true_tears

true_tears MAD  

何気に良作多いんですよね。
そしてここは比呂美オンリーの踊り場ですw


ゲーム版【ef - a fairy tale of the two】の悠久の翼 より。テレビの最終回でも流れたんでしたよね。



歌詞が比呂美に合い過ぎなんですよぅ

true tears 最終回  

うん、素晴らしかった。
とても素晴らしい最終回だった。

恋を知り、恋に破れ、他人の痛みを知ることで、自身の痛みを振り返り、無垢でありつづけることを綴じ、少女は大人になったのか。
恋を知るまでと、自分の恋が叶わぬものだとしったあとの、乃絵の違い。もともと、表情や目の表現が素晴らしい作品だったけど、本当に全然印象違うんですよね。どこがどう変わったといえないくらい、微細な変化の集積なんだけど、本当に違う。

翻って、最後まで「女」であり通したのが比呂美の方で。
真一郎の本心が分からず、焦って余裕がなかったというのもあるんだろうけど、比呂美の性的アピールは物凄かった。
真一郎をクラスメイトの面前で家に呼び出し、コーヒーカップ割れちゃったからと、真一郎が飲んだコーヒーを、真一郎が持ったまま手元に引き寄せて間接キス。

いいよ。

……いいよって、なにがいいんだよ!!(笑
もちろん、直球でそのままの意味なんだろうけどさ!
もうドキドキですよ、ドキドキ。

真一郎がヘタレというか、ここは冷静だったと言っておいてやろう、で良かったですよ。ここで流れ込んでしまったら、けっこう拗れただろうし。比呂美、あれでかなりテンパってましたしね。ここで身体使ってしまってたら、後後二人の関係に影落としてしまってただろうし。

いったん間を置いたことで、比呂美も冷静になったのか(あの嫌わないで、という呟きに、即座に嫌うはずないじゃないか! と真一郎が激昂したシーン。あれは重要だったような)、お互いはっきりとせず曖昧なままだった自分と真一郎の関係。真一郎と乃絵の関係を、今すぐはっきりさせましょう、と真一郎への告白と同時に決着を迫るわけですが。
真一郎としても、乃絵の怪我でうやむやになってて踏ん切り付かなくなってたところだから、きっかけ欲しかったんでしょうね。すぐに飛び出していくところなぞ、なかなか行動力合ってよし。

ここでグッドジョブだったのが真一郎母ですよ。
おかん、今回はとてもいい仕事した。おかず作りすぎたから、と言い訳してましたけど、あれは比呂美への気遣いだよなあ。どこか、かつての自分を重ねてたような感もあるけど。でも、あれは本当に比呂美のことを真摯に思いやってるのが伝わってきて、それだけに比呂美の呟く「ありがとうございます」という言葉が沁み入った。この二人の確執は、ほんとキツかっただけに、気持ちつながったよなあ。これまでの比呂美に対する仕打ちを帳消しにしてもいいと思えるほど。

乃絵との関係を清算する真一郎。もう、乃絵が真一郎の本心に気づいてて自分じゃ敵わないと理解してしまっている、というお膳立てはあったにしろ、真一郎の決着のつけ方はとても真摯で良かったと思う。
一人で去っていく乃絵の顔は、あれは「女」の顔だったように思えるのですが、いかがか。

そして、比呂美のもとに戻った真一郎。鍵開いてるからって、勝手に女の一人暮らしの部屋に入るのって、もう……あれですよね(苦笑
比呂美が待っていたのは、幼い頃二人で片足だけ下駄をはいて帰ったあの竹林道。
付き合おう、と告げる真一郎に「嫌」っていう比呂美のあの反応は……本当に素晴らしいですよ。ここで喜色満面で飛びつかず、どこか恨めしげに「嫌」って、「嫌」って。この比呂美の「女っ気」が素晴らしすぎる。
自分が選ばれたと悟った瞬間に、こう反応してしまえるのはもう最高(笑
そして、ここで動じたりうろたえたりしない真一郎は、えらいというか彼女と付き合う資格ありですなあ。パパに似てたぞ、あの対応は(笑

いや、とにかくシーンや言動、僅かな所作や些細な表情の変化のそこかしこに意味深な寓意がちりばめられてて、本当に見応えのある作品でした。
青春恋愛モノというには、比呂美のあれやこれやが生々しくて、それがとてつもない魅力だったんですよね。乃絵の天真爛漫な少女性も素晴らしかったけど、比呂美の「女」としての存在感はとかく際立ってた。
今まで無数の恋愛モノがあり、無数の女の子が存在してきましたけど、ここまで「女」を感じさせるキャラはちょっと記憶にないなあ。
そして、なにより素晴らしかったのが、上田夢人の手がけたキャラデザインを基盤にして描かれた、登場人物の細かくもダイナミックな表情の描き方の数々。あの、ぐいぐいと引き込まれる眼の力。
あの表現力がなければ、ここまで魅了される物語とはならなかったでしょう。
いや、最高でした。本当に素晴らしかった。えくせれんと。

true tears vol.1true tears vol.1
高垣彩陽 石井真 名塚佳織

バンダイビジュアル 2008-03-25
売り上げランキング : 198

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

true tears vol.2
true tears vol.2石井真 高垣彩陽 名塚佳織

おすすめ平均
stars序盤は良作品でしたが
stars本音で話せぬ悲しき性
stars迷っても三話までは見よう!
stars真実の涙!!
stars先が気になる・・・

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

こ、これはッ!  

以前紹介した劇場版予告はネタものだったわけですが、こっちはガチ。
本格的に劇場版です。これは見たくなるなあ。



true tears vol.1
true tears vol.1高垣彩陽 石井真 名塚佳織

おすすめ平均
starsOPはいいが、最後まで見ないとわからない
starsアニメの批判としてのアニメ
starsすばらしい作品に出会いました。
starsこのアニメのままゲーム化してくれ〜
stars早くBD版も出して

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

true tearsより  

さりげなく、良い感じのMADが作られてるんですよね。

というところで、いくつか紹介。

【ウソツキ】 true tears 湯浅比呂美


【MAD】 true tears こんなに近くで...比呂美ver


【true tears × オーバー】


比呂美ばっかりじゃねえか! という意見には然り! とだけ答えましょうw

それと意表を突かれたのがこれ。

true tears 劇場版 予告編


タチが悪いことに、無駄にやたらと上手いんですよ、やたらに(笑

で、最後にはこれ。OP曲「リフレクティア」からアイマスMADで。

アイドルマスター 雪歩「リフレクティア」true tearsより



true tears vol.2true tears vol.2
石井真 高垣彩陽 名塚佳織

バンダイビジュアル 2008-04-25
売り上げランキング : 374

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

truetears 10  

ラストの比呂美が駆け出すシーンが素晴らしすぎて、もうDVD買っちゃおうかな! という気にさせられて悔しいやら嬉しいやら。
この手の真っ向青春恋愛モノで見ごたえがあるのは、心情を説明的に口で語らせず、表情や仕草、さりげない目線とかカメラワークで濃厚に表現しようとしている作品だと改めて思いしらされる。
特にこのtruetearsは、キャラクターの目力が素晴らしい作品だから、そうした手法が特に効果的なんですよね。場合によっちゃ1パートくらいサイレントでも文句どころか魅入らされかねない吸引力が、演出やデザインにあふれてるんですよね。
それにしても、あの比呂美が走るシーンは素晴らしかった。本気で買おうかな。

それにしてもこの作品、どのヒロインに感情移入するかで全然見た印象違うんじゃないのかなあ。
乃絵の空気読み過ぎなくらいに空気読んじゃってるところはかわいそうだし、可愛いんだけど、でもすまないが私は比呂美派なので申し訳ない。
しかし、この段階でほぼルート確定してしまってるような状況は逆に怖いよなあ。乃絵本人は受け入れてるけど、純の方が何しでかすかわからん怖さがある。
……ハッピーエンドで終わりますよね、これ?(苦笑

おこりんす  

【狼と香辛料】のアニメ化は、素晴らしい成功例となりましたなあ(ウルウル
ホロかわいいよホロ。
なんか我慢しきれず、二巻を再読してしまったのですが、あの惨でのエピソードを読んだあとだと、ホロの言動の真意が以前に読んだ時とはまた一味違って見えて、これがなかなか感慨深い。
しかし、二巻でのロレンスの行動はいちいちカッコいいなっ!
二巻終了後、あれほどホロがロレンスにべた惚れしたのも、こうして読み返すと無理からんと思わされる。
なるほど、ホロがロレンスのこと本気になってしまった瞬間はあの場面だったのか、と思えるシーンも読み返すと出くわすわけで。
惨を読んで悶えた人は、再読をお勧めします。マジで。
いや、アニメも楽しみだ、こりゃ。

【シゴフミ】が今、やたらと面白い。
というか、今回のチアキの話は……ちょっと泣いたなあ。
この娘、そんなにフミカと年齢変わらない現代の子かと思ってたら、そんな年代物だったのか。年齢も、見た目幼いくせに本当に妙齢だったのか。いや、時代的にまだ十代という可能性もあるけど、それでも確かにフミカたちより年上だったのかも。
なんにせよ、イイ女だ。グッときた、グッと。
そして、杖どものフリーダムさに吹いた。お前ら、もうちょっと自分たちの形状が杖だということを自覚しろ。
温泉つかるわ海で泳ぐわ布団で寝るわ。

見てて毎週背中がゾクゾクしてくるのが【true tears】
ヒロイン三人娘の中で、私が一番好きなのはやっぱり比呂美なんですよね。アイちゃんもノエも非常に魅力的なんですけど、それでも私は比呂美に一番惹かれる。だって、もう性格が面倒極まりないんだもん♪
この一筋縄ではいかない複雑で迂遠で容易に真意を見せないくせに、見る人が見ればかなりわかりやすい、ノエとはまた別の純真さと男好きする凄まじい女の色気。もう、何もかもがゾクゾクする。
なに、この女(笑
昔からこの手のややこしいタイプって好きなんだけど、この娘はもろにツボはまったなあ。
最新9話見ていて、色々と意味深なシーンが飛び交って目が釘付けだったわけですが、ひとつ抜き出して言及すると、印象的だったのが真一郎の母のデザインでしょうか。とにかく若くて二十代にしか見えないお母さんだったのですが、今回、見てたらなんかすごく年齢を感じたんですよね。顔のしわとか、肌のつやとか化粧とか。
単なる作画の変化といえばそれまでなのかもしれないですけど……。意味深に感じられるのが、その変化がこの母親が比呂美に対して歩み寄りを見せた瞬間からだったところなんですよね。
比呂美に対してつらく当たっていた彼女が、その態度を改めた瞬間から母親らしい年齢を感じさせる風貌になる、というところに、ね。
なんとなく、女と母親への立場の変化を意味しているような、そんな感じがして面白いなあと。深読みしすぎですかね。
でも、今回は特に、深読みしたくなるような描写が多かったからなあ。ノエの指から流れ落ちる血。真一郎の額の傷を執拗に触ろうとするのえ。真一郎の前で着替えだそうとする比呂美。
……なんにせよ、ここまで登場人物の内面をグリグリと弄り回す、そそられる恋愛モノは久しぶりで、ほんとに背筋ゾクゾクします、まいった。
 

6月25日

Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W

6月21日

Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


6月20日

Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W

6月19日

Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W 


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W

6月18日

Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W

6月17日

Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon


Amazon Kindle B☆W

6月15日

Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W

6月14日

Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W

6月13日

Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W

6月12日

Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W

6月11日

Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W

6月10日

Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W



Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W

6月7日

Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Kindle B☆W


Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W

6月6日

Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W

6月5日

Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W

6月4日

Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W

6月3日

Amazon Kindle B☆W

6月1日

Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W



Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W

5月31日

Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W




Categories
最新コメント

Archives
記事検索
タグ絞り込み検索