay night [Unlimited Blade Works]」#10】
いやあ、やっぱり葛木先生カッコイイわ。この人の戦闘スタイルには、原作やった時も驚かされ、痺れたものだけれど。
それとセイバー、あのマフラーの私服姿で剣持った姿、カッコイイよなあ。


【結城友奈は勇者である 第10話「愛情の絆」】
ひぎゃーーー、東郷さんがアグレッシブに絶望してしまったーーっ!!
いやでも、これは無理ないぞ。世界の置かれた絶望的な状況が想像の斜め上だった。こんなんもうあかんやん。どないしようもないやん!! 
正直、東郷さんの家に大金が振り込まれてるというのは、生々しすぎて震えた。娘が贄として働くたびに金貰ってるとか……、いやでもそれで両親が単に娘を売って後ろめたさを感じながらもお金貰ってほくそ笑んでる、くらいだったらまだいいのかもしれない。心底、娘が神樹さまの巫女として贄になっていくことを喜んでいるのだとしたら……。
これだけの絶望的な状況に世界が置かれているのだと、大赦が把握しているとなると、もう今更日和る部分なんかないだろう。宗教的な盲信に傾倒していなければ、正気じゃ居られないよ、これは。
そして神樹様は真の意味で人類の庇護者だったわけだ。神樹さまの立場からすると、この東郷さんの所業は、一体なにしてんねん人間!?てなもんになるんだろうなあ。どうも、思惑あって私利的に人類を守っているのではなく、あくまで神として慈悲をもって身を切って絶滅寸前の人類を庇護していて、それでも力足りない部分を人類側からの供給で凌いでる、それが勇者システム、てな感じだし。
それが、人類側からいきなり自死行為を始められた日には、神樹様としては人類に裏切られたようなものと思われても仕方ない。
でも、人類総体ではない、勇者個人個人からすると、置かれた状況は死よりも辛い地獄そのものであるわけで、発狂しても仕方なく……。ヤバい、これはマジで救いがどこにもないぞ。


【selector spread WIXOSS 第10話「このぬくもりは限界」】
リアル・イオナが現れて、じゃあルリグになってる黒のイオナは紛らわしいので別の名前をつけよう、という話になって、つけた名前が、黒イオナは雪が好きだというので「ユキ」って、ルー子、名前の付け方がひどくないか!? そういえば、白の子にタマって名前つけたのもルー子だったか? ペットの猫に名前つけるんじゃないんだから。あのシーンは、普通に「スノウ」とか雪とか冬に因んだ名前をつけるのかと思い込んでたので、「ユキ」とか言い出した時にはマジでひっくり返ったw
いやでも、話の方は相変わらず緊迫感たっぷりに二転三転して、本当に面白い。ここでついに、満を持してハナヨさんに会いに行く展開には、正直ワクワクしっぱなしである。

アニメ雑感  


【失われた未来を求めて 第7話「239万光年の想い】
おいおい、佳織ってば自分で勝手にユイを後押しして奏くんとの仲を深めておいて、今度は病みだしたぞ。なんという自爆系w
ただ、この嫉妬が佳織からの告白に繋がり、そのまま事故へと連鎖していくのだとしたら、必要な自爆なのか。


【結城友奈は勇者である 第7話「牧歌的な喜び」】
正直、あの海水浴用の車椅子や、露天風呂入浴用の車椅子とかには感嘆させられた。ああいうのって、本当にあるんだ。
しかし、夏凜のはしゃぎっぷりは微笑ましいなあ。もう建前もなにもなくなって、全力で楽しんでるじゃないですか。リードを外したワンコみたいに、跳ねまわって走り回ってる感じ。
と、実になごやかで賑やかで楽しげな温泉海水浴旅行なのだけれど、完全に最後の晩餐ですね、わかります。
でも、福利厚生がしっかりしているのは、たとえ大赦が黒幕だったり冷酷非情の組織だったりしても、そこは評価したい。東郷さんの障碍に対してのしっかりしたサポートも、大赦が国を管理している事を思えば、福祉方面も充実させているということだし。
まあ、東郷さんについては、どうも傷痍軍人っぽい扱いもあるようなのだけれど。
これまでも、彼女が前回の戦いの生き残りなのでは、という話題はのぼっていたけれど、風先輩の元に新たな精霊が送られてきたことで、ほぼ確定。彼女の脚は、前回の戦いの後遺症、という事でまず間違いない事に。
どうして、東郷さんだけ精霊の数が多かったのかも、これで説明がつくわけだ。彼女が、無意識に戦いを避けようとしたことも。あれだけ国防意識が高い彼女が、なぜあの時戦うことにあれだけ怯える、という以上に忌避感を見せていたのか。
しかし、だとすると、満開による代償って、一度満開すれば後は不要、ではなくて、一回ごとに代償が必要となるんですよね、これ。えげつないなあ。


【selector spread WIXOSS 第8話「この世界は私物」】
やばいやばい、これだけ尖った展開、演出を好き放題やられたら、面白いとしか言い様がない。
あのイオナさんが完全に白くなってキラキラ輝いてるよ。まるでヒロインみたいだよ!! もうラストまで怒涛の展開すぎて、変な笑いがこみ上げてくる。二期になって落ち着くどころか、さらにキレキレにエッジが尖りだして、これはすごいわ。

2014年秋アニメ、スタート。  


【ガンダムビルドファイターズトライ】 第一話。
ら、ラルさん。なんでそんなさも当たり前に学校内うろついているんですか! 完全に学校内に侵入して徘徊している不審者じゃないかw
とまれ、本当に面白いなあこのアニメ。続編に入っても、第一話から熱い熱い。今度は男の子二人に女の子一人の三人組で、というのは聞いていたのですが、女の子が主体となってチームを作りにかかるとは思わなかった。こういうトリオって、どうしても女の子はメインとなる男の子についてくる、という形での参入になりがちですからね。しかも、学年一個年上かあ。シンプルに、或いは直球にヒロイン衆がかわいいというのは強力極まる。そしておぱーいが大きいッ。大きいッ!
ガンダムファイトも熱い熱い。初っ端の団体戦からして掴みとしては十分だし、本番でのドムですよ、ドム。ドムかっけえなあ、ドム! 中の人が出てきたのには笑いましたけれど。
あんな施設、学校の一部活で使えるとか、なんつー贅沢な。なぜあれで部員が集まらないのか、信じられない。普通やりたいでしょう。ガンプラ興味なくてもやりたいよ、あれは。
……ガンプラだけじゃなくて、戦車とか戦艦とかのプラモでもバトルできませんかね、あの施設w


【天城ブリリアントパーク】
そういえば、あのバス停の停留所名の変更申請ってあとで通ってたんだっけか。あれちゃんと変えてないと、客が増えるほど困りそうなんだけれど。
というわけで、【フルメタル・パニック】の原作者の現在手がけている作品のアニメ化、しかも京アニ。さすが京アニ、という細部に神が宿る仕様の演出テンポであります。この遊園地、平日で2000人も入っているようにはまったく見えないよ!! これを立てなおしてくれ、というのはどう考えても無茶ぶりだよなあ。
ちなみに、ヒロインは猛烈な勢いでいすゞ一択であります。
OP見ると、バイト三人娘の姿が見えないので、もしかして人員増やすところまではいかないのかしら。ぶっちゃけ、あの三人娘の扱いも微妙なんだけれど。扱いの微妙さからすると、精霊四人娘もわりと同じレベルなんだが、アニメだと出番増えそうで幸いである。


【愛、天地無用!】
天地の声が、菊池さんのままだ(笑
いや、懐かしいんだが……この天地無用はどの世界線なんだ? 個人的にはちゃんと【真・天地無用 魎皇鬼】路線で居て欲しいんだけれど。清音さんが美星の相棒じゃなくて、天地の母ちゃん。鷲羽ちゃんが、既婚者で美星の曾々婆ちゃんに当たるラインのやつね。
出てくる女の子を見てると、ちゃんとデザインがヤスダスズヒトさんなのです。私、この人のデザインがアニメで動いているの見るの好きなので、結構幸せ。


【Fate】
既に書いたけど追記で……氷室かわいいな、氷室。いや、ほんとにただのクラスメイト枠としては存在感がパないですよ、氷室鐘。氷室の天地、アニメやりません? 実際、プリズマ☆イリヤをやったあとでは、アニメ化最後の駒だと思うのだけれど。


【Selector Spread WIXOSS】
のっけから、ウィクロスはやったらいけない、ゲームダメ。危ない、危険、と連呼されるというありえない販促アニメ(笑
第二部として既に一連のからくりが明らかになっているだけに、第一話からの緊迫感と追い詰められっぷりが尋常じゃない。それでも、るう子、遊月と一衣が三人で仲良く遊びまわっている姿を見ると癒やされる。遊月だけカード内だけれど。三人が気持ちを通じ合わせて、こうして遊べるというのは第一部では結局叶わなかった姿だからなあ。
ともあれ、初っ端から掴みもOKですし、盛り上がりも十分。これは期待ですよ。


【棺姫のチャイカ】
これも分割第二部スタート……て、これ内容的にはアニメオリジナルか? 
八英雄のクローディアは、原作小説では未登場だったはずですし。今まで登場した八英雄は、みんな身持ちを崩したり、心身を壊したり、既に亡くなっていたり、と散々な有り様だっただけに、まともに人生成功していてなおかつ人格的にも尊敬できる英雄が出てきてくれると、ちょっとはホッとしてしまう。
仮にも英雄としてもてはやされた人が、全員没落してたらなんか後味悪いですもんね。
形としては、チャイカに魔法師としての訓練を施してくれる形になっていて、なかなか新鮮。原作ではこうしたチャイカがレベルアップを図る話、というか魔法師としてのプライドをにじませる話はあまりなかっただけに。
ヴィヴィの方は、ちょっと話変わっているかしら。ジレット隊の面々、機関に一度戻ってたっけ? あのまま機関を離脱して、独自に動いていたような記憶があるんだが。
あと、本来ならチャイカ化した娘は記憶を失うと同時に、身近に居た人間を皆殺しにして痕跡を消してしまう仕様になってます。チャイカになった娘たちは、その鏖殺そのものを覚えていないんですけれど。
ヴィヴィの場合は、ジレット隊の面々が手練揃いだったので、その過程でなんとか取り押さえられて、チャイカ化による記憶消去も免れたために、あのようなギィの言うところの、半分だけチャイカになった、という状態になってます。
 
1月26日

(角川コミックス・エース)
Amazon Kindle B☆W


角川コミックス・エース
Amazon Kindle B☆W


(角川コミックス・エース)
Amazon Kindle B☆W


(角川コミックス・エース)
Amazon Kindle B☆W


(角川コミックス・エース)
Amazon Kindle B☆W


(角川コミックス・エース)
Amazon Kindle B☆W


(角川コミックス・エース)
Amazon Kindle B☆W


(角川コミックス・エース)
Amazon Kindle B☆W

1月25日

(オーバーラップ文庫)
Amazon Kindle B☆W


(オーバーラップ文庫)
Amazon Kindle B☆W


(オーバーラップ文庫)
Amazon Kindle B☆W


(オーバーラップ文庫)
Amazon Kindle B☆W


(オーバーラップ文庫)
Amazon Kindle B☆W


(オーバーラップ文庫)
Amazon Kindle B☆W


(オーバーラップ文庫)
Amazon Kindle B☆W


(オーバーラップ文庫)
Amazon Kindle B☆W


(オーバーラップ文庫)
Amazon Kindle B☆W


(オーバーラップノベルス
Amazon Kindle B☆W


(オーバーラップノベルス)
Amazon Kindle B☆W


(MF文庫J)
Amazon Kindle B☆W


(MF文庫J)
Amazon Kindle B☆W


(MF文庫J)
Amazon Kindle B☆W


(MF文庫J)
Amazon Kindle B☆W


(MFブックス)
Amazon Kindle B☆W


(MFブックス)
Amazon Kindle B☆W


(MFブックス)
Amazon Kindle B☆W


(MFブックス)
Kindle B☆W


(ダッシュエックス文庫)
Amazon Kindle B☆W


(ダッシュエックス文庫)
Amazon Kindle B☆W


(ガルドコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(ガルドコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(ガルドコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(ガルドコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(ガルドコミックス)
Amazon KindleB☆W


(ガルドコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(ガルドコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(ガルドコミックス)
Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W

1月21日

(ガンガンコミックスJOKER)
Amazon Kindle B☆W


(ガンガンコミックスJOKER)
Amazon Kindle B☆W


(ガンガンコミックスJOKER)
Amazon Kindle B☆W


(ガンガンコミックスJOKER)
Amazon Kindle B☆W


(ガンガンコミックスJOKER)
Amazon Kindle B☆W


(MFC)
Amazon Kindle B☆W


(MFC)
Amazon Kindle B☆W


(MFC)
Amazon Kindle B☆W


(MFコミックス アライブシリーズ)
Amazon Kindle B☆W


(KCデラックス)
Amazon Kindle B☆W


(イブニングKC)
Amazon Kindle B☆W


(モーニング KC)
Amazon Kindle B☆W


(モーニング KC)
Amazon Kindle B☆W


(モーニング KC)
Amazon Kindle B☆W


Amazon KindleB☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W

1月20日

(富士見ファンタジア文庫)
Amazon Kindle B☆W


(富士見ファンタジア文庫)
Amazon Kindle B☆W


(富士見ファンタジア文庫)
Amazon Kindle B☆W


(富士見ファンタジア文庫)
Amazon Kindle B☆W


(富士見ファンタジア文庫)
Amazon Kindle B☆W


(富士見ファンタジア文庫)
Amazon Kindle B☆W


(富士見ファンタジア文庫)
Amazon Kindle B☆W


(富士見ファンタジア文庫)
Amazon Kindle B☆W


(富士見ファンタジア文庫)
Amazon Kindle B☆W


(富士見ファンタジア文庫)
Amazon Kindle B☆W


(富士見ファンタジア文庫)
Amazon Kindle B☆W


(富士見ファンタジア文庫)
Amazon Kindle B☆W


(チャンピオンREDコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(ヤングチャンピオン烈コミックス)
Amazon Kindle B☆W


(ヤングチャンピオン烈コミックス)
Amazon Kindle B☆W


(単行本コミックス)
Amazon Kindle B☆W


(ヤンマガKCスペシャル)
Amazon Kindle B☆W


(ヤングマガジン サード)
Amazon Kindle B☆W

1月19日

(ヤングジャンプコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(ヤングジャンプコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(ヤングジャンプコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(ヤングジャンプコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(サンデーGXコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(裏少年サンデーコミックス)
Amazon Kindle B☆W


Kindle B☆W

1月18日

(ガガガ文庫)
Amazon Kindle B☆W


(ガガガ文庫)
Amazon Kindle B☆W


(ガガガ文庫)
Amazon Kindle B☆W


(ガガガブックス)
Amazon Kindle B☆W


(ガガガブックス)
Amazon Kindle B☆W


(少年サンデーコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(少年サンデーコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(少年サンデーコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(少年サンデーコミックス〔スペシャル〕)
Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


1月17日

(電撃の新文芸)
Amazon Kindle B☆W


(電撃の新文芸)
Amazon Kindle B☆W


(電撃の新文芸)
Amazon Kindle B☆W


(電撃の新文芸)
Amazon Kindle B☆W


(KCデラックス)
Amazon Kindle B☆W


(KCデラックス)
Amazon Kindle B☆W


(講談社コミックス)
Amazon Kindle B☆W


(講談社コミックス)
Amazon Kindle B☆W


(講談社コミックス)
Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W

1月15日

(アース・スターノベル)
Amazon Kindle B☆W


(アース・スターノベル)
Amazon Kindle B☆W


(アース・スターノベル)
Amazon Kindle B☆W


(アース・スターノベル)
Amazon Kindle B☆W


(アース・スターノベル)
Amazon Kindle B☆W


(富士見L文庫)
Amazon Kindle B☆W


(富士見L文庫)
Amazon Kindle B☆W


(富士見L文庫)
Amazon Kindle B☆W


(コロナ・コミックス)
Amazon Kindle B☆W


(コロナ・コミックス)
Amazon Kindle B☆W


1月14日

(GA文庫)
Amazon Kindle B☆W


(GA文庫)
Amazon Kindle B☆W


(GA文庫)
Amazon Kindle B☆W


(GA文庫)
Amazon Kindle B☆W


(GA文庫)
Amazon Kindle B☆W


(GA文庫)
Amazon Kindle B☆W


(GA文庫)
Amazon Kindle B☆W


(GA文庫)
Amazon Kindle B☆W


(GA文庫)
Amazon Kindle B☆W


(GA文庫)
Amazon Kindle B☆W


(GA文庫)
Amazon Kindle B☆W


(GAノベル)
Amazon Kindle B☆W


(GAノベル)
Amazon Kindle B☆W


(GAノベル)
Amazon Kindle B☆W

1月12日

(ゲッサン少年サンデーコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(ゲッサン少年サンデーコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(ビッグ コミックス)
Amazon Kindle B☆W


(アース・スター コミックス) Amazon Kindle B☆W


(アクションコミックス(月刊アクション))
Amazon Kindle B☆W


(アクションコミックス(月刊アクション))
Kindle B☆W


(アクションコミックス(月刊アクション))
Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W

1月10日

Amazon Kindle B☆W

1月8日

(BLADEコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(電撃文庫)
Amazon Kindle B☆W


(電撃文庫)
Amazon Kindle B☆W


(電撃文庫)
Amazon Kindle B☆W


(電撃文庫)
Amazon Kindle B☆W


(電撃文庫)
Amazon Kindle B☆W


(電撃文庫)
Amazon Kindle B☆W


(電撃文庫)
Amazon Kindle B☆W


(電撃文庫)
Amazon Kindle B☆W


(電撃文庫)
Amazon Kindle B☆W


(電撃文庫)
Amazon Kindle B☆W


(電撃文庫)
Amazon Kindle B☆W


(カドカワBOOKS
Amazon Kindle B☆W


(カドカワBOOKS)
Amazon Kindle B☆W


(カドカワBOOKS)
Amazon Kindle B☆W


(カドカワBOOKS)
Amazon Kindle B☆W


(カドカワBOOKS)
Amazon Kindle B☆W


(カドカワBOOKS)
Amazon Kindle B☆W


(カドカワBOOKS)
Amazon Kindle B☆W


(TOブックス)
Amazon Kindle B☆W


(TOブックス)
Amazon Kindle B☆W


(TOブックス)
Amazon Kindle B☆W


(TOブックス)
Amazon Kindle B☆W


(ドラゴンコミックスエイジ)
Amazon Kindle B☆W


(ドラゴンコミックスエイジ)
Amazon Kindle B☆W


(角川コミックス・エース)
Amazon Kindle B☆W


(角川コミックス・エース)
Amazon Kindle B☆W


(電撃コミックスNEXT)
Amazon Kindle B☆W


(角川コミックス)
Amazon Kindle B☆W

1月7日

(少年チャンピオン・コミックス)
Amazon Kindle B☆W


(マガジンポケット)
Amazon Kindle B☆W


(マガジンポケット)
Amazon Kindle B☆W


(マガジンポケット)
Amazon Kindle B☆W


(マガジンポケット)
Amazon Kindle B☆W


(good!アフタヌーン)
Amazon Kindle B☆W


(good!アフタヌーン)
Amazon Kindle B☆W


(good!アフタヌーン)
Amazon Kindle B☆W


(good!アフタヌーン)
Amazon Kindle B☆W


(シリウスKC)
Amazon Kindle B☆W


(シリウスKC)
Amazon Kindle B☆W


(シリウスKC)
Amazon Kindle B☆W


(シリウスKC)
Amazon Kindle B☆W


(マガジンポケット)
Amazon Kindle B☆W


(シリウスKC)
Amazon Kindle B☆W


(シリウスKC)
Amazon Kindle B☆W


(シリウスKC)
Amazon Kindle B☆W


(ガンガンコミックスUP!)
Amazon Kindle B☆W


(ガンガンコミックスUP!)
Amazon Kindle B☆W


(ガンガンコミックスUP!)
Amazon Kindle B☆W


(ガンガンコミックスUP!)
Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


(SQEXノベル)
Amazon Kindle B☆W


(SQEXノベル)
Amazon Kindle B☆W


(SQEXノベル)
Amazon Kindle B☆W

1月6日

(KCデラックス)
Amazon


(KCデラックス)
Amazon


(ヤンマガKCスペシャル)
Amazon Kindle B☆W

1月5日

(ヒーローズコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(ヒーローズコミックス)
Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Kindle B☆W

1月4日

(ジャンプコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(ジャンプコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(ジャンプコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(ジャンプコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(ジャンプコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(ジャンプコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(ジャンプコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(ジャンプコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(ジャンプコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(ジャンプコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(ジャンプコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(ジャンプコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(ヤングジャンプコミックス)
Amazon Kindle B☆W

12月28日

(GCノベルズ)
Amazon Kindle B☆W


(GCノベルズ)
Amazon Kindle B☆W


(GCノベルズ)
Amazon Kindle B☆W


(HJ文庫)
Amazon Kindle B☆W


(HJ文庫)
Amazon Kindle B☆W


(HJ文庫)
Amazon Kindle B☆W


(HJ文庫)
Amazon Kindle B☆W


(講談社ラノベ文庫)
Amazon Kindle B☆W


(講談社ラノベ文庫)
Amazon Kindle B☆W


(講談社ラノベ文庫)
Amazon Kindle B☆W


(一迅社ノベルス)
Amazon Kindle B☆W


(一迅社ノベルス)
Amazon Kindle B☆W


(角川コミックス・エース)
Amazon Kindle B☆W


(角川コミックス・エース)
Amazon Kindle B☆W


(ビッグ コミックス)
Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W

12月27日

(ヒーロー文庫)
Amazon Kindle B☆W


(YKコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(YKコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(B's-LOG COMICS)
Amazon Kindle B☆W

Categories
最新コメント

Archives
記事検索
タグ絞り込み検索