錆喰いビスコ (電撃文庫)

【錆喰いビスコ】 瘤久保 慎司/赤岸K /mocha 電撃文庫

Amazon
Kindle B☆W

すべてを錆つかせ、人類を死の脅威に陥れる“錆び風”の中を駆け抜ける、疾風無頼の「キノコ守り」赤星ビスコ。彼は、師匠を救うための霊薬キノコ“錆喰い”を求め旅をしていた。美貌の少年医師・ミロを相棒に、波乱の冒険へ飛び出すビスコ。行く手に広がる埼玉鉄砂漠、文明を滅ぼした防衛兵器の遺構にできた街、大蛸の巣くう地下鉄の廃線―。過酷な道中で次々に迫る脅威を、ミロの知恵の閃きと、ビスコ必中のキノコ矢が貫く!しかし、その先には邪悪県知事の奸計が―。第24回電撃小説大賞“銀賞”に輝いた、疾風怒涛
うおお、これはすごい世界観だ。そして、ものすげえビジュアルイメージ、ビジュアルインパクト! 見たこともない光景の連続にも関わらず、鮮やかなほどに瞼の裏にその情景が浮かんでくるというのは、描写力の賜物でもあるんだろうけれど。
それだけではなく、一つ一つの思わず想像力をフル回転させてしまうような単語の数々に、全速力駆け回る登場人物たちの活力に引きずり回されてしまうからなのだろう。とかく、読んでいて勢いよくぶん回されるこの痛快感たるや。
見たこともない光景をまるで間近で体感しているかのように感じさせてくれるのって、冒険譚としての一種の極だわなあ。
だいたいさ、文明の滅び去った地にうごめく生体兵器を暴虐の中を、しかし力強く生き抜くしたたかな人類が、新たな形で繁栄を築いている。この極限の自然環境で生命力を漲らせている人類文明って世界観がやっぱり垂涎ものじゃないですか。それも、日本ですよ。埼玉鉄砂漠! 東京爆心穴!! 一つ一つのフレーズがどうやったって心踊ってしまうじゃないですか。
だいたいなんですか、あの強弓から放たれた矢が着弾するや、キノコがポンポンそびえ立っていく光景は。巨大な蟹を兄弟として乗騎と乗り回して巨大なはぐれの生体兵器と渡り合い、悪人どもとどんぱちを繰り広げって。文字を読んでいるのに読んでいるのにめちゃくちゃ動き回る動画を観ているかのような臨場感。
なんかもうたまらんです。
そして駆け回る彼らの根底の燃えたぎっているのが「愛!」
面白いんですよね、ここで表現されているのって当たり前のようにある異性愛とはまた違ったもののように見える。ジャギとビスコの師弟愛であり親子愛。ミロとパウーの姉弟愛。大蟹アクタガワとビスコの兄弟愛。中でも特別なのが、作中で出会い旅の道連れとなり、そして相棒となるビスコとミロの不思議な愛情関係である。
この二人、男同士であるのだけれどお互いに掛け替えのない存在になっていく。そこにあるのは性愛ではもちろん無い。友情ではあるのだろうけれど、果たして親友だのという段階に収まるものなのか極めて疑わしい。友愛? 親愛? それで果たして表現できる、収まりきれるものなのか。
唯一無二? 比翼の鳥? 友というにはあまりに情がこもりすぎ、相棒としても手を取り合い肩を組み合うだけでは収まりきれない混ざり具合。
ここに至ればそれはもう、彼ら自身が言う通り「愛」と呼ぶ他ないその濃密にして透き通った関係は、不思議と男だ女だという範疇を超えていて、ミロとビスコという二人固有の関係へと昇華されていっているのだ。
これを以て神聖不可侵というのだろう。
何気に、男女間のそれとしてはビスコはミロの姉のパウーと何だなんだといい雰囲気になっているし、ミロもチロルとちょっといい感じになっているので、それはそれこれはこれ、というもんになっている気もする。しかし、そういうのを差し置いて、ビスコとミロの入り混じったそれはあまりにも上位で誰にも邪魔できないものであることは疑いようがない。
勢いに勢いを折り重ねていくと、アクションが派手に激しくなるだけではなく、人間同士の関係もまた凄まじいまでに濃いものへと深化していく場合があるのだけれど、まさに本作はその一例に値するのでしょうね。色んな意味で尋常ではない濃いものを食べきったという満足感が、読了後に押し寄せてきた。
シリーズ続くのこれ? 一作でもう二人の関係って描かれきったよな感もあり、満腹感たっぷりなんだけれど、同時にこの一冊で終えてしまうのはこのとびっきりの世界観がもったいなさすぎるのも確かな話。色んな意味でたまらんねえ。