saitom

どうでもいい 世界なんて クオリディア・コード ★★★☆   

どうでもいい 世界なんて: ークオリディア・コードー (ガガガ文庫 わ 3-20)

【どうでもいい 世界なんて クオリディア・コード】 渡航/saitom ガガガ文庫

Amazon
Kindle B☆W
アニメ「クオリディア・コード」千葉編!

渡 航×さがら聡×橘公司が企画するアニメプロジェクト「クオリディア・コード」の書きおろし千葉編のエピソードがここに!異能力と策略、そして陰謀渦巻くこの世界を救うのは……!?アニメ前日譚となる物語!
なんでいきなり、ブラック職場、営業残酷あるある物語になってるのこれ!?
戦闘科から落ちこぼれて生産科へと出向となってしまった千種霞。朝令暮改で力の弱い部下をイビってくる先輩にコンプライアンスなにそれ美味しいの?という上司に囲まれ、出先の営業周りではゴミ扱いという理不尽な日々を、ローテンションながらフラフラと泳いでいく毎日。
異能力と策略、そして陰謀渦巻くこの世界を救うのは……!?というあらすじなんですけれど、異能力とか陰謀とか世界とかより先に、職場環境をなんとかしようぜ本当に。
と、思ってたら極々少数の戦闘科が特権を振りかざし、他の科は働いても働いても報われない現況のシステムに対して、生産科のトップである釣瓶朝顔が戦闘科のトップが単独出馬することが慣例となっている首席選挙に打って出る工作に、生産科出向の霞もドカンと関わることに。
理想は理想で素晴らしいし、霞も立場上出来る限りは協力する、というか仕事として携わるのですが、やっぱり仕事以上の熱量はそこにはないんですよね。きっちりとした線引がされてしまっている。
どんなブラックな仕事環境でも淡々とやるべきことはこなしているあたり、ある意味タチが悪いんですけれど。ブラックな環境に対して愚痴はこぼしていても、それから逃れようとか改善してほしいという積極性が欠片もなく、これまた淡々と現状を受け入れている。
「どうでもいい、世界なんて」
というのは、まさに霞の心境をそのまま物語ったものなのでしょう。
そんな霞にとって何が重要なのかというと……うむむ、あんまりベタベタしてないしテンションもあがらないしそれ以外眼中にないというほど一心不乱ではないのだけれど、妹の明日葉以外のナニモノもないんだよなあ、これ。
冷めた言動のわりに、言ってることやってることは全部妹ラブですし。なにこのローテンションシスコン兄ちゃん。そんでもって、妹の方も妹の方で外では恥ずかしいからと兄に対してそっけない態度を取る明日葉ですけれど、家では兄と同じくテンション低いまま兄の側でひたすらゴロゴロゴロゴロ。風呂上がりなど、下着姿で兄の前をウロウロとして、離れない。実は住む場所違っているにも関わらず、兄の部屋に入り浸ってるとか。
いやなんでそんなローテンションで激兄ラブなのこの娘!? すっごいブラコンだよね!!
兄に対する言葉はなかなか厳しい内容のものが多いんだけれど、ぼんくらな兄をめっちゃ心配しているのがまるわかりですし、将来に渡って兄を養う気満々ですし、実は兄を細くて長くて縛るのに役立つアレにする気満々なんじゃないだろうか、この妹。
このやる気が一切欠けている兄妹が、アニメ放送の段階では首席と次席に収まっているのだから、一体何がどうなったのか、千葉。その詳細が明らかとなるのは下巻となるんだろうけれど、展開があんまり想像できない。

それはそれとして、他の東京や神奈川と違って一番地域色が出ていたのが千葉編だったんではないでしょうか。
戦闘科がヤンキーばっかり、というあたりとか! 
あと、例のコーヒーみたいな練乳が千葉では最優先で生産されてたりとか! どんだけマックスよ。

渡航作品感想

双子と幼なじみの四人殺し3   

双子と幼なじみの四人殺し (GA文庫)

【双子と幼なじみの四人殺し】 森田陽一/saitom GA文庫

Amazon

 高校生、菱川迷悟は、双子の少女、新山一縷と朽縷と同居していた。美しい双子に翻弄されながら日常を送っていた迷悟だったが、ある日、三人は学校で飛び降り自殺の現場に遭遇する。
 その自殺に関して一縷は、突き落としたやつが見えたという。

 正義感の強い、いや、正義感が強過ぎる迷悟は、事件を傍観することができなかった。
――学校のアイドル、グッズ販売、そして交際を賭けた決闘……。愛憎が交錯する事件の果てにあるものは!?

 第3回GA文庫大賞《奨励賞》受賞の問題作が登場!

「幸せになる覚悟はある? 人を殺しておいてなお、幸せになりたいと思えるかってこと」
ああ、これは酷い。いっそ無残と言っていいほどの有様だ。この子達、もう一歩も前に進めなくなってる。朽縷がこぼした、自分たちはもうどこにも行けない、とまったままだ。という台詞は見事に彼らの関係を言い表している。その点、朽縷は自分たちの現状をよく承知しているんだろう。迷悟は、この度し難い愚か者はわかっていないようだが。自分が双子から離れた方があの二人は幸せになれるんじゃないか、などとチラリとでも頭の隅に思い浮かべてしまうあたり、こいつは何も理解していない。元凶のくせに、根源のくせに。そんな事をしたら、幸せすらも喪って破滅してしまうのに。自分たちがもう進んでも退いても別れても、もう奈落に落ちる断崖絶壁の上に居ることを全然わかっていない。他に行ける道があるだなんて考える愚か者だ。
哀れなことに、彼らの佇む断崖絶壁はいずれ崩れ去ってしまう場所でもある。脆くて頼りない小さな足場だ。もし上手くやり通せば、その足場は彼らが一生を終える程度まではもしかしたら持つかもしれないけれど、どうやら迷悟はどれだけ双子に指摘され叱られ懇願されても、自分の足元を省みることができない人間のようなので、たとえその場で停まり続けていても、いずれ自ら足場を踏み崩してしまうに違いない。
進んでも退いても別れても、そしてその場にとどまり続けてさえも、彼らは破滅から逃れられないのだ。そんな境遇を、この双子は絶望し呪い憎悪しながら幸福に満たされて諦めている。
この境遇は彼らがどうしようもなく幼く愚かな子供であったことから引き起こされた惨劇であり、今となってはもう彼らは子供のまま現実から逃避し続けるしか居られなくなってしまっている。どう足掻いても大人になることが出来なくなった、哀れで悲惨な、しかし自業自得の子供たちだ。すでに今は、末路である。
それらを踏まえて、もう一度彼らの名前を見返してみると、まさに三人の名前は体を表しているんだろう。その名前こそが、彼らそれぞれの在り方なのだろう。無残な話である。
その上で、敢えて言うなれば、彼ら三人は今、幸福なのだろう。本当の意味で未来への希望を失った状況は、逆手に見るなら今だけ見ていればいい、ということでもある。無論、多少の将来への算段はつけなきゃいけないから、先々のことも幾らか考えなきゃいけないだろうけど、それは作業に過ぎず心や思いを傾けなきゃいけないものでもない。ただただひたすら破滅するまでの今を享受し続けるだけでいい現実。破滅することさえ受け入れれば、既に自分たちが破滅してしまっている事さえ諦めれば、朽ちるまでの一時はきっと幸せに満たされているんだろう。
ちょうど、西尾維新【恋物語】を読み終えたところだったので、こんな言葉を置き添える事もできるけれど。
「……本人が幸せだと思っているから、幸せだということにはならないでしょう」(羽川翼)

知ったこっちゃあ、ないんですけどね。彼らにゃ共感も同情もわかないんだから。ほんとにどうでもいい。そのまま、そうやって溺れていけばいい。
尤も、この子らにとっても、全部知ったこっちゃないのかもしれませんがね。多かれ少なかれ、まわりで起こった破滅や惨劇は自分たちのせいにも関わらず、結局他人事のまま放り投げるんですから。この徹底した自分たちさえ良ければ、気持ちよければそれでよし、という無責任なガキの態度はいっそ清々しいくらいですけれど。清々しいくらい虫唾が走りますけれど。

とまあ、登場人物たちの好感度は底辺を突き抜けて嫌悪感で泥まみれなのですが、むしろ意図的にそういう風に描かれて拗らせている上で、話の筋立ての並べ方、進ませ方なんかを鑑みるなら、なかなか楽しめたんじゃないかと思います。不快だけれど、その不快さこそが面白かった、というようなお話。

オブザデッド・マニアックス4   

オブザデッド・マニアックス (ガガガ文庫)

【オブザデッド・マニアックス】 大樹連司/saitom ガガガ文庫

Amazon

級友たちを襲う死者の群れ……ほくそ笑む僕。
授業中、いつも妄想していた。もしも今、この学校をゾンビたちが襲ってくれたら──。逃げ惑うクラスメイトたち、何もできずおろおろする先生……。ざまあ見ろ、最高だ! ゾンビ映画ばかり観て現実と向き合えない高校生、丈二。しかし、嫌々参加したクラスメイトとの夏の合宿で、本物のゾンビハザードが丈二とクラスメイトを襲う!  ボンクラでオタクな僕が、みんなを救ってヒーローになる!?  さらに学校一の美少女も思いのままに!? 怨念じみた妄想が現実になったとき、待ち受けるのは天国か、それとも地獄か!?
おおおっ!? なんぞコレ!? 面白い面白い、すっごい面白かった。ゾンビを愛する少年が主人公なせいか、メタなゾンビ作品ネタがこれでもかと投じられるんだけれど、まさか【凶鳥(フッケバイン)】までパロネタがあるとはw
既存のゾンビものと違うのは、ゾンビのパンデミックが発生してしまった世界でのサバイバルが主眼じゃない、という所である。ゾンビとは非日常の象徴に過ぎず、これは永劫に続くはずだった日常が突如壊れた事によって一度白紙に戻った人間関係という人の檻をどう捉え直すか。夢想と現実をどう編み直すか、という話になっている。故に、ゾンビの脅威はそれほど切迫した問題じゃなくて、この辺はかなりギャグじゃないのか、というノリで処理されてしまうんですよね。もうこのコメディノリには開いた口が塞がらなくて、そのまま笑い転げてしまった。いいのかそんなんで!!
ただ、前半から中盤のポンコツなノリとは裏腹に、中盤以降ショッピングモールに立て篭もって以降の展開はゾンビそっちのけで、スクールカーストを主題とした群像劇が描かれるのだ。
日常という檻の中で人をゾンビのように腐らせる現実世界への絶望と反逆、そして革命と統制が引き起こす理想の崩壊、という極限状態での閉鎖環境において構築された社会秩序のもとで繰り広げられる理想とエゴの鬩ぎ合い。
それは、苦しみしか無い腐ったような日常に膿み切った主人公の妄想が具現化した、望むべき非日常の世界。彼がずっと待ち望んできたパラダイスだったはずなのに、彼を戸惑わせるのはゾンビたちが巻き起こす現実の惨劇などではなく、同じ夢を共有していたはずの仲間の変質であり、これまで彼が知らなかった人と人との繋がり。
テンションあがってはしゃぐばかりで、空回りしてばかりだった主人公が、自分の居場所を与えられてようやく地に足の着いた状態になった途端、その与えられた自分の居場所に疑問を持ち出し、ちゃんと自分の意志で考えだして、最後にはちゃんと自分の言葉で叫んで、それこそ主人公らしく突っ走りだした瞬間は燃えたなあ。お間抜けで卑屈なんだが妙な愛嬌があって当初から憎めなかった主人公ですけど、途中から本当に好きになってしまった。ヘタレで根性曲がった男だったくせに、熱いイイ男じゃないか!
ゾンビ映画のみならず、ホラー、スプラッター系ならその存在だけで速攻死にそうな死亡フラグの塊である金髪ビッチのいずなも、散々腐れビッチ分をまき散らしながら後半思いっきりいいところを持ってっちゃって。
最悪どんな悲惨な救いようのない話になるかと中盤以降の暗い圧迫感のある展開から戦々恐々としてたんだけれど、思いの外痛快で気持ちの良い話になって、なんかもうスッキリさせていただきました。
いや、最後の姉ちゃんのあれははっちゃけすぎだと思わないでもないけれど、いいじゃない、そんな戯けたノリだって。
スプラッタなゾンビサバイバルアクションかと思わせといて、日常や学校、クラス環境への絶望感を綴った青春群像劇、と見せかけ、最後にはそれら全部を巻き込んだ上で吹っ飛ばし、アツい友情にまみれた痛快娯楽作品に。ゾンビ愛にあふれすぎて拗らせたあげく不思議な踊りを踊りだしたかのような、とにかく面白い作品でした。いやあ、楽しかった楽しかった。
 
1月25日

(ガルドコミックス)
Amazon KindleB☆W


(ガルドコミックス)
Amazon KindleB☆W


(ガルドコミックス)
Amazon KindleB☆W


(ガルドコミックス)
Amazon KindleB☆W


(ガルドコミックス)
Amazon KindleB☆W


(ガルドコミックス)
Amazon KindleB☆W


(ガルドコミックス)
Amazon KindleB☆W


(ガルドコミックス)
Amazon KindleB☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W

1月21日

(ガンガンコミックスJOKER)
Amazon Kindle B☆W


(ガンガンコミックスJOKER)
Amazon Kindle B☆W


(ガンガンコミックスJOKER)
Amazon Kindle B☆W


(ガンガンコミックスJOKER)
Amazon Kindle B☆W


(ガンガンコミックスJOKER)
Amazon Kindle B☆W


(MFC)
Amazon Kindle B☆W


(MFC)
Amazon Kindle B☆W


(MFC)
Amazon Kindle B☆W


(MFコミックス アライブシリーズ)
Amazon Kindle B☆W


(KCデラックス)
Amazon Kindle B☆W


(イブニングKC)
Amazon Kindle B☆W


(モーニング KC)
Amazon Kindle B☆W


(モーニング KC)
Amazon Kindle B☆W


(モーニング KC)
Amazon Kindle B☆W


Amazon KindleB☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W

1月20日

(富士見ファンタジア文庫)
Amazon Kindle B☆W


(富士見ファンタジア文庫)
Amazon Kindle B☆W


(富士見ファンタジア文庫)
Amazon Kindle B☆W


(富士見ファンタジア文庫)
Amazon Kindle B☆W


(富士見ファンタジア文庫)
Amazon Kindle B☆W


(富士見ファンタジア文庫)
Amazon Kindle B☆W


(富士見ファンタジア文庫)
Amazon Kindle B☆W


(富士見ファンタジア文庫)
Amazon Kindle B☆W


(富士見ファンタジア文庫)
Amazon Kindle B☆W


(富士見ファンタジア文庫)
Amazon Kindle B☆W


(富士見ファンタジア文庫)
Amazon Kindle B☆W


(富士見ファンタジア文庫)
Amazon Kindle B☆W


(チャンピオンREDコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(ヤングチャンピオン烈コミックス)
Amazon Kindle B☆W


(ヤングチャンピオン烈コミックス)
Amazon Kindle B☆W


(単行本コミックス)
Amazon Kindle B☆W


(ヤンマガKCスペシャル)
Amazon Kindle B☆W


(ヤングマガジン サード)
Amazon Kindle B☆W

1月19日

(ヤングジャンプコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(ヤングジャンプコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(ヤングジャンプコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(ヤングジャンプコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(サンデーGXコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(裏少年サンデーコミックス)
Amazon Kindle B☆W


Kindle B☆W

1月18日

(ガガガ文庫)
Amazon Kindle B☆W


(ガガガ文庫)
Amazon Kindle B☆W


(ガガガ文庫)
Amazon Kindle B☆W


(ガガガブックス)
Amazon Kindle B☆W


(ガガガブックス)
Amazon Kindle B☆W


(少年サンデーコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(少年サンデーコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(少年サンデーコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(少年サンデーコミックス〔スペシャル〕)
Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


1月17日

(電撃の新文芸)
Amazon Kindle B☆W


(電撃の新文芸)
Amazon Kindle B☆W


(電撃の新文芸)
Amazon Kindle B☆W


(電撃の新文芸)
Amazon Kindle B☆W


(KCデラックス)
Amazon Kindle B☆W


(KCデラックス)
Amazon Kindle B☆W


(講談社コミックス)
Amazon Kindle B☆W


(講談社コミックス)
Amazon Kindle B☆W


(講談社コミックス)
Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W

1月15日

(アース・スターノベル)
Amazon Kindle B☆W


(アース・スターノベル)
Amazon Kindle B☆W


(アース・スターノベル)
Amazon Kindle B☆W


(アース・スターノベル)
Amazon Kindle B☆W


(アース・スターノベル)
Amazon Kindle B☆W


(富士見L文庫)
Amazon Kindle B☆W


(富士見L文庫)
Amazon Kindle B☆W


(富士見L文庫)
Amazon Kindle B☆W


(コロナ・コミックス)
Amazon Kindle B☆W


(コロナ・コミックス)
Amazon Kindle B☆W


1月14日

(GA文庫)
Amazon Kindle B☆W


(GA文庫)
Amazon Kindle B☆W


(GA文庫)
Amazon Kindle B☆W


(GA文庫)
Amazon Kindle B☆W


(GA文庫)
Amazon Kindle B☆W


(GA文庫)
Amazon Kindle B☆W


(GA文庫)
Amazon Kindle B☆W


(GA文庫)
Amazon Kindle B☆W


(GA文庫)
Amazon Kindle B☆W


(GA文庫)
Amazon Kindle B☆W


(GA文庫)
Amazon Kindle B☆W


(GAノベル)
Amazon Kindle B☆W


(GAノベル)
Amazon Kindle B☆W


(GAノベル)
Amazon Kindle B☆W

1月12日

(ゲッサン少年サンデーコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(ゲッサン少年サンデーコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(ビッグ コミックス)
Amazon Kindle B☆W


(アース・スター コミックス) Amazon Kindle B☆W


(アクションコミックス(月刊アクション))
Amazon Kindle B☆W


(アクションコミックス(月刊アクション))
Kindle B☆W


(アクションコミックス(月刊アクション))
Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W

1月10日

Amazon Kindle B☆W

1月8日

(BLADEコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(電撃文庫)
Amazon Kindle B☆W


(電撃文庫)
Amazon Kindle B☆W


(電撃文庫)
Amazon Kindle B☆W


(電撃文庫)
Amazon Kindle B☆W


(電撃文庫)
Amazon Kindle B☆W


(電撃文庫)
Amazon Kindle B☆W


(電撃文庫)
Amazon Kindle B☆W


(電撃文庫)
Amazon Kindle B☆W


(電撃文庫)
Amazon Kindle B☆W


(電撃文庫)
Amazon Kindle B☆W


(電撃文庫)
Amazon Kindle B☆W


(カドカワBOOKS
Amazon Kindle B☆W


(カドカワBOOKS)
Amazon Kindle B☆W


(カドカワBOOKS)
Amazon Kindle B☆W


(カドカワBOOKS)
Amazon Kindle B☆W


(カドカワBOOKS)
Amazon Kindle B☆W


(カドカワBOOKS)
Amazon Kindle B☆W


(カドカワBOOKS)
Amazon Kindle B☆W


(TOブックス)
Amazon Kindle B☆W


(TOブックス)
Amazon Kindle B☆W


(TOブックス)
Amazon Kindle B☆W


(TOブックス)
Amazon Kindle B☆W


(ドラゴンコミックスエイジ)
Amazon Kindle B☆W


(ドラゴンコミックスエイジ)
Amazon Kindle B☆W


(角川コミックス・エース)
Amazon Kindle B☆W


(角川コミックス・エース)
Amazon Kindle B☆W


(電撃コミックスNEXT)
Amazon Kindle B☆W


(角川コミックス)
Amazon Kindle B☆W

1月7日

(少年チャンピオン・コミックス)
Amazon Kindle B☆W


(マガジンポケット)
Amazon Kindle B☆W


(マガジンポケット)
Amazon Kindle B☆W


(マガジンポケット)
Amazon Kindle B☆W


(マガジンポケット)
Amazon Kindle B☆W


(good!アフタヌーン)
Amazon Kindle B☆W


(good!アフタヌーン)
Amazon Kindle B☆W


(good!アフタヌーン)
Amazon Kindle B☆W


(good!アフタヌーン)
Amazon Kindle B☆W


(シリウスKC)
Amazon Kindle B☆W


(シリウスKC)
Amazon Kindle B☆W


(シリウスKC)
Amazon Kindle B☆W


(シリウスKC)
Amazon Kindle B☆W


(マガジンポケット)
Amazon Kindle B☆W


(シリウスKC)
Amazon Kindle B☆W


(シリウスKC)
Amazon Kindle B☆W


(シリウスKC)
Amazon Kindle B☆W


(ガンガンコミックスUP!)
Amazon Kindle B☆W


(ガンガンコミックスUP!)
Amazon Kindle B☆W


(ガンガンコミックスUP!)
Amazon Kindle B☆W


(ガンガンコミックスUP!)
Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


(SQEXノベル)
Amazon Kindle B☆W


(SQEXノベル)
Amazon Kindle B☆W


(SQEXノベル)
Amazon Kindle B☆W

1月6日

(KCデラックス)
Amazon


(KCデラックス)
Amazon


(ヤンマガKCスペシャル)
Amazon Kindle B☆W

1月5日

(ヒーローズコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(ヒーローズコミックス)
Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Kindle B☆W

1月4日

(ジャンプコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(ジャンプコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(ジャンプコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(ジャンプコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(ジャンプコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(ジャンプコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(ジャンプコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(ジャンプコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(ジャンプコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(ジャンプコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(ジャンプコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(ジャンプコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(ヤングジャンプコミックス)
Amazon Kindle B☆W

12月28日

(GCノベルズ)
Amazon Kindle B☆W


(GCノベルズ)
Amazon Kindle B☆W


(GCノベルズ)
Amazon Kindle B☆W


(HJ文庫)
Amazon Kindle B☆W


(HJ文庫)
Amazon Kindle B☆W


(HJ文庫)
Amazon Kindle B☆W


(HJ文庫)
Amazon Kindle B☆W


(講談社ラノベ文庫)
Amazon Kindle B☆W


(講談社ラノベ文庫)
Amazon Kindle B☆W


(講談社ラノベ文庫)
Amazon Kindle B☆W


(一迅社ノベルス)
Amazon Kindle B☆W


(一迅社ノベルス)
Amazon Kindle B☆W


(角川コミックス・エース)
Amazon Kindle B☆W


(角川コミックス・エース)
Amazon Kindle B☆W


(ビッグ コミックス)
Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W

12月27日

(ヒーロー文庫)
Amazon Kindle B☆W


(YKコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(YKコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(B's-LOG COMICS)
Amazon Kindle B☆W


(B's-LOG COMICS)
Amazon Kindle B☆W


(B's-LOG COMICS)
Amazon Kindle B☆W


(REXコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(REXコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(REXコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(REXコミックス)
Amazon Kindle B☆W

12月26日

(モンスターコミックス)
Amazon Kindle B☆W

12月25日

(ZERO-SUMコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(ZERO-SUMコミックス)
Amazon


(DNAメディアコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(オーバーラップ文庫)
Amazon Kindle B☆W


(オーバーラップ文庫)
Amazon Kindle B☆W


(オーバーラップ文庫)
Amazon Kindle B☆W


(オーバーラップ文庫)
Amazon Kindle B☆W


(オーバーラップ文庫)
Amazon Kindle B☆W


(オーバーラップノベルス)
Amazon Kindle B☆W


(オーバーラップノベルス)
Amazon Kindle B☆W


(オーバーラップノベルスf)
Amazon Kindle B☆W


(ファミ通文庫)
Amazon Kindle B☆W


(PASH!ブックス)
Amazon Kindle B☆W

Categories
最新コメント

Archives
記事検索
タグ絞り込み検索